リュウ ソウ ジャー うい ちゃん。 『リュウソウジャー』綱啓永、「ファンの声届いた」FLTドラマCD化に感謝「必ずまた会いましょう」

騎士竜戦隊リュウソウジャー第3話ネタバレ感想!ういちゃんピンチ!

リュウ ソウ ジャー うい ちゃん

恐竜の力をまといし者…「騎士竜戦隊リュウソウジャー」だ! 」…マックスリュウソウルを受け継いで戦うコウ。 そこに、突然、長老からの呼び出しが。 長老は、とんでもない何かが地球に向かっていると告げ、コウたちにリュウソウ族の騎士が自らを高めるために登る「試練の断崖」のことを話す。 これは辛かったですね。 涙した人も多かったのではないでしょうか。 ウデンのことを倒せたけれど、34話ではさらなる敵が出現もするというので、不穏な空気を感じます。 久々に長老が登場するのは楽しみですね。 ケバブ屋さんになっていましたが、あれからどうしていたのでしょうか。 また3人の姿に成長を感じてくれますよね。 そして新たに加わったリュウソウジャーの仲間の、バンバやトワ兄弟、海のリュウソウジャーカナロにも会えますね。 オトちゃんのウエイトレス姿、もしかしたらこれからは陸に働きに出るのでしょうか。 新たな敵 新たなドルイドン、プリシャスという敵に注目ですね。 ウデンも強かったけれど、さらに強いようですね。 ナダがコウに、今いるドルイドンより厄介な敵だといってました。 ナダからもっとプリシャスについての情報をきいておきたかったですね。 どんな強さに能力、性格なのか。 ワイズルーやガチレウスさえも従うしかないほどの力の持ち主ということですからね。 ワイズルーやガチレウスの反応やプリシャスへどんな態度をとるのかも気になります。 これからはドルイドン内部での関係性や戦い方なども変わってきそうですよね。 ナダを失うことに ナダのことがとにかくショックでした! オープニングを観ながら、ナダが入るのはいつかなと親子で話していたし、次のオープニングからじゃないかと楽しみにしていたのに。 念願だったリュウソウジャーになれたのを噛み締めるナダ、ひとつひとつに良かったねと思えて嬉しくなったけれど…。 バンバとの会話などでも、年長組やっぱり良いなぁと思って今後も楽しみになるだろうと思ったのに。 一人になっても諦めないで、俺はリュウソウジャーや!って立ち向かっていくのもそのセリフも最高にカッコ良かったしワクワクしたんですよ。 これまでのナダのことや、皆と仲間に、リュウソウジャーになれたこれまでのエピソードがあってのこの言葉。 ジーンとしました。 最後にういが気付いて皆にみせた、ナダのメッセージ。 まさか遺言のようになるとは思いませんでしたよね。 全てが切なすぎました。 本当に本当に復活を願います!でもマスターも1話で死んでるんですよね。 リュウソウジャー本当油断出来ないです。 落ち込んでいる暇はない ドルイドンにナダを倒された事で、改めてドルイドンを倒そうという気持ちもリュウソウジャーにとってさらに強くなったかもしれませんね。 マイクを前に蝶ネクタイのアスナとカナロ。 これはもしかしたら、ナダがいなくなったくらい空気を少しでも明るくしようと漫才を披露しようという挑戦をするのかもしれませんよね。 コウはきっと落ち込みますよね。 無理して明るく振る舞うかもしれないけど、ナダを失った悲しみはそう簡単に消えませんよね。 マスターを失った時のコウは、復讐心に火がついてしまったんですよね。 あの時に、復讐ではなく誰かを守ろうとする気持ちで強くなるものだと学んだコウだから、皆とともに悲しみを乗り越えようとしていくんですよね。 そうでなければナダも浮かばれませんよね。 そしてプリシャスの出現があったりと、落ち込んでいる時間はドルイドンは与えないはず。 戦いは佳境になっていく? 最強の敵プリシャス、声優を勤めるのは朴璐美さん。 朴璐美さんでスーパー戦隊ときくと、シンケンジャーの薄皮太夫が浮かびますよね。 プリシャスというキャラクターを魅力的に演じてみせてくれそうですよね。 ウデンが来てるということはプリシャスも、というセリフもあったのでプリシャスとウデンには何か結び付きがあったのでしょうか。 プリシャスがウデンの仇とばかりにリュウソウジャーに強い敵対心を持つようなことになってしまうかもしれませんね。 プリシャスが地球に来たことで一緒に登場するというスペースドラゴン!