青木 ケ 原 樹海 怖い。 「富士の青木ヶ原樹海に出没する謎の坊主に要注意」って、いったい何の事...

夏の青木ヶ原樹海は暗いね

青木 ケ 原 樹海 怖い

これは、 青木ヶ原樹海を深夜にドライブしていた時体験した、背筋も凍るお話。 その日、わたしは友達と二人で夕食を食べ、そのままドライブを楽しんでいた。 わたしたちの車が 青木ヶ原樹海にさしかかったのは、深夜2時を過ぎていたと思う。 樹海の中を貫く国道は、時折、トラックとすれ違うぐらいで、車の通りはほとんどなかった。 鬱蒼と茂る樹海の木立に左右を挟まれた国道は、街灯も無く、本当の暗闇。 山梨県側に向って、真っ暗な樹海の道路をしばらく走ったときだ。 突然、車の調子が悪くなった。 アクセルをふかしても、スピードが上がらない。 バッテリー系統も弱くなり、車が止まりそうになったのだ。 こんな真夜中に、樹海の真ん中で故障してしまうと思うと、普通ではいられなかった。 緑の青々とした樹海は、昼間はとても気持ちが良い。 だが、いったん日が暮れると、本当に不可解な何かが潜んでいるように感じられる。 車が完全に止まってしまう前に、わたしたちは車を路肩に停めた。 かろうじて回っているエンジンの音を聞き、友達は、このままエンジンを切らないほうがいいと言った。 エンジンを切ってしまうと、かからなくなってまうかもしれない、と言うのだ。 季節は晩秋だった。 夜の 青木ヶ原樹海は深々と冷えてくる。 万が一助けが来なかった場合に備え、せめてエアコンだけでも使えるようにしておいた方が得策だった。 とにかく、助けを求めるために電話をかけなくてはならない。 当時は携帯電話がやっと普及し始めたばかりだった。 樹海の中は電波の状態が悪く、携帯で電話をかけるのが難しかった。 仕方がないので、わたしは公衆電話を探しに、友達を車に残したまま夜道を歩き始めた。 友達は、エンジンが完全に止まらないよう、定期的にアクセルをふかす役目だ。 樹海の道は幾度も通っているので、確かこの近くに、観光施設があるのをわたしは知っていた。 観光施設の駐車場には、電話ボックスがあったはずだった。 10分ほど歩くと、電話ボックスの明かりが見えた。 こんな時間だから、勿論、観光施設には誰もいないし、電気も消えている。 樹海の暗闇の中で、電話ボックスの電気だけが白々と灯されていた。 その明かりを頼りに足早に歩き、電話ボックスに着いた時だ。 わたしは一瞬、足が止まった。 電話ボックスの中に、小学生ぐらいの女の子が、下を向いてうずくまっているのだ。 深夜2時過ぎの暗闇の樹海に、女の子がいる・・・どう考えても不気味だった。 だが、その女の子は妙に現実味があって、幽霊や亡霊のようには見えなかった。 それに、その電話ボックスで車の故障を知らせなくてはならない。 わたしは、少し警戒しながら女の子に声をかけた。 すると女の子は、うずくまったままわたしを見上げた。 デニムのミニスカートに、黄色いサンダルを履いている女の子の顔には、大きなアザがあった。 右目の下あたりに、殴られたような青アザがあったのだ。 何かの事件に巻き込まれたんじゃないか?・・・幽霊だの亡霊だの思う前に、リアルにそう考えた。 一体何があったのかと訊ねると、少女はこう答えた。 お母さんが帰ってこない 少女の母親は、娘を駐車場に残したまま、樹海の中に入ったきり戻ってこない、と言うのだ。 わたしはゾッとした。 自殺、という二文字が頭に浮かんだ。 少女は両膝を抱え、また下を向いてしまった。 その姿があまりにも哀れで、そのまま放っておけなくなった。 わたしはとりあえず、少女の座り込んでいる電話ボックスに入って、同級生がやっている自動車整備工場に電話をかけた。 真夜中だったから中々出てくれなかったが、しつこく何十回も鳴らすうちに、奥さんらしい女の人が眠そうな声で電話に出てくれた。 わたしは車の故障を告げ、ついでに、警察に電話をしてくれるよう頼んだ。 奥さんは、そこで待っててください、と言って電話を切った。 わたしが受話器を置いた瞬間だ。 ふと視線を移すと、少女が電話ボックスの中にいない。 いつの間に外に出たのか、少女は電話ボックスの前をフラフラと横切って、真っ暗な樹海の方へ歩いていく。 わたしは慌てた。 母親とはぐれ、真夜中の樹海に取り残された恐怖で、頭がおかしくなってしまったんじゃないかと心配になった。 急いで少女を追いかけたが、意外とその足は速く、どんどん樹海の暗がりの方へ向って行く。 いくら呼び止めても、少女は立ち止まろうとしない。 それどころか、何かに引き寄せられるように樹海の木立の中へ入って行くのだ。 暗闇に目が慣れてきたこともあり、わたしは駆け足で少女を追った。 樹海は溶岩大地にできた森だ。 未整備の場所には大小様々な穴がぽっかり口をあけている。 こんな真夜中にそこに落ちたら、怪我どころでは済まない。 樹海に入りかけた少女の腕を、わたしがやっと掴もうとした時だ。 わたしの二の腕を、後ろから強く引っ張る者がいた。 わたしはギョッとして振り返った。 私の腕を引っ張ったのは、車に残っているはずの友達だった。 暗がりでも、その友達の顔つきが異常なのが判った。 何やってんだ!! 友達は声を荒げた。 わたしは驚いたが、それより、樹海に入ってしまった少女の方が気になった。 友達の手を振り払い、わたしが樹海の中に目を凝らすと、少女の姿はどこにも無かった。 女の子が樹海に入って行った。 母親を探しに行ったのかもしれない。 わたしの言葉に、友達は不可解な顔つきをしたが、とりあえず、わたしを電話ボックスの明かりの近くまで引っ張って行った。 その時のわたしは、とにかく狼狽していた。 目の前で、小さな女の子が真夜中の樹海に入って行ったのだ。 これが落ち着いていられようか。 少女がどうなるかは歴然としている。 だが、友達はもっと狼狽していた。 わたしが電話をかけに行ったきり、二時間以上も戻ってこないので心配していた、というのだ。 わたしは ハッ、と我に帰った。 わたしが車を離れてから、せいぜい30分程度しか経っていないはずだ。 二時間以上経っているとは、どういうことだろう? 電話ボックスにいた少女のことも気になるが、とにかく、外部に連絡した方がいい、友達が冷静に意見した。 わたしが同級生の整備工場にすでに電話したこと、そこの奥さんが、その場所で待っているように指示したことを伝えると、友達は眉をひそめた。 整備工場の奥さんは出産の為に実家に帰っていて、その家に女の人は誰も居ないはずだ、というのだ。 わたしたちは気味が悪くなって、もう一度、整備工場に電話した。 電話に出たのは同級生だった。 彼は、すぐにこちらに来てくれると答えた。 電話を切る前に、わたしたちは、さっき電話した時に対応してくれた女の人について訊ねてみた。 同級生はわたしたちの言葉が理解できない様子だった。 今夜、電話が鳴ったのは一度きりだし、自分以外の人間は家に居ない、というのだ。 私たちは電話ボックスを出ると、わき目もふらず車を目指して走った。 とてもじゃないが、そんな場所にいられなかったからだ。 最初の電話に出たのが誰だったのか、あの少女が何者でどうなったのか、未だに謎のままだ。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

