スカーレット キャスト 敏春。 朝ドラ「スカーレット」の登場人物のモデル一覧

朝ドラ「スカーレット」の登場人物のモデル一覧

スカーレット キャスト 敏春

NHK連続テレビ小説「スカーレット」に登場する熊谷照子の夫・熊谷敏春についてまとめます。 また、熊谷敏春を演じる俳優・本田大輔の簡単なプロフィールもまとめます。 「意識高い系」婿養子・熊谷敏春 信作に恋をし、婦人警官に憧れていた熊谷照子(大島優子)ですが、成長とともに丸熊陶業の跡継ぎという宿命を受け入れることになります。 照子は父・秀男が気に入った敏春という男と見合い結婚をし、丸熊陶業の次代を担うことになるのです。 熊谷家の婿養子となる敏春は、京都の老舗旅館の三男の生まれ。 大学卒業後に会計事務所に勤めた経歴を持ち、丸熊陶業入社後には次期社長候補として経営に関わっていきます。 古臭い伝統よりも未来を見据えた経営戦略を打ち出すなど合理主義者の面を持ち、保守的な先代・秀男社長と意見がぶつかっていきます。 敏春はずいぶんと無愛想な男で、照子は当初「あんな男と一緒になるならゴキブリ百万匹のほうがマシ」と思っていたとか。 しかし、なんやかんやと照子と敏春の間には夫婦の絆が生まれていきそうです。 実父・本田博太郎はNHK朝ドラ「べっぴんさん」の偏屈な伯父・坂東長太郎役や「バスロマン」(生田斗真と混浴)のCMなどで知られる名優です。 本田大輔は、1998年の名作映画 「がんばっていきまっしょい」で男子ボート部のキャプテン・安田俊二役を演じて俳優デビューをすると、 「歌謡曲だよ、人生は」(2007年)、 「劒岳 点の記」、 「ゼロの焦点」(2009年)などの映画作品に出演。 テレビドラマにも、NHK大河ドラマ 「龍馬伝」(2010年)の望月清平役、フジテレビ 「スターマン・この星の恋」(2013年)の平岡林太郎役、NHK 「鼠、江戸を疾る」(2014年)の国安役、 「アシガール」(2017年)の如古坊役、 「透明なゆりかご」(2018年)の平塚誠二役、 「デジタル・タトゥー」(2019年)の堀田浩二役などで出演をしています。 追記:2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の第1話にも本田大輔が出演するとのこと。 左は羽木成之役の松下優也。 三田悠介は器が小さく神経質な男で、宇田川のライバルとなるヒロイン・はなの意見をたびたび批判。 はなが作家として脚光を浴びるようになると、ついには宇田川満代から「使えない男」と酷評されてしまいます。 以前は父・本田博太郎の出演作品に脇役として(バーター??)出演するなどしていた本田大輔ですが、近年は「アシガール」「透明なゆりかご」「デジタル・タトゥー」などNHKの話題ドラマにたびたび出演し、俳優として存在感を増しています。 「スカーレット」で演じる熊谷敏春役は、丸熊陶業に入社した喜美子の人生に大きな影響を与える重要な役柄であり、本田大輔の演技に注目が集まりそうです。 関連記事 ・.

次の

スカーレット (テレビドラマ)

スカーレット キャスト 敏春

『スカーレット』照子の夫・熊谷敏春という人物 熊谷敏春は、社長・秀男(阪田マサノブ)に気に入られ照子と見合い結婚し、熊谷家の婿養子となりました。 照子には兄がいましたが、戦争で亡くなり「跡取りは照子の婿養子」ということが幼少期から決められていました。 敏春は、経理や芸術にも造詣の深い人物で丸熊陶業を任せるには、もってこいの人物です。 結婚前は 「ゴ〇ブリ100匹と結婚したほうがマシ」「琵琶湖に沈めたるわ!」と豪語していた照子も、敏春のデキル男ぶりに惚れたのでしょうか(笑)。 そんな敏春は、社長の秀男の古い経営方法を変え、 「丸熊陶業を日本一にする」という野心家でもありました。 敏春は喜美子の絵付けのデザインにも興味を持ち、地元でも珍しかった女性絵付師という肩書を自社の宣伝に利用しようとします。 敏春の宣伝方法には違和感を覚えますが、経営者としてはやり手の人物のようですね。 この出来事がキッカケで、喜美子の仕事や恋にも転機がおとずれるので、敏春は喜美子にとって キーパーソンでもあります。 本田大輔さん、40歳でそんなに若くなかった。 本田大輔の年齢 本田大輔さんは、1978年8月29日東京都生まれで、 年齢は41歳(2019. 11現在)。 照子の夫にしては落ち着いてみえたのですが、納得です。 父親は俳優・ 本田 博太郎 本田博太郎さんの圧とクセが強いんじゃあ〜 — 竹元勇子 教授 yutakemoto 本田大輔さんの父親は、 『必殺仕舞人』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』での名バイプレーヤーとして知られる 本田博太郎さんです。 本田博太郎さんは愛妻家で愛犬家として知られていますので、長男である大輔さんも可愛がられて育ったのでしょうか。 映画『ガメラ3(1999年)』には、親子共演もしています。 本田大輔さんは高身長! 本田大輔さんの 身長は179cm! ごまかして180cmとしてもいいのに、179cmとしているところに本田さんの真面目さがうかがえます(笑)。 照子役の大島優子さんの身長は152cmなので、身長差は27cmもあります。 画面で並ぶとかなり身長差があるので、楽しみですね。 本田大輔さんの過去のドラマ出演作 本田大輔さんは、 芸歴20年以上のキャリアを持ちこれまで多くのドラマ・映画に出演してきました。 その中で、特に印象深い出演作をご紹介します。 はなに嫌味を言ったりする、感じのわるい役でしたが、今回のしたたかな敏春役と通じる部分もありますね。 NHK「アシガール(2017)」 おお~ インスタの 画像に 【にょこぼう】 役の本田大輔ご本人から【いいね】していただきましたぞ! 笑 こういうのは嬉しいです。 ありがとうございます😃 — saikan hiropart218 NHKのドラマでは2017年にヒットした『アシガール』 に、如古坊(にょこぼう)役で出演していました。 ちなみに『アシガール』制作統括の内田ゆきさん、チーフプロデューサーの中島由貴さん、音楽の冬野ユミさんは、今回の『スカーレット』のスタッフでもあります。 本田さんも『アシガール』の好演が評価されて敏春役に抜擢されたのかもしれませんね。 他にも、映画『アウトレイジ ビヨンド(2012)』、NHKドラマ『透明なゆりかご』、『デジタル・タトゥー』などに出演し、名脇役として活躍しています。 最後に 照子の夫・敏春を演じる本田大輔さんは、俳優の本田博太郎さんを父に持つ名脇役だとわかりました。 敏春役では、照子との年齢差や身長差、そして丸熊陶業をどう発展させていくのかも気になりますね。 ぜひ、熊谷敏春役の本田大輔さんにも注目して『スカーレット』を楽しみましょう。

