メタ ファイズ リンクス。 《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》という超強いシンクロモンスター:対象をとらないコントロール奪取※最高!

【遊戯王】「メタファイズ」デッキ回し方展開方法・優勝ガチデッキレシピ構築論

メタ ファイズ リンクス

メタファイズデッキ回し方 勝ち方は、除外メタビート メタファイズデッキは、ご存知の通り、除外によって起動するテーマなので、墓地除外の鉄板で代表カード《次元の裂け目》《マクロコスモス》をメインから採用し、メタビート的な動きをすることに特化した構築になる。 今の環境は、オルターガイスト、魔術師、閃刀姫、などの墓地を使うデッキが多く、次元マクロが刺さりやすい(というか、いつの環境もだいたい刺さる) 除外は、メタファイズデッキにとって、デメリットではなくむしろメリットとして機能するため《マクロコスモス》《次元の裂け目》を採用することで、相手のメタを張りつつ、自分の展開補助にすることもできる。 《メタファイズダイダロス》《メタファイズネフティス》《メタファイズタイラントドラゴン》なども、除外されると次のスタンバイフェイズに使える効果を持っているが、 特に強いのが、永続魔法カードの《アシンメタファイズ》と、永続罠カードの《メタファイズディメンション》がフィールドにある場合の妨害効果。 《アシンメタファイズ》 《アシンメタファイズ》 永続魔法 1 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 手札から「メタファイズ」カード1枚を除外し、自分はデッキから1枚ドローする。 2 :1ターンに1度、自分の「メタファイズ」カードが除外された場合に発動する。 そのターンによって、以下の効果を適用する。 自分ターン:「メタファイズ」モンスター以外のフィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 相手ターン:「メタファイズ」モンスター以外のフィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。 《メタファイズ・ディメンション》 《メタファイズ・ディメンション》 永続罠 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、除外されている自分の「メタファイズ」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 2 :このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、このカード以外の自分の「メタファイズ」カードが除外された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 永続罠カードで 《メタファイズ・ディメンション》は、メタファイズカードが除外された場合に、相手フィールドのカード1枚を対象に除外できる効果。 相手フィールドカードであれば 魔法罠モンスター表示形式裏表関係なく除外できる。 次元マクロを貼っておけば、フィールドに出た「メタファイズ」モンスターが破壊されたり墓地にいく時に除外さることで、《アシンメタファイズ》の表示形式変更効果を使ったり、《メタファイズディメンション》で相手の盤面を崩したりできる。 このようにメタファイズは、除外メタビートという形で、除外を駆使して相手の動きを封じるのが得意なテーマです。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分のデッキの上からカードを3枚除外する。 2 :このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 「メタファイズ」デッキのモンスターは、《メタファイズラグナロク》《メタファイズデコイドラゴン》を除いて、全てがレベル5以上の上級モンスター。 そのため初動でパッと出せるモンスターは、基本的には《メタファイズ・ラグナロク》 が中心になってくる。 効果としても、ランダム要素はあるが、デッキトップ3枚を除外して、攻撃力をあげる効果があるので、最大2400打点まであげることができる効果を持っているので、ビートダウンにも適している。 《封印の黄金櫃》から《メタファイズアセンション》除外で実質メタファイズカードのサーチが可能 《封印の黄金櫃》 《封印の黄金櫃》 通常魔法 1 :デッキからカード1枚を選んで除外する。 このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。 《メタファイズ・アセンション》 《メタファイズ・アセンション》 通常罠 このカード名の 1 2 の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 1 :手札から「メタファイズ」カード1枚を捨てて発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、デッキから「メタファイズ」モンスター1体を除外できる。 2 :このカードが除外された場合に発動できる。 デッキから「メタファイズ・アセンション」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。 しかも、2ターン後のスタンバイフェイズに、手札に加えることができる。 メタファイズは、 2枚以上のカードを組み合わせて動かしていくことが多いので、必要なメタファイズカードを随時サーチできるのは有難い。 特に初手で引けなかった場合に《メタファイズラグナロク》をサーチできるのは強い。 メタファイズデッキのデッキ構築 罠カードを多めに採用 「メタファイズ」デッキは、通常召喚できるモンスターが少なく、壁モンスターを出さずにターンを返してしまうリスクがある。 その分、罠カードを多めに採用する構築になっている。 盤面除去ができる《激流葬》や、 《神の通告》《神の警告》などのカウンター罠系のカード。 ここらへんは、メタビデッキの王道的なカードだが、特にメタファイズの場合は、ラグナロクを引けない時のケアとして罠カードでの守りは大事にしたいところ。 その点《やぶ蛇》の採用なども良いであろう。 また《インスペクトボーダー》や《百万喰らいのグラットン》なども採用候補になる。 メタビ構築の弱点である戦闘の突破力を補う面もある。 ドローソースの活用 さらに、トラップ中心のメタビ特有のドローソース《強欲で謙虚な壺》《命削りの宝札》なども採用できるのも、メタファイズデッキの強みになる。 基本、先行1ターン目の自分ターンに特殊召喚をしていくことは稀になるので、これらのドローソースを積むことが可能。 手札が揃わないと起動できないデッキでもあるので、手札補充はメタファイズデッキにはかなりありがたいところ。

次の

《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》という超強いシンクロモンスター:対象をとらないコントロール奪取※最高!

