ビーフ シチュー 肉 硬い。 ビーフシチューは炒めが9割。すね肉の極上ビーフシチューのレシピ【ほぼ牛一頭まるごと食べつくしクッキング】

牛肉に愛情込めればビーフシチューの肉は柔らかくなる

ビーフ シチュー 肉 硬い

ビーフシチューを作ってみたらお肉が固い! もうルウを入れてしまっているのだけれど、完成した後でもお肉を柔らかくする方法はあるのでしょうか。 ビーフシチューのお肉が固い! せっかく手間暇かけて作ったビーフシチューのお肉が固いと、ショックですよね。 ビーフシチューのお肉は選び方が大事なんです。 もしカレー、シチュー用のもも肉を使っていたら、もも肉は煮込んでもなかなか柔らかくなりません。 ブロック肉もあまり適していないんです。 一番おすすめなのはスネ肉です。 筋だらけのスネ肉のほうが、煮込むと柔らかくなるんですよ。 しかし、もう出来てしまったビーフシチュー・・・。 手遅れなの?と心配になりますよね。 大丈夫です。 今からでもできることはありますよ。 ビーフシチューの肉を柔らかくするには? すでに煮込んでいるものは、さらに煮込むことでお肉の筋繊維がばらばらになって柔らかくなります。 すでにルウが入っているときは、焦げ付かないように注意しながら弱火で煮ていきましょう。 強火は絶対にNGですよ。 ルーの箱に印刷されているレシピには1. 5時間くらいと書かれていることがありますが、 2~3時間は煮込むとよいです。 圧力鍋があればいいですが、持っていない人も多いですよね。 その場合はゆっくりコトコト弱火で煮るしかないです。 あくを取りながら気長に煮込みましょう! ビーフシチュー肉だけ別に煮るべき? もう出来てしまっている場合、ジャガイモやニンジンなどの野菜も長く一緒に煮込むと、溶けてドロドロになってしまうことがあります。 その際は、 お肉だけを取り出して別のお鍋で煮るという方法もありです。 どうしても今すぐにお肉を柔らかくしたい!というときは、お肉だけ取り出し、包丁でたたいて繊維を断ち切るという方法を使いましょう。 食べるのが当日でない場合は、一晩寝かせてまた加熱すると柔らかくなります。 まとめ もう食べる時間が迫っている、というときはお肉を切るしかないかもしれないですね。 時間があるなら弱火でさらに煮込んでいきましょう。

次の

ビーフシチューで肉の臭みを無くする方法は?

ビーフ シチュー 肉 硬い

スポンサーリンク ビーフシチューの肉を柔らかくする方法を紹介! ビーフシチューの肉をやわらかくするには、下ごしらえと煮込み時間が大事です。 すね肉っておいしいけど特にかたい部位なので、何もせずそのまま短時間煮るだけではやわらかくならないんです。 下ごしらえのやり方と煮込み時間についてそれぞれ詳しく紹介していきますね。 ビーフシチューの肉を柔らかくする下ごしらえのやり方 ビーフシチューに使うすね肉を柔らかくする、下ごしらえの流れです。 ・香味野菜と一緒にすね肉を茹でていく ・アクを取って差し水をする ・アクが出なくなるまで差し水とアク取りを繰り返す ・じっくり下茹で といった手順になります。 ・香味野菜と一緒にすね肉を茹でていく まずスネ肉は食べやすい大きさにカットした後、鍋に入れ肉がかぶるくらいの水を注ぎます。 そして適量の酒と生姜が1欠片、ねぎの青い部分を1個入れ、煮込んでいきましょう。 ・アクを取って差し水をする すね肉は煮込んでいくとアクが出てくるのでそれを取り除き、鍋の中のお湯が少なくなったらお水を入れる、いわゆる差し水をして水量を増やしていってください。 ・アクが出なくなるまで差し水とアク取りを繰り返す 完全にアクが出なくなるまで、アク取りと差し水を繰り返していきます。 ちょっと忍耐勝負になりますが丁寧にアクをとるとその分おいしいビーフシチューになりますよ。 ・じっくり下茹で そしてしっかりとアクが出なくなったら、ネギと生姜を摂り除き、お肉のみ1時間~1時間30分ほど茹でていきましょう。 もし最後の下茹でに圧力鍋を使う場合は、すね肉を40分間茹でていくといいですよ。 以上でスネ肉の下ごしらえは完了。 ということで、すね肉は割と硬めなので、下ごしらえをしてしっかりと柔らかくしておきます。 ビーフシチューの肉 煮込み時間はどれぐらい? ビーフシチューはお肉を下茹でして、人参などの野菜といっしょに煮て、さらにルゥを入れて味付けしたら、そこから 最低でも2時間ほど煮込みます。 やっぱりこれくらいは煮込まないと、肉が柔らかで美味しいビーフシチューにならないんですね。 ただし煮込む際はくれぐれも弱火にすることを忘れずに。 強めの火力で煮込んでしまうと、かえって肉が硬くなりやすいので、弱火でじ~~っくりと煮込んでいくのが、美味しいビーフシチューのポイントですよ。 ちなみに煮込む際は焦がさないように適度にかき混ぜましょう。 ルゥを入れた状態なので鍋底から焦げやすくなっているんです。 そして、煮込んでいる時はなるべく鍋には蓋をしないこと! 蓋をすると食材の臭いが閉じ込められてしまい、臭みが出る可能性もあるので、蓋をせずに煮込んだほうがいいですよ。 ビーフシチューって本格的に作ろうとすると、下ごしらえや気を付けることも多く、かなり手間がかかってしまうんですね…。 スポンサーリンク でもその分、美味しいすね肉のビーフシチューが出来上がるので、手間暇をかけてじっくりと煮込んだ甲斐はありますよ。 ビーフシチューのすね肉が固いときの対処法 せっかくビーフシチューを作ったのに、味見してみたらすね肉がまだ硬かった、ということも十分あり得ますよね。 そんな時は更にもう2時間、ビーフシチューを煮込んでください。 ただしその際も必ず弱火にして、時々かきまぜつつじっくりゆっくりと煮込んでくださいね。 ビーフシチューに限らずカレーなどでも同じなんですが、煮込めば煮込むほど、肉って柔らかくなります。 つまり肉がまだ硬いのは、煮込みが不十分な証拠。 ということでもう1度弱火にかけて、適度にかき混ぜながらしっかりと煮込んでいきましょう。 ちなみに煮込み料理は圧力鍋をつかうと、煮込み時間をギュッと短縮できて、お肉もやわらか~い状態になります。 すね肉の下ごしらえもビーフシチューの煮込みも、圧力鍋を活用すると便利ですよ。 >>楽天.

