キリト声優。 松岡禎丞さんが演じた中で一番好きなキャラクターは?19年版 「SAO」キリト2年連続トップなるか?

松岡禎丞さんが演じた中で一番好きなキャラクターは?19年版 「SAO」キリト2年連続トップなるか?

キリト声優

昨年、約10年ぶりにソロ活動をスタートさせたのヴォーカリスト、。 今年4月には東京国際フォーラム ホールCにてアコースティックライブを行ったが、今夏はバンド形態でのツアー『KIRITO Club circuit 19'「DERIVED」』を開催し、9月1日にTSUTAYA-O-EASTにてファイナルを迎えた。 バンド形態でのソロ公演は、昨夏の『KIRITO Club Circuit 2018「REAL CHARACTER」』以来約1年ぶり。 今ツアーはギル(G/Angelo)、海(G/)、Masa(B/)、Allen(Dr/Serenity In Murder)という布陣で行われてきたわけだが、全5公演という本数ながら既にファミリー感が生まれ、Angeloとはまた別のムードを纏っていた。 「Suicide View」で幕を開け、様々な場面を経ながらアンコールを含め全21曲が繰り広げられたこの日。 中でも「Hameln」から「COLD」に至るまでの中盤のブロックは、一人ひとりに語りかけるような歌声と、そこに込められたメッセージ、幾度も胸に手を当てるキリトの姿が印象的だった。 そして、本編ラストには「愛おしい君たちに、今日も新しい約束を」という言葉から「EXIT」が届けられたのだった。 キリトという人物は常に前を見て歩み続けてきたが、その自らが辿ってきた道を決して忘れることはない。 キリト一人による弾き語りでラストナンバー「Beginning」(Angelo)を披露する直前、彼はこう話した。 「これまで、辛いことや楽しいこと、色々な思いと共に歩んできました。 何一つ諦めずに、見捨てずに、何もかも抱えてきたつもりです。 全てを抱えていくことが、そのまま俺の力の源になるから。 もしも焼け野原になったとしても、そこに新しい希望が見えることを知っているから。 このツアーは素晴らしいファミリーでしたが、明日からまた本当のファミリーに戻ります。 ここからまた始めたいと思います。 心配するな。 全てを失っても、俺についてくれば、何度でも新しい始まりを見せてあげるからね」 キリトは全てを背負って、今を生きている。 過去を引きずることと、忘れないでいることは違う。 そんなことを改めて感じた一夜でもあった。 ソロ名義での今後の活動は未定だが、Angeloとしては10月4日にTOKYO DOME CITY HALLにて毎年恒例のアニバーサリー公演開催、11月6日には待望のニューアルバム『FAUST』リリース、さらに11月9日からは、その新作を引っさげた全国ツアーの開催が決定している。 Angeloが見せてくれる新たな景色を楽しみに待ちたい。 photo by Takeshi Yao text by 金多賀歩美 【セットリスト】 01. Suicide View 02. METHOD 03. Act 04. Awaking bud 05. 毒薬 06. PAST 07. Torque 08. Hameln 09. 再生の朝 10. Cherry trees 11. COLD 12. カンナビス 13. INTER CUTTER 14. PLOT 15. Sea 16. DECIDE 17. EXIT <ENCORE> 01. GARDEN 02. TEAR 03. Ray 04. Beginning(Angelo) 『Angelo 13th Anniversary「IGNITION DEVICE」』 10月04日(金) TOKYO DOME CITY HALL 『Angelo Tour 2019-2020「THE CONTRACT DEADLINE」』 11. 09日(土) CLUB CITTA'川崎 11. 16日(土) TSUTAYA O-EAST 11. 21日(木) 新宿BLAZE 11. 22日(金) 新宿BLAZE 11. 30日(土) umeda TRAD 12. 07日(土) YOKOHAMA Bay Hall 12. 08日(日) YOKOHAMA Bay Hall 12. 14日(土) 札幌 PENNY LANE 24 12. 19日(木) 名古屋ボトムライン 12. 20日(金) 広島CLUB QUATTRO 12. 22日(日) 福岡DRUM LOGOS 12. 25日(水) TSUTAYA O-EAST(FC限定) 12. 28日(土) 仙台 Rensa 【2020年】 1. 04日(土) マイナビBLITZ赤坂 1. 05日(日) マイナビBLITZ赤坂.

