クイズレット 使い方。 英単語など暗記や子供の勉強に活躍するアプリ「Qizuret」を知っていますか?

Googleフォームでテストやクイズを作成し採点する方法

クイズレット 使い方

や大学に関わらず、個人的にもクイズレッド quizletをお使いの方がたくさんいらっしゃると思います。 GoogleIDでログインでき、使用することができる無料アプリです。 有料版であれば広告不表示、グループ分けして競い合う、写真を入れられる、音声入力できるなど、 たくさんの機能がついているそうですが、有料版は未体験です。 有料版を使ってる友人がいて、彼女は仕事に使うだけでなく、子供の英語語彙の音声、絵カード入り教材まで作ってしまう強者です。 彼女からおおまかな話を聞いたことはあります。 かなり大きくスペースを占めます。 広告が表示されてみにくいので、現在有料版を検討中です。 二人ペアで購入すると一年1980円で、だいぶ安くなるのですが、誰にも声かけられずにいます。 私はいつも、新しい語彙を導入して練習したあとは必ずquizletで確認課題を与え、できた人から私に報告するようにと伝えてやってもらっています。 その際に使っているのが、今学期から使い始めたグーグルのクラスルームです。 パソコンからでも、GoogleIDをお持ちの方であればログインして使用可能です。 やタブレッドをお使いの方は、こちらをご覧ください。 LLC• 」 と指示し、学生たちは各自にを使って、練習問題をやっています。 その際、学生たちは次のようにステップを踏んで問題にたどり着きます。 ステップ1 ステップ2 ステップ3 ステップ4 そうすると、必ずひとクラス二、三人の学生から「できません」「どこにありますか」などの質問を受けます。 原因は二つあります。 ちょうどその時に、たまたまでフォローしてるさくま先生のブログを読んで「を作る」という方法を知りました。 「なるほど、この手があったのか」と思い、早速授業に取り入れてみました。 ブログ内容は以下に乗せましたので、ご興味のある方はぜひ! の作成 ちなみに、こちらがクイズレットを取り入れたさくま先生の授業です。 まず、一番最初に quizletにログインし、復習する項目を設定します。 私の場合はパソコンで事前に作っておいてるのですが、急いででやる場合もあります。 画面だとまた操作が少し違うところがあるので注意が必要です。 パソコンのこの画面から始めます。 今回は教科書のところを例にご紹介します。 教科書フォルダをタップすると、このようにずらりと事前に作っておいたファイルが出てきます。 勉強する課を決めて、タップします。 第26課はの話でした。 問題の数はその下の入力欄から入力できるので語彙が沢山ある課は二回に分けるなど、調整が可能です。 ここまでできたら、矢印で示しているように、URLをコピーします。 今回私が使用したのはこちらのサイトです。 URLを張り付けて変換するだけなのでとても便利です。 さくま先生がご紹介されているのは、もっと機能があったように記憶しています。 私は機械音痴であるため、できるだけシンプルにできるものを探しました。 URLと書かれているところに先ほどコピーしたクイズレットの試験画面のURLを貼り付けます。 作成ボタンを押すと下の方にが表示されます。 サイズ変更も可能ですが、ここでを右クリックしてコピーボタンを押すだけでもPPTの方に貼り付けられるので大きくする必要性はないかもしれません。 もし、使いまわす予定があり、これらを写真として自分のフォルダに保存したい方がいらっしゃったら保存しておくのもいいと思います。 私の場合は最初の頃は保存していましたが、あまりにもいろんなデーターを保存しすぎて管理できないため、最近はコピーしてそのままPPTに貼り付けるだけです。 また使う際には作ればいいと思っています この をpptに貼り付けて使いたいところに挿入するだけで完了です。 たまに授業中思いついて練習テストをやることもありますが、その際にはこのに変換されたWEBページをスクリーンに出すだけにする場合もあります。 学生たちはのカメラ画面を立ち上げて、 をかざします。 私のは社なので、このような画面になります。 さらにiphone10とかだとカメラボタンを長押しするだけで 機能が出てくると、学生に教わりました。 