カブトムシ歌詞。 カブトムシ(aiko)の歌詞の意味とは?私はこう考える!

aiko カブトムシ 歌詞&動画視聴

カブトムシ歌詞

aikoと言えばカブトムシ カブトムシと言えばaiko なんとなく聴いたことあるひとも多いのではないかと。 僕自身ファンになる前からなぜか知っていたくらいに、あまりに有名なJPOPを代表する曲だと思います。 』が発売となりました。 aikoがひとつ息を整えたのに合わせて8年間ファンを続けてきた今までを振り返り、僭越ですが、初心を思い出しながらaikoの代表曲『カブトムシ』を考察していきます。 しかしカブトムシは夏の虫であることから、あなたとの関係が厳しい時期であると想像出来ます。 蜜 あなた に誘われるカブトムシ あたし なので、追いかける側からの目線。 あなたに伝えたいことがあるのに伝えられず、関係を進めたい間柄だけど、関係が終わるくらいなら言わないままでいようか…と葛藤している自問自答の渦中の投げかけから始まります。 凍える程冷たい指先にあるのは、電話の発信ボタンか、メッセージの送信ボタンですかね。 悩んでいないではやく言ってしまえ。 将来を描くことよりも、今を目一杯大切に過ごしたいと願っています。 このパートの詞中にはネガティブな単語が多いですが、明るい意味合いの一節と捉えられます。 スピード落としたメリーゴーランド 白馬のたてがみが揺れる Bメロは非常に抽象的なので様々な解釈が語られていますね。 僕は、「あたしがあなたに惹かれていく様子」を切り取った場面であると考察します。 羽ばたくカブトムシが木に止まるところを想像してみてください。 表現力が恐ろしい。 メリーゴーランドで行進するありふれた木馬の中から、躍動する一頭の白馬を見つけたところは、まさに、数いる異性の中からたったひとりのあなたを見つけたことを表しているように思えます。 スピードがある状態から呼吸の揺れすらも許さない緊張感。 息を止めて観察するほどあなたを知りたいと思う気持ち。 白馬に乗った王子様的な意味も含まれているような…? メリーゴーランドは季節が回ることを表した…? …妄想が膨らみます。 笑 たった2つの短いフレーズ中に、あたしの動きと意味合いを上手く収めているところ、あたしをカブトムシと比喩した理由、伝えたい事… 説明しきれないくらいこれ以上に無い秀逸なパートです。 大好きです、aiko。 ここではカブトムシを「かぶとむし」とひらがな表記しており、あなたとの思い出は柔らかいイメージとなっていることが読み取れます。 言わずもがな、送信ボタンに手を置く現在を切り取った曲として、題名は堅いイメージのカタカナ表記「カブトムシ」となっています。 鼻先をくすぐる春 リンと立つのは空の青い夏 袖を風が過ぎるは秋中 そう 気が付けば真横を通る冬 あなたと出逢ってからの毎日は輝いていて、色とりどりの四季を感じながらあっという間に過ぎていきました。 鮮明・繊細でありながらも端的な情景の書き表し方が日本人らしくて素敵です。 aikoにとっての恋愛観は、20年間ずっと今も変わらず、 あなたと過ごす日々はすぐに過ぎ去ってしまうことを軸に歌い続けていることが分かります。 有名曲を知っているくらいの方からよく言われがちな「aikoは似た曲が多い」は、言い換えれば「芯が通っている」ということになりますね。 aikoにとって歌手を続けていく意味になる部分なのだと思います。 強い悲しいこと全部 心に残ってしまうとしたら それもあなたと過ごしたしるし そう 幸せに思えるだろう あなたとこれから過ごす中で起きる楽しいことも、もちろん悲しいことも全部、良い思い出として残せていくことが何よりの幸せ。 一貫して、何が起ころうともあなたとの毎日が大切なんだと歌っていますね。 息を止めて見つめる先には長いまつげが揺れてる 前後しましたが、Bメロについては上記の通り。 夜行性であるカブトムシの特徴と意味を掛け合わせて有効に表現していますね。 まるで、木に止まるカブトムシのように。 曲が進むにつれてあなたとの距離感は徐々に近付き胸は高鳴っていきます。 ただ、冬に生きるカブトムシの勝算はあまりに低く、冒頭の投げかけ以外の大部分が思い出に浸っているような状態になっていますね。 ですので、 実は失恋ソングではなかったんですね。 考察してて気付きました…。 もう、あの、ラストの消え入りそうな声と静まる演奏が最高。 夜中に聴くと感情移入が過ぎて泣きます。 「しょ~~う~がい~~~~~~」 ここの最高音ファルセットが気持ち良い! 「わ~~す~れる~~~~~~~………」 ここの消えていく弱々しい声とその後の沈黙で泣く! 「スァァアアアアッ」 ここのブレス良すぎて鳥肌立つ! 「ことはないで しょう~~~~~~」 ここの溢れ出る熱量と気迫で心臓が止まる! はい。 本当は全て解説したいんですが、今回はラストサビのワンフレーズだけに抑えておきます。 大勝負に全てを賭けるような、歌手人生を賭けたような、覚悟とも取れる曲構成に惹き込まれてしまう魅力が詰まった1曲です。 ここまで語らずとも大ヒットする理由は明白だったように思います。 最後に。 長くなりましたが、aikoの魅力は伝わりましたでしょうか? 何年聴いていても全く飽きず日々aiko沼にハマっていきます。 連続したツアー開催で1年以上続いたライブの数々の反動からか、最近はめっきりライブ発表やメディア露出が減ってしまい「aiko たりないです aiko公式Twitterより 」状態ですが、aikoへの愛は深まるばかり。 シングルコレクションを手に取ってくれた方に少しでも彼女の魅力が伝わり、そしてaikoジャンキーが増えてくれればaikoファンの冥利に尽きます。 aikoが産み落としてきた曲の数々にはな!!カブトムシだけじゃなくて!!恋堕ちるくらいに良い曲がもっともっと死ぬほどたくさんあるのよー!!だからたくさん聴いてくれ!特にDisk4が沼だぞ!聴かなかったやつがいたらな、舌打ちかまして、悔しさから腕に歯型付けて、冷蔵庫に凭れて眠ってやるからな!わかったか!聴け! 聴いてください土下座 まぁ、僕の愛が伝わればそれで満足です。 伝わらなくても満足です。 ということでaiko『カブトムシ』の歌詞考察でした。

