夏のボーナス 公務員 2020。 コロナの影響で公務員の給料削減やボーナス減給は決定的

2020年夏ボーナス平均支給額ランキング [仕事・給与] All About

夏のボーナス 公務員 2020

Contents• 公務員のボーナスの支給基準 厳密に言えば、公務員に、ボーナスは存在しません。 公務員の場合は、• 「期末手当」• 「勤勉手当」 の合計が、民間企業に勤めるサラリーマンのボーナスと同じ意味になります。 そして、この2つの手当額は、毎年8月に人事院が出す「人事院勧告」によって決定します。 この「人事院勧告」は、「国家公務員と民間企業従業員の給与水準を均衡させる」ことを目的にしており、 端的に言えば、「公務員の給料は、民間企業で働くサラリーマンの給料と同じにしなさい」ということを決めています。 具体的には、国家公務員の4月分の給与と、民間企業(企業規模50人以上等の条件あり)の4月分の給与と前年8月からその年7月までに支給されたボーナスを比較し、民間の基準に合わせるよう、国家公務員給与の水準を改定、俸給制度・諸手当制度の見直しを行っています。 比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています。 これらを人事院勧告とし、この結果をもとに給与法が改正されています。 もちろん、人事院勧告では、国家公務員のボーナスだけではなく、給与も決まることになります。 公務員は、ストライキなどを実行する「争議権」が認められていない代わりに、民間企業の平均に合わせるように措置がなされるわけです。 主な支給地域をまとめた表になります。 基本的に、都会ほど地域手当が高く、田舎ほど低くなっています。 東京都内でも自然が豊かな地区もあればビルしかないような地区もあります。 あくまで主な地域ですので、この表に載っていない都市(西宮市など)もあります。 もちろん、都道府県も一律なところと配属地域によって変動させているところとがあります。 地域手当は最低賃金でも差があるように、物価に合わせて定期的に見直されています。 要は、ど田舎と東京のど真ん中では家賃などの物価が全然違いますから、その調整額だと考えてください。 単純にいえば、人口がほとんどいない田舎の公務員と東京都職員とでは月収、ひいては年収が20%程度違ってくるということです。 扶養手当 扶養手当は、配偶者や子供を養うための補助費用です。 国家公務員では、配偶者が6,500円、子供が10,000円です。 東京都では、配偶者が5,000円、子供が10,000円です。 各自治体によって異なりますが、国では、配偶者の手当を下げ、子供の手当を上げる方針になっています。 東京都の職員で考えるボーナスの基準額 例えば、、、 東京都の職員で月の給料が30万円 家族構成は、配偶者、子供1人、だとすると、• 5万円となります。 この給与をボーナス支給月数にかければ、ボーナスの支給額となります。 5月=約168万円が年間のボーナスの支給額となります。 ただし、あくまで額面であり、手取りではありません。 2019年のボーナス(夏・冬)は給料の何ヶ月分? 2019年のボーナス支給基準は、2018年8月人事院勧告で以下の表のように決定しています。 夏、冬ともに• 期末手当 1. 30月• 勤勉手当 0. 925月 と決まっており、合計で、給料の2. 225ヶ月分が夏と冬にボーナスとしてそれぞれ支給されます。 令和元年からは、期末・勤勉手当は同月数となっています。 年間ですと、2. 45ヶ月が支給されます。 しかし、これにはカラクリがあります。 厳密に言えば、2019年の給与を決めるのは、2019年8月の人事院勧告です。 その勧告によれば、ボーナスは年間4. 5ヶ月支給するよう勧告がなされています。 なんと、0. 05月のアップという勧告がされました。 2018年のボーナス支給月数 4. 45月• 2019年のボーナス支給月数 4. 50月 しかし、夏のボーナスは既に2019年6月に支給されてしまっていますので、2. 25-2. 025月分の差額がうまれてしまいます。 その差額の補填方法は、ボーナスは冬にまとめて、というパターンが多いです。 つまり、冬のボーナスは、2. 275月 の支給になると思われます。 なお、ここでは一般の職員の場合の支給月数と規定されているのは、課長級以上の管理職は評価制が導入されており、実績によってこの月数が変更されるからです。 最高評価で2. 5月、最低評価で2. 0月といった具合です。 公務員は成果主義ではありませんが、人事評価によって年収が異なります。 つまり、同じ経歴、同じ年齢の同期であっても、評価によっては年収が違ってくるということです。 勤務評定は1年ごとに通知され、その結果、ボーナスや基本給が変わります。 ただし、これは自治体によるところが大きく、 自治体によっては人事評価制度を導入していないところもあります。 一方、管理職に限らず、一般職員にも評価制が導入されている自治体もあり、本当に様々です。 ボーナスは変動するが基本給は変わらないというのが標準ではあると思いますが、 今後は公務員も仕事を評価される時代になってくることは間違いありません。 