そもそも 例文。 「元来」の意味とは?使い方の例文や「本来」など類義語も解説

【そもそも】の例文集・使い方辞典

そもそも 例文

「そもそも」の漢字は「抑・抑々」 「そもそも」は漢字で「抑」や「抑々」と書きます。 「抑」は訓読みで「そもそも」「おさ(える)」「ふさ(ぐ)」、音読みで「ヨク」と読みます。 「抑」を使った言葉に「抑論(そもそもろん)」があります。 ある問題の解決策を話し合っているときに「そもそも解決するべき課題はないか」と話を前提からひっくり返したり、過ぎた話を元に戻したりすることを「抑論」と言います。 便利な言葉ではあるのですが、ビジネスシーンで使うときは注意が必要です。 「そもそも」を多用しすぎると話がまったく前に進まないからです。 場面によっては適切な類語と言い換えるほうが良いでしょう。 「そもそも」で話題をすり替えないようにする 「そもそも」という言葉を使い本来話すべき話題をすり替えないように注意が必要です。 「そもそも」は自分の都合の良いところまで話を戻せるだけでなく「ところで」「そんなことより」といった意味でも使うことができます。 別の話題にすり替えすぎて議論が進んでいないということにもなりかねません。 「そもそも」をむやみに多用しないようにしましょう。•

