アイスボーン 導きの地 攻略。 【MHWアイスボーン】導きの地のレベル上げ方法

【MHWアイスボーン】導きの地のレベル上げ方法

アイスボーン 導きの地 攻略

導きの地とは 導きの地はアイスボーンのエンディング後に開放される、クリア後のエンドコンテンツになります。 ここではモンスターから特別な素材を入手でき、カスタム強化や強力な武器防具の作成、護石の強化ができるようになります。 制限時間も失敗条件もなく、満足いくまで狩猟をし続けることができるマップです。 ただし死亡すると調査報告後にもらえる報酬枠が減ってしまいますので、注意が必要です。 MRでの上限がある! まずは、導きの地でMRを上げていきましょう。 導きの地は、もらえるマスターランクポイントが多く、ロード時間もかからないため、最も効率よくMR上げをできる場所です。 MR 地帯レベル 出現モンスター 50 5 危険度1全てと2の一部 70 6 危険度2まで全て 100 7 危険度3まで全て MRが49、69、99になるとセリエナ拠点へ、任務クエストが追加されます。 拠点の人と話を進め、受注しクリアをすることで、最大地帯レベルが開放されます。 しっかり受注するようにしましょう。 自分は気づかずにしばらくMR49で止まったまま狩りをし続けていました。 無駄でした…。 カスタム強化を優先させよう! 導きの地の素材で、武器・防具にカスタム強化ができるようになり、強力なオプションをつけることができます。 中でも、回復カスタムは非常に便利で人気がありますので、それを目指して素材集めをすることを強くおすすめします。 以下に、回復カスタムで必要な素材をまとめた記事がありますので、参考にしてみてください• 新モンスターたちを狩猟し、フリークエストへ追加しよう! 導きの地のレベルを上げることで、ストーリーでは追加されなかった新モンスターと戦えるようになります。 戦うことにより、フリークエストへ新クエストが追加され、いつでも戦えるようになります。 現在はこれらのモンスターは、イベントクエストで定期的に配信されています。 優先度はそれほど高くはありません。 回復カスタムのほうが重要です。 ただしフリークエスト制覇することもやりこみ要素の一つですので、気になる方は出しておきましょう。 出現するモンスター一覧は、Game8様のサイトをいつも使わせて頂いています。 見やすく纏められていますので、リンクを貼っておきますので、ブックマークをおすすめします。 効率的に地帯レベルを上げていこう! 導きの地では、地帯レベルによって出現するモンスターが違います。 基本的に、高いレベルを目指して戦っていくことになります。 その際、モンスターの出現地帯をしっかり把握することが必要です。 キャンプの受付嬢に話しかけて、「モンスターをおびき出す」から出現地帯を全て確認できます。 複数の地帯に出現するモンスター(例バフバロ、ラージャンなど)は、対象の地帯全てにポイントが入ってしまうため、特定の地帯を上げたい場合は向いていません。 一箇所だけからしか出現しないモンスターを集中的に狩ることで、素早く地帯レベル上げができます。 以下に、1地帯からしか出現しないおすすめモンスターをまとめました。 地帯 おすすめモンスター 森林 ドスジャグラス トビカガチ イャンガルルガ 荒地 クルルヤック ボルボロス ディアブロス 亜種 陸珊瑚 ツィツィヤック パオウルムー プケプケ亜種 キリン ネロミェール 瘴気 ドスギルオス ラドバルキン ディノバルド亜種 死を纏うヴァルハザク ティガレックス亜種 溶岩 ドドガマル ヴォルガノス ウラガンキン ブラキディオス 紅蓮滾るバゼルギウス 氷雪 トビカガチ亜種 ベリオロス 凍て刺すレイギエナ ジンオウガ亜種 ちなみに危険度の違いでもらえる地帯ポイントは変化しませんので、レベル上げだけなら弱いモンスターを狙ったほうが効率はいいと言われています。 導きの地の素材は集めすぎても、他の素材へ錬金可能なものもあり、流用性の高いものばかりです。 防具上限解放されたことにより、ゼニー不足の方も多いと思いますので、たくさん集めて損はないです。 また狩猟、部位破壊をすることで「特殊痕跡」が集まり、好きなモンスターをフィールドへおびき出すことができるようになります。 この特殊痕跡が導きの地では、最重要クラスのものです。 特殊痕跡はクエストメンバーで共有して入手できますので、ソロよりもパーティーのほうが効率よく入手できます。 導きの地では、絶対パーティーをおすすめします。 またフィールドに、縄張り争いの跡という特殊痕跡をゲットできる場所も、各地帯に一定確率で出現します。 見つけたら採取するという程度でいいでしょう。 基本は、狩猟・部位破壊での入手です。 戦闘も有利になりますので、導きの地では調合分も持ち込み、積極的に利用していくのがおすすめです。 フィールドのつた罠も有効ですので、忘れずに活用しましょう。 高レベルの地帯で戦うと、ポイントが入りずらい仕様になっています。 また同じモンスターであっても地帯レベルが上がると体力や攻撃力が上がり強くなるため、効率も悪くなります。 ですので積極的に救難へ参加することで効率よく上げることができます。 ただしホストによって上げたい地帯が異なりますので、しっかり確認してから参加するようにしましょう。 調査クエストを出現させることができますので、積極的に採取するのがおすすめです。 ただし素材が集まらず、MRも上がらないため、痕跡だけで上げるというのは非効率すぎておすすめできません。 導きの地には上限レベルがある! 導きの地の上限レベルは決まっており、最初は全ての地帯をレベル7にすることはできません。 (3地帯まで) しかしモンスターを狩猟することによって、少しだけ上限が上がっていきます。 ですので最終的に全ての地帯をレベル7にすることもできます。 ただしその道程は果てしなく、数千体以上モンスターを狩らなければいけませんので、相当やり込む覚悟がないと難しいです。 プレイ時間が数百時間以下のプレイヤーにとっては気にすることはないです。 全ての地帯をレベル7にしなくても、マルチプレイによって素材を集めることはできます。 また昔に比べて、ソロプレイでも地帯レベルが上がりやすくなりました。 素材さえ集まればいいという方ならば、気にしなくていいでしょう。 ・資源レベルで採集できるアイテムが変化 導きの地では、鉱脈と骨塚から特別な素材を入手できます。 また資源レベルによって素材のレア度が変化していきます。 採集で手に入るアイテムも、武器や防具、カスタム強化、護石の強化に使いますので、採集しておきましょう。 以上が、導きの地についての詳しい説明になります。 モンスターを狩猟し、フィールドで採集をする。 というモンスターハンターの最も基本となるエンドコンテンツで、好きな要素です。 何度死んでも大丈夫ですので(報酬は減りますが)、新しい武器の練習にも向いています。 パーティーでギスギスすることもないですし、のんびり狩れるのでおすすめです。

