教師 いじめ 加害 者 顔。 【東須磨小問題】教師いじめの加害者の実名?顔画像?SNSで公開拡散!?

東須磨小学校 加害者教師の実名や家族は?顔写真も流出か!?

教師 いじめ 加害 者 顔

前校長もパワハラ行為をしていたとの報道も 「教員として、人として許されるべきではなく、東須磨小の子供の前では今後、指導させない」。 2019年10月9日夕に神戸市役所で会見した仁王校長は、時折涙を見せながら、こう言い切った。 この日の会見は、市教委幹部2人も同席し、パワハラやセクハラ、そして暴行に至るまで、1年以上続いたいじめの構図の一端が明らかにされた。 前校長は、加害者の30代男性教員2人と親しい関係にあり、18年に被害者の20代男性教諭が相談してきても、前校長は、市教委に報告しなかった。 各小学校では、校長がお気に入りの教員を連れてくる「神戸方式」が慣例化しており、加害者の40代女性教員は、その方式による赴任だったという。 さらに、神戸新聞などの報道によると、前校長自身もパワハラ行為をしていたとの相談が市教委に寄せられていた。 被害者に自分の言うことを聞くように脅し、相当量の仕事を押し付けて、できないと恫喝していたともいう。 市教委では、前校長に聞き取り調査を行っており、前校長は、「認識が甘かった」などと話したと報じられている。 19年4月に着任した仁王校長も、「隠すつもりは一切なかった」と会見で説明したが、市教委への報告で、被害者の尻にみみず腫れができたことなどの中身をしっかりと伝えなかったことは認めた。 「前校長らが共犯に問われることは難しい」 仁王校長らの会見がテレビなどで伝えられると、ニュースサイトのコメント欄やツイッター上などでは、組織ぐるみとも思えるような実態に厳しい声が相次いだ。 「4人の主犯と前校長に厳罰を!」「『全ての子供達の前に二度と立たせない』が正解」「情報公開の観点から氏名を公表すべきだ」といった声だ。 神戸市教委側は、10月9日の会見で、加害者4人には教壇に立てるのかと厳しい意見が多く、それを踏まえて今後の処分などの対応をしたいと明らかにした。 被害者や市教委は、刑事告訴を検討していると報じられているが、法廷で、その名前とともに真相もあぶり出されることはあるのか。 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は10日、激辛カレーを無理に食べさせるなどのビデオや写真の証拠があることから、「検察が起訴すれば、加害者4人を有罪にできるとは思います」とJ-CASTニュースの取材に話した。 「暴行や傷害は最低限問われ、ほかに強要、名誉棄損、侮辱などの罪が考えられます。 4人が事実関係を認めて、反省したり辞職したりすれば、書類送検になると思いますが、居座ったり一部否認したりすれば、主犯格は逮捕もありえます。 起訴されれば、最低で罰金刑にはなると思います。 執行猶予が付いた懲役刑の可能性はありますが、恐らく初犯ですので、実刑は難しいでしょう」 ただ、現校長や前校長が共犯に問われることは難しいと若狭氏は言う。 「今回の問題は、消防士が火を点けたり、警察官が泥棒したりするような悪質なものです。 いじめ行為が、仲間を募り、児童をそそのかして被害者をつぶそうとするほどエスカレートしたということですから、校長は、いじめを把握しないといけないわけで、その管理能力は厳しく問われると思います」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

