乳腺 炎 発熱。 乳腺炎の症状別対処法~熱・悪寒がでていたら要注意!

乳腺炎で熱が出ている時に絶対してはいけないこと

乳腺 炎 発熱

「乳腺炎がせっかく治ったのに、何回も繰り返してしまう。 」 「授乳の間隔が空くと、すぐにおっぱいが詰まってしまう。 」 「授乳のときに胸がズキズキと痛む。 」 そんな悩みはありませんか? それをそのままにしておくと…。 「おっぱいのトラブルのせいで、育児がつらく感じてしまう…。 」 「我が子がおっぱいを求めてくるけど、痛くてつらくてもう限界。 」 「おっぱいをあげられない自分を責めてしまう。 」 など、困ったことにつながるかもしれません。 もちろんすべての人がなる訳ではありませんが、 一度なると繰り返しやすく授乳中は安易に薬も服用できないので、出来れば回避したいのがこの乳腺炎。 と・・こんな事を書いている私も乳腺炎経験者・・・しかも3回 笑。 正直、しんどかったです。 今回は、今回は、そんな不安を解消すべく 繰り返す乳腺炎を防ぐためのコツについてまとめてみました。 乳腺炎とは 乳腺炎とは、乳房の乳腺という組織の部分に炎症が出る病気です。 炎症が起こると、おっぱいが腫れたり、痛みだしたり、熱が出ることもあります。 腫れや痛みによって、おっぱいをあげる時に母親が苦痛を感じます。 乳腺炎には、症状が軽いものから重いものまで、色々な段階があります。 軽い乳腺炎 母乳の通り道である乳管が、軽く詰まってしまいます。 その結果、乳房にしこりや痛みが発生します。 ただ、発熱などの症状は伴うことは少なく、授乳を継続することで自然と乳管が開通して治ってしまうこともあります。 中~重症の乳腺炎 詰まってしまった乳管に細菌が繁殖して炎症症状が発生します。 細菌の増殖を抑えるために抗生物質を服用したり、場合によっては切開することで膿を取り出す場合もあります。 乳腺炎を防ぐ食生活 乳腺炎を引き起こす原因は様々ありますが、 一番気を付けやすいのは食生活ではないでしょうか。 母乳育児は、よくお腹がすくと言われます。 (実際、私もそうでした 笑 )でもだからと言って、何でもかんでも好きに食べて良いかというとそうではありません。 食べた栄養が赤ちゃんに行く事を考えれば、自然と食生活にも気を付けたいと思いませんか? こんな食生活はNGです。 豆腐や納豆などの大豆食品• 魚をメインとした料理• 食物繊維を豊富に含むサラダ など、あっさりとした和食中心の食事です。 和食は、脂肪分の少なく母乳の質がサラサラになりやすいです。 サラサラの母乳は、乳腺を通過しやすくて、詰まりにくいですよ。 もち米(お餅)は母乳の出を良くすると言われていますが、摂り過ぎには注意が必要です。 (私はお餅とカレーがNGでした。 ) 水分をしっかり摂りましょう 母乳をあげているときは、自分が思っている以上に水分が失われています。 中には、生後2ヶ月の赤ちゃんが 一度の授乳(片乳)で、200ml以上母乳を飲む子もいます。 ちょっとびっくりですよね。 そのように、母親が水分が少ない状態になると、母乳の質も必然的に濃くなっていきます。 