次の

【SAO】キリトのことが好きなキャラ一覧!モテモテな恋愛関係まとめ!

キリト声優

《最終負荷実験》という名の、アンダーワールド全土を巻き込んだ《人界》軍と闇の軍勢の戦争。 戦局は、《光の巫女》アリスの奪取を目論む《ダークテリトリー》軍ガブリエル一派と、 アンダーワールドを守ろうとする《人界》軍アスナたちとの戦いへと様相を変えつつあった。 未だキリトが精神世界の奥深くで眠り続ける中、《闇神ベクタ》ことガブリエルは、 現実世界から幾万もの米国プレイヤーたちをログインさせ、《人界》軍の一挙殲滅を狙う。 対するアスナたちは、アンダーワールド創世の神の名を冠する3つのスーパーアカウントで抗戦する。 《創世神ステイシア》のスーパーアカウントを得たアスナは、 《人界》軍とともに米国プレイヤーと死闘を繰り広げ、 《太陽神ソルス》のスーパーアカウントを得たシノンは、アリスを拉致したガブリエルを追う。 そして、《地神テラリア》のスーパーアカウントを得たリーファも、アンダーワールドへとたどり着く。 それだけではない。 リズベットの気迫こもった檄に応じた《ALO》のプレイヤーたちが、 鍛えあげたキャラクターを、コンバートし《人界》軍側へ参戦する! この大戦はアンダーワールドの存続だけではない。 究極のAIであるボトムアップ型人工知能、さらには人類の未来をかけた戦いでもある。 《アリシゼーション》編 、ここに完結! SAOアリシゼーションWoU2期 の声優キャスト SAO3期アリシゼーション war of underworld まで見終わった! ユージオ何回も死にかけてるから復活するもんだと思って見てたら急に死んで、え?ってなった — ファイ faiglan0614 キリト/CV. 松岡禎丞 《アンダーワールド》にログインしていた少年。 最高司祭アドミニストレータとの死闘で親友・ユージオを喪った後、現実世界との通信中に謎の衝撃に襲われ、心神喪失状態に。 アスナ/CV. 戸松遥 キリトの恋人。 行方不明となったキリトを捜して《オーシャン・タートル》に乗り込み、そこで行われていた《プロジェクト・アリシゼーション》の真実を知る。 アリス/CV. 茅野愛衣 人界の人々を護るという強き意志のもと、 最高司祭アドミニストレータに剣を向けた《整合騎士》。 戦う力を失ったキリトとともに、故郷のルーリッドの村に身を寄せる。 暗黒神ベクタ/CV. 石田彰 アメリカのPMC(民間軍事会社)であるグロ-ジェン・ディフェンス・システムズの役員で最高作戦責任者を務めている人物。 NSA(アメリカ国家安全保障局)の依頼を受け、ボトムアップ型AIであるA. を手に入れるためラースを襲撃した。 暗黒神ベクタのスーパーアカウントでアンダーワールドにダイブし、アリスを狙う。 暗黒騎士/CV. 小山剛志 ガブリエルの部下としてラースに侵入した隊員の一人。 対人戦闘だけでなく、VR技術にも詳しい。 暗黒騎士のスーパーアカウントでアンダーワールドにダイブし、アリスを狙う。 まとめ SAOアリシゼーションもついに最終章! キリト、アリス、アスナの冒険もこれで終わってしまうと思うとなんだか悲しいですね。。

