よろしい かと 存じ ます。 「ご都合のよろしい日にご挨拶に伺いたいです。」この文章の日本語は正しいです...

「存じます」とは?意味と使い方

よろしい かと 存じ ます

「よろしいでしょうか」の漢字 「よろしいでしょうか」は漢字だと「良ろしいでしょうか」「宜しいでしょうか」と書くことができます。 「宜しく」「良ろしい」と書くことはあまりなく、一般的には、 「よろしいでしょうか」とひらがなで表記することが多いです。 「宜」は音読みだと「ギ」、訓読みだと「よろしい」と読みます。 「宜」は「程よくかなっている」を意味しています。 元々「よろしく」は、相手に便宜をはかってもらう時などに、適切な配慮を願ったり期待したりして言う語です。 そこから「宜」をとって、「宜しく」と書くようになりました。 「宜」は、「適宜」「時宜」「便宜」といった使い方が正しいので、「宜しい」といった使い方は本来は正しくありません。 「よろしい」といったように、ひらがな表記の方が適切となります。 「よろしいでしょうか」の使い方・用法 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 例えば「来週休みをいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、許可を求める言い方になり、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、相手に支障がないか尋ねる言い方になります。 「よろしいでしょうか」はビジネスメールでも使うことが多く、「明日の会議で使用する資料は、以下の内容でよろしいでしょうか」などと相手に確認を取りたいときに使用します。 「よろしいでしょうか」は電話対応などでもよく使われ、忙しい相手に急を要する用件を伝える時に「お時間少しだけよろしいでしょうか」と使うことができます。 「よろしいですか」は敬語として誤用 「ですか」は「今何時ですか」や「ここはどこですか」などと、何かを質問するときに使う言葉です。 「よろしいですか」が敬語ですが、少々砕けた言い方になるので上から目線に感じてしまう人もいます。 ですので「よろしいですか」は、取引先など目上の人に対しては不適切になります。 目上の人に対しては「よろしいですか」ではなく「よろしいでしょうか」と言った方が良い印象を与えます。 「よろしかったでしょうか」も敬語として誤用 飲食店などで注文の際に、「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」と店員さんに聞かれたことがある方も多いと思います。 「よろしかったでしょうか」は間違った表現ではありませんが、何となく違和感を感じる表現です。 「よろしかったでしょうか」は過去形なので、前提となる内容があって、それに対して確認の意味で用いるのが適切な使い方になります。 ですので、何の前提もない状態で「よろしいでしょうか」を使うと不自然です。 例えば、お客様が商品を購入したことを再度確認する場合に「こちらでよろしかったでしょうか」と使うのが適切です。 こういったように、お聞きした注文内容を忘れてしまい再確認をする場合に使えます。 「よろしかったでしょうか」は過去のこと、済んでいることに対して使います。 「よろしいでしょうか」は正しい敬語 「よろしい」は「よい」を丁寧にした表現で、「でしょうか」は「ですか」を丁寧にした表現です。 「よろしいでしょうか」は丁寧な表現なので、目上の人に対して使うことができます。 例えば、目上の人に対して「こちらでいいですか」というのは、ぶっきらぼうで少し失礼な印象を与えてしまいます。 「こちらでよろしいでしょうか」と尋ねた方が丁寧な感じがしますよね。 また「よろしいでしょうか」をより丁寧にした「よろしゅうございますか」という表現もありますが、はあまり使われる表現ではありません。 ただ 「よろしいでしょうか」は丁寧語であって、謙譲語ではありません。 「よろしいでしょうか」の前に来る言葉に尊敬語や謙譲語を用いるようにしましょう。 「よろしいでしょうか」の例文 ・お時間少しだけいただいてもよろしいでしょうか。 