こちらも相当危険そう。 プリシャスという強大な敵だけでも苦戦を強いられると思いますが、加えて超巨大な怪獣まで。 リュウソウジャーと騎士竜はこんな相手を前にしてどう戦っていくのか。 今まではもとレッド候補生として、なりたい気満々だったけれどコウたちを後方から支えるためやってきた、という風に見えました。 実際前回もコウを認めるような発言をしていました。 しかし、あれも今思うと深い意味があったように感じてしまいます。 さすがに陰謀や裏切りの匂いはしないものの、やはりまだ未練があるのか、関西弁も手伝って掴み所のなさは消えません。 さてもう一つ再クローズアップされたのは、コウとアスナの関係性についてです。 以前敵の罠で暴走した際、コウの優しさは「アスナを導くメルト」を見習って得た事が語られました。 アスナってお姫様キャラじゃないし、守られるじゃなく導かれるとしたのがすごく納得いくオチだったのですが、 これって、メルトが皆に話しただけでコウ自身が自覚してるとはどこにも描かれていないんですよね。 それを証明するかのように、今回大ピンチに陥ったアスナを、「守れなかった」と悔やむコウ。 状況を考えても、アスナとの間を考えてもそんな事は誰も思ってないんですが、とにかくここで迷いが出るわけです。 冒頭でナダに指摘された弱点と相まって、コウは特訓の甲斐なく光明を見出せません。 それを救うのが救われる側のアスナ本人というのが、改めて先の関係性を強調する結果になったのでは?と感じます。 ナダとコウ、アスナの心理の動きが色々考えさせられる複雑さだったのに対し、裏方の黒緑金チームのバトルの雑さ、というかガチレウス様のツメの甘さがまたおかしかったです。 それにしてもリュウソウジャーはお気楽っぽい上辺で、その実結構エグい危機を何度も迎えてますよね! これまでのバックナンバーまとめ カナロの恋を皆が応援して協力してくれたけど、浮かれすぎたカナロが話を聞いていなかったというオチ。 あのあと、跡継ぎ問題がどうなったのかは気になりますね。 でもこうしてカナロも仲間を思う気持ちはまた一段と強くなったのではないでしょうか。 さて次回はクレオンに注目ですね。 敵ながらに憎めない、小物感もありなんだか人間らしさもある気になる存在のクレオン。 クレオンのダンスがみられるということですが、それも曲はオリジナル曲で、クレオンが歌っているのだとか。 ひそかに楽しみにしています。 クレオンがドルン兵とダンス クレオンがだいぶ前に、ガチレウスがいなくなったらと考えてクレオンチャンネルなんて言っていたことがありました。 しかしまさか実現していたとは驚きましたね。 クレオンがダンスというのがとても気になります。 バックダンサーのドルン兵もなんだか可愛く見えてしまいそう。 と思ったら、キレキレのダンスなのだとか。 楽しみにしてしまいますよね。 動画サイトでダンスをアップしてそれを大流行させられて、それで人々を陥れるとは…スゴ腕ですね。 しかもオトちゃんや、なんとティラミーゴまで動画のワナにかかってしまうというピンチまで。 一体どんな仕掛けがあるというのか。 カナロの恋の行方 今度はワイズルーではなく本物のオトちゃん。 メルトに連絡をしてきて、うい達はコソコソ付き合ってるのではと盛り上がっていましたね。 実際のところ二人はどうなんでしょう。 そしてカナロを心配してやってきたオトちゃん。 こちらも実はなかなかにブラコン? 隠れながら、油断できませんと言った時の顔が可愛い!上目使いに小窓からのぞきながら、今日のお兄ちゃんは違うと思ってる時の表情も!成功したときの、やったぁの笑顔もなんともキュートでした。 今まで照れ臭くて言えなかったけどメチャクチャかっこいいよと思ってくれてるのもちょっとジーンときましたね。 是非とも言って欲しいと思いますよね。 でも話を聞いてなかったカナロに、ちいさな体で高いジャンプの見事なキックを決めたオトちゃん!すごいですね。 今回はカナロが主役というより、オトちゃんがメインだったのかもしれませんね。 あそこは怒らずにあの時思った気持ちを、かっこ良かったよとカナロに言ってあげて欲しかったです。 カナロも浮かれていた分、もう可哀想で辛かったので、それで救いになる展開にしてほしかった気もします。 テレビを観てた子供は本気で結婚できると思ってたようで、わーカナロ良かったねぇと何度も口にしていたんですよね。