次の

「そもそも(抑・抑々)」の意味とは?使い方や類語を徹底解説

そもそも 例文

「努力を惜しまない」の意味とは? 「努力を惜しまない」とは、目的のためなら自分の労力をいとわずに進んで取り組むことです。 企業に入社すると、大なり小なり目標を与えられたり自分で設定したりすることになるでしょう。 努力を惜しまない人であれば、達成するまでそれに向かって邁進できます。 どのような仕事であっても一生懸命に取り組めますし、困難にぶち当たっても頑張れるはず。 だからこそ、企業は「努力を惜しまない」と自己PRする人を採用したいと考えるのです。 「努力を惜しまない」の使い方やポイント それでは、実際に「努力を惜しまない」を自己PRに入れる場合の使い方やポイントをお伝えします。 具体的なエピソードを入れる まずは具体的なエピソードを入れること。 これは絶対です。 努力は目に見えるものではありません。 その目標に向けてなぜ努力ができたのか、その努力をするにあたって何にどのように取り組んだのかを思い出し、整理しておきましょう。 努力を惜しまないことで得た成果を書く 次に、努力を惜しまないことで得た成果を書くこと。 社会に出たら、努力をするのは至極当然です。 「時間に遅れないように努力しています」「約束を守るように努力しています」と言ったところで、そんなのは何の自慢にもなりません。 努力なんてするのが当たり前であり、みんなしています。 それだけでなく、 目標に向かって能動的に努力をし、それによって成果が出せなければ意味がないのです。 「努力を惜しまない」を自己PRに使うのであれば、「成績がアップした」「信頼を得て給与が上がった」など、努力をした末にどうなったかしっかり伝えてください。 もし、そういった形で目に見える結果がなかったとしても、その努力により大きな成長を遂げた経験があれば自己PRに使えるかもしれません。 「こんなの使えるのかな?」と思うことがあれば、周りの人に相談してみましょう。 相談する先は、たとえば学校のキャリアセンターであったり、近くに就活経験者がいればそういった先輩でも良いかもしれません。 周りに相談できそうな人が見当たらなければ、 就活エージェントもおすすめです。 就活のプロであるキャリアコンサルタントが就活の相談に乗ってくれるので、自己PRに悩んでいるなら一緒に考えてくれます。 学生は無料で利用できますよ。 企業と学生の両方を知るプロの視点でアドバイスがもらえるので、自分でも知らなかった魅力を引き出すお手伝いをしてもらいましょう。 60,000名の就職支援をしてきたアドバイザーが専任で内定獲得まで個別サポートしてくれます。 徹底的に自己分析を手伝ってくれるので、気軽に相談してみてください。 選考時には必ず面接がありますが、これを通して企業が何を知りたいかというと、つまるところ 「この学生は入社後に自社で活躍してくれるのか?」です。 自己PRを求めてくるのも、その人となりを知りたいのはもちろんありますが、それ以上に長所をどのように仕事に反映させられるかを判断したいから。 いくら努力を惜しまない性格であったとしても、その素質が発動するのが趣味の領域だけだったら何の意味もないですよね。 努力を惜しまないという長所を、いかにして仕事に活かせるのかも伝えましょう。 「努力を惜しまない」のES例文・文章 ここからは、「努力を惜しまない」をアピールする自己PRのES例文をご紹介します。 「努力を惜しまない」ではなく、その性格を伝えやすくするために違う表現でアピールする方法を使っています。 コピペはばれてしまいますので、書き方の参考にしてください。 中でももっとも長く続けているのが朝晩のストレッチです。 もともとは全くしていませんでしたが、小学校の時に学校ぐるみでストレッチをする「チャレンジ!3ヶ月ストレッチ」という取り組みがあり、それがきっかけでやり始めました。 