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・申し訳ありませんが体調が優れないので、休ませていただいてよろしいでしょうか。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、こちらの資料を訂正していただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらの案で進めていきたいのですがよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、こちらの方にご署名のほどお願いしてもよろしいでしょうか。 ・今呼んできますので、こちらでお待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらにお座りいただいてもよろしいでしょうか。 ・一点だけ質問してもよろしいでしょうか。 ・お手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか。 また、親しい間柄の相手に対しては、 ・はい、大丈夫です ・はい、OKです ・はい、いいです と返すのが良いでしょう。 「よろしいでしょうか」の類語・言い換え いかがでしょうか 「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞になります。 「いかがでしょうか」は、相手の気分や状態、意見を聞く場合に使うこと多い表現です。 「いかがでしょうか」は「どうでしょうか」をベースにした表現になります。 例えば、「今のお気分はどうでしょうか」と尋ねるよりも「今のお気分はいかがでしょうか」と聞いた方が丁寧な感じがします。 また「いかがでしょうか」は、「お飲み物はいかがでしょうか」といったように、何かをすすめる場合にも使うことができます。 「いかがでしょうか」には改まって聞くという意味が含まれているので、取引先やお客様など目上の人に対して使うことができます。 例文 ・お体の調子はいかがでしょうか。 ・御社に明日の14時にお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか。 お間違いないでしょうか 「お間違いないでしょうか」は相手に対して、良いのか確認する場合に使います。 また「お間違いないでしょうか」は、相手に対してこの解釈で間違いないか尋ねるときにも使います。 「お間違いないでしょうか」は丁寧な表現ですが、「お間違いないでしょうか」となると「あなたの言っていることは合っていますか」と指摘するような意味合いが含まれます。 「お間違いないでしょうか」を使用する際は、注意する必要があります。 ・ご注文は以上でお間違いないでしょうか。 ・こちらのハンカチはお客様のものでお間違いないでしょうか。 構いませんでしょうか 「構わない」は「差し支えない」「気にしない」を意味しています。 「構いませんでしょうか」の意味は「差し支えないでしょうか」です。 例えば「あなたの年齢を尋ねても構いませんでしょうか」といった場合は、「あなたの年齢を聞いても不都合はないでしょうか・問題ないでしょうか」という意味合いになります。 「構いませんでしょうか」は、行ったら相手にとって少し不都合になりそうなことに対して許可を求める場合に使います。 例文 ・ここでタバコを吸っても構いませんでしょうか。 ・今晩お宅にお邪魔しても構いませんでしょうか。 ・当日ご連絡しても構いませんでしょうか。 可能でしょうか 「可能」は「ある物事ができる見込みがあること」を意味しています。 「可能でしょうか」は、相手に対して可能かどうか確認をする場合に使います。 ただ「〜は可能でしょうか」という言い方は少々強気なニュアンスが含まれるので、使う際は注意する必要があります。 「〜可能でしょうか」は「〜いただけますか」「〜いただけますでしょうか」と言った方が丁寧になります。 例文 ・弊社までお越しいただくことは可能でしょうか。 ・代わりに参加いただけることは可能でしょうか。