そうすると、アプリに飛び、26課語彙の最初の画面が出てきて、私がやってほしい種類のテストにたどり着かなくなってします。 この現象を避けるためには、デフォルトのカメラを使わず、学生たちが使っているアプリを使用すると改善されます。 今回は中国人の留学生が使っているこの wechatアプリでご説明します。 この「かざす」ところをタップするとテストの画面に直接飛びます。 解析スピードがとても速いです。 こちらのアプリでなくても、 同じく、やLINEの友達追加の中にある機能を使えばテスト画面にいけます。 決められたテストしかできないのがクイズレットの難点だと思います。 読み方の微妙な違いや長音・清音濁音などの違いもテストに出したいのですが、できないので少しもどかしいです。 終わったら回答をチェックボタンを押し、点数を表示させます。 各自何個間違えているのか一目でわかるようになっています。 で問題をやりはじめて、しばらくすると、学生たちのいろんな声が聞こえてきます。 LINEでの使い方もほぼ同じですので、詳細を知りたい方は先ほどの「さくま先生」のブログをご覧ください。 今のところ学生たちが使っているのをみての感想としては、LINEはうまく反応しない学生が必ずひとクラス二、三人ほどいます。 LINEで取り組めなかった学生がアプリを使ったらうまくいきました。 ご参考までに。 間違ったところはこのように表示されます。 マッチを選んだ場合このような画面が出てきます。 入力個所をタップすると、下に答えを入力するキーボードが出てきます。 学生たちは個々人で答えを入力していきます。 間違った箇所はこのように表示されます。 たまに、の機能を使っていくらかざしてもテストページに飛ばず、アプリに飛ぶ学生がいます。 その際には、教師側が今やらせようとしている問題形式を教えて、学生が各自に選んでやるという方法を使います。 そうすることでほかの学生と同じように マッチ問題をやることができます。 クイズレッドを作る際には例文ありと例文なしの方2パターンを作ります。 (左が例文なし、右が例文あり) 以上、クイズレットを授業で使用する際の使い方および、ぶつかった問題などをまとめてみました。 先生方ならサクサク作業しているところだと思いますが、 私はパソコンが苦手で、機械・電化製品音痴なので、のんびりと、ゆっくりと少しずつ慣れていきたいと思います。 【学生たちの反応】 最初のころは、黙々ついてきてくれている学生もいれば、ざわついたり、やりたくないと言ってきたり、ネットがない(これはうそLINEやは見てたから)と言ってきたり、いろいろでした。 半年ほど使っているので、少しずつ慣れてきた模様です。 学生たちからもいろいろリクトが来ます。 先週は学生たちから、フォームの問題はclassルームに入れてほしい、quizレットの問題はにしてほしいとの要望がありました。 クイズレッドはアプリに飛んでしまうためで、グーグルフォームの場合はわざわざカメラを起動しなくていいと言う女性の学生の意見でした。 今はだいぶ慣れてきて、語彙の練習が終わって画面を出すだけで、みんなを取り出してかざし始めます。 言葉での指示が少しずついらなくなりました。 半年前は「はい。 やりましょう」「だよ」「クイズレッドね」「グーグルフォームのなかだよ」など色々慌ただしかったような気がします。 学生たちも少しずつ使い方をマスターしてきているようには感じてはいますが、やはり半年間使っていても毎回使い方を質問する学生もいます。 なんとつい先週やっと「クラスルーム」アプリをダウンロードしてくれた学生がいました。 毎回「ネットがない」「できない」と言ってきては、やらなかった学生でした。 クラスルームには、いろんな通知やスケジュール、授業用プリントまで入れておくのでついにダウンロードを決意した模様です。 私自身が機械音痴ということもあり、学生たちにはあまり強制はしたくないなと思ってはいますが、ダウンロードして使うようには促します。 どうしてもやりたくない、はつかわない、ネットがないという学生には紙ベースのものを配ったりもしました。 ちなみに、紙ベースのものは、テストページのオプション上にある「テスト印刷」ボタン押すだけで印刷されます。 右が印刷プレビュー画面です。 (マッチ問題を使った例).

