松屋 の うな丼。 株主優待制度のご案内|IR情報|松屋フーズホールディングス

松屋 初の「うな丼」発売、「うな丼ダブル」「うなぎコンボ牛めし」も うなぎの老舗“小満津”が監修|食品産業新聞社ニュースWEB

松屋 の うな丼

松屋のうな丼(うなぎ)について 松屋の「うな丼(うなぎ)」はかつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「小満津(こまつ)」の監修のもとで作られています。 味噌と辛野菜炒めの相性は抜群でごはんがすすむ逸品です。 ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、特製うなぎダレをかけた松屋の特製「うな丼」を是非、食べてみてください。 うな丼(うなぎ)のカロリー、糖質 次に松屋のうな丼(うなぎ)関連商品のカロリー情報をチェックしました。 その結果、 うな丼(並)のカロリーは714kcal、糖質(炭水化物量)は104. 3gと判明しました。 松屋のメニューとしては普通ですがカロリーや糖質を気にしている人は少し注意した方がいいかも。 うな丼関連メニューのカロリー、糖質 <うな丼のカロリー、糖質(炭水化物量)> 並:714kcal、104. 3g ご飯大盛り:882kcal、141. 4g <うな丼ダブル(うなぎ2枚)のカロリー、糖質(炭水化物量)> 並:965kcal、110. 3g ご飯大盛り::1133kcal、147. 4g うな丼(うなぎ)の価格 次に気になるうな丼(うなぎ)の価格情報。 確認したところ 「うな丼」の価格は並サイズで830円です。 すき家のうな丼が790円、吉野家のうな重が850円であることを考えると、狙ったかのようにその間の値段になっています。 ただし松屋のうな丼はみそ汁、漬物付き。 そういった意味では一番オトク感があります。 松屋のうな丼(うなぎ)の価格 <うな丼の価格> 並:830円 ご飯大盛り:890円 単品:なし <うな丼ダブルの価格> 並:1390円 ご飯大盛り:1390円 単品:なし <うなぎコンボ牛めしの価格> 並:990円 ご飯大盛り:1050円 単品:なし 通常のうな丼だとすき家、吉野家と近いのですが、うな丼ダブルになると値段が高いと感じますね。 うな丼(うなぎ)をお得に購入する方法その1:クーポン 松屋のうな丼(うなぎ)をお得に購入する方法としてはまずはクーポンの利用が考えられます。 松屋では定期的に公式クーポンが出てくるのでクーポン情報は常にチェックしていきましょう(ただしうな丼(うなぎ)のクーポンが出てくるかどうかは不明)。 (参考:) 2019年7月9日現在ではクーポンは確認できませんでしたがクーポン情報は1ヶ月に1回程度更新されるので要チェックです。 うな丼(うなぎ)をお得に購入する方法その2:QRコード支払い 松屋ではQRコード支払いが可能です。 オリガミペイ、PayPay(ペイペイ)、ラインペイ(line pay)、楽天ペイ、メルペイなど主要どころに対応。 そしてQRコード支払いは2018年末ごろに本格的に普及を始めたということで各社キャンペーンを実施しています。 通常でも3%程度のポイントが付いたり(提供会社によって変わります)、キャッシュバックになったり、キャンペーンでは半額になるようなものもあります。 メルカリでも200円分のポイントバックキャンペーンを実施。 その他のQRコード決済3%程度お得に購入できるキャンペーンがありますね。 上手にQRコード支払いを検討してください。 それ以外にも半額以下で食べれるQRコードキャンペーンが出てくることも! 松屋のQRコード支払いキャンペーンやクーポンの最新情報は別途まとめているのでそちらも確認ください。 (参考:) うな丼(うなぎ)をお得に購入する方法その3:電子マネー(交通系)支払い 松屋では電子マネー(交通系)支払いも可能です。 一部、交通系の電子マネーはポイントが貯まるので上手にポイントを貯めるといいでしょう。 ただし、それ交通系以外の電子マネーの利用はできません。 その点は注意してください。 うな丼(うなぎ)をお得に購入する方法その4:松屋のフードデリバリー 松屋のフードデリバリーとか聞いたことがないからと違和感があるかもしれませんね。 でも、都市圏の一部店舗にてUber Eats(ウーバーイーツ)のフードデリバリーがあります。 そしてUber Eats(ウーバーイーツ)では初回限定クーポンなどが出ていることが多いです。 時には1000円割引になることも! 配送手数料は別途かかるのですがクーポンを上手に使えばほぼ実質無料、実質半額以下ぐらいで松屋のうな丼(うなぎ)を注文できるかもしれません。 最新のクーポン情報については以下のリンク先で確認ください。 早割などのキャンペーンで松屋のうなぎがお得に購入できる場合もあるのでチェックしてください。 販売終了時期は不明ですが松屋の期間限定の新商品はだいたい1ヶ月ぐらいの発売なので8月中旬ぐらいまでの発売ではないかと予想します。 ただし、松屋のうな丼は今回が初の登場ということで期間が読みづらい。 もう少し長い可能性もあります。 いつまでの発売なのかは正直、読めないのでうな丼(うなぎ)が気になっているようでしたら早めに食べることをおすすめします。 あと2019年7月2日(火)10時まではご飯大盛り無料となっているのでお見逃し無く <うな丼(うなぎ)の販売期間> 販売期間:2019年7月9日(火)~8月中旬頃(予想) 松屋のうなぎの感想、口コミ・評判、産地情報など 私の早速、松屋のうな丼(うなぎ)を食べました。 個人的にはおいしいのでおすすめ。 ふっくらやわらかく、とろけるような味わいが良かったです。 タレもおいしい。 ネットの口コミ評判情報も見ましたが、やはりおいしいと評判。 私よりも絶賛する声が多かったです。 その辺り、松屋から初登場のうな丼(うなぎ)の情報を別途まとめているので以下のリンク先で確認ください。 (参考:) うな丼(うなぎ)のカロリー、糖質、価格、販売期間などまとめ• 松屋の「うな丼(うなぎ)」が2019年7月9日(火)に登場• 2019年8月中旬ぐらいまでの期間限定と思われる• カロリーは700Kcal近くと普通• 価格は並830円とすき家と吉野家の間でお手頃 今回は松屋の「うな丼(うなぎ)」の情報をまとめました。 2019年7月9日(火)からの発売となっており8月中旬ぐらいまでの販売期間と予想します(ただしうな丼は発の登場で予想が困難。 もう少し長い可能性もあります)。 あと松屋のうな丼(うなぎ)のカロリーは並1000Kcal、おいしいですがカロリーも高いので食べ過ぎには注意。 また、価格はうな丼(うなぎ)並で830円とまずまずお手頃。 他の商品と比べるとかなり高いですが一般のうな丼と比べると安くておいしい商品なのでおすすめです。 以上、松屋の「うな丼(うなぎ)」情報でした。 他にも何か情報あればコメントなどで教えてもらえると嬉しいです。

