小陰唇縮小 写真。 小陰唇縮小術

小陰唇

小陰唇縮小 写真

小陰唇縮小術 小陰唇肥大を治す手術 とは 小陰唇縮小術 小陰唇肥大を治す手術 とは、大きすぎる小陰唇 小陰唇肥大 を切除して小さくしたり、左右の小陰唇の大きさを同じにしたりする手術です。 小陰唇の悩みは、婦人科・女性器の悩みの中で1番多く、10歳代から80歳代の方までたくさんの方が小陰唇の悩みで来院されます。 悩みは、小陰唇肥大、小陰唇の黒ずみ、小陰唇の左右差などさまざまです。 また、「パートナーに小陰唇が大きいと指摘された」、「自転車のサドルをまたぐと小陰唇が痛む」、「小陰唇に恥垢 ちこう;アカ がたまって臭う」などがきっかけで悩んでいる方もたくさんいます。 小陰唇縮小術で悩みは解消できます。 小陰唇縮小術について 小陰唇の肥大した部分や左右差・黒ずみの原因となっている部分を切除して、小陰唇の形・大きさを整えて縫合します。 小陰唇肥大・小陰唇の左右差は小陰唇縮小術で解消できます 当院の小陰唇手術はここが違います! 経験豊富な専門医のみが治療を担当 他院では、女医が担当することが多い手術ですが、女性外科医は概して経験が浅いことが多く、そのため他院の治療後のトラブルも多く発生しております。 当院では、経験が10年以上の美容外科専門医で、婦人科形成手術や美容外科手術の実績が豊富な専門医のみが小陰唇縮小術を担当します。 ベストな治療をご提案します! 当院では、その経験を踏まえ、患者様の状態に合わせて、ベストな治療をご提案します。 当院ではあらゆる美容外科治療・手術に対応することができるため、病院の都合に合わせた偏った治療をおすすめするのではなく、患者にとって最も良い選択肢をご提案します。 仕上がりが自然で美しい! 当院は患者様の状態に合った手術を行います。 見た目が自然で、美しい仕上がりにこだわりを持っております。 この結果を求めることは、美容外科医として当然のことですが、実際は他院の手術では不自然な結果が多く見受けられます。 これは、医師の美的センスによるところが大きいからです。 当院では自然で美しい仕上がりになります。 美的センスがある医師だから 自然な仕上がりで美しい! 小陰唇縮小術の流れ step 1 カウンセリング 小陰唇肥大・小陰唇の左右差・小陰唇の黒ずみについて悩まれている部位をよくきいた上で、小陰唇縮小の程度を決定します。 ガス麻酔を併用した場合、局所麻酔の痛みも感じることなく完全な無痛で小陰唇縮小術を受けられます。 step 3 原因部分の切除 小陰唇の肥大した部分や左右差・黒ずみの原因となっている部分を切除します。 step 4 縫合 小陰唇の形・大きさを整えて縫合します。 step 5 終了 治療時間は約30分 小陰唇縮小術後は生理用ナプキンをあてるだけです。 小陰唇縮小術の手術後の流れと注意事項・腫れについて 小陰唇縮小術では傷は抜糸が必要ない糸 溶ける糸 で縫合しますので、通院する必要はありません。 ご希望に応じて検診はいたします。 抜糸が必要ない糸 溶ける糸 は小陰唇縮小術後、通常2週間前後でほどけて取れます 厳密にいうと、溶けるわけではありません。 シャワーは小陰唇縮小術当日より可能です。 小陰唇縮小術直後は、少し血液が傷口からにじむことはありますが、問題ありません。 通常術後1~2日後にはおさまります。 小陰唇縮小術後の腫れは個人差はありますが、通常3日前後で引きます。 入浴・運動・飲酒は小陰唇縮小術1週間後から可能です。 小陰唇縮小術後の腫れは通常1週間程度で引きます。 性交は小陰唇縮小術1ヵ月後から可能になります。 小陰唇縮小術後1ヵ月は、激しいスポーツや性行為などを控えることを除けば、日常生活にはほぼ支障がありません。 小陰唇縮小術の料金 小陰唇縮小術 (すべて税抜表示) 小陰唇縮小術(小陰唇肥大を治す手術) 250,000円.