そうすると、詰まりやすくなるのです。 1日に2L以上の水分を摂取することをおすすめします。 また、その際に母乳の出を良くするハーブティーやごぼう茶を飲むのも良いです。 ハーブティーやごぼう茶は個人差はあると思いますが、飲むと母乳がすっきりと出るようになったという方もいるようです。 育児の合間、子供が寝てくれたときのちょっと休憩タイムに取り入れてみるものいいかもしれませんね。 乳腺炎時の授乳の見直し 赤ちゃんは日に日に母乳の量が増えていきますが、 授乳の度に必ず同じ量を飲むという事ではありません。 片方だけ飲んで寝てしまうかもしれないし、遊び飲みで少量しか飲まない時もあります。 また、飲ませ方にも注意が必要です。 胸の左右によって、飲ませやすい飲ませにくいと個人差があると思うのですが、 飲ませやすい方からばかり飲ませてしまうのも乳腺炎を引き起こす一つの要因になってしまいます。 もし片方しか飲まなかったり、飲む量が少なく乳房が張るようでしたら、なるべく搾乳をして乳腺炎になるのを防ぐようにしましょう。 それからママの疲れも乳腺炎を引き起こす要因になりやすいので、育児に家事に忙しいかとは思いますが、なるべく【リラックスする時間】を持ちましょう。 赤ちゃんを見てもらえる人がいる時は、少し長めに湯船に浸かったりするのもいいでしょうし、ハーブティーなどを飲んで気持ちを落ち着けるのも良いですね。 乳腺炎になった時の対処法 乳腺炎になってしまった時は、赤ちゃんに母乳を飲んでもらうをためらってしまいますよね。 でも、一番の対処法は 赤ちゃんに母乳を飲んでもらうことなんです。 左右の胸から満遍なく飲んでもらい、 しこりの部分を動かすように押しながら飲んでもらうと詰まりが解消しやすいです。 中には嫌がって飲んでくれない赤ちゃんもいますので、その場合は軽く搾乳してから飲ませてみて下さい。 それから 痛くて腫れている方は、乳房を冷やしましょう。 タオルに包んだ保冷剤や冷えピタなどで冷やします。 我が家では、ケーキを買ったときについてくる小さな保冷剤を冷凍庫に入れておいて、必要なときに出して使っていました。 冷やす場所は、痛みのある乳房でもいいですし、脇の下でもいいです。 冷えて炎症が取れると少し楽になりますよ。 逆に、 温めると乳房がますます張りやすくなってしまいます。 乳腺炎の時は入浴は避けて、シャワーのみにするなどした方が良いと思います。 重度の乳腺炎の時はすぐに病院へ 自分では乳腺炎が重症か軽症かはわかりにくいと思いますが、 重症のときは医師の診療が必要です。 受診すべき目安は、 発熱症状があるかどうか。 細菌の感染があると、体がバイ菌をやっつけるために熱を出して対抗します。 なので、 乳房の痛み+発熱があった場合には、我慢しないで、最寄りの産婦人科やお産した病院で適切な処置をしていただいてください。 また、助産師さんによるマッサージを受けられる場合もあります。 多少痛みはありますが、高い効果が期待できます。 病院で処方されることが多いのは、漢方薬の葛根湯(かっこんとう)です。

