格安 sim やり方。 格安SIMのやり方を知りたい!超初心者向け格安SIMまとめ

格安SIMはどこで契約するのがおすすめ?契約時に必要なものも徹底解説|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安 sim やり方

大手キャリアに加えて、格安SIMから他の格安SIMへの乗り換える場合も合わせて説明します。 MNP 乗り換え という手続きを行うことで、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号 070、080、090 を格安SIMでもそのまま使えます。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、ネットでMNP予約番号を発行します MNPをする場合は、MNP転出手数料 番号ポータビリティ手数料 でドコモの場合は2000円、auは3000円、ソフトバンクは3000円かかります。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、2000円〜3000円の転出手数料になります。 MNPの手続きを行わないで乗り換えることもできます。 この場合はMNP転出手数料もかかりませんが、格安SIMで使う電話番号は新しい番号になります。 直接ショップに行くと1時間くらい待たされる場合もあるので、電話をしてもらうのをおすすめします。 格安SIMから他の格安SIMへMNPする場合は、基本的に電話ではなくネット経由でMNP予約番号を発行します。 発行には少し時間がかかって、1日〜4日程度で予約番号が発行されます。 MNP予約番号には有効期限があるので、格安SIMや格安スマホを申し込む直前 当日または前日 にMNP予約番号をもらうのが無難です。 格安SIMへMNPする場合は、が必要です。 MNP予約番号をもらった後に、通話SIMを申し込みます。 通話SIMの申し込み時にMNP予約番号を入力する項目が出ています。 MNPをすると現在契約している携帯キャリアから2000円〜3000円のMNP転出手数料が請求されます。 通常の携帯電話代と一緒に請求されます。 クレジットカードで月額料金の引き落としが行われます。 一部の格安SIMで口座振替での支払いに応じていますが、時間がかかり選択肢も少なくなるので、クレジットカードで支払うことを強くお勧めします。 現在使っているスマホの名義、クレジットカードの名義、そして格安SIMを申し込む人が全て同じ人でないと契約できないので気をつけてください。 未成年の子供名義のスマホを格安SIMにしたい場合、スマホの名義を親名義にして、親名義で格安SIMを申し込む必要があります。 一部の格安SIMでは未成年の契約もできますが、選択肢がかなり少なくなるので、基本的には親名義で申し込むのがお勧めです。 免許証を持っている場合は、それを使ってください。 免許証がない場合、格安SIMごとに必要な本人確認書類が若干異なる場合があるので、申し込みを検討するときに事前に必要な本人確認書類を確認してください。 MNPをしない場合でも、通話SIMを申し込む場合に本人確認書類が必要です。 本人確認書類をスマホやガラケー、デジカメで撮って またはスキャナーでスキャンして 、その画像を格安SIMの申し込み時にアップロードします。 あまり高画質で撮ると容量をオーバーして申し込み時にエラーが出るので、低画質で撮ります。 事前にすることと注意点 月末近くになると手続きに時間がかる場合があります。 当月中の乗り換えたい場合は25日くらいまでには申し込むことをおすすめします。 Gmailからガラケーユーザへメールを出すと、メールが届かない可能性があります。 現在使っているキャリアメールから新しいGmailのメールアドレスを知らせるのが無難です。 格安SIMや格安スマホのほとんど全ては、MNPをする場合でもスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 イオンモバイルとTONEモバイルだけが、新しい格安SIMカードや格安スマホが届くまで2,3日ほど電話やインターネットが使えなくなるくらいです。 クレジットカードには審査があるので、もし審査に落ちると別のクレジットカードを申し込んだりと手間と時間がかかる場合が少しだけあるので、早めにクレジットカードを申し込むことをオススメします。 クレジットカードは普通に使えばデメリットはほとんどないです。 お金は使えるだけ使ってしまえみたいな人にはクレジットカードは毒ですが、普通の人ならクレジットカードで支払ったほうがポイント還元があってお得に使うことができます。 クレジットカードの保有率も9割くらいです。 今まで使っていたスマホをそのまま格安SIMで使うことができる ドコモのスマホを使っている場合は、ドコモ系の格安SIMを使えば、今まで使っていたスマホをそのまま使い続けることができます。 写真や音楽、アプリのデータもそのままです。 同じようにauのスマホも基本的にau系の格安SIM、ソフトバンクのスマホもソフトバンク系の格安SIMで使えます。 ほとんどの場合で今使っているスマホを格安SIMでも使えますが、使えないパターンもあります。 使える格安SIMやSIMロック解除の必要性や細かいことは下記にまとめています。 自分のスマホが問題なく使えるかどうかは下記を参考にしてみてください。 今使っているスマホを使えば、わざわざ新しい格安スマホを買う必要もなく、写真もそのまま、今まで使っているアプリ キャリアの純正アプリ以外 もそのままで使えるのでとても簡単に安く格安SIMが使えます。 格安SIMでもiPhoneを使い続けることができる 格安SIMでもiPhoneを使い続けることができます。 iPhone 5以上なら使える格安SIMがあります。 今まで使ってきたiPhoneを格安SIMでも使いたい場合、格安SIMでできなくなることはキャリアメールが使えなくなるくらいです。 それ以外はできます。 格安SIMにするとキャリアメールが使えなくなるので、iPhoneで格安SIMを使う前に、でメールアドレスを作ってメールアドレスの変更を家族や知人に連絡をしておくことをオススメします。 ドコモのiPhoneを持っている場合 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、格安SIMで今まで使ってきたiPhoneが使えるようになります。 アプリも撮った写真も、電話帳もそのままで使い続けることができます。 ドコモのiPhone 6s以上のモデルは、スマホ購入後100日経てばSIMロック解除ができます。 SIMロックを解除するとau系の格安SIMとソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。 auのiPhoneを使っている場合 等 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。 auのiPhone 6s以上のモデルなら、スマホ購入後100日経てばSIMロック解除ができます。 SIMロックを解除するとドコモ系とソフトバンク系の格安SIMでも使えるようになります。 iPhone 6以下のモデルは制限があって色々面倒なので、iPhone 6s以上のモデルを使うことをおすすめします。 ソフトバンクのiPhoneを使っている場合 のソフトバンク回線等 を申し込んでSIMカードを入れ替えて少し設定するだけで、今まで使ってきたiPhoneをそのままの状態で使うことができます。 ソフトバンクのiPhone 6s以上のモデルは、スマホ購入後100日以上経っていればSIMロックの解除ができます。 SIMロックを解除するとドコモ系とau系の格安SIMでも使えるようになります。 iPhone 6以下のモデルは制限があって色々面倒なので、iPhone 6s以上のモデルを使うことをおすすめします。 iPhoneを格安SIMで使うのは少し難しいと思うかもしれませんが、実際にやってみると簡単にそして安くiPhoneを格安SIMで運用できることに気づくと思います。 詳しくは下記に記載しているので参考にしてみてください。 おまけ:格安SIMへのMNPは早ければ早いほどいい 早ければ早いほど、スマホ代の節約になります。 大手キャリアで支払っているスマホ代は月額7000円くらいになると思います。 最初の2年間は月額5500円くらいで使えて、その後は月額7000円から8000円くらい。 格安SIMなら月額料金を2000円くらいにすることができます。 格安SIMは月額料金を5000円くらい安くすることができますが、格安SIMにもデメリットがあります。 ただし、大多数の人にとって月額料金が安いメリットがデメリットを大きく上回る結果になります。 格安SIMのメリットとデメリットに関しては下記に詳しく記載しているので参考にしてみてください。 大手キャリアから格安SIMへのMNPしてしばらくすると、なんでもっと早く乗り換えなかったんだろうと思うと思います。 その他の格安SIMや格安スマホ関連のお役立ち情報•