次の

騎士竜戦隊リュウソウジャーういちゃんはなぜ急にアメリカへ行ったのか?

リュウ ソウ ジャー うい ちゃん

「金城(きんじょう)」という名字は 沖縄に多いようで、金城 茉奈さんも沖縄のご出身です。 金城さんは2012年の高校生の頃から地元の沖縄で ファッションショー 『琉球RACOファッションショー』に 出演されたり、TV出演をされており、 2013年にはファッション雑誌 『CanCam』にも登場、 2014年には ブライダル雑誌『ちゅら婚』にも出演され ブライダルショーを中心に活躍されていたとのこと。 大学生になった2015年には、 『TOKYOガールズコレクション』、 ドラマ、映画デビューも果たします。 2016年6月から ファッション雑誌 『non-no』の専属モデルとなり、 モデル業を中心に活躍されていましたが、 同じ年、 ケツメイシ『さらば涙』のPVに出演し 一気に注目が集まりました。 順調に活躍をしている金城茉奈さんでしたが、 2017年6月に、自身のブログで 病気の治療で入院している事を報告されています。 金城茉奈 ブログを更新しました。 うい役の金城茉奈が可愛い! 金城茉奈さん演じる 「龍井うい」ちゃんについても調べました。 古生物学者の父親と二人暮らし。 かわいいがちょっと残念な性格? 動画サイト「ういチャンネル」を配信しているが、アクセス数はイマイチ。 SNSなどを駆使してリュウソウジャーの活動をサポートする。 ですが、 番組には関係ない 「ういチャンネル」というチャンネルはあるようです。 もしかしてリュウソウジャーの「ういチャンネル」を 検索する人が増えてアクセス数が 伸びているかもしれませんね! おわりに いかがでしたか? 可愛い金城 茉奈さんを 毎週日曜日見られるのが楽しみですね! これからの活躍に期待しています! 最後まで閲覧いただきありがとうございました。 こちらの記事もよく読まれています。