次の

本田大輔がスカーレットに!父は大俳優!結婚や妻は?徹底解剖!

スカーレット キャスト 敏春

『スカーレット』照子の夫・熊谷敏春という人物 熊谷敏春は、社長・秀男(阪田マサノブ)に気に入られ照子と見合い結婚し、熊谷家の婿養子となりました。 照子には兄がいましたが、戦争で亡くなり「跡取りは照子の婿養子」ということが幼少期から決められていました。 敏春は、経理や芸術にも造詣の深い人物で丸熊陶業を任せるには、もってこいの人物です。 結婚前は 「ゴ〇ブリ100匹と結婚したほうがマシ」「琵琶湖に沈めたるわ!」と豪語していた照子も、敏春のデキル男ぶりに惚れたのでしょうか(笑)。 そんな敏春は、社長の秀男の古い経営方法を変え、 「丸熊陶業を日本一にする」という野心家でもありました。 敏春は喜美子の絵付けのデザインにも興味を持ち、地元でも珍しかった女性絵付師という肩書を自社の宣伝に利用しようとします。 敏春の宣伝方法には違和感を覚えますが、経営者としてはやり手の人物のようですね。 この出来事がキッカケで、喜美子の仕事や恋にも転機がおとずれるので、敏春は喜美子にとって キーパーソンでもあります。 本田大輔さん、40歳でそんなに若くなかった。 本田大輔の年齢 本田大輔さんは、1978年8月29日東京都生まれで、 年齢は41歳(2019. 11現在)。 照子の夫にしては落ち着いてみえたのですが、納得です。 父親は俳優・ 本田 博太郎 本田博太郎さんの圧とクセが強いんじゃあ〜 — 竹元勇子 教授 yutakemoto 本田大輔さんの父親は、 『必殺仕舞人』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』での名バイプレーヤーとして知られる 本田博太郎さんです。 本田博太郎さんは愛妻家で愛犬家として知られていますので、長男である大輔さんも可愛がられて育ったのでしょうか。 映画『ガメラ3(1999年)』には、親子共演もしています。 本田大輔さんは高身長! 本田大輔さんの 身長は179cm! ごまかして180cmとしてもいいのに、179cmとしているところに本田さんの真面目さがうかがえます(笑)。 照子役の大島優子さんの身長は152cmなので、身長差は27cmもあります。 画面で並ぶとかなり身長差があるので、楽しみですね。 本田大輔さんの過去のドラマ出演作 本田大輔さんは、 芸歴20年以上のキャリアを持ちこれまで多くのドラマ・映画に出演してきました。 その中で、特に印象深い出演作をご紹介します。 はなに嫌味を言ったりする、感じのわるい役でしたが、今回のしたたかな敏春役と通じる部分もありますね。 NHK「アシガール(2017)」 おお~ インスタの 画像に 【にょこぼう】 役の本田大輔ご本人から【いいね】していただきましたぞ! 笑 こういうのは嬉しいです。 ありがとうございます😃 — saikan hiropart218 NHKのドラマでは2017年にヒットした『アシガール』 に、如古坊(にょこぼう)役で出演していました。 ちなみに『アシガール』制作統括の内田ゆきさん、チーフプロデューサーの中島由貴さん、音楽の冬野ユミさんは、今回の『スカーレット』のスタッフでもあります。 本田さんも『アシガール』の好演が評価されて敏春役に抜擢されたのかもしれませんね。 他にも、映画『アウトレイジ ビヨンド(2012)』、NHKドラマ『透明なゆりかご』、『デジタル・タトゥー』などに出演し、名脇役として活躍しています。 最後に 照子の夫・敏春を演じる本田大輔さんは、俳優の本田博太郎さんを父に持つ名脇役だとわかりました。 敏春役では、照子との年齢差や身長差、そして丸熊陶業をどう発展させていくのかも気になりますね。 ぜひ、熊谷敏春役の本田大輔さんにも注目して『スカーレット』を楽しみましょう。

次の