2019年夏のボーナス平均支給額 2019年6月28日に支給された国家公務員の期末・勤勉手当の平均支給額(ボーナス)は、 67万9100円(内閣人事局の発表)となりました。 平均年齢は35. 5歳です。 この金額には、課長級以上の管理職を除く一般行政職の金額です。 国家公務員の算定には管理職を除くことで地方公務員よりも低く見せるところがにくいところ・・・ では、民間企業はというと・・・平均支給額は83万9844円(日本経済新聞社調査:上場企業など580社が対象)でした。 単純に比較すると、大きな差があるように思えますが、民間企業や地方公務員は管理職を含んだ額で公表されますので、実は国家公務員の方が貰っている可能性も往々にしてあります。 2019年冬のボーナス平均支給額 公務員は、1年に1回の昇給査定を行い、その昇給は7月の給与、ボーナスから反映されます。 つまり、夏より冬のほうがボーナスが多いことになります。 これまでは、夏<冬だった支給月数ですが、令和元年から、夏=冬となり、同じ支給月数となっています。 05月数のボーナスアップが確定していますので、冬にまとめて支給 これらから、2019年の冬のボーナス平均支給額は、約70万円と予想されます。 (参考)2018年冬のボーナス(平成30年12月期の期末・勤勉手当)の平均支給額は約71万円 2020年夏のボーナス平均支給額 国家公務員の2020年の夏のボーナスは、管理職を除く平均支給額が、約68万100円となり、 昨年と比べ約1,000円、率にして約0. 1%上昇しました。 これは、昨年の法改正によって夏と冬の支給配分が見直され、 夏のボーナスが0. 025か月分、増えたためです。 なぜ、公務員だけ?民間は苦しいのにと思われるかもしれません。 新型コロナの影響は何も民間企業に限った話ではなく、公務員にも当然影響があります。 しかし、それは、少し先のことです。 2020年の夏のボーナスについては、予定通り満額支給とせざるを得ません。 なぜなら、昨年度の人事院勧告通り支給するしかないからです。 詳しくは以下の記事に記載していますが、 >>>「」 今年度の人事院勧告は新型コロナの関係で調査が遅れ、まだ勧告がでていません。 とはいえ、減額勧告の可能性が高く、 結果として、2020年の冬のボーナスで減額されるものと考えます。 公務員のボーナス支給日はいつ? 国家公務員と地方公務員のボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給日は、• 夏 6月30日• 法律が変わらないかぎり、支給日は変更されることはありません。 毎年毎年、同じ日です。 2019年のボーナス支給日については、6月30日が日曜日、12月10日が火曜日ですから、• 夏 6月28日(金)• 冬 12月10日(火) となります。 2020年のボーナス支給日については、6月30日が火曜日、12月10日が木曜日ですから、• 夏 6月30日(火)• 冬 12月10日(木) と法律通りの日ですね。 土日は役所(というよりは銀行)が休みです。 給与やボーナスを振り込むのも仕事ですから、平日に振り込まれることになります。 そのため、当該日が土日の場合は、直近の金曜日になるというわけです。 トラブルがあった場合、休みでした、対応できません、では話になりません。 車や家を買う際のローン返済にボーナスを担保にしている人も多いですから。 冬はお正月がありますから、長期的に休むことも考慮して、夏よりは支給額が早くなっています。 ボーナスの基準日 支給日と基準日は別物です。 基準日は、ボーナスを支給する基準を規定した日です。 要は、• 夏 6月1日• 冬 12月1日 に在職する職員に対してのみ支給されます。 逆に言えば、この基準日まで在籍しないと、基本的にはボーナスが満額支給されません。 (基準日前1か月以内に退職や死亡した職員にも支給) つまり、• 6月1日~12月1日までの期間にボーナス支給基準に達していれば、12月10日に満額支給• 12月1日~6月1日までの期間にボーナス支給基準に達していれば、6月30日に満額支給 支給基準といっても、普通に働いていれば満額支給です。 例えば、病気で入院していたり、子供を育てるために育児休暇を取得して休職していた期間などは働いていないことになりますので、その期間分のボーナスが下がります。 (単純にいえば)6月1日から9月30日までの3ヶ月間を休職し、10月1日から12月31日まで3ヶ月間働いたとすれば、ボーナスは半分しかもらえないということです。 公務員のボーナスはあくまで手当であり、成果ではないことが背景にあります。 新規採用職員の最初の夏のボーナスは10万円程度 このことから、公務員の1年目の夏のボーナスは、満額支給されません。 4月1日に採用されてから基準日の6月1日までは2か月しか勤務していませんからね。 (単純に勤続日数に比例するわけではないからです) 経験からすれば、公務員で10万円支給されれば平均以上です。 ひと昔前はボーナスが年に3回あった 余談ですが、公務員は3回ボーナスが貰えた時代があります。 とはいっても、支給回数が増えていただけで、今と支給額は変わっていませんが。

