アコギ 弦 高 調整。 【 アコギの調整・修理について 】

アコギ(アコースティックギター)の弦高調整方法♪サドルの加工(削る)

アコギ 弦 高 調整

アコギの 調整・修理について さて、主要項目の最後に、 デリケートなアコギを酷使して弾きにくくなってきてしまった場合の 調整の仕方などを紹介しておきます! いくら練習して上達しても、愛用しているギターが弾きにくくては もったいないので、あなたが一番弾きやすい状態に調節しましょう! と言っても楽器屋に持って行ったらお金がかかりますし、 アコギはとてもデリケートなので、よっぽど馴染みの所でないと あまり細かい所まではやってくれません。 そこで、細かい調整は自分でやりましょう! もし楽器屋で「これ以上は無理」と言われた場合でも、 必ず、もう少し突き詰めることができます! でも、 あくまでも僕のやり方なので、不安な時は真似しないでください。 まず、そのギターが弾きやすいか弾きにくいかを決定付ける要因は 5つあります。 それは、 ネックの長さ、太さ、分厚さ、弦のテンション(張りの強さ)、 弦高(指板と弦との離れ具合)です。 でも、ネックの長さを変える事はできませんし、 太さ、分厚さを変えるには、 かなり大掛かりな修理に出さなくてはいけないので、 お金も日数もかかります。 そして、弦のテンションは、太さの違う弦を張る事ですぐに対応できます。 ということで、一番手っ取り早くて効果がある 弦高の調節 について紹介しましょう! <チェック1> まず始めに定規を用意して、あなたのギターの弦高を測ってみてください。 測り方は、下の写真のように 12フレットの上に定規を置いて、真横から見ます。 そして、 フレットの 上 から、6弦の 下 の部分までが何ミリあるかを測ってください。 例えば これが 3ミリ以上 ある場合は、弦高がやや高めなので 弦高を下げることで、かなり弾きやすくなります! 逆に 2.5ミリ以下 だと低すぎます。 さらに、反対側から1弦の弦高も測って、 これが 2.5ミリ以上 ある場合も下げる余地があります。 また、 2ミリ以下 だと低すぎます。 ちなみに、僕はアコギをエレキのように弾く曲が多いので低めにセッティングしていますが、 弦高が高いほど箱が良く鳴って良い音が出ますので、わざと高めにセッティングしている 人も多いです。 <チェック2> さて次に、下の写真のように 3フレットを押さえて、 1フレット と6弦の間に 隙間 があるか を確かめましょう。 そして5弦以降はピッタリくっついていても、開放で弾いたときに ビリビリいわなければ問題ありません。 <チェック3> さてもう一つ、今度はネックの反りを見てみましょう。 そこで!一番よくある状態は、 チェック1で弦高が少し高めで、 チェック3で、準反りぎみの場合です。 ちなみに、ネックがまっすぐなのが一番良いですが、 僕の経験上、微妙に逆反り気味でも問題ありません。 そして、削る時は6弦の方ばかりが低くなったりしないように マジックで書いた線の なくなり具合 を確かめながら 均等に力を入れて 削ってください。 最初は、少し削る度に弦を張りなおしてビリビリした感じがないか チェックしながらやった方がいいと思います。 めんどくさいですが、少しづつチェックしながらやった方が確実です。 以上の方法で、全ての調整が終わって弦高がちょうどいい感じになれば かなり弾きやすいはずです! そこでもし一部分だけがビリビリいったり、不快な音がする場合は フレットが磨り減り過ぎていたり、 ネックがうねっている可能性がありますので、 ネックを少し準反りぎみにして弦高をもう少し上げるか、 それでもだめなら修理に出すしかありません。 plala. jp さて それでは、あなたのギターが自分用に調整された事で ますます愛着が湧いてくるはずですので、 大切にしながらも、 2年に一回ぐらいはフレットの調整・打ち換えをしなくてはいけないぐらい ガンガン弾いてあげましょう! そうして、そのギターがぼろぼろになる頃には 掛け替えのない相棒になっていることでしょう! ということで主要項目はこれで最後ですが、 次からは雑学項目として、音楽に関係のある物からない物まで、 オリジナルに関係した様々なお役立ち情報を紹介していきますので 興味のある項目は是非チェックしてみてください!.