次の

aiko『カブトムシ』生涯忘れることはないあなたと過ごした時間

カブトムシ歌詞

カブトムシをaikoはどう捉えて歌詞を作ったのか? aikoのカブトムシが どのような心情から生まれたのか については諸説あります。 aiko本人は心情を語っていないため、 いちファンとしての予想になります。 カブトムシの寿命は 1年〜1年半とされています。 しかもほとんどが幼虫として過ごし、 成虫になってからは数ヶ月しか生きれません。 秋には死んでしまいます。 決してハッピーな印象ではありませんよね。 aikoは歌詞の中で自分のことをカブトムシだと 語っています。 長く続くことが決してないと分かっている 相手に恋をしている様子が伝わってきます。 断言はできませんが aikoはこのカブトムシという曲を 決して叶うことのない相手を想って 作ったのではないかと私は考えています。 片思いソングとの説もありますが、 私は失恋ソングだと思うんですよね。 昔の恋人を今でも 忘れられないでいるのだけれど、 相手の気持ちが自分に向くことはもうない。 そんな切なさが感じられる曲です。 カブトムシをaikoの気持ちになって歌詞の意味を考えてみた! aikoのカブトムシの歌詞を紹介しながら 私が考えた歌詞の意味を紹介していきます。 aikoは歌詞の中で 自分のことをカブトムシにたとえています。 カブトムシは秋には死んでしまうため 冬という季節には存在しません。 このことから相手との間に ものすごい距離感が感じられます。 近くにいるのにものすごく遠くにいる感じ とでも言いましょうか。 片思いの相手、 またはかつては恋仲にあったけど 今はそうではない相手が連想されます。 言いたいことがあるのに言えないことから もどかしさも感じられます。 自分の気持ちを伝えたら 相手との関係が終わってしまう。 そんな悲しさも伝わってきます。 今2人でいることが1番大切 との気持ちが感じられます。 メリーゴーランドには たくさん馬がいますよね。 その中に1匹生きている 白馬を見つけた時の感動が伝わってきます。 生きている白馬というのが恋をした相手です。 さいごに いかがでしたか? aikoの代表曲であるカブトムシの歌詞を 自分なりに解釈してみました。 メロディーも切ないため 両想いソングではないことは確かです。 様々な解釈があると思います。

次の

カブトムシの寿命はどのくらいだろう?長生きさせる3つのポイント!