次の

公務員と一般企業のボーナス支給日はいつ|平均支給額と賞与をアップする方法【夏・冬】

夏のボーナス 公務員 2020

2020年も半年が過ぎ、夏のボーナスがある企業に勤めている方であれば、今年はどうなるのか気になっている方も多いのでは?今年は新型コロナウイルスの影響で、企業の業績が落ち込んでいることから、例年より厳しくなる覚悟はしていても、実際どのくらいの額が支給されるのか、誰もが気になるものです。 夏のボーナスの支給日は? 夏のボーナスは、多くの企業が例年6月末から7月を支給日としており、6月前半に様々な団体のボーナスに関する各種データの集計が完了、統計データとして公表しています。 ちなみに実際のボーナス支給額に関しては、早ければ4月、遅くとも5月には確定している企業がほとんどです。 今年の夏のボーナスが思ったより下がっていない場合、冬のボーナスに影響が及び可能性がある点には注意しましょう。 転職活動の歩きかたのニュースは、例年、各社から発表される統計データに注目。 大企業と中小企業、製造業と非製造業など、企業規模別・業種別に分け2020年の夏のボーナスの平均支給額を分析、その傾向を解説しています。 2020年の夏のボーナスの情報がほぼ出そろいました。 新型コロナの影響があるとはいえ、2020年夏のボーナスは想像以上に厳しい結果になりそうです。 右肩上がりの状況が続いていた夏のボーナスですが、減少する企業のほうが多いでしょう。 以下に最新のデータをご紹介します。 是非チェックしてみてください。 ( あまりにも平均から乖離している場合は、転職を視野にいれるのも選択肢の1つです。 ) 大企業と中小企業の夏のボーナスの平均支給額を比較 まずは大企業の集計からです。 ちなみに経営に大きな打撃を受けたANAは昨年の半額、幸楽苑は不支給(ゼロ)、シャープも大幅減になると発表しています。 経団連の集計はまだ終わっていませんが、リーマンショック以来の下落幅になると予想されており、10%程度の減少が予想されます。 昨年の資料によると、 東証一部上場、従業員数500人以上の国内大手企業83社の夏のボーナスの平均支給額は97万1,777円となっています。 この金額から10%減少すると考えると、87万4,599円程度が目安になりそうです。 次は中小企業の集計です。 みずほ総合研究所が5月25日に公表した2020年夏のボーナス予測によると、 中小企業勤務者の夏のボーナス平均支給額は前年比9. 2%減の34万6,480円となっています。 みずほ総合研究所は、冬のボーナスはもっと厳しくなると予想。 2020年のボーナスは厳しいと考えておくべきでしょう。 大企業・中小企業の夏のボーナス平均支給額 平均支給額 前年比 大企業の夏のボーナス平均支給額 87万4,599円(予想 -10% 中小企業の夏のボーナス平均支給額 34万6,480円 -9. 大企業は経団連のデータから予想。 