石田 純一 コロナ 病状。 石田純一のコロナ感染経路や病状は?入院先病院と沖縄宿泊ホテルも!

石田純一、新型コロナ快気祝いで「よろよろ千鳥足」(SmartFLASH)

石田 純一 コロナ 病状

石田純一が沖縄コロナゴルフ感染から退院 4月に新型コロナウイルスに感染した石田純一さんが5月12日に退院。 石田さんは仕事で向かった沖縄県で体調不良を訴え、東京に戻った4月14日入院していた。 退院後の石田さんが、電話でFNNの単独インタビューに応じた。 石田純一さん: 総合的に判断して、炎症とか肺炎とかもなくなったということで、退院させていただきました ーー1ヶ月近く? 石田純一さん: はい。 1カ月。 2週間過ぎてから快方に向かっていたようで、僕は全然辛くなかったですね。 最初のころ、気だけ張っていたので、全然大丈夫だと思ってたんですけど、あとで先生方に聞いてみると「いったんかなり悪くなりました」と言われたのでびっくりしているんですけども。 いわゆる集中治療室のところまで行ったというのは事実です。 それは何となく覚えてますけど 再び陽性になる可能性が… ーー今はどんな生活を? 石田純一さん: 自宅で経過観察という感じです。 体のいい隔離ですけれど。 子供たちも分かってきてくれて、接触しないで自宅にいます。 水回り、トイレとかお風呂とかをすべて別にして、僕だけ一つの部屋に閉じこもっています 石田純一さん: 退院だけじゃ十分ではなくて、言い方悪いけど、また陽性になる方、また感染する(ことがある)。 他から感染してくるんじゃなくて、自分でもう1回、いわゆるぶり返す。 それがたまにあるので、とにかく2週間だけは誰にも会わず、毎日検温とか血中酸素量、血圧測って報告するようになっている 「多大なご迷惑をおかけした部分は絶対否めない」 ーーなぜ直筆でコメントを? 石田純一さん: かなり批判が強いと。 いろんなことでお叱りを受けたり、反省しろと、そういうお話をいっぱい頂いたので、自分で心境を書かせていただきました 僕が肺炎にかかったということで、他局ですけど、今まで撮っていたテレビ番組とかOAできなかったりとか、大変なんです本当に 石田純一さん: それからレギュラー番組も降ろせと、CMも降ろせと、そういうもういっぱいお叱りが来まして。 自分が肺炎になったことで、多大なご迷惑をおかけした部分は絶対否めないわけですし、不快な思いをさせてしまった方々にも、本当に深くやっぱり反省していることと同時に謝りたいです 同じコロナ感染者でも好きな人なら擁護、死んだら神格化。 逆に嫌いな人は入院中も退院後もとことん叩く。 歪んだ集団ヒステリー。 【独自】退院した石田純一さんインタビュー「番組もCMも降ろせというお叱りが…」 — ヒロフミ naturalgrowz669.

次の

石田純一 現状(今現在の病状)の容態は?退院の日時はいつになる?