カブトムシ歌詞

みなさんこんにちは!今回はカブトムシの寿命や長生きの秘訣などをご紹介します。 カブトムシの寿命ってどのくらいだろう? カブトムシの平均寿命 国産のカブトムシは幼虫時代を含めますと、だいたい12カ月から15カ月ぐらい生きています。 成虫になってからだと 1か月から3カ月くらい生きています。 孵化してからなくなるまでの活動 国産のカブトムシは孵化(卵からかえる事)してから 約10カ月もの間、幼虫として過ごしております。 この幼虫の期間に少しづつ体が大きくなっていくのです。 そしてその後サナギとなり成虫へとなっていきます。 成虫になったばかりの頃はすぐには地上へは出てこず、 約1カ月程度の間、蛹室(ようしつ;サナギの時に過ごしている部屋)の中で待機しております。 そして地上にでてきてから 1~2か月の間 成虫期間 、エサを食べたり、戦ったり、メスを求めたりと多くの活動を行っているのです。 人間と比べカブトムシはこの短い期間の中で子孫を残す活動まで行っているわけです。 1日の重さが違いますね~。 カブトムシを長生きさせる3つのポイント! ではそのカブトムシ、長生きさせるための3つのポイントをご紹介致します。 ポイント1 良いエサを選ぶ! 長生きするエサBEST3 1位 バナナ 2位 昆虫ゼリー 3位リンゴ 長生きさせるうえで1番のオススメはバナナです。 植物性タンパク質も豊富で、未だに多くの方々が使用しております。 ですが実際に広く使われているのは昆虫ゼリーです。 その理由は主に3つあります。 特に国産カブトムシの成虫は食欲旺盛ですので、ケースの中でゼリーが残ってしまってダメになってしまう事も少ないです。 実に楽チンです。 これが昆虫ゼリーが人気な理由です。 念のために NGなエサもご紹介させて頂きますと、 実 は スイカ、メロンなどです。 スイカなどは昔よくカブトムシに与えていた記憶があります。 ですが実はそういった水分の多いものを与えると、カブトムシのオシッコの量が増えてしまい、飼育ケース内が不衛生になりやすくなるため、あまりオススメではないのです。 私の子供の頃はそんな事も気にせず、食べ終わったスイカを平気で与えておりました。 ポイント2 飼育ケースのレイアウト! まずは飼育ケースのサイズですが、1頭で飼育する場合、オス・メス2頭で飼育する場合でも、小さめサイズの飼育ケース(Sサイズ)で全然OKです。 観賞するには全く問題ないと思います。 が、長生きをさせようとなりますとちょっと異なります。 サイズもやや大きめのもの(Mサイズ)が良いと思われます。 中に敷くものも、ホダオガやハスクチップのようなものをケースの4~5分目程度まで敷き詰め、 カブトムシがもぐることができる環境を整えてあげるほうが良いと思います。 ただし、日中の間はもぐってしまっている事も多くありますので、観賞できる時間は少なくなってしまう事もあるかもしれません。 それと枯葉や止まり木を入れてあげると完璧です。 ちなみにホダオガやハスクチップ、 止まり木のメリットとしては、転倒防止の役割も兼ねております。 カブトムシは転倒するとバタバタと手足を動かしもがきます。 バタバタもがいたり他のカブトムシと戦ったりと、 体力を消耗する行為が多い程、カブトムシの寿命は短くなるといわれております。 安静にしていられる環境を整えてあげる事も重要です。 ポイント3 飼育ケースの環境管理! カブトムシに長生きしてもらうために、飼育ケースを心地よい状態に保ってあげる事も重要です。 飼育ケースの中は蒸れないように通気が必要です。 穴を多めにするか、ケースとフタとの間に新聞紙などを挟み込んで、蒸発してきた余分な水分を吸収させてしまうなどの工夫も良いと思います。 最後になりますが、今までご説明させて頂いた3つのポイントをはるかに凌駕する、カブトムシを長生きさせる最大のポイントは、 何といっても飼い主様のカブトムシ愛です。 せっかく飼育を始める以上はわが子のように大切に可愛がってあげて下さい。 > >成虫のエサ: >飼育ケース: >飼育用補助用品: >飼育用補助用品:.

次の