ダカフェ。 ダカフェ

ダイワスーパーがOPENした話題のカフェに、ドッグランが完成!?『ダカフェ』~愛知県岡崎市

ダカフェ

田園地帯にどどんと誕生!大人気スーパーが手がけるおしゃれカフェ 新業態「ダカフェ」がオープンする場所は、岡崎市中之郷町。 周囲を農地に囲まれたのどかな場所にどどーん!と出現。 スーパーのある「宇頭」駅からはだいぶ離れてます。 公共交通機関ではちょっと行きにくい場所ですが、その代わりに車で行きやすいように駐車場は広々と40台分以上確保されています。 「ダイワスーパー」といえば、昨年(2018年)の夏ごろからダイナミックにフルーツをはさんだフルーツサンドや、メロンやすいかをまるごと使ったかき氷の衝撃的なルックスがインスタで話題となり大ブレイク。 フルーツサンドの販売日には朝から長蛇の列が出来るほどの人気ぶり! 最近は京都にお店を出店するなどさらなる大躍進を見せていますが、こちらのカフェのオープンもまさにその勢いを象徴しているかのようですね。 カラフルなイチオシメニュー『生フルーツゼリー』 ダイワスーパーといえば「フルーツサンド」が人気ですが、こちらのカフェでの推しメニューは『 生フルーツゼリー』! カウンター脇にディスプレイされたゼリーたちはまさしくレインボーの如く美しい色映え!! フルーツは時期ごとに最も旬なものを使用しているため、その日その日にしか味わえないフルーツとの出会いも魅力的! たくさ〜ん種類があるので迷いましたが、今回は『グレープフルーツ』と『シャインマスカット』をチョイス! 上から見るとこんな感じ。 ゼリーにもうっすら色がついているのでゼリー自体もそれぞれ味が異なるようですね。 中には果実がごっそり!! さっぱりしていて、つるつるっとあっという間に食べられちゃいます。 価格は1個200円台〜800円台までとフルーツの種類によってバラバラ。 さらに時価相場も関係してくるので変動する点に注意してくださいね。 大人気のかき氷&ソフトクリームも食べられちゃいます。 そしてこちらはスーパーでも大人気の『 生フルーツかき氷』。 このダイナミックで写真映えするかき氷もこちらのカフェで食べることが出来るんです。 しかも一年中提供する予定!?とのこと。 そしてミルク感たっぷりの『 生フルーツソフト』も提供されますよ。 スーパーは屋外のスペースなので、こうやって屋根のある所で食べられるのがうれしい限り。 かき氷/フルーツソフトともにフルーツの内容は時期によって変わり、価格も変動するので注意してください。 新メニューもどんどん展開予定 今回はフルーツゼリー、フルーツかき氷、フルーツソフトの3本柱のメニューを紹介しましたが、なんと今後はオリジナルの「 タピオカドリンク」や「 フルーツティー」も販売予定とのこと。 スーパーと同様混雑が予想されますが、フルーツ好きなら見逃すわけにはいかない!お店。 もチェックしながら、今後の動向にも注目です。 MAP.