石田 純一 コロナ 病状

4月07日: JFNのラジオ収録とナレーション収録。 4月07日: 理子の両親を自宅に呼び次女の誕生会を実施。 4月08日: 仕事がオフで終日自宅で過ごす。 4月09日: 仕文化放送で番組に生出演 4月10日: 冷麺店視察のために沖縄へ 4月10日: 午後7時半から2時間半、冷麺店スタッフと打ち合わせ。 4月11日: ホテル内で朝食を済ませ、 仕事関係者とゴルフへ。 4月11日: プレー中に体のダルさを感じる。 その後ホテル内で夕食。 4月12日: ホテル内で朝食後、部屋で休息をとる。 4月12日: 午後4時から2時間半、冷麺店スタッフと打ち合わせ。 4月13日: ホテル内で朝食後、部屋で休息をとって東京に戻る。 4月14日: 病院で肺炎の兆候があったので入院、PCR検査を実施。 4月15日: 陽性が判明、38. 8度の高熱が出る。 4月16日: 文化放送の番組で肉声コメントを発表。 こんな感じです。 感染の石田純一、病状悪化で「集中治療室の一歩手前」 15日に新型コロナウイルスの感染が確認された俳優、石田純一(66)の病状が悪化していることが16日、分かった。 複数の関係者が「頭が割れるように痛いと訴えている。 集中治療室に入る一歩手前」と説明した。 石田はこの日、文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」(月〜金曜後3・30)で事前収録した肉声コメントを流し、病状を報告。 妻でプロゴルファーの東尾理子(44)もコメントを寄せ「心配な状態が続いている」と証言した。 複数の関係者によると、石田は新型コロナウイルスに感染した当初、軽症とみられていたが、現在の体調は良くなく、ある関係者は「集中治療室の一歩手前」と明かす。 別の関係者は「電話で話すことはできるが、辛そうで 『体がだるくて頭が割れるように痛い』と言っていた」と証言。 本人と話をしても声が弱々しく息苦しそうで会話も途切れ途切れという。 所属事務所は、石田の体調について「現在の症状は聞けていない。 ただ、14日は電話でやり取りができていたが、15日は全くできない状態だった」と説明した。 レギュラー番組は収録分で対応、共演者は自宅待機 石田が木曜レギュラーを務める文化放送「斉藤一美-」は石田と濃厚接触の疑いがあるメインパーソナリティーの斉藤一美アナ(52)とサブキャスターの永野景子(50)を15日から自宅待機させており、この日は西川文野アナ(27)が進行。 テレビ東京系「石田純一のサンデーゴルフ」やJFN「石田純一のNo Socks J Life」などは、今後は収録分で対応する。 義父でプロ野球・西武元監督の東尾修氏(69)と出演し、20日に放送予定だったBS-TBS「神泡探訪記」は過去の番組と差し替えて放送。 この記事のまとめ 新型コロナウィルスは、本当にこわいですね。 私は、幸いにも今のところは感染してません。 石田純一さんに尽きましては、一日も早いご回復を切に祈ってます。

