ボリビア コロナ。 ボリビア大統領 新型コロナウイルス検査で陽性

【ボリビア】休校続き一時帰国 コロナ 兼島教諭「早く生徒の元に」

ボリビア コロナ

中南米における「新型コロナウィルス」 世界規模で広がる「新型コロナウィルス」の感染において、南米大陸は最も影響が少ない地域ですが、最近ブラジルにおいて1人の感染者が報告されました。 多くの国が入国での「自己申告」が基本となっていますが、虚偽への法的罰則が含まれる「宣誓書」への記載を求める国や、日本国内の感染者数の拡大によっては日本人の入国に対して規制をする国も出てきています。 中南米の旅行を予定の方は、常に最新情報を確認するようにしましょう。 また、中南米に向かう「経由国」の情報も必ず確認するようにしてください。 南米 アルゼンチン コロナウィルスの感染は報告されていません。 アルゼンチン内に着陸するフライトの乗客に疑わしい症状がある場合には隔離される可能性があります。 また、イタリアからの到着フライトは、通常のターミナルと異なり、機内では宣誓書の配布と問診も行われます。 ブラジル コロナウィルスの感染は1件だけ発生しています。 ブラジルに着陸するフライトの乗客に疑わしい症状がある場合には、隔離される可能性があります。 ペルー コロナウィルスの感染は報告されていません。 ペルーに着陸するフライトの乗客に疑わしい症状がある場合には、隔離される可能性があります。 ボリビア コロナウィルスの感染は報告されていません。 ボリビアに着陸するフライトの乗客に疑わしい症状がある場合には、隔離される可能性があります。 3人の検査結果は陰性で同日中に開放されています。 チリ コロナウィルスの感染は報告されていません。 チリ入国時に、過去6か月間に滞在した国を明記する宣誓書に署名する必要があります。 コロナウィルスの影響を受ける国(ヨーロッパやアジアなど)からの渡航者は、健康検査が行われます。 エクアドル コロナウィルスの感染は報告されていません。 エクアドルに着陸するフライトの乗客に疑わしい症状がある場合には、隔離される可能性があります。 中国、イタリア、イラン、韓国からの乗客は、到着時に簡単な健康診断を受ける必要があります。 コロンビア コロナウィルスの感染は報告されていません。 過去14日以内に中国、韓国、日本、イラン、シンガポール、タイ、マレーシア、イタリアに滞在した人は、別室での問診を受ける必要があります。 中米・カリブ海 メキシコ 空港での感染警戒を実施しています。 キューバ 入国時に、アジアでの滞在歴のある人に対して問診が行われています。 また、入国の全渡航者に、デジタル体温計での健康検査が行われます。 グアテマラ グアテマラに着陸するフライトの乗客に疑わしい症状がある場合には、隔離される可能性があります。 パナマ 入国時に問診票の記載が必要となります。 中国から入国する人には、15日間の自宅隔離措置を課しています。 日本からの渡航者は自宅隔離措置等の対象に含まれておりません。 ホンジュラス 過去14日以内に新型コロナウイルスの症例が確認された国にいた旅行者は全員、14日間の隔離措置となります コスタリカ 入国時に発熱などの症状が確認される場合には検査を受ける必要があります。 トリニダード・トバゴ 中国、日本、イラン、イタリア、韓国、シンガポールからの出発が14日以内の渡航者は、入国禁止となっています。 アーカイブ•

