ディズニー 映画 名言。 ディズニー映画アラジンの名言を英語と日本語で!短いものや恋愛など用途別に紹介

【ディズニー映画英語で名言】~シンデレラ~から20選

ディズニー 映画 名言

ディズニー映画「ウォーリー」での名言 「生き残りたいんじゃない!生きたいんだ!」 今回はディズニー映画なのにらしくない作品で、衝撃的にインパクト強かった「ウォーリー」のレビューをお伝えします レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。 周作()です。 一回目は、英語と日本語字幕で 二回目は、英語と英語字幕で 三回目は、英語音声のみで それ以降は返却までに時間があれば英語と英語字幕で見て、会話をシャドーイング(そのまま真似て喋る)するというスタイルで見てます。 その中で英会話どころじゃないくらいインパクトの残った映画があったので、紹介します。 そしてこのロボットは太陽電池で動いているのでほぼ故障することなく半永久的に動きます。 そして何してんのかというと、一人でゴミ掃除を延々とするのです。 おそらく人間の汚して捨ててしまったゴミを一つづつ何年も… (700年もの間という設定だそうです。 気が遠くなる年月ですね。 ) この映画、前半はほとんどセリフがなかったので状況を少しづつ飲み込んでいくという感じでしたが、なんとも主人公のいる世界は 残酷な地球の未来の姿でした。 時代は西暦2700年! そこは大気汚染で荒廃してて人が住めない地球!! 「ディズニー映画のくせにえらい重たいテーマやな~」とか神妙な顔で見ていたのですが、肝心の人間はというと… 宇宙で漂う宇宙船にて無事暮らしてました。 ありえない未来じゃないという所にショックとインパクト! …しかしそこで暮らしている人間達にショックとインパクトがありました! 宇宙船で暮らす人間たちは、 サポートロボットに完全介護してもらうスタイル。 料理することもなければ、食べ物は全部ドリンクみたいなものなので 噛むこともお箸とか使うこともない。 ウォーキングとかもせずにずっと座ったままなので筋肉も発展しない だから、自分の力で立ち上がることすらできなくなってました。 赤ちゃんも含め、 全員肥満で、骨も退化。 その宇宙船の船長だけがかろうじで立ち上がれるくらいのレベルです。 コミカルなCGで描かれてますが、僕はこの「宇宙で生き延びていた人類の姿と虚無的な暮らしぶり」を見て衝撃的でした。 ここまで読んでみてどうですか? ディズニー映画もなかなかやるなーとか思いませんか? しかし、これは今の世界の未来としてありえる形かもしれんのです。 便利快適が度を超すようになり、機械に全部頼ってしまい全て処理する生活。 そしてメタボな人が増えて、そのうち老人のように動かなくなり消費するだけの社会… こういう社会になるかもしれないという警告にも感じました。 人間の心の奥底からの言葉だからこそ「名言」だと思う …ショックも大きかったけど話を戻します。 まぁそこから主人公のロボット君「ウォーリー」が、彼らの本来の人間性に気づいてもらうために活躍する物語へと繋がるのですが。 そこで宇宙船の船長が地球に帰りたい、もう一度地球でやり直していくんだという思いを語りはじめた時に発した言葉。 「我々は生き残りたいんじゃない!生きたいんだ!」 これに一番グッときました。 そうです! 生き残るだけじゃなくて生かされるのではなく、 自分で生きるという選択をしないと! それをこのディズニーの可愛いらしいロボが出てくる映画から学ぶとは思ってませんでした。 船員達も徐々に船長の姿に共鳴していきます。 みんなが 「生きたい」と思った時、物語…というか人生は進み始めるのです。 そしてそれは映画の世界だけでなく今だってそうなってます。 そこに気づいてますか? 「自分で生きてる」っていう実感持ってますか? 毎日を無駄に…怠惰に生きてないですか? … この映画は本当に子どもだけでなく大人にも警告に近いメッセージを与えてくれます、というか突き刺してくれます。 もう、ちょっと前の映画になってしまいましたが、色あせない名作!是非見て欲しいです! 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