次の

硬い肉は圧力鍋で~ビーフシチュー レシピ・作り方 by noranekokun|楽天レシピ

ビーフ シチュー 肉 硬い

1.大量の食べ歩きや取材等で触れた新しい知見や情報を盛り込む。 2.裏付けのある理にかなった調理法で組み立てる。 3.昔ながらのやり方でも意味のある手法は大切にする。 というスタンスでレシピを組み立てるようにしています。 については、これまでの「意味のない手順や素材、調味料は見直す」から思い切ってリニューアル! 最近、目先の新しさを追いかけて、調理を「正解」「不正解」で切って捨ててしまうレシピが増えているからです。 調理法をアップデートするのは当たり前。 しかし長く愛されてきた昔ながらの手法でも残すべきは残し、上書きすべきは上書きする。 というわけで、今回から3. は上書きしてみました。 春も間近ですが、まだまだ寒の戻りもある季節。 今こそ、すべてのうまみを凝縮した男の煮込み料理、ビーフシチューをきっちり押さえておきましょう。 「すべてのうまみ」というのは大げさな話ではありません。 ビーフシチューの代表的な素材は、玉ねぎ、にんじん、セロリ、マッシュルーム、牛すね肉などうまみを生むものばかり。 グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸という、それぞれのうまみが相乗効果で数十倍になる成分が含まれているのです。 さらに玉ねぎ、にんじん、セロリなどの野菜や牛すね肉は、炒めたり焼き目をつけることで、メイラード反応という"おいしくなる"反応を起こします。 この反応は小麦粉などの他の素材にも起きるので、すべての材料に一定の焼き目をつけることで、うまみが加速度的に増していくのです。 さて本日のお肉。 すでに紹介していますが、 牛すね肉です。 実は牛すね肉自体、非常にうまみの濃い部位です。 牛肉は運動する部位ほど赤身の味が強くなりやすい。 おまけにすね肉にはコラーゲンもたくさん含まれています。 コラーゲンは加熱されると、おいしさを補強するゼラチン質になるのでこのシチューは本当にうまみ最強と考えていいでしょう。 焼き目をつけた肉の方はシチューソースまで含めて味もギュッと濃縮されたうまみがありましたが、焼き目なしにそのまま煮込んだ煮汁は、平板というか味気ないものに。 プロならばドミグラスソースに10日間かけるなど、味を乗せる方法もありますが、家庭でそんな時間はかけていられません。 特にビーフシチューのような料理では、乗せられる味は逐一乗せていきましょう。 もちろん野菜もです。 まず玉ねぎをしっかり炒めるのは大前提。 よく「あめ色になるまで」と言われますが、メイラード反応で、茶色にてらてらと色づいた玉ねぎの風味は甘く香り立ちます。 味わいも濃縮されますし、含まれる糖分がカラメル化することで味はさらに深みを増します。 このタイミングで、コクを加えるにんにくや香りをプラスするセロリも一緒に炒めましょう。 玉ねぎの炒めが中盤に差し掛かったら、にんじんの投入です。 にんじんも炒めると香ばしい香りと深い味わいを付与してくれます。 そして炒めることで表面がメイラード反応を起こし、独特の香りと甘みが引き出されます。 マッシュルームなどきのこ類の入れるタイミングは少し後。 また今回のレシピでは、煮崩れたときにざらりとした食感になるじゃがいもは入れません。 お好みの方は煮込み過程の後半で入れ、柔らかくなるまで煮たらいったん冷まし、温めてお召し上がりください。 煮込み料理は冷めるときに味がしみていきます。 数年前、オリンパスの主催する自然科学観察コンクールで愛知県の中学生が「冷めるとき味がしみこむのはなぜか?」というテーマで特別賞を受賞しました。 中学生だからといって侮ってはいけません。 食材に味を入れるなら人肌くらいまでいったん冷ましましょう。 最後のポイントはブラウンソース。 ビーフシチューはあの濃厚な色があってこそ、味わいに深みが出ます。 バターと小麦粉をしっかりチョコレート色になるまで炒めましょう。

次の