次の

格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方:格安SIMとスマホ比較

格安 sim やり方

通信品質が高く、サポート体制が充実しています。 エンタメフリー・オプションがあり、対象の動画や音楽のサイトやアプリを通信量を気にせずに利用できます。 音声通話SIMの場合は月額480円、データSIMの場合は月額980円です。 シェアSIMという家族や夫婦などで複数端末のデータ容量を分け合うプランがあります。 マルチキャリアに対応していて、ドコモとauの好きな方のSIMタイプを選べます。 UQモバイルの機種変更の方法 UQモバイルで機種変更をする場合は、オンラインショップや取扱店舗、電話で対応してもらえます。 店頭の場合は、大手キャリアと同じくスタッフに手続きを任せられるため、ネット申し込みが不安・面倒という場合はおすすめです。 家族みんなでUQモバイルにすることで2台目以降は月額1,480円から利用できます。 電話をよく使う場合は、各種通話オプションもあります。 UQモバイルは、「au 4G LTE」によりネットに接続できるため、高速で快適でつながりやすいです。 LINEのデータ移行 引き継ぎ のやり方 機種変更前にやっておくこと これから格安SIMへと機種変更する際に、LINEのデータ移行のためにやっておくべきことを2つ紹介します。 メールアドレスとパスワードの登録 LINEに登録されているメールアドレスやパスワードを確認しましょう。 登録していない場合は、新しく登録してください。 また、以前に登録していたとしても、最新のものになっていない可能性があります。 その場合は、最新の内容に変更しましょう。 LINEのパスワードを登録していない人は意外と多いです。 登録されていないとアカウント情報を引き継ぐことができなくなるため注意しましょう。 メールアドレスは万が一パスワードを忘れてしまったときに、再設定する際に使います。 LINEのメールアドレスの設定方法 LINEのパスワード設定方法 LINEのトーク履歴のバックアップ LINEではトーク履歴をバックアップすることができます。 新しい端末でLINEにログインすると、元の端末ではLINEにログインできなくなってしまうため、必ず新しい端末でログインする前にトークのバックアップを済ませませましょう。 iPhoneでは、iCloudを用いることでトーク履歴のバックアップが可能です。 Androidでは、Googleドライブでバックアップできます。 iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする方法 LINEでバックアップの操作を行う前に、iCloud Driveをオンにして下さい。 AndroidでLINEのトーク履歴をバックアップする方法 機種変更後にやること 機種を変更してから、LINE以降のためにやるべきことについて紹介しましょう。 LINEアカウントにログイン 新しい機種でLINEアプリをインストールしましょう。 そして、起動したら、以前と同じパスワードを用いてログインします。 LINEのトークを復元する 先ほどお伝えしたログイン方法の中で「トーク履歴の復元」が表示されるため、ここで「復元する」をタップしましょう。 そうすれば、復元できます。 まとめ 今回は格安SIMの機種変更のやり方やLINEのデータ移行の方法について紹介してきました。 大事なことは下記の通りです。