次の

ボリビア美人現職大統領のSEX動画流出! 裏に米中の策謀か|日刊ゲンダイDIGITAL

ボリビア コロナ

ペルー医科大学()の公衆衛生委員会代表のアウグスト・タラソナ()氏は、「クスコやワラス()、カハマルカ()といった都市で感染者を確認しているが、実際に数は(他の地域よりも)少ない」と指摘。 「高地に位置するこれらの都市では感染が最小限に抑えられており、致死率もゼロに近い。 これに私たちは注目している」と述べた。 また、同様のことが隣国ボリビアでも言え、感染者の多くはサンタクルス()やベニ()県といった東部の低地に集中している。 ボリビア保健省の当局者も「ラパス()などの高地では、感染率は大幅に低い」と述べている。 また、ペルー・ボリビア両国の公式統計からもこの傾向が裏付けられる。 密林地域に位置するペルーのロレト()州の感染者はおよそ8000人、死者は321人である一方、同州より人口が1. 5倍多いクスコでは感染者数はわずか1500人、死者は13人にとどまっている。 ボリビアでもサンタクルスの感染者は1万3000人である一方、ほぼ同じ人口のラパスの感染者は1400人以下にとどまっている。 ペルーの感染症専門医であるエドゥアルド・ゴトゥソ()氏は、酸素の不足した状態にある人々にはウイルスの侵入口として作用するアンジオテンシン変換酵素(ACE)が少ない可能性があると指摘。 酸素濃度の低い環境に住む人々の体内では、ウイルスが「入り込めるポイントが少なく、感染を抑えられる」可能性があるという。 タラソナ氏によれば、アンデスの高地に住む人々は異なるACE受容体を持っており、また低い酸素濃度に適応した呼吸器系が体内に何らかの形で影響を与え、体内にウイルスが潜伏しないようにしているという。 一方で、紫外線が高地において自然殺菌の役割を果たしている可能性を示唆する研究結果もある。 ペルーの呼吸器専門医、カルロス・イベリコ()氏は「紫外線量は高地で確実に増えるため、ウイルスが生存しにくくなり、ウイルス量が少なくなると言える」と述べている。 だが、こうした説に誰もが納得しているわけではない。 ボリビア保健省の当局者は、紫外線に効果があるとする仮説によってウイルスがさらに拡散されることになりかねないと懸念を示している。

次の

【ボリビア】休校続き一時帰国 コロナ 兼島教諭「早く生徒の元に」

ボリビア コロナ

南米ボリビアの2つのキリスト教団体によると、同国では7月中旬までに少なくとも牧師100人が新型コロナウイルス感染症で命を落とした。 死亡した牧師の大多数は、路上や保健所、刑務所などで奉仕していたという。 欧州の福音派メディア「」(英語)が伝えた。 ボリビア・キリスト教協議会議長のルイス・アルキパ・カルロ牧師によると、同国の東部地域で約40人、西部地域で約60人の牧師が、新型コロナ感染症により死亡した。 他にも入院中の牧師がおり、「加盟教会の指導者たちは、今この瞬間も命懸けで新型コロナと闘っています」とカルロ氏は続けた。 ボリビア第2の都市サンタクルスでは、4月6日から7月7日までに牧師38人が死亡した。 サンタクルス・キリスト教会連合のベルフォート・ガスリー副議長によると、亡くなった牧師たちは、買い物ができず食糧を調達できない人々のために、食糧を支援する働きをしていたという。 ガスリー氏は、牧師たちが防護手順に従っていたにもかかわらず、感染してしまったと強調。 亡くなった牧師たちの中には、糖尿病などの基礎疾患を患っていた人たちもいたと説明した。 一方、カルロ氏によると、ボリビアでは複数の教会施設が、保健施設として用いるため当局に提供された。 「保健所が崩壊したため、私たちは礼拝堂を開放しています」。 この他、ボリビアの諸教会は、自治体の知事や議会、近隣地域の団体とも積極的に協力して、新型コロナに対する解決策を模索している。 「このように私たちは、地域社会や街中で正当に伝道し続けています。 私たちは、病人や自由を奪われた人たちを引き続き訪問していますが、防護対策に従ってそうしています」 米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(英語)によると、ボリビアでは8月10日現在、新型コロナの感染者は約9万人に上り、3640人が死亡。 ヘアニネ・アニェス暫定大統領も7月初めに感染が明らかになるなどしている。 同国の中心都市ラパスで医師として働く福音派の信者は、エバンジェリカル・フォーカスに、「多くの医療従事者が(PCR)検査で陽性になっており、一部は亡くなっています」と語った。 「ボリビアの温暖な地域が一番苦しんでいます。 また、遠隔の貧困地域も同様に苦しんでいます。 外出自粛で国民の半数は1日おきに出掛けることが許されていますが、一部の地域では再び外出制限が厳しくなってきました」 「私たちは引き続き患者を受け入れ、病院で待機し、同僚のために祈り、患者に神の言葉を伝えています」 「感染が劇的に増加しないようお祈りください。 また、私たちが多くの感染者を収容でき、医療従事者の感染が減り、彼らの病状が致命的にならないよう祈ってください。 特に、私たちが主に近づき、もっと主を知ることができるように。 そして主が私たちを召される場合は、主の御前に行く覚悟ができるように」.

次の