巻玉 作り方。 タッセルの作り方は意外と簡単!基本の作り方とポイント・アレンジアイデアまで紹介

巻き玉でアクセサリー♪刺繍糸とウッドビーズでお手軽かわいい巻き玉の作り方!【ハンドメイド無料レシピ】 巻き玉 作り方

巻玉 作り方

タッセルの基本の作り方 冒頭でも作り方に関して少し触れましたが、ここではより詳しく作り方を解説していきたいと思います。 この基本の作り方を覚えてしまえば、いろいろな素材を使って好きなデザインのタッセルを作ることができるようになりますよ。 タッセルの作り方はとっても簡単! ここでは刺繍糸を使った基本のタッセルの作り方を紹介します。 基本の作り方をマスターしたら、巻く回数などをお好みで調整して作ってみてくださいね。 厚紙にコードを巻く• 巻いたコードの上部に別のコードを結ぶ• 上部1cmのところに別のコードを巻く• 輪になっている部分をカットする• 巻き始めと巻き終わりはタッセルの下部にくるようにすると、きれいに仕上がりますよ。 結び目が刺繍糸の中に入るように調整しながら結びましょう。 ここで使う刺繍糸は、ベースの刺繍糸と同じ色の糸を使うときれいに仕上がりますよ。 結び終えたら厚紙から刺繍糸を外しましょう。 整えたら、上部から1cmのところでさらに別の刺繍糸を使って結びます。 結び方は冒頭の作り方の項目で紹介した動画を参考にしてくださいね。 この結び方で処理をすると、 結び目が外に出ずきれいに仕上げることができます。 ここでは違う色の糸を使うのもおすすめです。 上部をしっかり結び終えてから、下部の輪になっている部分をカットしましょう。 ここでは ざっくりとカットしてしまって大丈夫です。 これでようやくたっせるらしくなってきましたね。 フリーハンドでやりにくいという場合は、 紙などを巻いて下部をそろえると、きれいにまっすぐカットすることができますよ。 長さをそろえてカットしたら完成です。 アクセサリーパーツなどを付けてアレンジしましょう。 タッセルのアレンジアイデア 完成したオリジナルのタッセルは、どんなものに加工しようかそれもワクワクするものですよね。 作り方も簡単なので量産しやすく、フリーマーケットなどの出品にも向いています。 ここでは手作りしたタッセルのアレンジアイデアを紹介します。 作った 作品をいろいろなものにアレンジして、さらに楽しんでみてくださいね。 イヤリングやピアスなどのアクセサリー• バッグチャーム• カーテンなどのチャーム• キーホルダー• 小ぶりなタッセルは、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーにすると とってもキュートに仕上がります。 3cm程度の大きさに仕上げれば、いろいろなアクセサリーに加工しやすくなるのでおすすめですよ。 アクセサリーパーツの色を変えて、雰囲気も変えてみてください。 大きめに作り、 ナスカンを付ければ着脱が簡単なバッグチャームにアレンジすることができますよ。 いろいろな色のタッセルを作って、季節や気分に合わせて付け替えるのも素敵です。 作ったタッセルも、 カーテンに使うととってもおしゃれになりますよ。 市販のロープやコードなどに作ったタッセルを取り付けるだけでも素敵ですね。 ロープも編んで作ってみるのもいいかもしれません。 キーホルダーにアレンジすれば、カギを付けておくだけでなくバッグチャームとしても使うことができますね。 小さめのタッセルはイヤホンジャックにしてもかわいいです。 玄関やトイレなど、 狭い空間にもぱっと映えるインテリアアイテムとして使うことができますよ。 作り方に慣れてきたら、凝ったデザインのものを作ってインテリアアイテムにしてみてはいかがでしょう。

