真 女神 転生 デビルサマナー。 ステータスの割り振り

真・女神転生デビルサマナー

真 女神 転生 デビルサマナー

『真・女神転生デビルサマナー』(PSP/アトラス。 以下『デビルサマナー』)をクリアしたので、感想を書くことにする。 なお、セガサターン版は未プレイである。 クリアした感想を簡単に言うと、 「確かに『メガテン』としては面白いのだが、シナリオにメリハリがなく、いつの間にやらラストダンジョン・ラスボスまで来てしまい(いまいち「ラストダンジョンまで来た」という実感が持てなかった)、あっという間に終わってしまった。 エンディングもあっさりしすぎでは…」ということ。 面白かったのは悪魔合体と、ダンジョン探索であるが…、ダンジョンの広さと、トラップの凶悪さはかなりのもので、同社の関連作『女神異聞録ペルソナ』(プレイステーション。 以下『ペルソナ』)にも匹敵する。 『ペルソナ』はゲームとしてはいろいろ問題があると思うが(戦闘がとにかく長い、ダンジョンが広いのにセーブポイントが少ない、ゲームバランスも良いとは言えない、など)、シナリオのインパクトは『デビルサマナー』よりは上だと思っている。 『ペルソナ』と『デビルサマナー』の3Dダンジョン(特に街中)は似ていると思ったが、おそらく『デビルサマナー』のセガサターン版と『ペルソナ』は開発時期が一部重なっているのだろう。 今考えてみれば、スーパーファミコンの『真・女神転生』シリーズの方が、『デビルサマナー』よりはシナリオのメリハリがあり、インパクトも強かったのだな…、と感じる。 これは、『デビルサマナー』のオリジナル版がセガサターンの初期に出た作品(『メガテン』シリーズでは初のセガサターン作品)であることとも関係があるような気もする。 つまり、セガサターンの機能を試行錯誤しながら出来たものであり、その分シナリオは若干あっさりしているようにも思える。 もう一つ考えられるのは、「ハードボイルドな世界観」を作ることに腐心したため、シナリオの方はいまいちインパクトが無いのかも…、とも思えた。 本作のシナリオに関してさらに言うと、『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』のように「強烈な嫌悪感を感じるシーン」は無いが、「特別強く惹かれるシーン」も無かったと思う(最初に主人公が死んでしまい、別の人間になってしまった、というところは面白いのだが…)。 キャラクターにしても、特別思い入れのある人物は居なかったので…。 個性の強い人物が多いのは確かなのだが。 他に気になる点としては、PSPゆえにマップを出すたびにローディングが入ることと、二週目以降のプレイが無いこと、ダンジョンの移動中に動きが遅くなることがある、など。 仲魔の「忠誠度」という要素もあるので、なかなか言うことを聞かない仲魔にも苦労した。 忠誠度が上がるまでは、「仲魔とは言うことを聞かないもの」と割り切るしかないのだろう。 lucyukan.

次の

真・女神転生 デビルサマナー

真 女神 転生 デビルサマナー

評価・レヴュー 女神転生シリーズと言えばファミコン時代からの大人気ソフトであるが、この「デビルサマナー」はセガサターンで発売された外伝シリーズである。 女神転生はサイバーパンク的な要素+神話伝承伝説ファンタジーの世界観で、悪魔を仲間にしていくというシステムがコアなファンに愛され続ける作品だ。 悪魔合体は奥深くハマる人はハマる。 グラフィックも美しく、悪魔たちのデザインは独特のカッコ良さを持っている。 この「デビルサマナー」もその良さはきちんと継承されている。 さらに剣合体や魔晶変化、シナリオとは関係ない地下水道やエキストラダンジョンなど新たな要素も加わっている。 そしてなんと言っても「デビルサマナー」で評価できるのは遊びやすくなったこと。 ストーリーが小難しくなくすんなりとゲームに入っていける。 それでいてRPGとしての(女神転生としてのと言ってもよい)適度な難易度も有り、かなりオススメです。 プレイ日記・感想 レベル70くらいでクリアしたのですが、 それだとレベル82のヴィシュヌとかレベル84のシヴァとか仲間にできないんだよね・・・。 カンテイセイクンとかも・・・。 ヨシツネは使える! 物理反射とはっそうとびは最高! でも御魂合体で悪魔をパワーアップするのはかなり面倒くさい・・・。 中華街マップを攻略本なしでクリアした人 いるんだろうか? 攻略メモ 基本的に攻略本ありきで作られているので攻略本がないと苦しい。 特に中華街や天道屋敷などは大変だ。 剣合体や英雄合体や魔晶変化なども攻略本を見ないと作成するのは難しい。 そのようなデータ的な攻略資料は攻略本や他の女神転生サイトさんにお任せするとして、ここではプレイのコツをアドバイス。 回復系は悪魔たちで十分補えるが、カジャ系魔法がないとボス戦で苦しむ。 「きんぎょうふ」や「ちんかいふ」など敵攻撃を反射するアイテムも有効なので多用しよう。 レイに回復系以外の女神を降臨した場合は、バッドステータス回復アイテムをたくさん持っておこう。 また、ヴィーヴルやケルベロスなど「トラエスト(ダンジョン脱出)」魔法を持ってる悪魔を一体は仲間にしておくと便利。 ませき、ほうぎょく、チャクラチップ、チャクラポット、ソーマなどは回復よりも悪魔の忠誠度アップに使おう。

次の

真・女神転生 デビルサマナー

真 女神 転生 デビルサマナー

ゲームごとの詳細はタグ先へ。 シリーズ概要 悪魔絡みの事件を解決する デビルサマナー(悪魔召喚師)が主人公となる。 ハードボイルド的要素を取り入れた1作目。 その雰囲気を継承しつつ事件に巻き込まれた少年たちを主軸に置いた2作目。 3作目以降は雰囲気が異なり、漫画などでしばしば題材となる「」ノリの伝奇物となっている。 悪魔を召喚する力を手に入れた(持っている)主人公が、その都市における善と悪のデビルサマナーの戦いに巻き込まれていくというストーリーは共通である。 システムは、のものを踏襲しているが、、には追加要素、変更点もある。 1作目を元にした円谷映像による実写ドラマも制作されている。 シリーズの特徴 悪魔合体を行う施設が 「ヴィクトル」を主とする 「業魔殿」であったり 「マハ・ラギダイン」のように一部の魔法の名前に中黒が使われていること、葛󠄀葉一族の存在などが挙げられる。 開発スタッフからは「女神転生シリーズ」に、ドラマ性を持ち込んだものが本シリーズであると解説されている。 が、199X年の東京大破壊から大きな歴史の転機を迎えるのに対し、デビルサマナー1作目の冒頭でこの199X年の大破壊が起こらないことが明示されており、真シリーズとは別の歴史を歩むという、いわばの関係になっている。 関連タグ 登場人物 悪魔 その他 関連記事 親記事 pixivision• 2020-08-12 19:00:00• 2020-08-12 18:00:00• 2020-08-12 17:00:00• 2020-08-11 18:00:00• 2020-08-11 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-08-13 11:16:06• 2020-08-13 11:14:49• 2020-08-13 11:14:14• 2020-08-13 11:13:07• 2020-08-13 11:13:01 新しく作成された記事• 2020-08-13 11:14:00• 2020-08-13 11:04:11• 2020-08-13 10:45:22• 2020-08-13 10:45:13• 2020-08-13 10:41:35•

次の