次の

女性器

小陰唇縮小 写真

小陰唇縮小という手術をご存知でしょうか。 小陰唇が長く大陰唇からはみ出ている状態により 小陰唇が擦れて痛みがある、垢がたまりやすい、見た目があまりよくない などを主たる悩みとしてサイズを小さくして形を整える手術です。 とくにスポーツをされる方や、普段自転車を利用される女性の場合、 形の問題だけでなく圧迫による違和感や痛みを感じることが多い傾向にあります。 小陰唇と一緒に切除されることが多い部位に「副皮」という場所があります。 小陰唇については、 どの場所に相当するかはほとんどの方が理解されているのですが 副皮部分がどこに相当するのか分からないという方がかなり多いです。 ネットで検索するとイラストなどが示されていますが、 絵だと今1つ分かりづらい。 写真で解説したページがなかったのでここでは下に示します。 小陰唇のみを切除するのか、 小陰唇に加えて副皮も切除するのか患者様にお選び頂いておりますが、 中にはどうすればよいか分からないという方もいらっしゃいます。 副皮も上の写真のように明らかに大きければ、 副皮と大陰唇の間の溝に垢がたまったりして不潔になったり臭いがしたり、 炎症を起こすこともあるので取られることをお勧めします。 上の写真ほど大きくなかったりしても、 小陰唇だけを切除すると小陰唇と副皮の移行部で段差が生じたり、 副皮の部分だけが突び出して見えたりして不自然な見た目となることがあるので、 よほど副皮が小さい方でない限り小陰唇と一緒に切除することをお勧めします。 初回の手術で副皮だけをとって欲しいという方はあまりいませんが、 他院で小陰唇を切除したけれども、副皮を取っていなかったので 副皮を追加で当院で取って欲しいというリクエストもたまにあります。 また、似たようなケースとして他院で小陰唇と副皮の両方を切除したけれども、 クリトリス回りの包皮を少し追加切除して欲しいなどのご要望を頂くこともあり このようなケースにも対応しています。 その他、他院修正術として、 小陰唇を取ったけれども取り方が十分ではないケースや、 形がイビツなので滑らかなラインに治したいなどのリクエストを頂くことも多いです。 患者様の不満でよくありがちなのは、 陰核小帯と言って陰核から下方に伸びる二又の部分の処理をうまく行わないと 陰核の下にまた新たな陰核のような豆粒状の固まりが2つ出来てしまうことです。 陰核小帯とは上図のオレンジの楕円で囲われた部分です。 小陰唇と両側副皮切除の症例です。 この手術は、必ず術後に患者さんは手術台から降りて立った状態で 鏡で縫い上がりをご確認頂いてから終了していますので 形の仕上がりに対し後日不満がでることはほぼありません。 もし形状に違和感や気になる点があれば遠慮せずに執刀医にその場で伝えましょう。 当院ではその場で、形や左右差の調整も行っています。 なお、この手術における一般的な問題は、非常に血流のよい場所なので 術後に出血して血がたまり傷が開いてしまったりすることがあることです。 当院でもかなり以前は年に1,2件そのようなトラブルも見られましたが、 レーザー切開による切除を取り入れて以来、そのようなトラブルは一切なくなりました。 レーザーを使用すると、切開と止血が完全に同時進行で進むため ほぼ出血がないような状態で余った皮膚を切除することが出来ます。 それゆえメスを使う方法より傷の治りもはやく、 したがって傷跡もかなり目立たなく仕上がります。 当院では全ての小陰唇縮小術においてレーザーメスを使用しています。 > アーカイブ•

次の

小陰唇縮小

小陰唇縮小 写真

診察にて小陰唇の肥大・左右差・黒ずみ等の気になる部分を確認した上で、小陰唇縮小の範囲のデザインを行います。 小陰唇に局所麻酔を行います。 ご希望に応じて、静脈麻酔・ガス麻酔を併用することも可能です。 余分な小陰唇の切除を行い、縫合を行います。 通院の難しい方は、抜糸の必要ない 溶ける糸 で縫合することもできます。 小陰唇縮小手術の終了。 治療後に生理用ナプキンをあてます。 治療時間は約30~45分です。 シャワーは手術翌日より可能です。 小陰唇は血流が豊富な部位ですので多少血がにじむことがありますが通常1~2日間で落ち着きます。 治療後の腫れは個人差がありますが、通常1週間で引きます。 抜糸は7~10日後に行います。 溶ける糸の場合は通院は不要です。 スポーツ・運動や飲酒は治療1週間後より可能です。 性行為は治療1ヶ月後より可能です。

次の