えきねっと スマートex。 スマートEX vs えきねっと

「ビュー・エクスプレス特約」でスマートEXやエクスプレス予約より安く東海道新幹線に乗る!

えきねっと スマートex

こんにちは、ikuzo いくぞう です。 みなさんは新幹線で旅行や出張に出かける時は、どこで切符を手配していますか? みどりの窓口や券売機で買うのが一般的だと思いますが、今は ネットで簡単に予約することができます。 ネットでの予約方法はJR東日本だと「 えきねっと」、JR東海やJR西日本ですと「 スマートEX」「 エクスプレス予約」といったサービスがあります。 この中で「エクスプレス予約」は年会費1,000円(税別)がかかりますが、「えきねっと」と「スマートEX」は 年会費無料でどなたでも気軽に利用できます。 今回はJR東日本の「 えきねっと」を利用して、 スマホで新幹線を予約する方法について説明します。 最初に、えきねっとの メリット・デメリットを申し上げておきますと、 えきねっと会員登録 えきねっとできっぷを予約する前に、 会員登録が必要になります。 登録にはクレジットカードが必要ですので、あらかじめ用意しておいて下さい。 まずは にアクセスします。 トップ画面の「 はじめての方会員登録」を押します。 下へスクロールして「 会員登録(無料)する」をクリック。 「 えきねっとの個人情報の取扱い及び規約類に同意する。 」に チェックを入れて、 同意して次へを押します。 メールアドレスを入力して 確認画面へを押して下さい。 メールアドレスに間違いがないかを確認の上、 メール送信を押しましょう。 入力したメールアドレスに登録のためのメールが送られてきます。 メールが届いたら、メールに記載された URLにアクセスします。 画面に従って 登録に必要な情報を入力して下さい。 続いて カード情報の入力です(クレジットカードは後からでも登録できます)。 入力した情報に間違いがないかを確認して、よろしければ「 この内容で登録」を押します。 これで 会員登録は完了です。 新幹線の予約方法 会員登録が終わりましたら、新幹線の予約が可能となります。 これから 通常の予約方法を説明します。 通常の予約はみどりの窓口と同じ、 乗車日の1ヶ月前午前10時より受付が始まります。 えきねっとの ログインボタンを押して下さい。 登録した ユーザーIDとパスワードを入力して ログインします。 パズル認証です。 下のパズルを上の画像に当てはめて下さい。 セキュリティが厳しいようで、 もう一度パスワードを入力します。 ログインできたら新幹線の申し込みは、 JR券申込を押しましょう。 希望の新幹線を選びます。 今回は 東北新幹線を予約してみたいと思います。 乗車日時と 利用区間(乗車駅と降車駅)を選んで下さい。 A席=3列窓側 B席=3列中央 C席=3列通路側 D席=2列通路側 E席=2列窓側 ところが最近になって「 F席」というのが出てきたんですね。 F席=6列目? 「 なんだ、これは?」と調べてみたらF席は 足湯付 の新幹線「 」だけに設定されている席でした。 「とれいゆ つばさ」以外の新幹線でもF席を選択できますが、実際にF席を申し込んでみると、 「 ・指定された列車の座席にご希望の列はございません」というエラーメッセージが出てきます(笑) 出典:JR東日本「 」 すみません、話が逸れましたが 条件での選び方を続けます。 希望の列を選びます。 東北新幹線は上下線ともに A席が東側で、 E席が西側です。 東北新幹線は、午前中はA席側から、午後はE席側から太陽が差し込みます。 車両内の位置の希望を選びます。 ドア付近が希望でしたら「 車両の端付近」、ドアから離れた席が希望でしたら「 車両の両端以外」を選択しましょう。 往復で片道 601km以上の同一区間を利用すれば、往復割引乗車券(1割引)を利用できます。 該当する場合は、えきねっとで乗車券を申し込まずに、みどりの窓口で往復割引乗車券を購入した方がお得です。 申込結果の確認の画面が表示されます。 内容を確認して間違いなければ 購入手続きへ進むを押します。 購入手続きの確認の画面が表示されます。 再度内容を確認して「 注意事項に同意する」に チェックを入れ、最後に 以上の内容で新規購入するを押して下さい(この操作で購入が完了します)。 これで予約は完了です。 完了時に 5桁の予約番号が発行されます。 きっぷは内の駅で受け取って下さい。 窓口で受け取る際は、 5桁の予約番号と 登録したクレジットカード 券売機で受け取る際は、 5桁の予約番号と クレジットカード、および クレジットカードの暗証番号が必要になります。 私はいつも、みどりの窓口で受け取ってますが、クレジットカードを出すだけで5桁の予約番号は伝えたことはありません。 窓口ではクレジットカードのみできっぷを発行してもらえると思いますが、、念のため発行された予約番号は必ず控えるようにして下さい。 (この場合でも実際に手配を行うのは、乗車日1ヶ月前発売日の午前10時00分からとなります。 ) このサービスを使うことで発売開始日に駅窓口などへ並ぶことなく指定席をお申込みいただけます。 出典:JR東日本「」 事前受付は 乗車日1ヶ月+1週間前の午前5時半より申し込むことができます。 お先にトクだ値 を利用したい方は なるべく早めに申し込むことを推奨します。 これから事前受付で「 お先にトクだ値」 を申し込む方法を説明します。 (画像はログイン後の画面)の JR券申込を押します。 ご希望の新幹線を選びます。 乗車日時と 利用区間(乗車駅と降車駅)を選びます。 1ヶ月を超える乗車日を選択すると、 事前受付のご案内についての画面が表示されます。 注意事項を読んだ上で 事前受付へ進むを押して下さい。 こちらも「 はやぶさ5号」を予約するつもりで進めてまいります。 トク25(お先にトクだ値)を選択します。 人数と 座席位置希望を選びます。 通常の予約と違って、 事前受付はシートマップで座席を選択することはできません。 並び方の希望(希望の列)を選びます。 車両内の位置の希望を選びます。 選択が完了したら 希望内容の確認へを押して下さい。 希望内容に間違いがないことを確認して、必要があれば 第2希望を追加するへ進みます。 事前受付は第3希望まで申し込むことができます。 第3希望まで申し込んでもすべて予約できないこともあります。 第2希望で、次発の はやぶさ7号のトク25を追加します。 以降、第1希望とやり方は同じです。 第3希望を追加する、もしくは 事前受付手続きへを押して下さい。 各希望内容に間違いがないかを確認して、 同意して申込を続けるを押します。 再度内容を確認して「 注意事項に同意する」に チェックを入れ、最後に 以上の内容で事前受付するを押しましょう(この操作で事前受付が完了します)。 申し込みが完了すると、乗車日1ヶ月前の午前10時すぎに結果のメールが届きます。 メールには5桁の予約番号が記載されています。 予約が取れましたら、こちらもきっぷは内の駅でお受け取り下さい。 その他キャンセルなど 事前受付のキャンセルは発売当日の9時54分までであれば、払戻手数料は発生しません。 それ以降の事前受付・予約については指定席のみ、払戻手数料が発生します。 キャンセルについて、詳しくはをご覧下さい。 事前受付での私の経験上の話ですが、たとえば秋の土日祝の3連休(土曜出発)は事前受付開始と同時に申し込んだら、第1希望か第2希望のトク25で予約が取れています。 ただ、申し込みに時間がかかったので、やはり通常時よりもアクセスは多いようです。 年末年始やGWとお盆の時期は予約したことがないので、わかりません。 事前受付で予約が取れなかった時は、他にも割引で新幹線を利用する方法があります。