次の

キャストブログ |騎士竜戦隊リュウソウジャー

リュウ ソウ ジャー うい ちゃん

第3話「呪いの視線」あらすじ コウ(一ノ瀬颯)たちリュウソウジャーは、ティラミーゴとともに洞窟へ。 そこには メルト(綱啓永)と アスナ(尾碕真花)の相棒となる騎士竜がいた。 アスナはアンキローゼと名付けすぐに仲良くなるが、上から目線のメルトにトリケーンは心を開かない。 そんな中、街にメドゥーサマイナソーが出現。 リュウソウジャーが応戦するが、メドゥーサマイナソーと目が合ったコウは石化してしまう。 追いつめられたメルトたちは、突如現れた リュウソウグリーンと リュウソウブラックに助けられる。 2人は トワ(小原唯和)と バンバ(岸田タツヤ)という兄弟だった。 そして、メドゥーサマイナソーを生み出したのは うい(金城茉奈)だとわかる。 生み出した人間がいなくなれば、マイナソーも消滅する。 メドゥーサマイナソーが完全体となる前に倒すため、バンバはういに刃を向ける。 一人の命より大勢の命を救う方が大事だというバンバ。 しかしコウは、友達のういも大勢の命もどちらも大事だと訴え、メドゥーサマイナソーを倒すため立ち向かう。 コウはキシリュウオーでメドゥーサマイナソーに応戦。 アスナはアンキローゼを召喚、メルトもついにトリケーンと心を通わせる。 3体の騎士竜が合体したキシリュウオースリーナイツで、メドゥーサマイナソーを撃破。 コウたちの活躍を見たバンバたちも、騎士竜を探すことを決意するのだった。 出典:より ネタバレ感想! 第3話 呪いの視線 キシリュウオーの戦いを動画に収めた龍井うい。 その背後をクレオンが・・・。 キシリュウレッドがコウとメルト、アスナに洞窟を案内。 その中にはピンクとブルーの騎士竜がいた。 アスナはピンクにアンキローゼと名付けるが、 メルトはブルーの騎士竜に話しかけるも、 上から目線の口調に納得しないのか騎士竜に離れられてしまう。 龍井ういのスマホにメデゥーサマイナソーが街の人々を襲っている動画が届く。 そこにかけつけるコウ、メルト、アスナ。 そして変身。 龍井ういもかけつけ、動画で撮影する。 ミロ・・・・。 と叫ぶメデゥーサマイナソー。 素直に目を見つめてしまったリュウソウレッドは石にされてしまった。 目を見ないと戦えないとまごまごしているブルーとピンク。 そこにマブシソウルを使ってマイナソーをひるませる。 マブシソウルをはなったのは、 リュウソウブラックだった。 その脇で余裕かまして木にもたれかかっているリュウソウグリーンw 一気にとどめをさそうと襲いかかろうとするが、 ドルン兵が立ちはだかる。 カタソウルとハヤソウルで一気に倒すブラックとグリーン。 ドルン兵達がやられていくと、 またもやタンクジョウが登場し強烈な一撃を放ってドルイドン一味は退散。 変身をとき、生身になった4人のリュウソウジャー。 リュウソウグリーンのトワはメルトとアスナに向かって 「本当にリュウソウジャー?だって弱すぎでしょ」と言い放つ。 険悪ムードの4人。 そこにういが倒れ込み、 緑のオーラに包まれる。 龍井ういを自宅に運び、看病するアスナ。 石になったリュウソウレッドもちゃんと連れてきている リュウソウブラックのバンバは ミストソウルでリュウソウレッドの石を解いてあげる。 生身に戻ったコウは状況がのみこめず、 バンバは自分と弟のトワの自己紹介をする。 仲間がいたのだと喜ぶコウ。 それを認めないトワとバンバ。 メルトはとにかくマイナソーの弱点をみつけないとと提案するが トワはそんなの簡単だと言う。 バンバはういに向かって剣を振りかざそうとする。 慌ててとめるコウ。 ういが居なくなればマイナソーも消滅すると語るバンバ。 メデゥーサマイナソーはういの生命エネルギーを吸収していて 全部吸い終わると完全体になると説明するトワ。 マイナソーが完全体になると 破壊の限りを尽くし、大勢の人々が犠牲になる。 だからその大元である龍井ういがいなくなれば マイナソーもいなくなると。 再び剣を振りかざすバンバ。 そしてういは友達だと止めるコウ。 それがなんだ。 リュウソウジャーの使命はマイナソーからこの星を守ることだと言うトワ。 リュウソウジャー族だった。 1人の命と大勢の命、どちらが大事か? アスナは迷い、メルトは大勢の命を救う方が理屈が通るとちょっと仲間割れ状態。 バンバとトワはお手並み拝見とその場を去る。 拳を握りしめ目を開ける龍井うい。 たぶん、コウの「どっちも救う!」からかしらw自分もなんとかしなくちゃの拳ぎゅうっだったのかな。 翌日、朝早く龍井ういはでかけていた。 やらなきゃいけないことがあると。 アスナは慌てて追いかける 街では巨大化したメデゥーサマイナソーが街を荒らしている。 一方ういは、河辺から飛び込もうとしていた。 後ろからアスナに呼び止められる。 どうしてここが? お父さんからここでよく化石を探したと聞いていたのだ。 だから自分がマイナソーを倒す!と再びがけから飛び込もうとするうい。 放っておけないと抱き留めるアスナ。 ういは友達だからと。 生命エネルギーを吸われ気絶するうい。 街では人々が次々と石にされていた。 ティラミーゴとリュウソウレッドはケボーンしてキシリュウオーに。 しかし目を見ずに闘うことで手こずるキシリュウオー。 ピンクは自分たちも騎士竜を呼んで参戦しようとブルーに呼びかける。 騎士竜に無視されたのがかなりキツかったのかな。 でもそんなところがまた人間っぽくて(人間じゃないけど)いいのよね。 ピンクはウジウジしているブルーに一喝し、 アンキローゼ!トリケーン!と呼び出す。 しかし、どうしても目を見ずに闘うのには限界があった。 メルトはトリケーンに話しかける 「力を貸してくれ!俺だって1人も大勢も助けたいんだ!頼む!」 トリケーンの目が光り、 ブルーの指示通りに動き出す アスファルトを切り抜いたトリケーン。 そのアスファルトをアンキローゼがくだき、 ピンクがカルソウルでメデゥーサマイナソーへ放つ。 ブルーはギャクソウルを使って 砕けたアスファルトを再び1枚のアスファルトにし、 メデゥーサマイナソーの目を塞いだ リュウソウ合体! キシリュウオースリーナイツに変身。 キシリュウオーファイナルブレードで メデゥーサマイナソーが大爆発。 コウ、メルト、アスナが微笑みかける。 ういはそばに居る父に抱きつき、「ただいま」と。 父は「おかえり」とういの頭をポンポンする。 誰かに自分を気付いて欲しい、構って欲しいという気持ちが マイナソーを生んだのかもと推測するアスナ。 「誰にやられたの?」とかけよるういw バンバとトワは、やるね!と見直した様子。 自分たちも騎士竜を探そうとバンバとトワ。 仲間になったら強力な攻撃力アップだけど、 今後どのように打ち解けていくか見物ですね! みんなの反応 3話でヒロインが自殺しようとするとか リュウソウジャー重すぎでしょ….. 1人の命か、大勢の命か。 政治家だったら大勢の命を選ぶんだろうけど、 やっぱりヒーローは両方助けてくれなくっちゃね。 個人的に、「お前が俺の相棒の騎士竜か」っていわれたぐらいで へそまげる騎士竜も騎士竜だと思うのですがw 次回は俊敏なトワちゃんと無邪気なコウの戦いのようです。

次の