エクセレント スロー を 3 回 投げる。 【ポケモンGO】フィールドリサーチ一覧【6/25時点】

【ポケモンGO】フィールドリサーチ一覧【6/25時点】

エクセレント スロー を 3 回 投げる

提示されたお題 タスク をクリアすると報酬 リワード がもらえるフィールドリサーチ。 ポケモンGOに最近搭載されたコンテンツです。 タスクの難易度に応じてリワードも豪華になったりして、RPGのクエスト的に楽しめます。 タスクの内容としては、"ポケストップ10個を回す"など鼻をほじりながらでもクリアできる簡単な作業から、常人には到底無理と思える難題まで豊富なバリエーションが用意されております。 今回のネタは、数あるタスクの中でも超難題として知られる"エクセレントスローを3回連続で投げる"のクリアに関して。 このタスクでは、最も小さな状態のマトを狙ってモンスターボールを当てる上級ワザ"エクセレントスロー"を、途中で失敗することなく3回連続で成功させなければなりません。 他のスロー系タスクは自力で何とかなるのですが、"エクセレントスローを3回連続で投げる"だけは、やる前から諦めてしまうレベル。 でも1回ぐらいは成功させたい。 そこで、ツールの力を借りてズルしてみることに。 そのために用意したのが、タッチパネルの操作を記録・再生できる""というAndroidアプリ。 エクセレントスロー成功時の操作を記録しておき、同じポケモンに対する投球の際に再生すれば、 ほぼ 確実にエクセレントスローが決まる... ってな動作を期待している訳です。 まずは軌跡を記録するためのポケモンですが、ここでは比較的どこにでも居るポッポを選択。 距離が近くストレート投法に適しており、"FRep"で記録する軌跡 のステップ数 と時間を最小化できる、というメリットがあります。 軌跡が複雑な場合、端末の処理能力不足やシステムの負荷増大などにより、"FRep"の再生で処理落ちが発生する可能性が高まります。 万一処理落ちが発生すると、ボールの軌道がわずかに変化し、エクセレントスローが成功しません。 なので、確実性を求める意味からポッポを選択した次第です。 対象が決まったら、それを見つけてオリジナルの投球データを記録するだけ。 なのですが、これが結構難しい。 まず、ボールをまっすぐに投げることができません。 最大限に気を付けて投げても、微妙に曲がってしまいます。 そこで、以前購入して放置してあったまで投入。 指の動きを制限することで、まっすぐ真上に指を動かすことができる、というデバイス。 紆余曲折を経て、偶然にも近いノリで満足できる投球データが記録できました。 テスト時の様子はにて。 捕獲時にはマトの大きさを自分で決められる"サークル固定"のテクニックが必須となります。 さらに、投球データを正確に再現するためには、再生ボタンを押して投球を開始するタイミングを合わせる必要があります。 が、こればっかりはどうにもならず、練習で習得するしかありません。 で、テスト的には大成功。 本番までに何度か試しましたが、ほぼ確実にエクセレントスローが成功します。 これなら問題なくイケそう。 ところが、目的のタスクがなかなか見つかりません。 リワードがレアなタスクは存在自体もレアな雰囲気。 が、唐突にそれは訪れました。 あまりに突然だったので舞い上がってしまい、スクリーンショットを撮り忘れる始末。 1回エクセレントスローを投げた状態で気が付いて保存したのが冒頭のスクリーンショットです。 あいにくの雨模様でポッポの出現も少なめではあったのですが、20分ほどブラブラするだけで3匹に遭遇することができました。 もちろん別のポケモンとも遭遇するのですが、それらはPokemon GO Plusにて対処。 スロー系タスクにおいてはPokemon GO Plusの動作を投球としてカウントせず、安心してタスクに注力できます。 で、"エクセレントスローを3回連続で投げる"のタスクはもちろんクリア。 リワード 左記 もしっかりとゲットしました。 超難題タスクをクリアできてうれしいのは当然なのですが、地道に"FRep"の環境を構築するプロセスもなかなかに楽しく、それが狙ったとおりに動いてくれた瞬間はタスクをクリアした時のそれよりも充実感がありました。 単に「ラクしてリワードをゲットしたい」ではモチベーションが維持できず、途中で挫折していたかもしれません。 その程度には面倒で手間のかかる作業でありました。 今回、ポケモンGOで外部ツールを使用した訳ですが、の禁止事項に抵触することはなさそうです。 ではありますが、ズルであることには変わりないので、ご利用は計画的に。 【おすすめ記事】.