メタ ファイズ リンクス

その効果を無効にする。 このターンそのモンスターは攻撃できない。 で登場した・の。 非のに・・を用いた場合に、それぞれに対応した3種類のを得るを持つ。 にした以外のの種類でが変わる珍しいを持つである。 のない6のの中ではは高くない方なので、場合のを目当てに、または・を意識して使用することになる。 とを同一に有するとの相性は非常に良く、でをすることで容易にも行える。 の 2 のやなら4のをしてできる。 前者ならやを混ぜることもでき、ののいる、・を混ぜてもいいだろう。 をに使用した場合、の1枚のをにするを得る。 であれば・・のどれでもにでき、終了後も持続する。 のを化することも、のを打ち消すことも可能であり臨機応変に使用できる。 をに使用した場合、1限りの完全を得る。 しかし、をにするでされ、を作る関係上それに対してされたにも無力である。 上記の通りこの自身のも決して高いわけではない上に、のも受けないためにを上げることも難しいので、このを目的に使用するなら構築を意識する必要があるだろう。 をに使用した場合、が選択したをするを得る。 3つのの中で唯一直接的にを得られるであり、永続的にできるため状況次第ではに大きく影響を与えられる。 ただし奪えるの選択は次第であり、加えてそのはこのできないため、状況が整っていなければあまり効果的でない場合もある。 が1体の状況であれば、されない限りそのを確実に奪う事ができるため、と併用する場合は使用する順番も考えておきたい。 を持つをできれば、このと奪取したでをできる。 いずれのを使用するにせよ、返しの以降では基本的に無防備となっているため、を行う際には状況を見極めていきたい。 もしくはを完全に無視し、「しやすい」として扱うのも良いだろう。 2と4を多く投入したであれば、をとするのを行いやすくなるのは大きい。 のを使用できるとも相性が良い。 はかのいずれかにも属するため、1体で複数のを得ることができる。 そのため3種類全てのを得る場合、非は最低2体で足りる。 の・・を以外のに使用した場合には、全くを得られないため同然となる。 ・以外のはと同じである。 と同じく、こちらもがとなった姿ということなのだろう。 に関するは、は、をにするはをそれぞれ反映しているとも考えられる。 を組む順番はが自由に選択できます。 なお、は《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》のため、はに移りません。

