アーク サイン 積分。 双曲線関数にまつわる重要な公式まとめ

arcsinの意味、微分、不定積分

アーク サイン 積分

こんにちはアーヘン工科大学のセイジ です。 今日はドイツの高校生や学生の間で人気の積分オンライン計算サイトを紹介したいと思います。 それがです!! 特に今ドイツ理系大学生の間では大人気サイトで、この積分計算サイトを使えば積分や解析の宿題を見直しできるほか、途中の計算式もバッチり解説されるので恐ろしく便利です。 Integral Calculatorでは不定積分から定積分の計算以外にも、計算結果をグラフで表示させたりと様々な機能があります。 この積分オンラインサイトは英語、ドイツ語とスペイン語の3か国語でのみ使用できるため、今回は英語のサイトから基本の使い方を紹介していきます。 \微分オンラインサイトはこちら/ 不定積分の使い方 不定積分の使い方は計算式を 【Calculate the Integral of …】に入力します。 今回は2Xを代入してみましょう。 数式を入力をしたら 【GO】を入力します。 すると解答が表示されます。 これでは計算結果だけしか表示されません。 計算結果の下に 【show steps】があるのでクリックしてみましょう。 【show steps】をクリックするとしたの画面で表示されているように、計算結果もばっちり確認でき、答えの画面を下にスクロールすると、計算結果がグラフでも表示されています。 定積分の使い方 定積分の使い方は計算式を 【Calculate the Integral of …】に入力します。 定積分なので積分範囲を今回は-3~4に指定しましょうインテグラルの範囲指定の箇所をクリックするとしたの画面が現れるので、ここから数値を代入してください。 数式を入力をしたら 【GO】を入力します。 すると解答が表示されます。 これでは計算結果だけしか表示されません。 計算結果の下に 【show steps】があるのでクリックして途中式もしっかり確認しましょう。 置換積分や部分積分の使い方 今回は置換積分を例に計算式を 【Calculate the Integral of …】に入力します。 定積分の場合は積分範囲を指定しましょうインテグラルの範囲指定の箇所をクリックするとしたの画面が現れるので、ここから数値を代入してください。 数式を入力をしたら 【GO】を入力します。 【Go! 】をクリックすると下の画面のように計算結果が表示されます。 しかし、これでは計算結果だけしか表示されません。 計算結果の下に 【show steps】があるのでクリックしてみましょう。 【show steps】をクリックするとしたの画面で表示されているように、計算過程もばっちり確認できます。 答えの画面を下にスクロールすると、計算結果がグラフでも表示されます。 部分積分も同様に計算過程が細かく確認できます。 積分オンラインサイト Integral Calculator の仕組み 入力された計算式は最初にによって処理されます。 構文解析は入力した数式をコンピュータ上で処理しやすい形に変換する方法で、この手法によって掛け算や割り算などを実現しています。 構文解析はJavaSkriptでプログラムされているので、ユーザーはブラウザから直接使うことができます。 オンラインブラウザから入力され構文解析によってコンピュータ語に変換された式は再びテフによってテキストベースのコマンドに変えられ、MathJaxによりユーザーに認識しやすい数学式に変換されます。 \微分オンラインサイトはこちら/.

次の

積分のやり方と基礎公式。不定積分と定積分の違いとは?|アタリマエ!

アーク サイン 積分

定義 [ ] 角 [ ] この記事内で、角は原則として , , , といったか、 を使用する。 三角関数 [ ] 最も基本的な関数は正弦関数(サイン、sine)と余弦関数(コサイン、cosine)である。 余割関数の略称には cosec と csc の2種類があり、この記事では csc を使用する。 日本語においては 逆正弦関数のように頭に「逆」を付けて呼ぶ。 この記事では逆関数として以下の表記を採用する: 関数 sin cos tan sec csc cot 逆関数 arcsin arccos arctan arcsec arccsc arccot 三角関数はなので、逆関数はである。 三角関数から求められる versine, coversine, haversine, exsecant などの各関数は、かつてなどに用いられた。 例えば haversine は球面上の2点の距離を求めるのに使用された。 haversineを使用すると関数表の表をひく回数を減らすことができるからである。 参考: 今日ではコンピュータの発達により、これらの関数はほとんど使用されない。 versine と coversine は日本語では「正矢」「余矢」と呼ばれ、三角関数とともにとして1つの数表にまとめられていた。 対称性 [ ] いくつかの線に対し対称な図形を考えることにより、以下の関係式を得ることができる。 これらの式は、10世紀のペルシャの数学者によって最初に示された。 これらの式はを用いて示すことが可能である。 回転行列の積 [ ] 加法定理によって、同士の積をまとめることができる。 この式はに関係している。 以下の関係から導かれる式もある。 これを三角関数を用いて書くと以下のようになる。 微積分において、極限に関する2つの重要な式がある。 この式はから導くことができる。 もう1つは以下の式である。 三角関数(特に正弦関数と余弦関数)の導関数と原始関数が三角関数であらわされることは、やを含む数学の多くの分野で有用である。 積分の計算において、被積分関数がxの三角関数の有理関数 R sin x, cos x である場合にこの変換を用いると、t についてのの積分の計算に帰着することができる。 脚注 [ ].

次の

積分公式一覧

アーク サイン 積分

定義 [ ] 角 [ ] この記事内で、角は原則として , , , といったか、 を使用する。 三角関数 [ ] 最も基本的な関数は正弦関数(サイン、sine)と余弦関数(コサイン、cosine)である。 余割関数の略称には cosec と csc の2種類があり、この記事では csc を使用する。 日本語においては 逆正弦関数のように頭に「逆」を付けて呼ぶ。 この記事では逆関数として以下の表記を採用する: 関数 sin cos tan sec csc cot 逆関数 arcsin arccos arctan arcsec arccsc arccot 三角関数はなので、逆関数はである。 三角関数から求められる versine, coversine, haversine, exsecant などの各関数は、かつてなどに用いられた。 例えば haversine は球面上の2点の距離を求めるのに使用された。 haversineを使用すると関数表の表をひく回数を減らすことができるからである。 参考: 今日ではコンピュータの発達により、これらの関数はほとんど使用されない。 versine と coversine は日本語では「正矢」「余矢」と呼ばれ、三角関数とともにとして1つの数表にまとめられていた。 対称性 [ ] いくつかの線に対し対称な図形を考えることにより、以下の関係式を得ることができる。 これらの式は、10世紀のペルシャの数学者によって最初に示された。 これらの式はを用いて示すことが可能である。 回転行列の積 [ ] 加法定理によって、同士の積をまとめることができる。 この式はに関係している。 以下の関係から導かれる式もある。 これを三角関数を用いて書くと以下のようになる。 微積分において、極限に関する2つの重要な式がある。 この式はから導くことができる。 もう1つは以下の式である。 三角関数(特に正弦関数と余弦関数)の導関数と原始関数が三角関数であらわされることは、やを含む数学の多くの分野で有用である。 積分の計算において、被積分関数がxの三角関数の有理関数 R sin x, cos x である場合にこの変換を用いると、t についてのの積分の計算に帰着することができる。 脚注 [ ].

次の