次の

アスナの声優が変わった?下手くそなのか?【ソードアート・オンライン】

キリト声優

【SAO】キリトがモテモテな恋愛関係まとめ! 「SAOアリシゼーションWoU」の第10話では、アスナとアリスが出会うシーンがありました。 恋愛抜きでアニメを見ていたら、「アスナがアリスたちの味方に加わった~!イェーイ!」と喜ばしいところでしたが、アスナとアリスはバチバチと冷ややかに火花を散らしていました。 それもそのはず、 アリスもアスナも、キリトに好意を寄せているからなのですね。 「恋愛要素とか置いておいて、協力して戦おうよ~(汗)」という私感は置いておいて、SAOには恋愛要素が絡むことを実感した第10話でした。 しかも、第10話で明らかになったのは、 キリトを好きなのはアリスとアスナだけではないということ。 キリトを好きな女子キャラがゾロゾロと名乗りを上げたのでした。 今回は、そんなキリトのことを好きな女子キャラ9人をまとめてみました。 これらの女子キャラは、結果的には「キリトを好きな組」として絆が生まれ、団結することができそうです。 【SAO】キリトのことが好きなキャラ一覧! キリトのことを好きであろう女子キャラを1人ずつまとめています。 アスナとキリトの恋愛関係 「SAOアリシゼーションWoU」の第10話では、アスナは「キリトと2年間相棒として戦い、お付き合いが1年半」と言っていました。 キリトというキャラクターは、もともと引きこもりで学校には通わず、VRMMORPGに熱中していた男の子です。 アスナも同じRPGをプレイしていましたが、ゲーム内の死は現実の死と直結していることを恐れ、最初の頃は、1つの街から出ることができずにいました。 しかし、キリトと出会い、パーティーメンバーに加わったアスナは、キリトに勇気をもらい、剣士として力強く前に進むようになります。 出会った頃は、実力があるのに目的を持たないキリトに対して、アスナがイライラすることもありました。 ですが、接する機会が多くなるにつれて、アスナはキリトのことが好きになっていったようです。 一方、キリトの方も、アスナが好意的に接してくれるので、どんどん好きになっていったようです。 また、ゲーム内では、信頼できる人を見つけることが簡単ではないので、アスナはキリトが心を開く最初のプレイヤーとなったことも重なり、アスナとキリトの関係はグッと縮まったと言えるでしょう。 その後、一緒に行動を共にする間に、キリトとアスナはめでたくカップルへと進展するのでした。 そして、キリトとアスナは、無事にSAOゲームから生きて現実の世界へ戻ることができ、その後も 2人の恋愛関係は続いていきます。 アスナは、キリトの最初でたった1人(今の時点では)の恋人なのでした。 また、SAO1期では、 アスナとキリトは結婚することにもなります。 どちらかというとアスナの押しが強かった感がありましたが、SAO1期ではキリトがアスナにプロポーズするシーンがありました。 さらに、その後 ユイという子を迎え入れることにもなっています。 ユイは、実の子ではありませんが、キリトもアスナも実の子の様に可愛がっています。 このように、アスナはキリトの本命の女の子なのでした。 アリスとキリトの恋愛関係 「SAOアリシゼーションWoU」では、アリスは「キリトと丸1晩肩を並べて戦い、半年間世話をした」と言っていました。 アリスがキリトと出会ったのは、アンダーワールドの世界でした。 アリスとキリトは、ユージオと3人で幼馴染として育ちます。 しかし、禁忌目録を破ってしまったアリスは整合騎士に連れ去られ、その後整合騎士となるのでした。 そして、時を重ねた後にアリスはキリトと再会しますが、 アリスは整合騎士となる前に記憶を封印されており、キリトと幼馴染だった記憶がありませんでした。 そのため、キリトと敵対することになります。 しかし、その後キリトや妹の助けを経て、自分の正体を思い出すことができたアリスは、キリトと協力してアドミニストレータを倒すことになるのでした。 アドミニストレータを倒した後は、キリトが廃人状態となってしまい、アリスはキリトの世話をするようになります。 こうして、キリトに心を開き、好意を持つようになったアリスでしたが、現実世界に帰ると人間ではないこともあってか、 アリスの想いはキリトへの片思いのようです。 