短いから覚えやすい!使ってみたいディズニー英語名言集【座右の銘】

ディズニー 映画 名言

ディズニー映画「ウォーリー」での名言 「生き残りたいんじゃない!生きたいんだ!」 今回はディズニー映画なのにらしくない作品で、衝撃的にインパクト強かった「ウォーリー」のレビューをお伝えします レビュワーの皆さん 閲覧ありがとうございます。 周作()です。 一回目は、英語と日本語字幕で 二回目は、英語と英語字幕で 三回目は、英語音声のみで それ以降は返却までに時間があれば英語と英語字幕で見て、会話をシャドーイング(そのまま真似て喋る)するというスタイルで見てます。 その中で英会話どころじゃないくらいインパクトの残った映画があったので、紹介します。 そしてこのロボットは太陽電池で動いているのでほぼ故障することなく半永久的に動きます。 そして何してんのかというと、一人でゴミ掃除を延々とするのです。 おそらく人間の汚して捨ててしまったゴミを一つづつ何年も… (700年もの間という設定だそうです。 気が遠くなる年月ですね。 ) この映画、前半はほとんどセリフがなかったので状況を少しづつ飲み込んでいくという感じでしたが、なんとも主人公のいる世界は 残酷な地球の未来の姿でした。 時代は西暦2700年! そこは大気汚染で荒廃してて人が住めない地球!! 「ディズニー映画のくせにえらい重たいテーマやな~」とか神妙な顔で見ていたのですが、肝心の人間はというと… 宇宙で漂う宇宙船にて無事暮らしてました。 ありえない未来じゃないという所にショックとインパクト! …しかしそこで暮らしている人間達にショックとインパクトがありました! 宇宙船で暮らす人間たちは、 サポートロボットに完全介護してもらうスタイル。 料理することもなければ、食べ物は全部ドリンクみたいなものなので 噛むこともお箸とか使うこともない。 ウォーキングとかもせずにずっと座ったままなので筋肉も発展しない だから、自分の力で立ち上がることすらできなくなってました。 赤ちゃんも含め、 全員肥満で、骨も退化。 その宇宙船の船長だけがかろうじで立ち上がれるくらいのレベルです。 コミカルなCGで描かれてますが、僕はこの「宇宙で生き延びていた人類の姿と虚無的な暮らしぶり」を見て衝撃的でした。 ここまで読んでみてどうですか? ディズニー映画もなかなかやるなーとか思いませんか? しかし、これは今の世界の未来としてありえる形かもしれんのです。 便利快適が度を超すようになり、機械に全部頼ってしまい全て処理する生活。 そしてメタボな人が増えて、そのうち老人のように動かなくなり消費するだけの社会… こういう社会になるかもしれないという警告にも感じました。 人間の心の奥底からの言葉だからこそ「名言」だと思う …ショックも大きかったけど話を戻します。 まぁそこから主人公のロボット君「ウォーリー」が、彼らの本来の人間性に気づいてもらうために活躍する物語へと繋がるのですが。 そこで宇宙船の船長が地球に帰りたい、もう一度地球でやり直していくんだという思いを語りはじめた時に発した言葉。 「我々は生き残りたいんじゃない!生きたいんだ!」 これに一番グッときました。 そうです! 生き残るだけじゃなくて生かされるのではなく、 自分で生きるという選択をしないと! それをこのディズニーの可愛いらしいロボが出てくる映画から学ぶとは思ってませんでした。 船員達も徐々に船長の姿に共鳴していきます。 みんなが 「生きたい」と思った時、物語…というか人生は進み始めるのです。 そしてそれは映画の世界だけでなく今だってそうなってます。 そこに気づいてますか? 「自分で生きてる」っていう実感持ってますか? 毎日を無駄に…怠惰に生きてないですか? … この映画は本当に子どもだけでなく大人にも警告に近いメッセージを与えてくれます、というか突き刺してくれます。 もう、ちょっと前の映画になってしまいましたが、色あせない名作!是非見て欲しいです! 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