中小企業はみずほ総合研究所調べ 大企業は大幅減少、中小企業も大幅減少となっていますが、支給額を見ると大企業と中小企業の間には、夏のボーナスに大きな格差があることは間違いありません。 民間企業と公務員のボーナスを比較するとどうなる? みずほ総合研究所は、公務員のボーナス見通しについても公表しています。 民間企業は大幅減少が見込まれる中、公務員の2020年夏のボーナスは、微増を予定しています。 民間企業と比較すると、ボーナスの安定度は群を抜いており、景気悪化に伴い公務員人気が高まりそうです。 公務員の2020年夏のボーナス平均支給額 平均支給額 前年比 公務員の夏のボーナス平均支給額 74万499円 +0. 6% このデータを見ると 中小企業と公務員の夏のボーナスに大きな差があることがわかります。 公務員は大企業ほどではないにせよ、それに近い金額のボーナスを安定的に受け取れる時点で、恵まれた仕事と言えるでしょう。 95% 2位 自動車 102万3,095円 -3. 62% 3位 化学 94万4,152円 -1. 83% 4位 造船 92万1,973円 +3. 93% 5位 電機 89万1,988円 +0. 68% 6位 繊維 82万126円 -3. 51% 7位 食品 80万1,715円 -0. 06% 8位 鉄鋼 77万6,050円 -0. 68% 9位 非鉄・金属 77万1,547円 -1. 7% 10位 セメント 75万9,140円 -2. 22%• いずれも経団連調べ(2019年夏季賞与・一時金大手企業業種別妥結状況(第1回集計)) 製造業と非製造業の夏のボーナス平均支給額を比較 製造業と非製造業では非製造業のボーナス支給額が大幅に上回るものの、 業種別ランキングを見ると、造船、電機等、製造業も検討しています。 これらの統計データから考えると、 製造業・非製造業や業種別という枠の中でも、勝ち組と負け組の差が拡がっており、ボーナスの支給額に大きな差が産まれていることが予想されます。 ちなみにこのデータは大企業の統計です。 中小企業に置き換える場合、この金額の半分くらいを目安にすると良いでしょう。 まとめ 今月の転職活動の歩きかたのニュースは、2020年夏のボーナスの平均支給額に注目しました。 お金だけで全てを判断するのはナンセンスですが、 平均を大きく上回る企業は将来に対して強気であることは間違いないでしょう。 もし2020年夏のボーナスの支給額が平均を大きく下回る場合、業績が悪いか、将来に悲観的である可能性があります。 ボーナスの支給額や、企業の将来見通しに不安を感じるのであれば転職を検討するのも選択肢の一つ。 ボーナスは企業内、業界内での自分自身の評価を知る上で、役に立つ指標であることは間違いありません。 2020年の夏のボーナスの支給額を踏まえ、自身の社内的・社外的な評価について、改めて考えてみる機会にしてみてはいかがでしょう。

次の

2020年の民間企業と公務員の夏のボーナスの動向について。コロナの第2波が発生したらどうなってしまうのか?