次の

【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

アイスボーン 導きの地 攻略

集めておきたい素材一覧 地帯とLv 使い道と素材 荒地Lv2 挑戦の護石Lv4の素材 ディアブロスの「」 荒地Lv6 挑戦の護石Lv3 逆上の護石Lv3の素材 歴戦ディアブロス亜種の「」 荒地Lv7 挑戦の護石Lv4と 匠の護石Lv4の素材 歴戦ナナテスカトリの「」 陸珊瑚Lv7 覚醒の護石Lv3の素材 歴戦キリンの「」 瘴気Lv1 鉄壁の護石Lv4の素材 ラドバルキンの「」 瘴気Lv4 鉄壁の護石Lv5の素材 歴戦ラドバルキンの「」 瘴気Lv6 匠の護石Lv4の素材 歴戦ディノ亜種の「」 瘴気Lv6 逆上の護石Lv4の素材 ティガ亜種の「」 万能素材があると素材集めが楽 万能素材は、他のモンスター素材と交換可能。 多くの素材は一度入手すれば万能素材の交換先としてマカ錬金に並ぶので、非常に便利だ。 しかしこの素材は、イヴェルカーナなどの万能素材で交換入手できる。 一度でも入手すれば交換可能になるので、森林地帯をキープする必要はない。 瘴気素材を集めたら氷雪7を目指す ゲームが進むと、 最終的にレア12武器を使うようになる可能性が高い。 覚醒武器はレア12なので、カスタム枠拡張に歴戦ジンオウガ亜種の素材が必要だ。 瘴気の素材を十分に集めたら、瘴気を下げて氷雪地帯Lv7を目指そう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 全ての地帯に出現するため、以下の手順をこなすのと並行して狩猟するといい。 素材を入手せずに地帯レベルを上げてしまわないように注意。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 歴戦クシャルダオラは溶岩で出現し、傷ガルルガの素材も汎用素材でマカ錬金可能。 森林固有のモンスターを一通り倒したら、放置で構わない。 どちらもレア12の回復カスタムに使うので、常にレベル7を維持すること。 手順5:溶岩地帯 【最終キープ】• 【重要】マルチを活用する• 以下では属性カスタム重視でチャート化しているが、回復カスタムや他カスタムが必要な人もいるはず。 レベル管理が難しい場合は、野良や友人との導きマルチで素材を補おう。 加えてレア12のカスタム枠拡張に必須かつ、素材集めに便利な溶岩地帯も上げることが理想。 属性強化と回復カスタムの両立にカスタム枠拡張が必要なので、氷雪Lv7が理想だ。 荒地と瘴気の素材を大量に確保したら、どちらかを下げて氷雪を上げよう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 属性装備を組むなら避けては通れないので、後述の手順をこなすのと並行して狩猟しよう。 この2種は全ての地帯で出現する。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 全て他地帯やマカ錬金で入手可能なので、モンスターを一通り倒したら放置しよう。 レア12の回復カスタムに使うので、100個ほど確保しておこう。 さらに、歴戦の素材はレア10の回復カスタムに使用する。 属性カスタムのみならレベル6で構わないが、回復も視野に入れるなら一旦7まで上げて集めると良い。 手順5:氷雪地帯 【最終キープ】.

次の

【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

アイスボーン 導きの地 攻略

スポンサードリンク ゲーム攻略めもタイトル• 596• 247• 179• 113• 180• 247• 231• 131• 121• 253• 399• 299•

次の