英語のディズニー恋愛名言フレーズ集30選!ディズニー映画から厳選

ディズニー 映画 名言

誰だって真の愛に出会う資格がある。 映画シンデレラの中での、シンデレラのセリフです。 「deserve」は「価値がある、受けるに足る」という意味の動詞です。 夢を見ることは誰にも止められない。 映画シンデレラの中での、シンデレラのセリフです。 「order A to ~」で「Aに~するよう命じる」という意味になります。 信じ続けていれば、夢は叶う。 映画シンデレラの中での、シンデレラのセリフです。 「keep on ~ing」は「~し続ける」という意味ですね。 これが愛。 これが人生を素晴らしいものにしてくれる。 So this is what makes life divine. 映画シンデレラの中での、シンデレラのセリフです。 少し難しいかもしれませんが、「what」は関係代名詞として使われており、「もの」という意味になります。 また、「make A ~」で「Aに~させる」という意味になります。 「divine」は「素晴らしい、神々しい」という意味です。 これらをまとめると、「what makes life devine」は「人生を素晴らしくさせるもの」となります。 奇跡でさえ起こるのには時間が掛かるもの。 映画シンデレラの中での、フェアリーゴッドマザーのセリフです。 「even」は「~でさえ」という意味の副詞です。 この全く新しい世界を2人で分かち合おう。 映画アラジンの中での、アラジンのセリフです。 「let A ~」で「Aに~させる」という意味ですね。 この場合は「shareさせて」という命令形ですね。 大切なのは外見じゃなくて内面にある。 映画アラジンの中での、アラジンのセリフです。 この「what」も関係代名詞で「もの」という意味です。 「what is outside」で「外側のもの」という意味になりますね。 僕を信じて。 映画アラジンの中での、アラジンのセリフです。 「trust」という動詞が文頭に来ることにより、命令形になっていますね。 さよならを言うことが辛い相手がいる僕はなんて幸せなんだ。 映画くまのプーさんの中での、プーのセリフです。 「How ~」で「なんて~なんだ」という意味です。 この場合の「~」には形容詞が入ります。 プーさんの名言は、こちらのページでも紹介しています。 「love」ってどう綴るんだっけ? / 綴るものじゃないよ、感じるものだよ。 「spell」は「つづる」という動詞として使われています。 ピグレットの名言は以下のページをご覧ください。 きみと過ごす日はいつでも僕の大好きな日だ。 映画くまのプーさんの中での、プーのセリフです。 「spent」は「spend」の過去分詞形で、「費やされる」という意味になります。 君と一緒にいる時はそれほど孤独を感じないんだ。 映画ヘラクレスの中での、ヘラクレスのセリフです。 ここでの「so」は「それほど、そんなに」というニュアンスになります。 恋に落ちると人は狂ったことをする。 映画ヘラクレスの中での、メグのセリフです。 「crazy things」で「狂ったこと」という意味ですね。 たまには1人でいるほうが良かったりするものよ。 映画ヘラクレスの中での、メグのセリフです。 「better to ~」で「~するほうがより良い」という意味になります。 君が僕の新しい夢だ。 映画塔の上のラプンツェルの中での、フリンライダーのセリフです。 英語については解説不要ですね。 塔の上のラプンツェルの名言は以下のページへどうぞ。 あなたと一緒にいると全てのものが違って見える。 映画塔の上のラプンツェルの中での、ラプンツェルのセリフです。 「all at once」は「たちまち、一斉に」という意味です。 愛とは自分よりも相手のことを大切に考えること。 映画アナと雪の女王の中での、オラフのセリフです。 「put A before B」は「BよりAを優先する」という意味になります。 真実の愛だけが凍った心を溶かすことができるんだ。 映画アナと雪の女王の中での、オラフのセリフです。 「thaw」は少し難しい単語ですが、「雪が解ける」という意味の動詞です。 もしあなたと出会わなければ、永遠に迷子だった。 映画ポカホンタスの中での、ジョンのセリフです。 「lost」には、「迷子の、行方不明の」という意味も持っています。 君を知らずに100年生きるくらいなら明日死ぬ方がましだ。 映画ポカホンタスの中での、ジョンのセリフです。 「rather A than B」で、「BよりもむしろA」という意味になります。 この広い世界中の誰よりも君のことが大切なんだ。 映画ピーターパンの中での、ピーターパンのセリフです。 ここでの「mean」は「意味を持つ、重要性を持つ」というニュアンスになります。 あなたこそが私がずっと探してきた人よ。 映画リトルマーメイドの中での、アリエルのセリフです。 この「that」は関係代名詞ですので、「that」以下は「the one」の説明をしています。 心の奥であなたが運命だと感じている。 映画ムーランの中でのムーランのセリフです。 「deep in my soul」は「魂の奥深くで」という意味ですね。 愛は決して終わらない歌。 映画バンビのオープニングテーマの中の一節です。 「that」以下は「a song」の説明をしています。 私の心が歌い続けるのはあなたへの愛の歌。 映画白雪姫の中での、白雪姫のセリフです。 歌詞の中の一節なので、文法的には掴みにくいかもしれませんね。 運命は青空からの稲妻のように近づいて心を貫く。 映画ピノキオの中での、ジミニー・クリケットのセリフです。 青空から稲妻が落ちてくるように「突然」という意味ですね。 あなたはたちまち私を愛すわ。 夢の中でそうしたように。 映画眠れる森の美女の中での、オーロラのセリフです。 「at once」は「すぐに、たちまち」という意味です。 彼女を自由にした。 なぜなら彼女を愛しているから。 映画美女と野獣の中での、野獣のセリフです。 上でも出てきましたが、「let A ~」で「Aに~させる」という意味になります。 なお、ガストンの名言はこちらです。 私の夢はその中にあなたがいないと完結しないわ。 映画プリンセスと魔法のキスの中での、ティアナのセリフです。 「complete」は「完全な、完璧な」という意味の形容詞として使われています。 なお、「complete」は形容詞の他に、動詞としても使うことができます。 君が俺の最高のアドベンチャーさ。 映画Mr. インクレディブルの中での、Mr. インクレディブルのセリフです。 「adventure」は「冒険」という意味ですが、ここでは無理に訳さずそのままにしています。 もし君がいなければ僕には何もない。 映画モンスターズインクの中での、サリーのセリフです。 仮定法過去の用法が使われていますので、文法面が不安な人は一度復習をしておきましょう。 まとめ 以上、ディズニー作品に登場する恋愛・友情に関する英語の名言フレーズを紹介してきましたが、いかがでしたか。 以下のページも是非見ていってくださいね。

次の