次の

fukadaso

ダカフェ

クリックできるもくじ• 11月に伺った時には新メニューも登場していました。 伺ったのは平日の16時ごろ。 店内はほぼ満席、テイクアウトのお客さんもひっきりなしにきていました。 オープンして、3ヶ月ですが、ダカフェの人気は衰えないですね! 学校帰りの学生さんも結構きていました。 新メニューは? ・ソフトクリーム ・タピオカ ・ナタデココ ・ホットなミルク ・コーヒー ・フレーバーティー があり、タピオカはいちごミルクや芋ミルク、ミルクティーバナナと個性的なラインナップ。 ナタデココはハニーパインティーやアッポティーなどフルーツティー。 ソフトも登場していました。 ダカフェの美味しいソフトといちごの掛け合わせ。 品種で謳っているのも嬉しいですね! ショーケースには何を販売していた? いちごパフェやゼリーなど。 テイクアウトもイートインも可能! オープン当初から人気のフルーツゼリーとフルーツをふんだんに使用したパフェの販売がありました。 他にもサバサンドやたまごサンドなど軽食もできるサンドイッチも登場。 塩気を欲する時にぴったり! 11月には、何を購入した? ナタデココ ハニーパインティー(M680円) 刻みパインの果肉がたっぷり入った贅沢なパインティー。 甘さもしっかりあるので、子供も美味しいって言っていました。 下にはナタデココもたっぷり入ってて、美味しい!ナタデココってフルーツと相性抜群ですよね! ダースト四季盛り(830円) 新作のダースト四季盛り。 トーストの上にあんこ、ダイワの生クリーム、季節のフルーツ、芋が乗っていました。 仕入れによって変わるようで、伺った時は柿、サツマイモ、パイナップル、いちごの4種類。 甘さ控えめの生クリームと上の果物、あんこの組み合わせって美味しい!秋を感じられる四季盛りトーストでした。 結構量があるかなって思いましたが、一人でもぺろっと食べれちゃいましたよ。 ダカフェの場所や営業時間など。 どれくらい並ぶ?(オープン時の情報) お店の場所は? 岡崎の中之郷町西島の交差点のすぐ近くにダカフェはオープンしました。 田園が広がるのどかな場所にダカフェはオープンされました。 は宇頭駅ですが、本店から南に行ったところですね。 どれくらい混む? 私たちが着いたのはオープンの1時間半前、8時30分。 すでに15人の列。 9時には30人くらい。 9時30分で70人ほど。 駐車場は40台ほどありましたが、駐車場は満車。 その後もどんどんお客さんがきて、10時オープンには100人ほどに! 日陰がないので、 や帽子を持ってきている方も多かったです。 子供と一緒に並ぶ時は、ゲーム(我が家は)を持参されるのをおすすめします。 営業時間は? 店舗名 ダカフェ 住所 岡崎市中之郷町字若円54 営業時間 10:00〜22:00 定休日 月曜日(祝日営業の場合は翌日の火曜日がおやすみ。 Instagram 営業時間は10時〜。 ダカフェ店内の様子。 先にレジで注文会計で、イートインもできます。 入り口入ってすぐに、マル「ダ」のフォトスポットもあります! テラス席もありましたよ。 テラスのテーブルは3台。 れからの時期、テラスは気持ちよさそうですね。 店内も大きなテーブルがあるので、イートインできます。 今回私たちはテイクアウトしましたが、イートインのお客さんも多かったです。 イートインスペースはテラスも合わせて40席ほどなのですぐ埋まっちゃいました。 社長の手書きの文字に心打たれます・・・! 2019年9月1日現在のメニュー ダカフェでは フルーツゼリー コーヒー フルーツカキ氷 フルーツソフト お茶 タピオカ が楽しめます。 フルーツ系は季節によって種類や価格が変わると思いますが、9月1日現在のラインナップを紹介! ショーケースのフルーツゼリー 見た目も華やかなフルーツゼリーは10種類ありました。 らいでんメロン(赤) (税別420円) (税別450円) 長野パープル(税別450円) ハニーグロウパイン(税別380円) 昭和白桃(税別510円) イチジク(税別400円)、 (税別420円) まさかのトマト(有塩)(税別380円) 他にもネーブルオレンジ(税別350円)やピンクグレープフルーツ(税別350円)もありました。 ゼリーの上にソフトクリームが欲しい場合は 400円でできるそうですよ! 3種類のフルーツゼリーを購入! ハニーグロウパイナップル ハニーグロウやっぱり美味しい! 甘みもしっかりあって、果肉はほぐれやすく食べやすい。 ゼリーはぷるぷるでなめらか。 ゼリーの甘さは控えめなので、ハニーグロウの甘さをしっかり感じられます。 ハニーグロウはゴロゴロっと大きめで6切れ入っていたので、満足度高いです。 シャインマスカット 皮ごと食べられるシャインマスカット。 パリッとした食感で、さっぱりした甘さが特徴的。 甘さ控えめのゼリーで、すっきりした後味。 たっぷり入っていました。 まさかのトマト(有塩) トマトは有塩、無塩とあり、有塩を選びました。 ゼリーに塩気があり、ミディトマトの甘さを引き出している感じ。 これは好みが分かれそうですね。 私は塩トマトゼリー好きですよ〜! タピオカドリンクのメニューは3種類.

次の

ダイワスーパーのカフェ「ダカフェ」が岡崎に9月1日にオープン!メニューや混み具合は?

ダカフェ

ダカフェレンズとは、 管理人さんが愛用していたレンズのことです。 ブログが人気ブログとなる過程で、 使用しているレンズが 「ダカフェレンズ」と言われるなんてかっこいいですよね。 仮に私のブログが人気ブログになったら 「ヒガシーサーレンズ」となるのか?そりゃないか。 まずダサいw それはダサすぎて絶対にないw シグマ 30mm F1. 4 通称ダカフェレンズは「シグマ 30mm F1. 4 EX DC HSM」のことをいいます。 今は新しくなって「シグマ 30mm F1. 4 DC HSM」と表示されています。 このレンズの特徴は何と言っても安いこと。 F値1. 4 の明るいレンズなので美しい背景ボケを得ることができます。 APS-C機専用ですが、とても人気の高いレンズですね。 ダカフェレンズでダカフェ日記風に写真を撮る方法 ダカフェ日記で公開されている写真の多くは 「家族」の写真です。 私もほんとに大好きなブログで、 私にとっては教科書みたいなブログ。 カメラをちょっとかじったお父さん達なら 「ダカフェ日記みたいな写真が撮りたいなぁ」 と思うはず。 ダカフェ日記の森さんは、そんな人達のために 「誰でも簡単にダカフェ日記風の写真を撮る設定」を ブログで公開してくれています。 森さん、ありがとうございます。 設定方法はこちら 1:ピクチャースタイルをポートレートにして、色の濃さ-1、色合い+2に変更する。 2:ホワイトバランスは自然光では「晴れ」、室内照明の場合は「オート」にする。 3:カメラのダイヤルで絞り優先オート「Av」にする。 4:フラッシュは発行禁止に設定する。 5:ISOは400〜800くらいにする。 6:レンズの絞りをf1. 4〜f1. 8にし、できるだけ背景をぼかす。 7:カシャカシャカシャっと撮る?きっと連射の意味。 8:液晶で写真を確認して「ちょっと暗いな」と感じたら、露出補正で「+1」にして再度撮影する。 撮影場所は、自然光(直射日光じゃない方がいい)が入る室内で、窓から2メートルくらいの位置に被写体がくる感じ。 人物なら真横か、斜め前から光が当たるようにする。 ダカフェカメラ まとめ いかがでしたか? ダカフェレンズとダカフェカメラの設定をするだけで、 ダカフェ日記風の写真を撮ることができるそうです。 そうすると、きっとみんなから「素敵な写真」と思われるはずですよ。 私も 70D が手元に届いたら買おうかな〜って悩んでいるところです。

次の