東須磨小学校のイジメ加害者教師の全員の実名やモザイクなしの顔画像は?|SollaStudio

教師 いじめ 加害 者 顔

神戸市立東須磨小学校のいじめ・パワハラ問題で、加害者教師4人や前校長の実名がネット上で特定されています。 加害教師とされている4人の名前は、長谷川雅代・蔀俊・柴田祐介・佐志田英和。 この中で長谷川雅代が報道にある主犯格の40歳代女性教師で、残る3人が30歳代の男性教師。 4人は昨年春頃から、被害者である20代男性教師に悪質ないじめを繰り返していたとして、現在問題になっているのです。 ちなみに男性教師の蔀俊の読み方ですが、名前は(しとみたかし)だそうです。 また、東須磨小学校のパワハラ問題は、前校長にも疑惑が取り沙汰されていますね。 前校長の名前は芝本力。 芝本力は、2016年に東須磨小学校の教頭として赴任し、昨年2018年春に昇任。 今年の春に別の小学校へ転任し、現在は神戸にある高津橋小学校で校長を務めているということです。 そこで今回は、東須磨小学校の加害者教師の顔写真や、家族について調査してみました。 東須磨小学校 加害者教師の実名 東須磨小学校のいじめ・パワハラ問題は、20代男性教師以外にも3人の教師が加害教師から嫌がらせを受けていたことが判明しています。 3人の性別は男性1人、女性2人で、年齢は全て20代。 結局、被害者教師の4人は加害者教師からすると後輩にあたるため、ターゲットにされていたようです。 そして、その中でも一番被害を受けていた男性教員が現在学校を休んでいるわけですが、加害者教師4人も有給休暇という形で学校に来ていないといいます。 この前代未聞の出来事に対して、現校長の仁王美貴(におうみき)が記者会見を開くも、騒動は一向に収まる気配がありません。 しかもネット上では、加害者教師を特定しようとする動きが見られ、ついに実名が特定されたというわけです。 そして、実名が特定されたこの4人ですが、報道によると、東須磨小学校にいる30人ほどの教師の中でも、リーダーのような存在だったとか。 プライベートでもよく一緒に飲みに行く間柄で、気が合う仲間のような印象だったそうです。 東須磨小学校 加害者教師の顔写真 現在、東須磨小学校の加害教師の実名は報じられていません。 また、顔写真にもモザイクがかけられていることから、世間では名前と顔の公表を望む声が多数あるようです。 ただ、ネット上では加害教師と思われる顔写真が拡散されている状況。 拡散されている写真の40歳代女性教師の名前は長谷川雅代で、体型はふくよか。 顔はカレー事件の林真澄や、ビッグダディの元嫁・美奈子をほうふつさせます。 そして、この長谷川雅代が被害者教師に無理やりカレーを食べさせていた動画の人物だったのです。 さらに、いじめ証拠画像の一つ、被害者教師の車の上に乗っているのは、身長が180センチほどある身体の大きい人物。 この人物の名前は、蔀俊(しとみたかし)で、下のめがねが柴田祐介、微笑んで写っているのが佐志田英和です。 東須磨小学校 加害者教師の家族 東須磨小学校の加害者教師について文春が報じています。 記事では加害教師の家族などについて言及。 40歳代女性教師の長谷川雅代は独身で家族なし。 さらに性格がキツイという評判があったことや、児童にけしかけて、他の先生をからかうよう指示していたことを掲載しています。 また、3人の男性教師の内、1人は妻子持ち。 他の加害者教師の中には、妻も教職者である人物もいたそうです。 妻子持ちの男性教師に至っては、家族のために育児休暇を取ったことがあるのだとか。 文春によると、その男性教師は今年度に生徒指導を担当し、いじめには人一倍、目を光らせていたといいます。 しかし、その立場にいながらも、実際は自分がいじめに関わっていたのです。 東須磨小学校の前校長と現校長 東須磨小学校は前校長・芝本力の時から、学級崩壊ならぬ、「教員室崩壊」の状態だったようです。 保護者によると、前々校長だったころはもっと学校の空気が締まっていたのだとか。 しかし、ベテラン先生の移動が重なったこともあってか、去年までいた前校長の時代になってから、緩い雰囲気が出来てしまったそうです。 まさしく、長谷川雅代は前校長が東須磨小学校に呼び寄せたとされる人物で、お気に入りの教師だったとか。 そんな中、今年から校長に就任したのは教頭から昇格した女性教師・仁王美貴です。 仁王美貴の親族によると、小学校の時から教師にあこがれを持っていて、間違ったことは絶対許さない性格だったということですが、実際は事なかれ主義の先生。 いじめが公表される前日にあった保護者説明会でも、「いじめていた先生達にも教わることが多かった」と話し、呆れられていたそうです。 現に今年6月、見かねた他の教師による相談で、校長もやっといじめを正式に把握。 ところが、加害教師達に口頭注意しただけで、市の教育委員会には「すでに解決済み」と報告していたのです。 しかもその時点では、車の上に乗る行為などを把握していたのだとか。 仁王美貴校長は、これらに基づく事実も報告していなかったのです。

次の

長谷川雅代の顔写真や経歴・自宅住所は?兄弟や家族構成についても【東須磨小の女帝教員】|oricoma

教師 いじめ 加害 者 顔

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。 加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。 (佐藤健介) 男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から休暇による療養を余儀なくされている。 担任していたクラスには急きょ臨時講師が配置されている。 関係者によると、加害側の教員は30~40代の男性3人、。 LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要。 男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりした。 また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた。 男性教員は「羽交い締めにされ、り、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。 一連の行為について、同校の管理職は今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。 市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したとされる。 9月になって市教委は、男性教員の家族から男性教員の状態について連絡を受け、事実関係の調査を始めた。 被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討するもよう。 加害側の4人は10月に入って休んでおり、市教委は速やかに人事異動などで人員を補充する方針という。 男性教員側は、処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴について検討するという。 kobe-np. shtml 学校の先生が複数人でいじめをしていたというのはちょっと考えられないですね。 かなりショックです。 加害者の先生は人気の先生 長男が昨年まで通ったという近くの女性(45)は、加害者とされる男性教諭について「担任ではなかったが、頼りがいがあり、人気者という評判。 信じられない」。 妹が在校しているといい「子どもたちが不安定にならないようにしてほしい」と配慮を求めた。 kobe-np. shtml 完全に嫌われていたのなら、学校側も何か手立てはあったかもしれませんが、こういうのは、一方では重宝されていたり、人気があったり、仕事ができたり。 ということがありますよね。 保護者は本当に学校に通わせるのは心配でしょう。

次の