次の

ダイダロス2枚でも強い!新パック1周で作れる格安メタファイズデッキの回し方!【デュエルリンクス】

メタ ファイズ リンクス

除外を駆使して、大型を並べる。 【メタファイズ】は 除外して次のターンにデッキに戻し効果を発動します。 タイムラグを見越したプレイングを行うことで有利に戦うことができます。 自分のデッキの上からカードを3枚除外する。 デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 召喚・特殊召喚時、デッキの上から3枚カードを除外するモンスター 少々不確定なため狙った効果を発動するには安定しませんが、「メタファイズ」の効果を発動するために有用です。 戦闘ダメージを与えた場合、デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚することもできます。 《オネスト》・《月盾の鏡》などを用いるとベスト。 チューナーであるためシンクロ召喚も可能です。 しかし、【メタファイズ】は全体的にレベルが高すぎるため、出せるシンクロ先が限られるのが難点です。 このカードを除外し、対象のモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。 フィールドのこのカードを除外し、対象のモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 自分のモンスターが攻撃対象にされた場合、このカードを除外して、墓地または除外されている「メタファイズ」1体を攻撃表示で特殊召喚できるモンスター このモンスターをフィールドに置いておけば、他の強力な「メタファイズ」効果を発動させないために攻撃を牽制できるため、除去の的になることができます。 P効果も同じ効果を持ちますが、 「メタファイズ」モンスター効果で特殊召喚した扱いにはならないため注意! また、 除外された次のスタンバイフェイズに除外から自身を特殊召喚することができます。 小型で戦闘に貢献できるモンスターではありませんが、1枚採用しておくと何かと活躍するカードと言えます。 このカード以外のフィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て除外する。 デッキから「メタファイズ・ダイダロス」以外の「メタファイズ」カード1枚を除外する。 「メタファイズ」モンスター効果で特殊召喚された場合、このカード以外の表側表示モンスターを全て除外できるモンスター フィールドの「メタファイズ」モンスターは共通効果ゆえに除外耐性を持っており、巻き込まれても大した損失にはなりません。 「 対象を取らない除外」と強力なため、積極的に狙いたい。 除外された場合、共通コストの後、 デッキから同名以外の「メタファイズ」1枚を除外できます。 「メタファイズ」の効果発動までのタイムラグを調整する効果です。 この効果をうまく利用することで有利に立ち回ることができます。 フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て除外する。 デッキから「メタファイズ・ネフティス」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。 「メタファイズ」モンスター効果で特殊召喚された場合、魔法・罠を全て除外できるモンスター 《メタファイズ・タイラント・ドラゴン》で特殊召喚すればいいのですが、相手ターンに特殊召喚すると自分のセットカードまで除外されてしまい、防御に不安が残ります。 《メタファイズ・ダイダロス》を経由して自分のターンに特殊召喚できるように調整すると使いやすくなります。 除外された場合、共通コストの後、 同名以外の「メタファイズ」1枚のサーチができます。 状況に応じたカードをサーチしておきたい。 手札から「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 除外された場合、共通コストの後、 「メタファイズ」を手札から特殊召喚することができます。 タイムラグの関係上狙ったタイミングで特殊召喚するには慣れが必要です。 《メタファイズ・エグゼキューター》 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「メタファイズ」カード5種類を1枚ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 メタファイズの共通効果を持たないモンスター フィールド・墓地の「メタファイズ」5種類を除外し特殊召喚することができます 召喚条件が重いものの、条件に見合った耐性を持ちます。 必然的に中盤以降からしか出せませんが《隣の芝刈り》や「ライトロード」を使えば序盤でも特殊召喚できることがあります。 1ターンに1度、除外されている「メタファイズ」を特殊召喚できます。 9期に収録された「メタファイズ」 直接メタファイズを強化する能力はありませんが一応紹介 《メタファイズ・アームド・ドラゴン》 崇高なる存在は幻の如く。 其の竜は頂に佇む。 「メタファイズ」唯一の通常モンスター。 ステータス上「帝王」のサポートを受けることができます。 【帝】と混合するデッキを組む場合に重宝するでしょう。 その効果を無効にする。 このターンそのモンスターは攻撃できない。 《メタファイズ・デコイドラゴン》の登場により採用する意義が生まれました。 《メタファイズ・ラグナロク》と《メタファイズ・デコイドラゴン》でシンクロ召喚した場合、カード効果無効とコントロール奪取の2つの効果を使うことができます。 このカードをシンクロ召喚できる場面は多くはありませんが、1枚は採用しておくことをおすすめします。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 この効果を適用して召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 最上級ばかりの【メタファイズ】のリリースを軽減する効果を持ちます。 次のターンに除外される効果もあるため、共通効果に繋げることもできますが、こちらの効果を目当てに採用されることは稀。 自分の「メタファイズ」モンスター効果の発動に対してカード効果を発動できない効果を主に使います。 《ダイダロス》&《ネフティス》の強力な除去効果を安全に通すことができます。 ただ、発動のタイミング上事前にこのカードがフィールドになければならない状況が多く、安定した運用が難しいという欠点を抱えています。 手札から「メタファイズ」カード1枚を除外し、自分はデッキから1枚ドローする。 そのターンによって、以下の効果を適用する。 強制効果のため注意! 主に手札交換として採用して、おまけで全体弱体化ができるカードとして見ると優秀なカードと言えます。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、デッキから「メタファイズ」モンスター1体を除外できる。 デッキから「メタファイズ・アセンション」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。 「メタファイズ」を1枚捨てて1ドロー+デッキから「メタファイズ」1体除外するカード フリーチェーンのため腐りにくく、最低でも手札交換+「メタファイズ」の効果補助ができるため、《メタファイズ・ダイダロス》同様の使い方ができます。 また、 除外された場合に同名以外の「メタファイズ」1枚をサーチすることもできます。 《メタファイズ・ネフティス》を経由しなくても簡単にサーチを行うことができることが利点です。 【メタファイズ】特有のタイムラグが1ターン早まると言った方が分かりやすいですね。 総じて【メタファイズ】の手札事故防止に非常に役立つカードなので3枚採用をおすすめします。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。 そのカードを除外する。 相手がモンスターを特殊召喚した場合、除外されている「メタファイズ」1体を特殊召喚できるカード 「メタファイズ」をこのカード効果で特殊召喚しても実質バニラなのでこちらの効果にあまり意味はありません。 次のターンのエンドフェイズに除外されることを考えても、こちらの効果を優先して発動する意味は限りなく薄いです。 すでに発動している状態で、「メタファイズ」カードが除外された場合、相手のカード1枚を除外することができます。 相手ターンでも除外ができるように工夫すれば、除去カードとして活躍できる素質があります。

次の