次の

コロナ感染の石田純一、病状悪化…関係者「集中治療室の一歩手前」

石田 純一 コロナ 病状

タレント・俳優の石田純一さん(本名=石田太郎 66歳)が新型コロナウイルスに感染していることが公表されましたが、 現在は容体が悪化し、集中治療室(ICU)に入る一歩手前の状態にあることを『サンケイスポーツ』(サンスポ)が伝えています。 石田純一さんは9日までラジオ番組などの仕事に参加し、10日には沖縄・那覇に向かいました。 那覇へ行った理由は、自身が経営している 韓国料理店『J-chan(ジェイチャン)冷麺』の売上が新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいたため、スタッフと今後について話すために向かったとされています。 所属事務所『メロン』の説明によると、 沖縄に到着後の10日19時半から22時にかけて店でスタッフと打ち合わせ、11日に宿泊先のホテル内のレストランで朝食をとり、仕事関係者らとゴルフ場へと向かい、プレー中に身体のだるさを感じ、その後は再びホテル内のレストランで夕食をとったとのことです。 12日は朝食をとった後にホテルで休息し、夕方から『J-chan 冷麺』でスタッフと打ち合わせを行い、13日はホテルで朝食をとり、帰京しました。 そして、14日に妻でプロゴルファー・タレントの東尾理子さん 44 と病院へ行ったところ、肺炎の傾向がみられたことで入院、PCR検査を受けた結果、15日に新型コロナウイルスの陽性が判明したといいます。 沖縄滞在中の時点で倦怠感があったものの、発熱やせきなどの症状はなかったそうですが、感染が判明した15日夕方時点では体温が38度8分まで上がっていました。 石田純一さんは、木曜コメンテーターを務めているラジオ番組『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)に肉声コメントを寄せており、15日夕方に病床から電話取材に応じ、現在の症状は 「熱だけですかね。 38度8分とか、そんな感じです」と弱々しい声で報告し、PCR検査時のことについては 「具合が悪くて、下を向いてて、何がPCR検査なのかわからなかった」と語っています。 また、東尾理子さんは石田純一さんの様子について、 「今日(16日)は息苦しさや頭痛も増していて心配な状態が続いている」とコメントを寄せていました。 別の関係者も、 「電話で話すことはできるが、辛そうで『体がだるくて頭が割れるように痛い』と言っていた」と証言しており、電話で話しても声が弱々しく、息苦しい様子から会話も途切れ途切れだったと明かしたとしています。 所属事務所も取材に対して、 「現在の症状は聞けていない。 ただ、14日は電話でやり取りができていたが、15日は全くできない状態だった」と説明したとのことです。 そして、石田純一さんの新型コロナウイルス感染、症状が悪化しているとの報道に対してネット上では、• 病状悪化と聞くと亡くなった志村さんのことを思い出してしまう。 今は石田純一さんの体調が回復することを願うのみ• 仕事だったとは故、会食やゴルフしたツケがこの状態。 コロナウイルスの恐ろしさを世に知らしめてくれた。 高齢だから、重症化したらヤバイよ。 この御時世に仕事とはいえ、なぜ沖縄に行くんだろ。 お子さん3人いるのに無責任だと思う。 今月は、まともな人間は旅行、外食などしない。 視察?遊びのゴルフしに行って感染してしまったから理由つけてるだけだろ。 コロナに感染した人をたたく風潮は好きではないけれど、自宅にこもってストレスためている側からすると、出歩いている人がイライラしてたまらないんだよね。 うちも親が、今までといっこうに生活を変えようとしなくてイラつく。 もし感染したら、大丈夫? の前に、そら見たことかと言ってしまいそう。 仕事と言えどもこの時期に沖縄行ってゴルフ…完全にアウト。 『自分は大丈夫』は通用しないってことを自覚してもらいたかった… でも感染してしまったものは仕方ない。 ご家族も心配してますし、早く元気になるよう願っています。 石田純一は具合が悪いのにゴルフ強行。 その日フェアウェイカート乗り入れ禁止だったのに具合が悪いので、フェアウェイ乗り入れさせてくれとごねた上でのプレイ続行。 すぐ帰ればまだよかったのに風呂場利用、更に密室であるサウナまで利用。 ロッカールームでは具合わるそうにうずくまっていたそうです。 これすべて知人の目撃情報。 その知人はサウナで10分ほど一緒で完全に濃厚接触者。 石田氏には元気に復帰してほしいが、二度とゴルフはしないで欲しい。 ゴルファー失格。 などのコメントが寄せられています。 沖縄へ行った後に、自身の店のスタッフと今後について打ち合わせを行ったことに加えて、ゴルフまでしていたことが新たに判明したこともあり、石田純一さんに対する批判はさらに増加している様子です。 東尾理子さんも責任を感じているようで、16日には自身のブログに【お詫び】と題した記事を投稿し、 「全世界が感染防止に努力、我慢をしている中で、仕事であるとはいえ飛行機に乗り都外へ出ようとする主人を説得、止めきれなかった事を深く後悔し、反省しております。 沖縄の方々、移動で使用した交通機関の皆さま、大変申し訳ございません。 心よりお詫び申し上げます。 」と謝罪しています。 また、石田純一さんがまだ無症状の状態だった7日、次女・つむぎちゃんの2歳の誕生日祝いを自宅で行い、自身の両親を呼んだことについても、 「万が一を考え換気をし、本当に短い時間立ち寄っただけでしたが、家族という事で気が緩み、自覚が非常に欠けておりました。 」「その時すでに保菌者であった可能性もあり、高齢の両親を巻き込むこととなった事に対しても深く反省の気持ちで受け止めております。 」などと綴っています。 その時点では特に症状が無く、自分だけは感染しないだろうという甘い考えを持っていたのかは不明ですが、結果的には感染していて、移動時に利用した空港や飛行機、ホテルなど様々な場所でウイルスをバラ撒いていた可能性があるだけに、非難を浴びるのは仕方がないかもしれません。 こうした行動によって、周囲に大きな迷惑を掛けていることを問題視されるのは当然だと思う一方、症状が悪化しているというのはやはり心配で、3月末には70歳だった志村けんさんが新型コロナウイルス肺炎が重症化し亡くなってしまいましたが、これから少しずつでも快方へと向かってほしいですし、石田純一さんの家族や発症前に接触した東尾修さんなど、今後さらなる感染者が出ないことを願うばかりです。

次の