日本 製鉄 鹿島。 日本製鉄

日本製鉄鹿島火力発電所

日本 製鉄 鹿島

日本製鉄鹿島硬式野球部 チーム名(通称) 日本製鉄鹿島、日鉄鹿島 加盟団体 加盟区分 企業チーム 創部 チーム名の遍歴• 住友金属鹿島 1975 - 2012• 新日鐵住金鹿島 2012 - 2019• 日本製鉄鹿島 2019 - 本拠地自治体• 鹿島町 1975 - 1995• チームの愛称は「 KASHIMA BLUE WINGS」。 母体であるの会社直轄の企業チームは、と同チームの2チームである。 (茨城県)、()と共に北関東3強の一角を担い、毎年熾烈な代表権争いを繰り広げている。 概要 [ ] 、ので『 住友金属鹿島硬式野球部』として創部。 当時は、の本社チーム に次ぐ第2のチームであったが、に住友金属野球団が解散してからは、住友金属工業で唯一のチームとなった。 にに、ににそれぞれ初出場している。 、鹿島町がを編入し鹿嶋町と改称したうえで同日に市制施行したため、本拠地がとなる。 のと、ので、2年連続でベスト4入りを果たした。 10月、と住友金属工業が合併しが発足。 これに伴い、チーム名を『 新日鐵住金鹿島硬式野球部』に改称した。 4月、に新日鐵住金の商号変更により、チーム名を『 日本製鉄鹿島硬式野球部』に改称した。 沿革 [ ]• - 『 住友金属鹿島硬式野球部』として創部。 - に初出場(初戦敗退)。 - に初出場(初戦敗退)。 - に市町村合併に伴い、本拠地がとなる。 - 本社チームであるの解散に伴い、6名が当チームへ転籍。 - 10月よりチーム名を『 新日鐵住金鹿島硬式野球部』に改称。 - 4月よりチーム名を『 日本製鉄鹿島硬式野球部』に改称。 主要大会の出場歴・最高成績 [ ]• - 出場17回、4強3回(2000、2010年、2011年)• - 出場8回、4強1回(2018年)• - 優勝1回(2006年)• - 優勝5回(1983、1994、1999、2012、2019年)• - 優勝1回(2008年)• - 優勝3回(2000、2003、2009年) 主な出身プロ野球選手 [ ]• () - ドラフト6位でに入団• () - ドラフト5位でに入団• () - 退団後、傘下のマイナーリーグを経て、ドラフト9位でに入団• (捕手) - 大学生・社会人ドラフト4位でに入団• (投手) - ドラフト3位でに入団• (投手) - ドラフト2位でに入団• () - ドラフト7位でに入団• (投手) - ドラフト1位で阪神タイガースに入団• (投手) - 2014年ドラフト2位で阪神タイガースに入団• (投手) - ドラフト3位で横浜DeNAベイスターズに入団 元プロ野球選手の競技者登録 [ ]• (元:阪神タイガース) - 投手(2016年 - 2019年)• (元:) - 投手(2018年 - ) 脚注 [ ]• その他に日本製鉄の冠を入れている・は、はである。 日本野球連盟. 2017年1月6日閲覧。 日本野球連盟. 2019年4月14日閲覧。 関連項目 [ ]• の硬式野球部(前身の新日鐵住金、、も含む)• (旧:新日本製鐵室蘭硬式野球部)• (旧:新日本製鐵君津硬式野球部)• (旧:新日本製鐵名古屋硬式野球部)• (旧:新日本製鐵光硬式野球部)• - 1988年に廃部。 - 1995年から休部し、2008年に廃部。 - 2003年に廃部。 - 1999年に廃部。 - の前身チーム。 - 同じくに本拠地を置くの。 当チームの出身者が選手として多数在籍。 外部リンク [ ]•

次の

日本製鉄の没落、巨額赤字で高炉閉鎖加速…地域経済に壊滅的打撃、世紀の大統合失敗か(Business Journal) 赤かぶ

日本 製鉄 鹿島

は7日、4月中旬から国内の製鉄所にある高炉を一時休止すると発表した。 東日本製鉄所鹿島地区(茨城県鹿嶋市)と関西製鉄所和歌山地区(和歌山市)の計2基。 新型コロナウイルスの影響で鋼材需要が減少しているため。 世界的に鉄鋼製品の生産能力は過剰とされ、鉄鋼大手は製造拠点の統廃合を進めてきたが、今後一段の合理化を迫られる可能性もある。 日鉄は再稼働が可能な状態で高炉を止める「バンキング」という手法で対応する。 一時休止するのは、東日本製鉄所鹿島地区の「第1高炉」と、関西製鉄所和歌山地区の「第1高炉」。 4月中旬から順次稼働を止める。 2018年度の粗鋼生産量は約4400万トンだったが、休止の対象となる2基で600万トン強を占め、全体の1割以上となる。 2基以上の休止は、リーマン・ショック後に需要が急減した09年以来だ。 それぞれの再稼働の時期は現時点で未定。 「今後の需給動向をみて判断していく」(日本製鉄)という。 関西製鉄所和歌山地区の高炉1基はすでに22年9月末の休止を決定済みだ。 さらに高炉に加え、東日本製鉄所鹿島地区など3拠点で一部のコークス炉も稼働を一時休止する。 4月から国内の各事業所で従業員を一時的に休職させる「一時帰休」を約10年ぶりに実施することも7日発表した。 雇用の維持に向けて月2回程度、約3万人の組合員を対象に展開する。 新型コロナの逆風により鉄鋼製品の需要は急減している。 中でも鋼材を供給する自動車メーカーの生産縮小の影響は大きい。 など国内の乗用車メーカーは、すでに国内工場の生産ラインを停止することを打ち出している。 新型コロナは収束する兆しがみえてない。 鉄鋼大手では日鉄のほか、JFEスチールやなど他社も高炉などの休止に踏み切る可能性が高い。