次の

松屋には期間限定で【うなぎ丼】が食べれます。特徴について紹介しましょう!

松屋 の うな丼

こんにちは、Keraです。 最近、私のサイトで人気の下記のなか卯のうな重の記事ですが… 先日この記事を読んで、なか卯のうな重を食べた方?から下記のメンションTweetを頂いたのと今まで牛丼チェーンの【松屋】さんだけ、夏季の鰻戦争? に参入していませんでしたが今年から鰻の名店(私は知らないのですが)の【 小満津 こまつ】さんの監修の元に7月12日より鰻戦争に打って出たので、両社の鰻の食べ比べをして来ました。 先日頂いたメンションTweetは下記のTweetです。 【「不味かった」】【「小伝馬町店」】 【「食えたもんじゃない」「醤油ぶっかけてごまかして食べた」】 うな重が美味しいと評判のなか卯のうな重はかなり美味しかった&自宅で鰻なら川口水産の鰻の蒲焼きが最高です!? |ケラログ via — 山川 民哉 mwW6VM6aytJUjTC なか卯のうな重の記事は昨年の2018年の夏に書いた記事でしたのでなか卯のうな重の味が変わったのかと思って気になっていたので、今回、【松屋】さんが鰻戦争に打って出たのを切っ掛けに【なか卯】・【松屋】・【すき家】の鰻の食べ比べをして来ました。 先ずはメンションTweetにある様に【なか卯】のうな重が本当に不味かったのかを確かめたところ、結果的には言うほど不味くはなかったですね。 むしろ1. 250円と言う価格を考慮するとCPは高かったと思います。 逆にこのTweetをしたかたは醤油をぶっかけて食べたそうですが、【なか卯】のうな重のタレは結構塩っぱいのでよくそれに醤油をぶっかけて食べれたな? と、ちょっと感心しました。 私ならばあのうな重に醤油をかけて食べる事はちょっと無理ですか? Contents• 結論 話しを元に戻して【松屋】VS【なか卯】VS【すき家】の鰻の件に戻りますが、結論から言いますと【松屋】さんのうな丼が個人的には一番好みのお味でした。 【松屋・うな丼(ダブル)・1. 390円】 京橋の鰻の名店の【 小満津 こまつ】さん(現在は東高円寺に移転)監修という事で、その分お値段が高くなっている感も有りますが、鰻自体もふっくらとしていて、タレのお味もさらっとしていてちょっと甘めのタレが美味しいうな丼でした。 更に【松屋】さんではうな丼のダブルではご飯の大盛りは無料との事でしたが、この後になか卯の鰻重を食べるのでご飯は普通盛りで頂きました。 そして問題の【なか卯】の鰻重の【特うな重】を食べてみました。 【なか卯・特うな重(鰻・2枚)1. 250円】 日本の鰻とは違って、肉厚で結構美味しい。 日本の鰻って身が結構薄いんですよね。 そう言った意味で見ると外国産の鰻の方が食べ応えが有りますか? 【すき家・特うな丼(鰻・2枚)・1. 280円)】 すき屋さんの鰻は日本の鰻に一番近い感じがします。 身もそれほど厚くはなく、蒲焼感があってまあまあのお味。 ただちょっと生臭かったですか? 鰻の厚さとタレの特徴。 鰻の肉の厚みは【松屋】さんも【なか卯】さんもそんなに大差は有りませんが、【なか卯】さんの鰻の方が若干肉厚ですね。 【すき家】さんの鰻の厚みが少し薄い。 またタレの味の方向性が少し違い、【松屋】さんは少し甘めでサラサラのタレで、【なか卯】さんのうな重のタレはちょっと塩気が強くトロっとしたタレ。 【すき家】さんのタレもサラサラで鰻本来の味を活かすタイプ。 これはもう好みの問題でしょう。 今回、上記の三社の鰻を食べ比べてみましたが、個人的にはお値段は高いのですが【松屋】さんのうな丼が一番好みのお味でした。 そして今回は牛丼の大手チェーンの【吉野家】さんの鰻を食べ比べから外したのは吉野家さんのうな重のお味が個人的にはあまり好きでは無いからです。 確か3年ほど前までは吉野家さんのうな重も美味しかった記憶が有りますが、一昨年ぐらい前から鰻の質が変わって私の好みの鰻ではなくなったので今回は食べ比べから除外です。 今回は【松屋】さんと【なか卯】・【すき家】さんの鰻を食べ比べてみましたが、三社共に、このお値段ならば納得のいくお味でした。 ご家庭で美味しい鰻を食べるのなら川口水産の鰻が一番です。 まあ美味しい鰻を食べたいのならば鰻屋さんで食べるのが一番ですが、ご家庭で美味しい鰻を食べるのならばAmazonさんや楽天さんで購入出来る【川口水産】の【国内産・鰻の蒲焼】がおすすめですかね? 肉厚で美味しいですよ。 2019年の丑の日は7月27日ですので、それぞれご予算に合わせて美味しい鰻を食べましょう。

