ブルース ウェーバー。 ブルース・ウェーバーのポスターから40年代古着まで。いい一点モノが待つ3店|OCEANS オーシャンズウェブ

伝説のファッションアド28「カルバン・クライン、ブルース・ウェーバーの伝説」

ブルース ウェーバー

ブルース・ウェーバー(Bruce Weber Photo: Getty Images 犬と美青年を愛する米ファッション写真の巨匠、ブルース・ウェーバー70歳が12月1日(金)にセクハラで訴えられたことが、「ニューヨーク・ポスト」の取材で判明した。 ウェーバーを告訴したのは、男性モデルのジェイソン・ボイス。 いかにも彼のお気に入りになりそうな金髪の肉体派で当時28歳。 しかし、彼もこれまでセクハラに対し声をあげた女性と同じく、ファッション界の権力に屈さざるをえない状況に陥ったのだとか。 告訴内容によれば、2014年の撮影時にウェーバーが彼に対し、ヌード撮影のときの注意点を指導すると語り、服を下着まで脱いで素っ裸になるように指示し、彼の腕を自分の性器に押し付けこすり、彼の指を舐めながらこう言ったという。 「ボイス君、君はどのくらい成功したいんだ? 君はどのくらい野心家なんだね?」 そうしてキスを迫ったのだとか。 それに反抗できなかったのは、ウェーバーの業界内の政治力を知っていたし、事務所から「うまくやってこい」と言われていたから。 右・ブルース・ウェーバー(Bruce Weber Photo: Getty Images 恐怖はそれだけで終わりにならず、ウェーバーは何度も彼にビデオチャットで連絡してきたため、必ず周囲に人がいる状態で受けることに決めて身を守ったとか。 いくら嫌でも仕事は事務所が決めてくるため自分では選べない。 再度撮影に呼ばれたときには、たまたま現場にウェーバー自身がいなかったので助かったが、いつまたウェーバーの現場に送り出され、同じ目に遭うかわからないと常に仕事に怯えるようになり、ストレスのせいで鬱状態になってしまったとしている。 そうしてモデル業から少しずつ距離を置き、演劇界に活躍の場を移しジェイソンは今回の告発に至った。

次の

ブルース・ウェーバーが新たに男性モデル5人からセクハラで訴えられる ウェーバー側は反訴の準備中か

ブルース ウェーバー

1987年に渋谷のパルコギャラリーで行われた オ リオ デ ジャネイロ 展のチラシです。 未使用品です。 鬼レアです。 サイズは普通のチラシサイズです。 当時、原宿のSEXというロンドンパンクのお店にこのリオデジャネイロのTシャツが売っていましたね~。 サイズはXLしかありませんでした。 その後ビームスなんかでも置いたりしたのですが、、、、その時はピンクばかりでサイズもたくさんありました。 写真家ブームみたいなのが世界的にあって、展覧会もたくさん行われていました。 でもそれは写真家然とした人が多いというか、 ブルースウェーバーはどちらかというと商業写真家というイメージが強かったのですが、 それを払しょくするために出たのが、写真集リオデジャネイロです。 その発売を記念して行われたのが、上記のものです。 元々展覧会をやる人ではないので、それだけでもえらく貴重ですが、 チラシは非売品で、消えものなので、さらに貴重です。

次の

ブルース・ウェーバーのポスターから40年代古着まで。いい一点モノが待つ3店|OCEANS オーシャンズウェブ

ブルース ウェーバー

ファッションや写真を深く掘り下げれば、必ずと言っていいほど彼の名前が引っかかる。 1980-90年代のファッション雑誌を読み漁れば、彼が撮った写真が表紙を飾り、広告としてタイアップされている。 そこには、彫刻のような肉体をし、凛とした表情を見せる男性モデル達。 見るモノに強烈なインパクトを与える写真が並ぶ。 そう、彼の名は「ブルース・ウェーバー Bruce Weber 」。 また、抜きん出た先見性で、デビューして間もない俳優やモデルを一躍トップスターへ。 ブルース・ウェーバーとは一体何者なのか。 [adsense] Photo by Pinterest ブルース・ウェーバー( Bruce Weber, 1946- ) アメリカ合衆国ペンシルベニア州グリーンバーグ 生まれの 写真家 、 映画監督。 卒業後、伝説のフォトグラファーであるダイアン・アーバスと知り合い、写真の世界へ。 1980年代に カルバン・クライン の広告キャンペーンで、男性モデルのヌード写真を起用して一躍脚光を浴びる。 他にもディオール・オム、ヴェルサーチ、ヘルムート・ラング、コム・デ・ギャルソンなどビックメゾンで広告写真を担当する。 ファンの間では、ブルース・ウェーバーが手掛けた写真集やファッションアイテムが高額で取引されていて、ファッション業界で今なお注目を集めている存在。 トレード・マークはバンダナとスリッポン。 男性ヌードを広告に起用 Photo by Bruce weber ブルース・ウェーバーの広告写真は一目見ればわかる。 カルバン・クラインをはじめ、ヴェルサーチ、ラルフ・ローレン、アバクロビー&フィッチなど彼の写真には鍛え抜かれた男性像がよく写し出されている。 そこには、ありがちなカメラに向けてのポージングや作られた笑顔は一切存在しない。 ブルースの写真はどこまでも自然体の表情が広告として起用されている。 彼はファッション業界の流れを変え、同時に広告のあり方さえも変えてしまった。 代表的な広告はやはり、カルバン・クラインの下着が最も印象的である。 特にファッション業界では、裏原ブランドのパイオニア的存在である藤原ヒロシ氏、スタイリストの野口強氏、また自身も交流があるエディターの野村訓市氏が ブルースの写真集や作品を高く評価している。 当時まだ無名な人物を、その後のブレイクにつなげて大きくメディアに登場させたのも、彼 ブルース・ウェーバー なくしては語れない。 そんなブルース・ウェーバーを知るうえで今まで撮ってきた有名セレブ達を紹介しよう。 レオナルド・ディカプリオ Photo by Bruce Weber ファッションモデルのケイト・モス Kate Moss。 「永遠のミューズ」としてファッション業界に君臨し続ける彼女のデビューは10代。 その頃からブルース・ウェーバーは彼女に注目し、カメラを向けていた。 犬好きなブルースは映画も撮る 大の犬好きとして知られるブルース・ウェーバーは、自らの愛犬たちを撮って映画にもなっている。 その名は「トゥルーへの手紙 Letter To True 」。 「トゥルー」とは、ブルースがこよなく愛する愛犬の名前で、この愛犬にブルース自身が宛てた手紙を綴るストーリー展開になっている。 この映画、とにかく映像が美しくて、まるでブルースの写真を切り取って繋ぎ合せたようなリアルな映像がそこにはある。 また、メッセージも印象的で、ブルースの感性が伝わる素晴らしい作品に仕上がっている。 そこには一貫してブルース・ウェーバーが大切にしていることが、たった一枚の写真に凝縮されていることが分かる。 ブルースが人物を撮れば、自然体の表情やしぐさが存在する。 風景を撮れば、どこか懐かしさを感じる。 彼がアメリカにレンズ向ければ、「古き良きアメリカ」が広がっている。 彼の世界観に触れて、新しい目で世界を見渡してみると、思いがけない発見をするかもしれない。 オハイオ州 グランビルのデニソン大学で 演劇 と芸術を専攻していたが、 ニューヨーク大学 に移り 映画 制作を学ぶ。 1982 年カルバン・クライン の下着ラインの広告写真に、当時はまだは一般的ではなかった男性の ヌード を使用。 — Wikipedia抜粋—.

次の