次の

格安SIMの選び方と必要な手続きの仕方:格安SIMとスマホ比較

格安 sim やり方

まずはキャリアからMVNOへのMNP手続きをマスターしよう! MVNOの提供する格安SIMの料金プランやサービスを十分に検討したら、いよいよ乗り換えです。 MNP(ナンバーポータビリティ)を利用して、乗り換え先のMVNOでも今の電話番号を引き続き使いたいという場合の手続きについて、詳しく見ていきましょう。 まずは、MNPで乗り換える際の全体の流れを確認していきます。 MVNOへのMNPによる乗り換えの場合、全体で1週間程度を見込んでおきましょう。 そのうち数日は配送期間となります。 MVNOで回線切り替えが終了した後、配送期間の間は手元のスマホや携帯電話が使用できなくなります。 契約中のキャリアでMNP予約番号を取得! MNPの最初の手順は「MNP予約番号の取得」です。 転出元の携帯電話会社(今回の場合はキャリア)で発行してもらうことができます。 MMNP予約番号の発行には手数料がかかります。 キャリアによって、多少金額は異なりますが、2,000円から3,000円程度です。 この手数料については、契約最終月の使用料金等とともに清算される場合が多くなっていますので、その場で必要という訳ではありません。 MNP予約番号の取得窓口についてですが、基本的にキャリアの「マイページ」(webサイト)やサポートセンター等の電話窓口、ショップ店頭で手続きすることができます。 大手キャリアの取得窓口についてまとめています。 参考にしてください。 また、MNP予約番号には15日間の有効期限が設けられています。 配送期間分余計に乗り換え期間が必要なMVNOでは、10日以上有効期限が残っている状態で余裕を持って手続きするようにしましょう。 契約が完了すると、キャリア側の契約も自動的に解除される流れとなるのですが、申し込みの際に必要なものを整理しておきましょう。 【MNP手続きに必要なもの】 ・MNP予約番号 ・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類 ・クレジットカード 以上3点ですが、クレジットカードについてはMVNOによってはデビットカード対応可能な事業者(楽天モバイル等)があったり、口座振替対応可能な事業者(OCNモバイルONE)もありますので、事前に確認しておきましょう。 キャリアからMVNOへMNPの際の費用は総額5,000円程度 先ほども触れましたが、MNP手続きに不可欠な「MNP予約番号」の発行手数料が必要です。 2,000円程度の費用が転出元携帯電話会社から請求されます。 また、MNPに関わらず契約する携帯電話会社で「契約事務手数料(3,000円程度)」が必要ですので、総額で5,000円程度の諸経費がかかることを確認しておいてください。 MNP転出には「違約金」の発生しない「更新月」を確認 キャリアの料金プランでは2年間の長期契約を選択することができます。 このような長期契約の代わりに、購入した端末代金のほとんどを割り引いてもらえるメリットがあるので、多くのキャリア契約者が「2年契約」を結んでいます。 継続して使う場合は、キャリア・ユーザー双方にメリットのある契約ですが、契約期間中に解約する場合(MNP転出含)には足かせになってしまいます。 実際、期間中の解約には約1万円の解除料(違約金)がかかります。 解除料が発生しない「更新月」は、キャリアホームページの「マイページ」等で確認することができます。

次の