次の

アコギの弦高調整でおすすめの適正値と適したプレイスタイルを解説

アコギ 弦 高 調整

アコギの 調整・修理について さて、主要項目の最後に、 デリケートなアコギを酷使して弾きにくくなってきてしまった場合の 調整の仕方などを紹介しておきます! いくら練習して上達しても、愛用しているギターが弾きにくくては もったいないので、あなたが一番弾きやすい状態に調節しましょう! と言っても楽器屋に持って行ったらお金がかかりますし、 アコギはとてもデリケートなので、よっぽど馴染みの所でないと あまり細かい所まではやってくれません。 そこで、細かい調整は自分でやりましょう! もし楽器屋で「これ以上は無理」と言われた場合でも、 必ず、もう少し突き詰めることができます! でも、 あくまでも僕のやり方なので、不安な時は真似しないでください。 まず、そのギターが弾きやすいか弾きにくいかを決定付ける要因は 5つあります。 それは、 ネックの長さ、太さ、分厚さ、弦のテンション(張りの強さ)、 弦高(指板と弦との離れ具合)です。 でも、ネックの長さを変える事はできませんし、 太さ、分厚さを変えるには、 かなり大掛かりな修理に出さなくてはいけないので、 お金も日数もかかります。 そして、弦のテンションは、太さの違う弦を張る事ですぐに対応できます。 ということで、一番手っ取り早くて効果がある 弦高の調節 について紹介しましょう! <チェック1> まず始めに定規を用意して、あなたのギターの弦高を測ってみてください。 測り方は、下の写真のように 12フレットの上に定規を置いて、真横から見ます。 そして、 フレットの 上 から、6弦の 下 の部分までが何ミリあるかを測ってください。 例えば これが 3ミリ以上 ある場合は、弦高がやや高めなので 弦高を下げることで、かなり弾きやすくなります! 逆に 2.5ミリ以下 だと低すぎます。 さらに、反対側から1弦の弦高も測って、 これが 2.5ミリ以上 ある場合も下げる余地があります。 また、 2ミリ以下 だと低すぎます。 ちなみに、僕はアコギをエレキのように弾く曲が多いので低めにセッティングしていますが、 弦高が高いほど箱が良く鳴って良い音が出ますので、わざと高めにセッティングしている 人も多いです。 <チェック2> さて次に、下の写真のように 3フレットを押さえて、 1フレット と6弦の間に 隙間 があるか を確かめましょう。 そして5弦以降はピッタリくっついていても、開放で弾いたときに ビリビリいわなければ問題ありません。 <チェック3> さてもう一つ、今度はネックの反りを見てみましょう。 そこで!一番よくある状態は、 チェック1で弦高が少し高めで、 チェック3で、準反りぎみの場合です。 ちなみに、ネックがまっすぐなのが一番良いですが、 僕の経験上、微妙に逆反り気味でも問題ありません。 そして、削る時は6弦の方ばかりが低くなったりしないように マジックで書いた線の なくなり具合 を確かめながら 均等に力を入れて 削ってください。 最初は、少し削る度に弦を張りなおしてビリビリした感じがないか チェックしながらやった方がいいと思います。 めんどくさいですが、少しづつチェックしながらやった方が確実です。 以上の方法で、全ての調整が終わって弦高がちょうどいい感じになれば かなり弾きやすいはずです! そこでもし一部分だけがビリビリいったり、不快な音がする場合は フレットが磨り減り過ぎていたり、 ネックがうねっている可能性がありますので、 ネックを少し準反りぎみにして弦高をもう少し上げるか、 それでもだめなら修理に出すしかありません。 plala. jp さて それでは、あなたのギターが自分用に調整された事で ますます愛着が湧いてくるはずですので、 大切にしながらも、 2年に一回ぐらいはフレットの調整・打ち換えをしなくてはいけないぐらい ガンガン弾いてあげましょう! そうして、そのギターがぼろぼろになる頃には 掛け替えのない相棒になっていることでしょう! ということで主要項目はこれで最後ですが、 次からは雑学項目として、音楽に関係のある物からない物まで、 オリジナルに関係した様々なお役立ち情報を紹介していきますので 興味のある項目は是非チェックしてみてください!.