次の

Quizlet クイズレット: 英語を習うそして勉強の評判や使い方

クイズレット 使い方

単語カード• 音声チャレンジ• テスト• マッチ• グラビティ 1. 単語ガード 単語カードはフラッシュカードのことです。 日本語の意味(問題)があり、それをクリックすると意味(答え)が表示されます。 学習 学習では、単語の意味を選択肢の中から選ぶ問題になっています。 筆記 筆記は絵や英語の意味を見て、日本語の意味を書かせる問題が作れます。 音声チャレンジ 音声チャレンジは音を聞いて、聞いたとおりに入力する練習です。 音声は自動音声もありますが、自分の声を登録することもできます。 自動音声だと、少し変な発音になることもあるので、自分の声を登録しておくと良いでしょう。 テスト テストは答えを書いたり、選択肢の中から選んだりする問題が混在していて、学習したことを復習するのに役立ちます。 「マッチ」は表示された単語や写真の中から、意味がマッチするものを選びます。 タイムも計測されているので、友達と競いながらやると楽しいかもしれません。 一方、「グラビティ」は画面の上から単語が降ってくるので、その単語の意味を入力するゲームです。 早く答えを入力しないと、単語が下に落ちてしまうので、緊張感が味わえます。 Quizletで単語カードを作ってみよう それでは、次のQuizletで単語カードを作る手順を紹介します。 Quizletを使うには無料会員登録が必要です。 まず、Quizletにログインすると画面上部に「作成する」という文字があるのでこちらをクリックします。 すると単語カード作成ページが表示されるので、こちらで単語カードを作っていきます。 単語の入力が全て終わったら、閲覧範囲を設定します。 実はQuizletではクラスという特定の人しか見れないグループを作ることができるので、全ての人に共有したくないのであれば、学生だけを対象に公開することができます。 すると、このように単語カードを作成することができ、筆記練習やテストなどにチャレンジできるようになります。 最後に 今回は日本語教師に役立つアイテム「Quizlet」について、できることや使い方を簡単に紹介しました。 このツールを使えば、わざわざ単語をプリントしなくてもいいですし、勉強したい学生は自分でどんどん勉強してくれます。 一度作ってしまえば、何年でも使えますし、編集も簡単なので、かなり便利です。 日本語教師の方はぜひ活用してみてください。

次の

フラッシュカード Quizlet の使い方 (パソコンの場合)

クイズレット 使い方

I E は対応していない。 Quizletの実例 (小生自作) 1 (2801語) 2 (1259語) 3. (963語) 4 (400語) 5 (300語) 6 (50語) 1.Quizletとは ・ネット上で無料で使える Cloud型・音声付き の使いやすい暗記カード。 ・米、日ほか主要18国の肉声に近い機械音声。 10年の歴史がありほぼ完成形。 (有料もある) ・機械音声が肉声に近い。 自分の音声録音も可(有料) ・編集が簡単。 (入力、修正、削除。 ・既定の無料画像を選択して掲載できる。 自作も可(有料)。 ・自分専用、グループ用、完全公開、の設定が自在。 ・学習機能が多彩。 カードの自動送り機能や、 苦手単語だけ集めて学習 など。 ・印刷が簡単(プレビュー有り、500語まで。 ・スマホでもアプリで使える (自分で調べて下さい)。 (2)短所 ・単語帳の作成 は慣れが要るが、慣れれば簡単。 ・日記等のSNS機能はない。 特殊な学習やゲームは単純な 1:1 の語釈 向き。 ・どれが信用できるのか判らない。 確かなユーザをつかむ か 内容判断による (セット名の検索は絞りにくい。 ユーザ名は知っていれば一発で検索できる。 ・以後、ログインは簡単、ユーザネームとパスワードだけ。 4.Quizletの使い方 (主要点のみ。 慣れれば簡単。 ) (1)画面の構成 ・最初のページに全てのボタンがある。 ・画面の判りにくいところ 「編集」 : 自分の単語帳用。 他人の単語帳では 「カスタマイズ」(=コピー)に変わる。 単語カード:電子式単語カード、自動送りもあり機能が優れる。 (これが本来のカード学習で一番使いやすい) 学習 :種々の学習モードがあるがやや使いにくい。 :音声あるいは訳だけで、つづりを書く 音声 :訳を見て正しいつづりで書く。 2回繰り返し、正解率が出る テスト :選択式、正誤判定、記述 の3種類のテストが作成できる ・ ゲーム マッチ :マッチングゲーム グラビティ :つづりの正確さと速さを競うゲーム ・ 学習中止 (非表示にできる。 回答する. : カードの表か裏の始める順番、 両方同時もある 英和なら 「回答する」 は「日本語」を選ぶ 音声のオプション : 音声のありなしを細かく指定できる. 慣れれば簡単。 自分用に編集もできる。 操作のアイコン化が増えた。 本質的な変更はないよう。 ただしコピー元が明記される。 スペルテスト追加。 ・2007年にオリジナル。 2010年頃から実用的になった。

次の