内容は、毎朝ストレッチをして、いくつできたかを先生に報告するというものです。 体が固かったので苦痛だったのと、早起きするのが面倒だったのもあり、初めはあまり気が乗りませんでした。 しかし、どうせやるならいつかは地面に手が付くようになりたいと思い、朝だけでなく晩にも続けていると、次第に体が柔らかくなってきました。 そして3ヶ月チャレンジを終える頃には、立って地面に手が付くようになったのです。 これは私にとって大きな喜びでした。 転びにくくなっていることにも気付き、ここで終わらせるのはもったいないと感じたため、学校のチャレンジ終了後も一人で続けました。 そして今でも、ストレッチを続けています。 最初の目標を達成した後も、開いた脚の間に頭を付ける、Y字バランスができるようになるなど新たに目標を設定し、面倒と思う日があっても続けてきました。 入社後も、与えられた課題に対して自ら目標を設定し、それを達成するために努力を惜しまず続けていく所存です。 インターンをしていたのは人材系の会社で、採用に関する新しいサービスをローンチしたばかりです。 こちらの営業テレアポを行っておりました。 スクリプトから自分で作れと言われたので、先輩の話し方などを盗み聞きしながら作ってみました。 それを使ってテレアポに臨んだものの、最初は全くお客さんに響かず、本来であれば1週間で1アポイントが目標のところ、2ヶ月近く1件も取れない始末。 それまでは一人で成績を上げてやろうと躍起になっていましたが、これではダメだと思い、積極的に周りの人にアドバイスを求めるようになりました。 スクリプトを見直し、週に2回はロープレもしてもらい、その中で気付いた改善点を反映する中で、徐々にアポイントが取れるようになっていきました。 1日20件の架電で、1週間で1アポイントが取れれば及第点と言われるところ、最終的に1日に1アポイントをコンスタントに取れるようになりました。 その成績から、今は他のインターン生のマネジメントも行っています。 いまは、自分だけでなく全体のアポイント獲得数を上げるために、マニュアルの作成や、ノウハウの共有の仕組みづくりを行なっています。 入社した後も、現状を改善できるよう努力し、求められた成果を出していきます。 以前TOEICを受けた時、子供の頃から英会話教室に通っていたので英語は得意と勘違いし、小手調べのつもりでほぼ勉強していませんでした。 すると自分が想像していたより遥かに難しい問題ばかりが並び、スコアは大学1年生にもかかわらず350点とさんざんなものになってしまいました。 私のプライドはずたずたに引き裂かれ、それとともに、どうやっても良いスコアを取ってやろうと固く誓いました。 そこで、私は毎日の時間割に必ず空きコマを設け、1日90分は必ずTOEICの勉強をしようと決めて、しっかりと守り抜いたのです。 その結果、毎年のようにスコアは上がっていき、直近の試験では念願の900点を突破しました。 経理の仕事も同様に、地味な努力をコツコツ積み重ねられる素養が必須な職種だと思います。 こちらに就職させていただけた後も、コツコツと業務を進め、信頼を得られる仕事をしていきます。 まとめ 今回は、「努力を惜しまない」の意味を確認した後、アピールする際の使い方やポイント、そして自己PRのES例文をご紹介してきました。 「努力を惜しまない」という言葉は多くの学生が使うものなので、埋もれないためにはその中で何をアピールするのが重要かがお分かりいただけたと思います。 繰り返しになりますが、 努力をするのは当然のことです。 その上で、努力を惜しまない性格が人より強いお陰で出せた成果を企業は見たがっています。 そこをしっかりと伝えられるよう工夫してください。