次の

キャベツの育て方と栽培のコツ

巻玉 作り方

キャベツを育てるときのプランターサイズは大型(60㎝~)または、大鉢タイプ(深底)を利用します。 キャベツは株間が最低でも30㎝は必要となるので小型プランターで育てる場合は1つのプランターにつき1株が限界です。 植え付け前の準備として、市販のプランターにを残して、7分目までくらいまで培養土を入れておきましょう。 植え付ける1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの1週間前に元肥を施しておきましょう。 苗から植える場合は本葉が5~6枚程度の節と節の間の狭い茎がしっかりしている元気な苗を選ぶことがポイントです。 キャベツの苗の植え方ですが、苗を植え付ける前にポットごと水に浸してから植え付けましょう。 根鉢を壊さないようにポットを逆さに向けて丁寧に苗を取り出します。 水に浸した場合は苗を植え付けてから2日ほどは水やりを控えましょう。 こうすることで水を求めて根を地中に深く張る力がつきます。 苗を植え付ける深さに注意しましょう。 植え付ける時のポイントですが、苗を早生種は30~40cm、中晩生種は40~45㎝間隔で植えていきます。 深植えにならないよう注意して下さい。 キャベツの子葉が隠れてしまわない程度、根鉢の表面と用土が同じ高さになるように丁寧に浅めに植えるのがポイントです。 苗を植え付けた後は、根元を軽く押さえて水をたっぷりと与えましょう。 1回目の追肥は苗の植え付けから数えると約3週間経った頃で本葉が約10枚程度に育った頃になります。 化成肥料10gをコンテナの縁に沿って与え、軽く用土と混ぜ合わせて株元に寄せてやりましょう。 株元で混ぜ合わせると根を傷めてしまう事があるので、少し離れたところで必ず混ぜ合わせるようにしましょう。 2回目の追肥は植え付けから6週間経った頃で芯の葉が立上り始める頃になります。 肥料は1回目と同量(化成肥料10g)を葉にかからないよう株元に撒き用土に軽く混ぜてやりましょう。 1回目と同様に根を傷めないように周辺の用土を集めて混ぜ合わせるようにします。 液肥で与える場合は、キャベツの結球が始まるまで週に1回程度の割合で与え続けて下さい。 ただし、生育が悪い時は固形肥料を与えるようにしましょう。 肥料が不足すると未結球の原因となります。 苗を植え付けてから約10週間ほど経つとキャベツの結球が始まります。 見た目で収穫時期を判断するのは難しいので結球部分を手で押して収穫時期を見極めましょう。 固く蒔いてきたものから収穫します・手で押さえてお店で売っているキャベツのように固く締まっていればいよいよ収穫の適期。 外葉を押さえて株元を包丁で切って収穫します。 収穫適期を過ぎるとキャベツが割れて腐りやすくなってしまうので注意しましょう。 キャベツの収穫時期の見極め方 収穫が遅れると裂球するので注意しましょう。 結球部を押さえてみて葉が1~2枚分へこむ程度だと結球が完了している証拠です。 下葉を3~4枚程度残して株もとからナイフなどで切り取って収穫しましょう。 キャベツには連作障害がありますので同じ場所に植え付ける時は最低でも2年は間隔を空けるようにしましょう。 キャベツは一定期間低温が続いた後に高温になると、とう立ちします。 夏まきの場合は気温が下がっていく時期なので問題ありませんが、春・秋まきは、幼苗期が低温期から高温期になるので、結球する前にとう立ちすることがあります。 やでキャベツを植える時は時期にあった品種を選ぶようにしましょう。 あと種まきの時期を間違わない事もキャベツを上手に育てるポイントです。 キャベツに多い病害は「萎黄病」「黒斑細菌病」「根こぶ病」などです。 降雨が多い年は軟腐病や黒腐病が発生しやすくなります。 キャベツは冷涼な気候と日照が病害対策のポイントです。 また、水はけの良い土壌を好みますので排水対策もしっかりしておきましょう。 (参考:) キャベツは害虫が発生しやすい野菜です。 コナガ、アオムシ、ヨトウムシがよく発生します。 幼苗から結球するまでの期間は、寒冷紗を掛けるなど害虫対策は必須。 寒冷紗を掛けても隙間から入り込むことがあるので害虫を見つけた場合は早期に除去することがポイントです。 キャベツの周辺にキク科の野菜(・)を植えるとモンシロチョウが飛来しにくくなります。 (参考:).

次の

和紙でつくる「つまみ細工」も手軽で楽しい、というススメ

巻玉 作り方

ワックスコードで作る巻き玉! 簡単糸巻きビーズでピアスレシピ ワックスコードで作る巻き玉! 簡単糸巻きビーズでピアスレシピ 2019年春夏のファッショントレンドの一つナチュラルテイスト。 ワックスコードをビーズに巻き付けた、糸巻ビーズのアクセサリーでトレンドを取り入れてみませんか? ところでワックスコードとは…? ワックスコードとは、その名の通りワックスを引いた紐のこと。 紐はポリエステル素材が主流で、その表面にワックスを塗ることで耐久性が上がり、ほどけにくくなります。 普通の紐だと、作品の作成中に紐がだんだんと解れて作業がしづらくなります。 ワックスコード 1. 2mm程度が太すぎず細すぎずおすすめです• ビーズ 今回は直径 1. 5㎝を使用。 木工用ボンド• つまようじ• アルミホイルを適当な大きさに切り、そこに作業のしやすいようにボンドを出しておきます。 ワックスコードの巻きはじめに、つまようじを使い、ビーズにボンドを塗ります。 【ポイント】 巻き始めは少し多めにボンドをつけておくとワックスコードがビーズから外れにくくなりますよ。 ワックスコードを巻いていきます。 これで1周巻けました! 2週目を巻く部分につまようじを使いボンドを塗っていきます。 ワックスコードを巻いていきます。 これで2周巻けました! 3周目も2周目と同様にボンドを塗り、ワックスコードを巻いていきます。 これを繰り返し、最後まで巻き付けていきます。 最後まで巻き終わったら、余分なワックスコードを切ります。 ボンドを一晩乾燥させて、完成!!! 【ポイント】 巻き終わり部分も少し多めのボンドを塗るとワックスコードがビーズから外れにくくなります。 作りたいアクセサリーに合わせて、必要個数をつくりましょう! 基本の糸巻きビーズ 巻き玉 の作り方を参考に、ワックスコード2色をまとめて一緒に、ビーズに巻いていきます。 最後まで巻き終わったら、余分なワックスコードを切り、ボンドが乾いたら完成です! ボーダー糸巻きビーズ 巻き玉 2個• 単色カラー糸巻ビーズ 2個• Tピン、 9ピン• デザイン丸カン• ピアス金具 1. ボーダー糸巻きビーズ 巻き玉 に Tピンを通します。 単色カラー糸巻きビーズ 巻き玉 に9ピンを通します。 デザイン丸カンで 2つの糸巻きビーズ 巻き玉 を繋げます。 最後にピアス金具につなげ、完成! Tピンと9ピンを使って、シンプルに単色カラーのみの3連ピアスにしてみました。

次の