次の

アコースティックギター(アコギ)の弦高調整 備忘録

アコギ 弦 高 調整

ギターは演奏時と同じように抱えて測る• フレットの頂点から弦の下面部分を基準とする ギター演奏時と同じように抱えて測る ギターを平置きにして測ると本体の重さで弦高が変わります。 下の写真みたいに平置きして測るのはNGだそうです。 細かいね…。 確かに工房へ行くと、横置きできる台に置いて弦高を測っています。 僕ら一般ユーザーは演奏時と同じように抱えて測るのが良いとのことでした。 フレットの頂点から弦の下面部分を基準とする 測る位置はフレットの頂点と弦の下方側です。 ちなみに写真のギターで6弦12F 2. 5mm。 これが正確に…ってのは中々難しく、僕も自宅で測って2. 4mmと思ってました。 …が工房では2. 5mmと言われました。 といっても数値はどうでもいい話。 弾きやすいのか?音質はどうなのか?が重要なので、弦高の数値はあくまで参考値です。 押弦しやすく、弾きやすくなる• 響きや音量は控えめになる• テクニカルプレイをする人向け• 基準は6弦12F 2. 2mm程度 弦高を低くすると、軽く押さえても音がちゃんと鳴るので 弾きやすくなります。 その一方でジャラーンと鳴らした時の響きや音量は弱くなります。 弾きやすさだけを求めて、とにかく弦高を下げると ぺラペラな音になるので気を付けましょう(僕の経験談)。 また、弦高を低めにすると季節によって特定音がビビったりします。 僕のGUILDも6弦12F 2. 0mmとかなり下げてますが、冬場になると3弦がビビるので調整しました。 ソロギタリストの方だと2. 0mmくらいまで下げることも多いですが、弾き語りなら2. 2mmくらいで十分でしょう。 低めの弦高調整をおすすめするプレイスタイル 低めの弦高は 速弾きなどのテクニカルプレイにマッチします。 左手(レフティの方は右手)が細かく動く場合は弦高を下げないと厳しいです。 実際にソロギタリストの方は弦高をかなり下げる傾向にあります。 弾き語りの中にオブリガートを入れたり、細かい刻みのアルペジオを入れる方は弦高を下げると良いでしょう。 弦高低めのプロアーティスト• 万能でどのジャンルにも合う• ギターを変えた時に違和感ない• 基準は6弦12F 2. 4~2. 5mm程度 最後は標準的な弦高について。 ストロークにしろ、アルペジオにしろ万能なため、 標準が最も使い勝手が良いです。 また、他のギターと併用する場合にも違和感ないのもポイント。 特に弦高を極端に下げていると、弦高が標準以上のギターを弾くとミストーンが出て苦戦します(経験談)。 自身のプレイスタイルから目的が明確…という場合以外は 弦高は標準にしておくのが間違いない選択です。 標準の弦高調整をおすすめするプレイスタイル 普通の弾き語りをする方、全般的に標準的な弦高がおすすめです。 逆に言えば、弦高を標準の域から外す場合はそれなりに目的意識を持つべき。 弾きやすいという理由で弦高を下げるのもありですが、 まずは弦高は標準のままで弦を細くした方が良いでしょう。 参考記事 弦高標準のプロアーティスト ギター弾き語りアーティストの代表格になりつつある、秦基博さんです。 デビュー初期から、 ずっと愛用されている「Gibson J-45(1966年製)」の弦高は6弦12F 2. 5mm。 ご本人のコメントでは弦高低めに設定している…となっています。 標準的な弦高ですが、使用されているJ-45がナローネックタイプなので相対的に低め…ということかもしれませんね。 秦さんのJ-45はストロークもアルペジオも非常にバランスよく、どの曲にも適応しています。 このバランスの良さが標準的な弦高の強みです。 使用している弦は。 ナローネックタイプのパワー不足を補うために太めのMEDIUMを貼っているそうです。 こうした、弦・弦高・ネックなど様々なパーツとの相性を試して確認するのは重要ですね。 いや、結局はプレイスタイルだよ。 鳴りの違いもプレイ内容で影響度合いが全然違うしね アコギの弦高調整についてでした! 弦高って音の鳴りと弾きやすさのバランスと考えることが多いんですけど、意外とそうでもないんです。 例えば、大石昌良さんは弦高下げてチューニングも下げてペラい音になってますが、テクニカルプレイと相まって逆に味になってるわけです。 なので、 どういったプレイをして、どんな音が欲しいか?という観点が大事。 また、プロアーティストだと複数本のギターを所有して調整を変えて対応していることも多いです。 …がアマチュアだと、そこまで予算がないはず。 1本で対応するなら、やはり弦高は標準にしておくのが無難です。 そして、ギターが弾き辛い…と悩んでる方は弦高が原因でないことも多いです。 弦高調整に走る前に一度、ギター工房に持って行って診断してもらったほうが良いでしょう。

次の