次の

松屋初の「うな丼」が「他の牛丼店より美味い」と話題…“伝説のうなぎ屋”監修、大盛無料

松屋 の うな丼

うな丼並 830円 うな丼(ダブル) 1390円 うなぎコンボ牛めし 990円 それにみそ汁とミニお新香、山椒小袋がついてきます。 それぞれ、ライス大盛にもできますよ。 和食屋さんのうなぎ丼は1000円を超えるところが多い中、価格の安さは驚きです。 安くておいしいものが食べれるのはありがたいもんです。 高くて手が出せないとあきらめていたうなぎを、あきらめることなく食べることができますね! 松屋のうなぎ丼の期間は 2019年7月9日(火)10時から発売されたうなぎ丼は、7月下旬ぐらいまでが販売期間となっていました。 そもそも土曜の丑の日になぜうなぎを食べるのか、知っていますか? 昔から季節の変わり目は体調を崩しやすいので、うなぎを食べて栄養をとりましょうという意味があったようです。 ちなみに土曜の丑の日は夏のイメージが強いですが、年に何回か来るんです。 それが大体季節の変わり目頃なんです。 それが今は土用の丑の日は夏のイメージで強く残っていますね。 スーパーや外食のお店でも、夏にうなぎメニューを出すので夏のものの感じになっているのかな。 そして松屋のうな丼はライスが大盛無料サービスになったり、牛丼とコラボしたメニューがあったりと楽しみ方が多くあるうな丼です。 今年も土曜の丑の日が近づいてくれば、また販売される可能性が高いですよね! 待ち遠しいです。 松屋のうな丼のうなぎについて 松屋のうな丼のうなぎは、中国産のものを使っています。 うなぎはほとんどが中国産が多く、チェーン店においては国産が出てくることはなかなかないみたいです。 安く食べれるのはやはり中国産という事ですかね。 国産だと倍以上の値段がしてしまうので、これが普通ととらえておいしくいただきましょう! お持ち帰りもできるので、家でゆっくりしながら安いのに本格的なうな丼を楽しめるというのもいいですね~! 松屋のうなぎがネットで注文できる! 松屋のオンラインショップがあるんです。 そこで、うなぎを買うことができます。 いつでもうな丼を食べることができるという事ですよね。 このうなぎは、松屋フーズが手がけているすし松というお寿司屋さんが厳選したうなぎを冷凍してお届けしてくれるんです。 ということなので、 期間限定の店舗で食べれるうなぎとは違うものなのでそこは要チェックです! 松屋には期間限定でうなぎ丼が食べれます。 【まとめ】 今回は松屋のうな丼について紹介しました。 安くてこだわりのあるうな丼、しかも期間限定なのでいつでも食べれるわけでもないのでとっても興味深い商品だと思います。 食べたい・・・。 万年ダイエットの私には、うなぎとご飯の相性は強敵ですね! 甘じょっぱいタレが、白飯を刺激してくるんですよね~! なんでこんなに進んでしまうのかというくらい、ご飯が進んでしまう。 炭水化物はダイエットに敵と知りながら・・・止めることは出来ないんです。 痩せる日は遠いです・・・。

次の