次の

スマートEXは、例えば新幹線を品川から新大阪までで完結するのではなくそ...

えきねっと スマートex

会員登録は簡単です。 会員登録時にクレジットカード登録が必要です。 また交通系ICカードを登録すれば そのICカードで新幹線にそのまま乗れます。 その場合は、僕がこれから書くことをする必要はありません。 そのまま、「新横浜新幹線チケット受け取りスムーズ組」 の仲間入りです。 おめでとうございます! スマートEXで新横浜駅で新幹線チケットを受け取る方法 交通系ICカードを登録しない場合 新幹線チケットを受け取るという作業が必要です。 流れとしては• 市営地下鉄で新横浜駅に到着• 新幹線窓口に向かう• スマートEXの切符受け取り機でチケットを受け取る• 新幹線に乗る になります。 全行程5分だと厳しいですね。 10分は欲しいところです。

次の

スマートEXは、例えば新幹線を品川から新大阪までで完結するのではなくそ...

えきねっと スマートex

〔「スマートEX」ご利用上の注意〕• 乗車券・特急券の効力が一体となった東海道・山陽新幹線専用商品です。 「 東京都区内」「大阪市内」といった所定の乗車券に適用される、いわゆる「特定都区市内制度」は適用されません。 新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線をご利用の場合は、別途在来線の運賃等が必要です。 このため、 利用区間によっては、駅窓口等でお買い求めいただく所定のきっぷと比べて「スマートEXサービスと在来線の運賃等の合計額」の方が、高額になる場合があります。 自由席については、所定の運賃・自由席特急料金の合計額と同額です。 普通車指定席は、所定の指定席特急料金と同様に、通常期・閑散期・繁忙期により発売額が異なります。 (閑散期は通常期より200円引き、繁忙期は通常期より200円増し)。 普通車指定席・グリーン車では、「のぞみ」「みずほ」利用時と「ひかり」「こだま」「さくら」利用時で、 所定の指定席特急料金と同様に、おねだんが異なります。 片道600キロを超える区間には往復割引商品もあります。

次の