お雑煮 レシピ。 白味噌を使ったおいしいお雑煮レシピを一挙紹介!

今年のお正月は関東風?関西風?全国のお雑煮人気レシピをご紹介!

お雑煮 レシピ

新年明けましておめでとうございます。 新年初回のレシピは、お正月の料理の一つ「お雑煮」レシピをご紹介しましょう。 お雑煮は、住む地域や各家庭によって、色々なバリエーションがありますよね。 その中から今回は、関西風のお雑煮のご紹介です。 お出汁に白みそを合わせたお雑煮は、優しい甘さでお餅との相性も抜群。 具だくさんなので、栄養バランスがいいのもうれしいですね。 具材は、アレンジしてもおいしくいただけそう。 体があったまる汁物で、元気をチャージできそうですよ! お正月だけじゃなく、たまーに食べたくなるお雑煮。 woman. excite. html <下準備> ・里芋 またはエビ芋 は皮をむき、大きい場合は2~4つに切る。 塩を加えてかるくもみ、鍋に入れてヒタヒタの水を加えて火にかける。 5~6分、竹串がスッと刺さるくらい柔らかく下ゆでし、ザルに上げる。 ・大根、ニンジン または金時ニンジン は皮をむき、縦に短冊切りにする。 ・豆腐は小さな角切りにする。 ・粉からしはお湯で柔らかめに溶く。 <作り方> 1、鍋にだし汁、大根、ニンジンを入れて火にかけ、大根が透き通るくらいまで煮る。 がおいしい! ゲストさん 16:43• がおいしい! ゲストさん 16:32• がおいしい! ゲストさん 16:30• がおいしい! ゲストさん 16:30• がおいしい! ゲストさん 16:29• がおいしい! ゲストさん 16:29• がおいしい! ゲストさん 16:13• がおいしい! ゲストさん 15:59• がおいしい! ゲストさん 15:55• がおいしい! ゲストさん 15:43• がおいしい! ゲストさん 15:33• がおいしい! ゲストさん 15:30• がおいしい! ゲストさん 15:18• がおいしい! ゲストさん 15:13• がおいしい! ゲストさん 15:13.

次の

今年のお正月は関東風?関西風?全国のお雑煮人気レシピをご紹介!

お雑煮 レシピ

関東のお雑煮とひと口に言っても、実は地域によってかなり違いがあります。 どんなお雑煮を食べているか聞くと、どこに住んでいるかある程度わかると言われているんですよ。 ここでは一般的な関東雑煮の特徴をご紹介しましょう。 ・お汁はおしょうゆベースのすまし汁 ・おもちは焼いた角もち ・具材は鶏肉、かまぼこ、しいたけ、青菜(小松菜など)、みつば、にんじん、大根 関東のお雑煮は昆布とかつお節でひいただしがベースのすまし汁が特徴です。 あっさりとしただしを引き立てるよう、具材は少なめ。 淡白な野菜を中心として、全体的にすっきりとまとまっています。 お雑煮に入れるおもちには、角もちを使用します。 これは昔から人口が多かった関東(おもに江戸周辺)では、ひとつひとつ手で丸めて作られる丸もちよりも、大きくのしてから切り分ける角もちのほうが効率がよかったためと考えられています。 お食事のはじまりに食べられるお雑煮には、これからごちそうが始まるぞ、という意味も込められています。 あっさりとキレのいい関東のお雑煮には、胃を軽く刺激する意味あいとともに、キレのよさを粋とした江戸っ子気質を反映しているのかもしれませんね。

次の

島根県・出雲のお雑煮 嵐 貞喜シェフのレシピ

お雑煮 レシピ

お雑煮について お雑煮はお正月に食べる伝統的な日本料理。 餅の形や出汁、具材など地域によって異なりますが、必ず入っているのがお餅。 餅は、昔から日本人にとってお祝い事や特別な日に食べる特別な食べ物。 新年を迎える際、餅をついて他の産物と共に歳神様にお供えをしていました。 そのお供えを元日にお下がりとして食べるのが「お雑煮」です。 雑煮の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、いろいろな具材を煮合わせたことが由来と言われています。 歴史は古く、室町時代にはすでに食べていたとされ、武士の宴会では必ず一番初めに雑煮が振舞われていました。 この習わしをもとに、一年の始まりである元日に雑煮を食べるようになったとの説が有力。 当時、庶民には餅が高価だった為、代わりに里芋が使われ、江戸時代になると庶民も餅で食べられるようになりました。 お雑煮の調理法について お雑煮は、作り方のポイントを押さえれば簡単に美味しく作ることができちゃいますよ。 まずは、各具材に適した下ごしらえをすること。 下ごしらえをすることで、各具材の美味しさを最大限に引き出すことができます。 例えば、鶏もも肉は一口大に切る、にんじんは飾り切りをしてお正月らしい華やかさを添える、水菜などの葉物は塩水で軽く茹でて食べやすい大きさに切るなどです。 次に大事なのが各具材を順番に気を付けて煮ること。 火の通りや味が染み込むのに時間がかかる、鶏肉やにんじん、椎茸は始めに入れて煮るようにし、かまぼこなど味が染みやすいものは最後に入れましょう。 最後のポイントは餅は別の鍋で煮ること。 具材と一緒に煮ると、出汁が染み込み過ぎて溶けだしてしまうので注意してくださいね。 地域によっては、オーブンなどで焼いて外をパリッとさせるのもGOOD。 野菜がたっぷりの東北地方のお雑煮レシピです。 出汁には、白だしや干し椎茸の戻し汁を入れ、砂糖は少なめの優しい味に仕上げています。 大根、にんじん、ごぼう、干し椎茸、鶏肉、油揚げなど、具沢山なので食べ応えがあり、具材からは良い出汁が出てきますよ。 きれいな汁に仕上げる作り方のコツは、アクをしっかり取り除くこと。 別の鍋で鶏肉を煮て、煮汁を濾したものを使用すれば、濁らずに透き通った汁になります。 お椀を飾るいくらと三つ葉が華やかなお雑煮の作り方を紹介。 お雑煮にいくらを乗せる地域は、東北地方や北海道、新潟県など。 いくらは、熱が通ってしまうと白くなり、見た目が悪くなってしまうので、三つ葉の上に食べる直前に乗せましょう。 その他具材には、大根やにんじん、高野豆腐を短冊切りにしたものを使います。 三つ葉は多めに入れると風味が良くなるのでおすすめ。 スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の