次の

日本製鉄の決算から日本の未来が学べるから見といたほうがいいよって話|妄想する決算|note

日本 製鉄 鹿島

どうもコージです! 私は、毎日決算書を読んで企業の未来を妄想しています。 そんな私が決算書の中で面白かったポイント、未来への妄想ポイントを説明しています。 今日見ていくのは日本製鉄株式会社です。 鉄鋼の生産を主力事業としている会社で、日本製鐵と住友金属工業の合併によってできた日本最大の鉄鋼会社です。 かつては「鉄は国家なり」といわれていた時代もあり、製鉄は日本国内においても主要産業でしたが最近は目立たない業界になってきていますね。 こんなニュースがありました。 日本製鉄、資産売却1000億円上乗せ 設備費用、負債に頼らず 日本製鉄は政策保有株式を中心に資産売却を加速する。 従来想定より1000億円上乗せし、現在の中期経営計画の期限である2021年3月末までの3年間で合計4000億円超売却する。 新型コロナウイルスの感染拡大も重なり、世界景気の先行き不透明感は強い。 財務悪化につながる負債には頼らず、資産売却で設備更新などの資金を捻出する。 どうやら設備更新の費用を借り入れなどの負債に頼らず、資産売却でまかなうようです。 つまり将来利息を付けて返せるだけの自信がないという事ですね、そんな日本製鉄の今後を探っていきましょう。 まずは、こちらの資料をご覧ください。 純利益は2511億円から-4400億円の見通しへと大赤字へ転落の見通しとなっており、その大きな要因が減損損失のようです。 しかし減損の影響を除いても、事業利益が3369億円から540億円へと大きく減少する見通しのようですから非常に厳しい状況にいることが分かります。 続いてこちらの資料をご覧ください。 減損損失の要因が、鹿島・名古屋・広畑・呉の製鉄所による影響であることが分かります。 大規模な休炉によって多額の減損を計上する必要が出てきたのですね。 改めて先ほどの資料をご覧ください 赤線部分を見てもらえれば分かりますが、そもそも減益となった大きな要因は、出荷数量の減少と販売価格の低下、原材料価格の高騰であることが分かります。 これまで日本の製鉄市場は高品質を売りにしてきましたが、最近では特に中国の製鉄能力も向上してきており日本の製鉄業界は高品質という競争力を失いつつあります。 さらに中国が鉄鋼の最大の輸出先なのですが、輸送費を考えるとどうしても販売価格は高くなりますから、同程度の品質であれば中国の国内生産との勝負は厳しい事が容易に想像できると思います。 また、他の業界と同じように低品質製品に関してはコスト面で考えて中国に勝つことは不可能に近い状態ですので、低品質、高品質ともに競争力を失っているのが現状です。 そんな状況ですから、販売価格も上がらず出荷数量も減り大幅減益。 さらに生産過剰の状況となり、在庫の評価損が440億円となって大きく利益を押し下げています。 そこで休炉という選択を取ったわけです、生産量を減らして供給量を調整しコスト削減したほうがいいよねって判断です。 作れば作るほど儲かるからとにかく長時間稼働しようという、昭和的なスタイルが製鉄業界でも明確に崩壊した事が分かりますね。 続いてこちらの資料をご覧ください。 この課題って完全に今の日本が抱えている課題と同じですよね。 さて日本製鉄は先ほどの課題にどのように取り組むのでしょうか? こちらの資料をご覧ください。 これも日本が国として目指しているものと非常に似ていますよね、課題も対策も非常に近いという事です。 日本製鉄と日本の未来!! 日本製鉄も含め多くの大企業、さらには日本という国全体として撤退戦を迫られる時期が来ています。 成長を目指す路線から、撤退すべきところではしっかり撤退戦をやって損失を減らそうよというフェーズになったという事です。 市場を取り巻く環境を考えてみても、日本製鉄が今後世界の主要な企業となる未来を考える人はほぼいないと思いますし、私も業績低迷が続くことを予測します。 しかし国としては製鉄能力を持つことは必要ですので、上手に撤退戦を行い収益体質を変化させ、持続可能な企業になれるかは非常に注目です!! もちろん規模の小さいほうが結果が早く出ます。 つまり、日本製鉄の撤退戦のどこが上手くいってどこが上手くいかないのかを知る事は、同じ課題に対し同じ解決策で立ち向かおうとしている、より規模の大きな日本という国としての撤退戦を考えるうえで非常に学べるところが多いはずです。 なので日本製鉄の撤退戦には今後も注視してみると日本の未来が見えるかもしれません!!.

次の