次の

ポケモンGO エクセレントスローを3回連続で投げる攻略法! 報酬はヨーギラス

エクセレント スロー を 3 回 投げる

Contents• カーブに慣れていないという方は、まずは自由にカーブを投げられるようにしましょう。 右親指を使ってよく投げている自分は画面左側からカーブで投げると中心に当たりやすいことが判明したので、いつも左側から投げています。 ポケストップなどで沢山ストックしておきましょう。 ポケモンのサイズが大きいと、エクセレントの判定も大きくなります。 イワークやバンギラスなどはサークルが大きいのでその分エクセレントの判定も大きい。 でもバンギラスなんてそう簡単に出ないよ!という方、そうです失礼しました。 タスクで出さないとバンギラスなんて厳しい。 なるべく普段のプレイで出現しやすく、サークルが大きいポケモンに狙いを定めましょう。 おすすめはポニータです。 バンギラスほどではありませんがそこそこのサークルの大きさ、そしてナナの実を使えばあまり動きません。 比較的普段のプレイでも出やすいので、一番おすすめ。 カーブボールのエクセレントスローを1回投げる、とても難しいタスクですが以上のコツを踏まえれば比較的すぐに達成できるかと思います。 ミュウ、セレビィ、ジラーチゲットのために誰しも通る道。 皆さん是非実践してみてください。

次の

[ポケモンGO] フィールドリサーチの超難題でズルしてみる

エクセレント スロー を 3 回 投げる

6月3日から8日13時までの期間「 ジェネレーションチャレンジ2020セレブレーション」イベントが開催されます。 今回の記事では「 セレブレーション」のタスクグループの3〜5のタスクとリワード報酬を一覧で紹介します。 ポケモンゲット(シママ)• ほしのすなx500• 500XP エクセレントスロータスクが鬼門 「トレーナーと15回対戦する」と「ポケモンを15回強化するのタスク」は時間さえかければ誰でもクリア可能ですが、「エクセレントスローを1回投げる」のタスクは非常に難易度が高く、クリアまでに時間がかかってしまうトレーナーさんも少なくないのではないでしょうか。 そこで筆者がオススメしたいのが、レシラムでエクセレントスローを狙うというもの。 レシラムは力加減さえコツを掴めば、比較的エクセレントスローを当てやすく、ゲットできれば普通に嬉しいというまさに一石二鳥状態。 また、同じポケモンでエクセレントスローを狙い続けたほうが、距離感やサークルのサイズなどが実質固定されることになるので、回数を重ねれば成功率も上昇していきますよ。 ポケモンゲット(タブンネ)• ほしのすなx500• 500XP 実はあいつもドラゴンタイプ! ここで苦労するのは「ドラゴンタイプのポケモンを1匹捕まえる」のタスクですが、先ほど紹介したレシラムをゲットすれば達成が可能。 ポケモンゲット(ゲノセクト)• ふしぎなアメx5• アバター用アイテム(ウィロー博士のメガネ) すでにゲノセクトを持っていても2匹目が入手可能 最後のタスクグループは。 通例通り最初から全てクリアされた状態なので、リワード報酬を受け取るのみ。 なお、以前ゲノセクトを入手している場合でも、今回のスペシャルリサーチをクリアすることで2匹目のゲノセクトが手に入ります。 セレブレーションのスペシャルリサーチは、受け取り(期限は6月8日13時まで)さえすればクリア期限がないので、自分のペースでクリアすればOK。 タイムチャレンジをクリアしていないトレーナーさんも、ショップで販売されている有料チケットを購入すればスペシャルリサーチを受け取り可能となっているので、ゲノセクトが欲しいトレーナーさんは購入を検討してみてくださいね。

次の