でも、キリトもアリスのことを仲間として好きだと思います。 ロニエとキリトの恋愛関係 「SAOアリシゼーションWoU」の第10話では、ロニエは「キリトの部屋を2ヶ月掃除、剣技を教わり、ハチミツパイをご馳走になった」と言っていましたね。 ロニエは、下級貴族の出身で、修剣学院の見習い剣士でした。 修剣学院に入学後、キリトの傍付き錬士として、キリトから剣の術を学んだり、キリトの身の回りの掃除などをしたりしていました。 傍付きだったこともあり、ロニエはキリトと共に過ごす時間も多く、楽しいこともあったのですが、ある日ロニエとティーゼは、ルームメイトのフレーニカという少女を助けようとして、悪い貴族のライオスに襲われそうになります。 ロニエとティーゼはライオスたちに拘束され、悪いことをされそうになりましたが、キリトとユージオは自分の身の危険をおかしてまでも、2人を助けることに成功しました。 しかし、キリトとユージオは、殺人を犯した罪人として、整合騎士アリスに連れ去られてしまうのでした。 このような経緯があって、ロニエはキリトのことが好きになったようです。 その後、「SAOアリシゼーションWoU」では、キリトの情報を聞きつけたロニエは、ユージオを慕っているティーゼと共に、補給部隊として整合騎士アリスの元へやってきます。 キリトとの再会を喜んだロニエでしたが、キリトが廃人に、ユージオが亡くなっていることを知りショックを受けます。 しかし、アリスに頼まれたこともあり、想いを寄せるキリトのために、廃人と化したキリトの身の回りの世話をせっせとするのでした。 「SAOアリシゼーションWoU」で暗黒騎士ヴァサゴがキリトのいる天幕に近づいた時、必死にキリトを守ろうとしていたロニエには、「今度は私がキリトを守る!」という思いがもしかするとあったのかもしれませんね。 ソルティーナは、ムチや短剣など、様々な武器を扱う女性で、修剣学院の次席でした。 三等爵士の出身で、独自の武術の訓練を重ねていましたが、キリトを傍付きにして、キリトに術を教えたりもしていました。 ロニエをライオスという悪い貴族から守るためにキリトが放った術も、ソルティーナから教わった術だったのです。 キリトは、ソルティーナの元で、1年間という比較的長い時間を傍付きとして過ごし、確固たる信頼関係を築いていました。 その間に、ソルティーナはキリトのことを好きになったようで、キリトもソルティーナに花をプレゼントするなどしていました。 このように、ソルティーナもキリトと仲が良かったようですが、キリトの本命にはなれなかったようです。 リズベットとキリトの恋愛関係 リズベットは、「SAO1期」に登場しています。 リズベットは、鍛冶屋をやっていましたが、キリトにオーダーメイドの剣を頼まれることになります。 キリトは「エリュシデータ」という名の剣よりも性能が良い剣を欲しがっていました。 そこでリズベットは、最高傑作の剣を作り、自信満々でキリトに渡しますが、キリトがエリュシデータと新しい剣を戦わせた後、リズベットの作った新しい剣が折れてしまいました。 そこで、リズベットは、素材があればエリュシデータよりも良い剣を作れるとキリトに提案し、2人は一緒に剣の素材を探しに行くことになるのでした。 山に住むドラゴンから特別な金属素材を手に入れるために、寒い山へ向かったリズベットとキリトでしたが、ドラゴンと戦うのはキリト1人。 リズベットも手伝おうとしましたが、 あくまでも1人でドラゴンと戦うと言い切るキリトに、リズベットは惚れていったようです。 キリトがドラゴンと戦っている時、影でコソコソと動いていたリズベットは、ドラゴンによってドラゴンの住処に落とされてしまいます。 キリトはリズベットを追って、一緒にドラゴンの住処へ落ちていくのでした。 ドラゴンの住処の中では、 一晩を共に過ごすことになり、リズベットはキリトと手をつなぎます。 「 リズベットみたいな女の子を放っておくことはできなかった」と言うキリトなのでした。 そして、ドラゴンの住処から脱出する際に、リズベットは「私、キリトのこと好きー!」と叫びましたが、キリトには聞こえていませんでした。 鍛冶屋に戻ったリズベットは、ダークリパルサーという名の剣を作り上げ、キリトを好きなことをほのめかします。 