次の

「よろしいでしょうか」の敬語表現が使用される理由

よろしい かと 存じ ます

主に、こちらから電話をかけた時に使われる表現です。 相手の様子がわからないため、本題に入る前に「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞くことが多いです。 話していて大丈夫か確認する意味合いで使われます。 本題に入ってしまうと、なかなか電話を切るのが難しくなります。 「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞くことによって、手が離せない状態であった場合には、断るタイミングを作ることができます。 「申し訳ありませんが、立て込んでおりますので折り返しご連絡申し上げます」と伝えて切るのが良いでしょう。 打ち合わせの日程を決める時などに、「いつがご都合よろしいでしょうか?」と電話やメールで聞くことがあります。 似た表現として、「ご都合いかがでしょうか」という言い方もあります。 この2つは、似ているようですが使い方に明確な違いがあります。 勝手に日時を決めておいて「ご都合よろしいでしょうか?」と聞くのは押し付けがましく、失礼にあたります。 こちらから日時を提示するのであれば「ご都合いかがでしょうか」を使い、向こうから日時を提示してもらう場合には「いつがご都合よろしいでしょうか」を使います。 日時が決まってしまっているイベントに誘う時には、「ご都合がよろしければお越しください」といったように、相手に配慮した表現を選びましょう。 「間違いないでしょうか?」「合ってますか?」と確認する意味合いです。 取引の最中に認識が食い違ってしまうと、後々大きなトラブルになりかねません。 話が噛み合わないと感じる場面があったり、違和感を持つ場面があったりした場合には、認識に食い違いがないかどうか確かめることが必要になります。 「明日の会議の資料は、この内容でよろしいでしょうか?」といったように、上司に許可をもらう時に使われる言葉です。 資料の内容が決まっている場合は良いですが、上司にお伺いを立てるのであれば「いかがでしょうか」を使います。 資料の内容について検討が必要な時には、上司の意見や感想を求める必要がありますよね。 「よろしいでしょうか」を使ってしまうと、許可や同意を求めていることになります。 自分の考えを「これでいいよね?」と押し通そうとしているような印象を与えるため、言葉の使い方に対して敏感な人は不快になる可能性もあります。 「よろしいでしょうか」は、「はい」か「いいえ」で答えられる質問に使われます。 「よろしい」は「よい」の丁寧な表現なので、「よろしい」か「よろしくないか」を聞いていることになります。 「いかがでしょうか」は、漠然と聞く表現であり、意見や感想を求める時や押し付けがましくならない方が良い場面で使われます。 親しい間柄であれば、「大丈夫です」という返答が一番伝わりやすく、わかりやすいでしょう。 上司から部下に対してであれば、「宜しい」と許可を与える返答・確認に対して同意を示す返答も使われます。 「構いません」と「問題ありません」は、ビジネスシーンでも使われることがあります。 しかし、目上の人へ使うのであれば、より丁寧な敬語表現を選ぶのが好ましいと言えるでしょう。 電話などで「今お時間いただいてもよろしいでしょうか?」と聞かれた時に、敬語で返答するのであれば「差し支えありません」と答えるのが丁寧です。 「構いません」や「問題ありません」よりも、ぶっきらぼうな印象を減らせます。 どうしても都合が悪く、相手からの申し出を断らなければならない場合には、「申し訳ありませんが」や「恐れ入りますが」という言葉をつけて、できるだけ丁寧に謝罪をしてお断りしましょう。 ビジネスシーン以外では、「よろしいでしょうか」はあまりにも堅苦しい表現だと言わざるを得ません。 親しい間柄や日常会話では、「大丈夫ですか」という表現が一般的に使われます。 「構いませんか」や「問題ありませんか」という聞き方でも良いでしょう。 例文のところで説明した通り、「よろしいでしょうか」と「いかがでしょうか」を言い換えるには、聞き方を変える必要があります。 「よろしいでしょうか」では押し付けがましくなる場面があるため、注意が必要です。 下記の関連記事には、「いかがでしょうか」とセットで使われる「お加減」という言葉の意味と使い方について載っています。 よろしいでしょうかの英語表現2つ目は、大丈夫か聞く時は「Is it OK? 」です。 読んだまま「オッケーですか?」「大丈夫ですか?」という、カジュアルめな表現です。 少し丁寧にすると、「Would it be OK? 」となります。 よろしいでしょうかを正しく使いこなそう! 今回は、「よろしいでしょうか」の使い方やメール例文、返答方法や言い換え表現について見てきました。 ビジネスシーンで「よろしいでしょうか」を使う場合には、押し付けがましくならないように気をつけなければならない場面があるとわかりましたね。 「いかがでしょうか」との使い分けが難しいため、丁寧に説明しました。 「よろしいでしょうか」と「いかがでしょうか」のどちらを使えばいいのか迷った時には、言い換え表現で紹介した「差し支えありませんでしょうか」を使うのがおすすめです。 失礼になる場面が少なく、柔らかい印象を与える言葉です。 敬語を正しく覚えて、使いこなせるようになりたいところですね!.

次の

間違いが多い「よろしいでしょうか」は目上に使える敬語?意味、使い方、類語を解説

よろしい かと 存じ ます

正しいです。 二重敬語とは、一つの言葉に同じ種類の敬語を二度使うことです。 例えば、「お召し上がりになられる」は、尊敬語「お召上がりになる」+尊敬語「れる」であり、一つの言葉に同じ種類の尊敬語を重ねて使っているので二重敬語なのです。 対して、「お召し上がりになります」は、尊敬語「お召し上がりなる」+丁寧語「ます」であり、尊敬語と丁寧語は同じ種類の敬語ではないので二重敬語ではありません。 まして、お示しの文は、「ご都合」と「ご挨拶」は、異なる言葉なので二重敬語になりようがありません。 一つの文中で異なる言葉に幾つ「ご」をつけようが二重敬語にはなりません。 ただ、あまりにも「ご~ご~ご」と続くとくどい感じがするので避けるべきですが、二つくらいでしたら問題ありません。 それより、お示しの文の文末が「伺いたいです」となっているのが気になります。 なぜならば、「伺いたいです」の前の文が「ご都合のよろしい日にご挨拶に」と非常に丁寧な表現なのに対して「~たいです」では釣り合いが取れていません。 せめて「お伺いいたしたいです」、あるいはもっと丁重に「お伺いいたしたく存じます」とすべきです。

次の