次の

乳腺炎で発熱!高熱が下がらない時の対処法を教えて!

乳腺 炎 発熱

乳腺炎で発熱するのはナゼ? 乳腺炎には、乳房内に母乳がたまって炎症を起こす「うっ滞性乳腺炎」と、乳頭の傷が細菌感染して炎症を起こす「細菌性乳腺炎」があります。 「うっ滞性乳腺炎」はおっぱいに古い母乳が詰まってしまった状態です。 乳房がパンパンに腫れたり激痛がしますが、発熱しないケースもあります。 一方「細菌性乳腺炎」は、乳腺内に細菌が入り込み、炎症が起きている状態。 体内に侵入した細菌を「殺菌しよう」という体の防御反応が働き、発熱してしまうのです。 高熱が出る化膿性乳腺炎 おっぱいには特別な症状がないのに、いきなり激しい寒気が襲ってきたかと思うと、頭痛、関節痛、そしてあっという間の発熱。 症状の出方が、まるでインフルエンザのよう。 おっぱいは、搾ると黄色や黄緑の膿が混じります。 (中略) これは、細菌性の急性乳腺炎。 「化膿性乳腺炎」です。 なんらかの理由で、乳腺にばい菌が入り込み、激しい炎症を起こしたものです。 おっぱいにしこりができた場合でも、早めに対処しないと細菌が感染して、化膿性乳腺炎になってしまうことがあるので、要注意です。 引用:「10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本」こばやしひさこ(すばる舎)p. 114 母乳が詰まる「うっ滞性乳腺炎」でも、そのまま放置しておくと細菌感染し、発熱することがあります。 発熱していなくても「おっぱいに違和感を感じる」「赤く腫れて痛い」などの症状が見られたら、早めにケアを。 また、いつまでも微熱が下がらない状態が何日も続く場合も注意が必要です。 乳腺炎を本格的に悪化させる前に、助産院や母乳外来などを受診しましょう。 高熱がでる「細菌性乳腺炎」 乳腺炎になって微熱程度で済むママもいますが、一気に高熱が出て、症状が悪化するケースも少なくありません。 細菌性乳腺炎(化膿性乳腺炎)で高熱が出る前には、ゾクゾクとした寒気や頭痛、肩こり、だるさなどの全身症状があらわれます。 乳房は張って痛み、赤みを帯びて腫れ上がります。 母乳は血液からできているので、化膿性乳腺炎では全身に炎症症状が出て、ほぼ確実に38. 5度以上の高熱が出ます。 マッサージして排乳すると、濃い黄色~黄緑の粘っこい膿がどんどん出てくるのが特徴。 こうなると自分ではどうしようもありません。 おっぱいの専門家に診てもらう必要があります。 引用:「10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本」こばやしひさこ(すばる舎)p. 115 高熱が出てしまったらセルフケアだけで対処するのは難しいため、なるべく早めに産婦人科か母乳外来を受診して、マッサージなどのケアを受ける方がいいでしょう。 とはいえ「今すぐ赤ちゃん連れで病院へ行けない」「高熱でフラフラして動けない」「深夜で病院がやっていない」ということもありますね。 そんな時は高熱の「応急手当て」として、以下の対処法を試してみましょう。 乳腺炎の高熱が下がらない時の対処法3つ 乳腺炎は「発熱していない時」と「高熱がある時」では、ケア方法が違います。 熱はなく、しこりだけがあるような時は、自分で乳房マッサージをすることも効果的ですが、高熱が出ている時のセルフマッサージは控えたほうがいいでしょう。 また「ドロドロした母乳が出るから」と、授乳を控えることもNG。 乳腺炎で熱がある時でも、積極的に授乳して、赤ちゃんにしっかり飲んでもらいましょう。 授乳を続けることで、発熱などの症状が緩和されます。 それでは、乳腺炎で高熱がある時の「応急手当て」方法3つを見てみましょう。 1)安静にして、乳房を冷やす 高熱がある時はできるだけ横になって休み、体力をセーブしましょう。 体内に侵入した細菌の繁殖を抑えるために高熱が出ますが、発熱した状態が続くと体力を消耗します。 また、おっぱいが赤く腫れて痛むなら、濡れタオルや「冷えピタ」などで、気持ちいい程度に冷やしましょう。 ただし冷やしすぎると乳腺を痛めてしまうので、冷やしすぎは要注意です。 乳房を保冷剤で冷やす場合は、タオルでくるむなどして、冷やしすぎないように調節しましょう。 また「キャベツ湿布」「アロエ湿布」など、手作りの湿布薬で冷やすことも効果的です。 葛根湯を飲むなら、発熱する前に! 「乳腺炎には葛根湯が効く」という話しを聞いたことはありますか?「葛根湯」は風邪の初期によく使われる漢方薬のひとつですが、乳腺炎の症状を和らげる効果でも知られています。 「葛根湯」には発汗効果や炎症を抑える効果があり、発熱を抑えるために有効ですが、飲むタイミングが遅れると十分な効果を期待できません。 「これから熱が出る」という時に葛根湯を飲めば、十分な効果が期待できますが、もう発熱した後ではタイミング的に遅いのです。 「葛根湯」は、「これから熱が出そう」「少し微熱があるかも」という時点で、早めに服用するようにしましょう。 乳腺炎で発熱しないためには、早めの対処と手当が大切です。