次の

[そもそも]を使った短文を教えてください。 なるべく日常で使うような

そもそも 例文

「努力を惜しまない」の意味とは? 「努力を惜しまない」とは、目的のためなら自分の労力をいとわずに進んで取り組むことです。 企業に入社すると、大なり小なり目標を与えられたり自分で設定したりすることになるでしょう。 努力を惜しまない人であれば、達成するまでそれに向かって邁進できます。 どのような仕事であっても一生懸命に取り組めますし、困難にぶち当たっても頑張れるはず。 だからこそ、企業は「努力を惜しまない」と自己PRする人を採用したいと考えるのです。 「努力を惜しまない」の使い方やポイント それでは、実際に「努力を惜しまない」を自己PRに入れる場合の使い方やポイントをお伝えします。 具体的なエピソードを入れる まずは具体的なエピソードを入れること。 これは絶対です。 努力は目に見えるものではありません。 その目標に向けてなぜ努力ができたのか、その努力をするにあたって何にどのように取り組んだのかを思い出し、整理しておきましょう。 努力を惜しまないことで得た成果を書く 次に、努力を惜しまないことで得た成果を書くこと。 社会に出たら、努力をするのは至極当然です。 「時間に遅れないように努力しています」「約束を守るように努力しています」と言ったところで、そんなのは何の自慢にもなりません。 努力なんてするのが当たり前であり、みんなしています。 それだけでなく、 目標に向かって能動的に努力をし、それによって成果が出せなければ意味がないのです。 「努力を惜しまない」を自己PRに使うのであれば、「成績がアップした」「信頼を得て給与が上がった」など、努力をした末にどうなったかしっかり伝えてください。 もし、そういった形で目に見える結果がなかったとしても、その努力により大きな成長を遂げた経験があれば自己PRに使えるかもしれません。 「こんなの使えるのかな?」と思うことがあれば、周りの人に相談してみましょう。 相談する先は、たとえば学校のキャリアセンターであったり、近くに就活経験者がいればそういった先輩でも良いかもしれません。 周りに相談できそうな人が見当たらなければ、 就活エージェントもおすすめです。 就活のプロであるキャリアコンサルタントが就活の相談に乗ってくれるので、自己PRに悩んでいるなら一緒に考えてくれます。 学生は無料で利用できますよ。 企業と学生の両方を知るプロの視点でアドバイスがもらえるので、自分でも知らなかった魅力を引き出すお手伝いをしてもらいましょう。 60,000名の就職支援をしてきたアドバイザーが専任で内定獲得まで個別サポートしてくれます。 徹底的に自己分析を手伝ってくれるので、気軽に相談してみてください。 選考時には必ず面接がありますが、これを通して企業が何を知りたいかというと、つまるところ 「この学生は入社後に自社で活躍してくれるのか?」です。 自己PRを求めてくるのも、その人となりを知りたいのはもちろんありますが、それ以上に長所をどのように仕事に反映させられるかを判断したいから。 いくら努力を惜しまない性格であったとしても、その素質が発動するのが趣味の領域だけだったら何の意味もないですよね。 努力を惜しまないという長所を、いかにして仕事に活かせるのかも伝えましょう。 「努力を惜しまない」のES例文・文章 ここからは、「努力を惜しまない」をアピールする自己PRのES例文をご紹介します。 「努力を惜しまない」ではなく、その性格を伝えやすくするために違う表現でアピールする方法を使っています。 コピペはばれてしまいますので、書き方の参考にしてください。 中でももっとも長く続けているのが朝晩のストレッチです。 もともとは全くしていませんでしたが、小学校の時に学校ぐるみでストレッチをする「チャレンジ!3ヶ月ストレッチ」という取り組みがあり、それがきっかけでやり始めました。 内容は、毎朝ストレッチをして、いくつできたかを先生に報告するというものです。 体が固かったので苦痛だったのと、早起きするのが面倒だったのもあり、初めはあまり気が乗りませんでした。 しかし、どうせやるならいつかは地面に手が付くようになりたいと思い、朝だけでなく晩にも続けていると、次第に体が柔らかくなってきました。 そして3ヶ月チャレンジを終える頃には、立って地面に手が付くようになったのです。 これは私にとって大きな喜びでした。 転びにくくなっていることにも気付き、ここで終わらせるのはもったいないと感じたため、学校のチャレンジ終了後も一人で続けました。 そして今でも、ストレッチを続けています。 最初の目標を達成した後も、開いた脚の間に頭を付ける、Y字バランスができるようになるなど新たに目標を設定し、面倒と思う日があっても続けてきました。 入社後も、与えられた課題に対して自ら目標を設定し、それを達成するために努力を惜しまず続けていく所存です。 インターンをしていたのは人材系の会社で、採用に関する新しいサービスをローンチしたばかりです。 こちらの営業テレアポを行っておりました。 スクリプトから自分で作れと言われたので、先輩の話し方などを盗み聞きしながら作ってみました。 それを使ってテレアポに臨んだものの、最初は全くお客さんに響かず、本来であれば1週間で1アポイントが目標のところ、2ヶ月近く1件も取れない始末。 それまでは一人で成績を上げてやろうと躍起になっていましたが、これではダメだと思い、積極的に周りの人にアドバイスを求めるようになりました。 スクリプトを見直し、週に2回はロープレもしてもらい、その中で気付いた改善点を反映する中で、徐々にアポイントが取れるようになっていきました。 1日20件の架電で、1週間で1アポイントが取れれば及第点と言われるところ、最終的に1日に1アポイントをコンスタントに取れるようになりました。 その成績から、今は他のインターン生のマネジメントも行っています。 いまは、自分だけでなく全体のアポイント獲得数を上げるために、マニュアルの作成や、ノウハウの共有の仕組みづくりを行なっています。 入社した後も、現状を改善できるよう努力し、求められた成果を出していきます。 以前TOEICを受けた時、子供の頃から英会話教室に通っていたので英語は得意と勘違いし、小手調べのつもりでほぼ勉強していませんでした。 すると自分が想像していたより遥かに難しい問題ばかりが並び、スコアは大学1年生にもかかわらず350点とさんざんなものになってしまいました。 私のプライドはずたずたに引き裂かれ、それとともに、どうやっても良いスコアを取ってやろうと固く誓いました。 そこで、私は毎日の時間割に必ず空きコマを設け、1日90分は必ずTOEICの勉強をしようと決めて、しっかりと守り抜いたのです。 その結果、毎年のようにスコアは上がっていき、直近の試験では念願の900点を突破しました。 経理の仕事も同様に、地味な努力をコツコツ積み重ねられる素養が必須な職種だと思います。 こちらに就職させていただけた後も、コツコツと業務を進め、信頼を得られる仕事をしていきます。 まとめ 今回は、「努力を惜しまない」の意味を確認した後、アピールする際の使い方やポイント、そして自己PRのES例文をご紹介してきました。 「努力を惜しまない」という言葉は多くの学生が使うものなので、埋もれないためにはその中で何をアピールするのが重要かがお分かりいただけたと思います。 繰り返しになりますが、 努力をするのは当然のことです。 その上で、努力を惜しまない性格が人より強いお陰で出せた成果を企業は見たがっています。 そこをしっかりと伝えられるよう工夫してください。

次の