夏のボーナス 公務員 2020

2020年の夏ボーナスの見通しは以下のとおりです。 一人当たり支給額 前年比 民間企業全体 35万2366円 -7. また、利益の減少や失業者の増加によって、ボーナスを貰える従業員数も減少するとのことです。 業績悪化で企業はボーナスの財源を縮小するので、ボーナスカットも覚悟しておかないといけません。 関連記事: 新型コロナウイルスによるボーナス減少は避けられない 新型コロナウイルスが日本経済に与えるダメージは大きく、サラリーマンの給料・ボーナスの先行きは暗いです。 テレビのニュースを見ていると景気の悪化が一目でわかります。 ホテルの宿泊客がゼロ• 飛行機の搭乗客がいない• 新幹線は空席で走っている• 観光地にお客さんはいない• 飲食店に人の気配はない• 失業者の増加• 製造工場の停止 外出自粛と緊急事態宣言によって、宿泊施設、飲食店、レジャー施設はお客さんが減少して、凄まじいほどの赤字となっています。 観光客が来なくなったことで売り上げがゼロになり、倒産した旅館やホテルもあるでしょう。 また、人の移動が制限されたことで、バス、電車、飛行機などの旅客運輸も大幅に売り上げは減少しています。 新型コロナウイルスで経済活動が止まり、日本企業の利益が失われている状況で、夏ボーナスが増加することはないでしょう。 新型コロナウイルスの感染拡大が多くの企業の営業活動を阻害し、資金繰りが厳しくなる企業が増加するなど、夏のボーナス支給を取り巻く環境は急速に悪化している。 ちなみに、リーマンショック後の2009年のボーナスは前年比-9. 2020年のボーナスは、新型コロナウイスによる景気悪化で、リーマンショック以来の減少幅になるかもしれません。 関連記事: 中小企業の夏ボーナスは厳しい結果となる 新型コロナウイルスによるボーナス悪化ですが、大企業より中小企業のほうが影響を受けるとのこと。 大企業はビジネスが大きいので、収益が安定していて、剰余利益がそれなりに確保されています。 しかし、中小企業は剰余利益がなかったり、借り入れがたくさんあったりするので、不景気の影響を大きく受けてしまうのです。 また、中小企業は直近の収益状況がボーナスに反映されやすく、業績が悪化したらすぐにボーナスはカットされます。 2020年の夏ボーナスは、大企業と中小企業で大きな差が生じる可能性は高く、財務体質が弱い中小企業は厳しい結果となるでしょう。 新型コロナウイルスが長引くほど、今後のボーナスはさらに落ち込みます。 2020年の冬ボーナス、2021年の夏ボーナスは、2020年の業績をもとに決定されるため、新型コロナウイルスの長期化は死活問題となります。 店舗の休業、営業時間の短縮、工場の操業中止などで、生産活動は大幅に落ち込んでおり、今後の景気悪化を避けることはできません。 関連記事: 引用:第一生命経済研究所「2020年・夏のボーナス予測」 消費税増税による個人消費の落ち込みは、企業の業績悪化につながり、ボーナスを取り巻く環境を悪くしたのでしょう。 2020年の冬ボーナスについても、昨年と同様に減少が不安視されます。 新型コロナウイルスがどれだけ長期化するかはわかりませんし、完全な収束には2~3年はかかるという意見もあるのです。 新型コロナウイルスが2020年の7~8月頃に収束したとしても、経済被害の大きさと回復の遅れを考えると、冬ボーナスの減少は避けられないと思います。 ボーナスの減少はサラリーマンのモチベーションを下げるだけでなく、個人消費の減少にもつながるので良い傾向とは言えません。 関連記事: 国家公務員の夏ボーナスは増加する? 国家公務員の2020年の夏ボーナスは増加すると予想されています。 理由としては、勤勉手当が引き上げられたこと、勤勉手当が夏冬均等に支給されるようになったことが挙げられます。 国家公務員のボーナス増減に景気は関係なく、夏ボーナスの増加は勤勉手当の夏冬支給均等化という要因で説明できるのです。 民間企業と公務員のボーナス状況を比べたとき、公務員の安定感には嫉妬してしまいます。 公務員の給料・ボーナスは国民の税金から出ているので、景気が悪くなっても大きな影響は受けません。 緊急事態宣言や営業自粛によって、たくさんの企業は打撃を受けているのに、公務員は高みの見物でボーナスを懐に入れるのです。 企業には生産活動を中止するよう求めながら、公務員は通常の給料をもらっている現状に納得できない人は多いでしょう。 公務員や政治家は日本という会社の従業員である自覚を持って、日本がピンチのときにはボーナスカットするくらいの器量が欲しいです。 関連記事: まとめ 新型コロナウイスによる景気悪化は避けられないので、夏ボーナスには期待しないほうがいいでしょう。 住宅ローンや教育費など、ボーナスを考慮して生計を立てている家庭は、ボーナス減少が死活問題となると思います。 新型コロナウイルスの収束はまだ先ですし、ボーナスは無いものと考えて生活するべきです。 「ボーナスはあったらいいな」くらいの気持ちで、日頃から倹約生活に取り組んでいきましょう。 生活スタイルを一気に変えるのは難しいので、今から質素な生活を心がけてください。

次の