次の

繰り返す乳腺炎 ぶり返しとオサラバするための4つのコツ

乳腺 炎 発熱

乳腺炎は片方のおっぱいが痛くなったり、敏感になる感染症です。 この乳腺炎は一般的に新生児に母乳を与えるママが授乳開始から2-3週間の期間に経験しますが、これよりも遅い時期に感染するママもいます。 このおっぱいの感染症を早い時期に治療することは、困難な事態を避けるためにも大切なことです。 お医者さんは一般的に乳腺炎の治療には抗生物質を提供します。 実際、母乳を与えることは状況の悪化を妨げ、状況のさらなる悪化を阻害しますが、両方のおっぱいが空っぽになるように正しいテクニックを使うことが重要です。 兆候やリスク要因を知り、乳腺炎にならないようにするにはどうすればよいのか、どのように治療していくのかを見ていきましょう。 乳腺炎の原因には以下が挙げられます:• 母乳が詰まっている: 授乳方法が正しくない場合、おっぱいが完全に空っぽになりません。 この詰まった母乳がおっぱいのチクチクする痛みを引き起こし、感染症を引き起こす可能性があります。 乳管の詰まり: 乳管が詰まることにより、母乳が溜まるのが原因と考えられています。 この詰まりを解消しなければ、おっぱいへの感染が生じてしまいます。 細菌: ママの皮膚や赤ちゃんの口からの細菌が 乳首の皮の亀裂やあるいは乳管の穴を介して乳管に侵入します。 母乳は乳腺炎を引き起こす細菌の繁殖地となりえるのです。 他のママと比較して感染しやすいママもいます。 リスク要因は以下が挙げられます:• 乳首の亀裂• 授乳中、ずっと同じ姿勢でいる。 そうしていると、おっぱいが完全に空になりません。 きついブラジャーを着用している、あるいはおっぱいに圧力がかかっていて母乳の流れが抑制されている。 非常に疲れている、あるいはストレスを感じている• 過去に乳腺炎に罹っており、授乳性乳腺炎の再発リスクが高い• 栄養不足 乳腺炎の予防に役立つことをご紹介します。 おっぱいを飲んでいる間、赤ちゃんはしっかりと乳首を口にくわえているかを確認。 両方のおっぱいが完全に空っぽになるように• 赤ちゃんがもう一つのおっぱいに移る前にこれまでに飲んでいたおっぱいが空っぽになっているかを確認する• 赤ちゃんのお腹が空いている時はできるだけ頻繁に授乳を行う — 授乳の時間を空けすぎないこと• おっぱいを空っぽにするために温かく濡らしたタオルなどの温湿布をおっぱいにあてたり、授乳前に温かいシャワーを浴びる。 さらに詳しい授乳に関する情報はこちらから。 また、授乳の間に各おっぱいが完全に空になるように授乳相談室にアドバイスを求めたり、授乳に関する正しいテクニックなどを助産師さんから教わったりするのも良いでしょう。 いつか、ママがと思うとき , どのようにして乳腺炎にならずに母乳が出なくなるようにするのかと疑問に思うかもしれません。 成功の鍵は徐々に卒乳していくことです。 助産師さんやお医者さんと相談し、さらに知識を深めていきましょう。 乳腺炎に気づいたら、すぐに治療することが大切です。 最初は風邪のような症状がでてきて、胸に チクチクする痛みを感じます。 この時点で どのように乳腺炎を治療していくかについてお医者さんや助産師さんと相談することが大切です。 治療をせずに放置すれば、膿が溜まり膿瘍が形成されてドレナージュ術が必要となるでしょう。 乳腺炎の治療には一般に経口用の抗生物質が処方されます。 なかなか治らない場合や症状が再発した場合には、他の抗生物質を試す可能性なども含めて永久に乳腺炎を解消する方法についてお医者さんや助産師さんと相談しましょう。 乳腺炎を軽減するためのアドバイス:• 先ほど述べた予防のヒントを守る。 これらは問題を解決するのにも役立ちます。 例、規則的な授乳は 炎症を抑え詰まった部分を広げてくれます。 1日に数回10分程度、暖かいお風呂に浸かり、おっぱいをお湯の中につけましょう。 母乳が流れるのを妨げる乾燥した分泌物を取り除くことができ、授乳中に両方のおっぱいを空っぽにすることができます。 痛みをやわらげたい場合は、鎮痛剤を服用してもいいかお医者さんに相談する。 十分に休息を取る 赤ちゃんと一緒に休むことでより頻繁な授乳を促します• 身体が感染症に打ち勝つよう水分を多く採る• 授乳がかなり辛い場合、搾乳器で母乳を搾るか手で搾りだしてみてください。 サポートブラジャーを着用する。 乳腺炎になって悲観的になることもあるでしょう。 でも、状況が解消すれば、通常のように授乳を再び行うことができ、赤ちゃんとの絆を深める時間を楽しむことができますよ。

次の