それに気がついたキリトは、顔を赤らめますが、ちょうどその時、 アスナがお店に入ってくるのでした。 リズベットは、2人の様子を見て関係を察します。 そして、その後もずっとリズベットはキリトのことが好きなのですが、アスナとキリトの関係を応援し、自分は切ない思いをしているのでした。 シリカとキリトの恋愛関係 シリカはビーストテイマー(猛獣使い)です。 シリカは容姿が可愛いため、アイドル的な存在になっており、キリトと出会ったのは、13歳の時でした。 しかし、そんな状況にうぬぼれていたシリカは、1人になったところをモンスターに襲われ、自分が大切にしていた使い魔の小竜ピナを失ってしまいました。 キリトはそんなシリカを助け、シリカはピナを蘇らせるため、キリトと一緒にダンジョンに向かいます。 キリトは、「 シリカは妹に似ている」と言っていました。 シリカは男性であるキリトを過去のトラウマから警戒していましたが、キリトの優しい態度に惹かれていったのでした。 シノンとキリトの恋愛関係 キリトが「ガンゲイル・オンライン」のプレイヤーとなった際に、シノンはキリトに出会いました。 シノンは、ガンゲイルの世界をよく知らないキリトの案内役となり、行動を共にしています。 そして、ある日、キリトは自分がSAOの生還者であるという秘密をシノンに明かします。 こうしたことから、2人の距離は縮まったように思えます。 その後、2人がガンゲイルの世界にいる間に、キリトは現実の世界で、シノンの家に悪者が侵入しているということに気が付きます。 それを聞いたシノンは怯えますが、 怖がるシノンをキリトや優しく抱き寄せ、一緒に乗り越えることを約束するのでした。 こうしてシノンは、キリトに助けられ、勇気をもらって強い女性へと変化していくのですが、シノンはキリトのことが好きになっていたようです。 2人は恋人にはならないものの、戦闘コンビとしては大変相性が良いのでした。 リーファ(直葉)とキリトの恋愛関係 リーファは、SAO1期後半から登場した、アルヴヘイム・オンライン(ALO)というゲームの世界に登場したシルフ族の女の子です。 リーファは、キリトが世界樹という場所へ行く際の案内役としてキリトの旅に同行していました。 ALOでは、多くの敵を前に、キリトは死亡してしまいます。 しかし、ALOには、死んだ後10分間は魂が残るという設定があるので、リーファは敵を回避してキリトの魂を救い出します。 そして、リーファのアイテムを使って、キリトは復活したのでした。 リーファは既にキリトに想いを寄せていたようでした。 リーファはキリトに自分の想いを伝えようとしますが、キリトがアスナの名前を口にします。 そこでリーファは、キリトが現実の世界の兄であることに気が付きます。 リーファは、現実の世界でも兄のキリトのことを好きでした。 しかもALOというゲームの中でさえも、キリトを好きになってしまったのです。 リーファは自分の気持ちが溢れ出し、耐えきれなくなってゲームからログアウトするのでした。 現実世界でキリトとリーファは再会しますが、2人は実の兄弟ではなく、従兄弟であることで、関係がこじれていました。 最終的には仲直りする2人でしたが、リーファの気持ちが成就することはありませんでした。 サチとキリトの恋愛関係 サチは、SAO1期に登場した女の子です。 しかし、物語が始まって早々に、サチは死んでしまいました。 キリトが強いキャラクターであったことに比べて、サチは臆病で弱いキャラクターだったのです。 そんなサチは、 一緒にいるキリトが強いと知り、安心することができていたようです。 キリトはサチのことをサポートする役で、「死なないよ」といつも励ましていました。 サチはキリトが自分の死に関して責任を感じてしまうと思っていたので、クリスマスメッセージとして、死ぬ前に、感謝の言葉と歌を録音して残していました。 キリトはそれを聞いて、涙を流すのでした。 まとめ キリトは、今まで関わった女性をたくさん惚れさせていますね。 キリトの魅力とは、素朴で我が強くなく、強い正義感があり、心から信頼できるやすらぎ感を与えてくれることであるようです。 時に強く守ってくれ、時に優しく接してくれる。 そんなキリトは、どこの世界でも、モテモテなのでした。

次の