自殺者の遺留品がいたるところに…「青木ヶ原樹海」潜入レポート

青木 ケ 原 樹海 怖い

これは、 青木ヶ原樹海を深夜にドライブしていた時体験した、背筋も凍るお話。 その日、わたしは友達と二人で夕食を食べ、そのままドライブを楽しんでいた。 わたしたちの車が 青木ヶ原樹海にさしかかったのは、深夜2時を過ぎていたと思う。 樹海の中を貫く国道は、時折、トラックとすれ違うぐらいで、車の通りはほとんどなかった。 鬱蒼と茂る樹海の木立に左右を挟まれた国道は、街灯も無く、本当の暗闇。 山梨県側に向って、真っ暗な樹海の道路をしばらく走ったときだ。 突然、車の調子が悪くなった。 アクセルをふかしても、スピードが上がらない。 バッテリー系統も弱くなり、車が止まりそうになったのだ。 こんな真夜中に、樹海の真ん中で故障してしまうと思うと、普通ではいられなかった。 緑の青々とした樹海は、昼間はとても気持ちが良い。 だが、いったん日が暮れると、本当に不可解な何かが潜んでいるように感じられる。 車が完全に止まってしまう前に、わたしたちは車を路肩に停めた。 かろうじて回っているエンジンの音を聞き、友達は、このままエンジンを切らないほうがいいと言った。 エンジンを切ってしまうと、かからなくなってまうかもしれない、と言うのだ。 季節は晩秋だった。 夜の 青木ヶ原樹海は深々と冷えてくる。 万が一助けが来なかった場合に備え、せめてエアコンだけでも使えるようにしておいた方が得策だった。 とにかく、助けを求めるために電話をかけなくてはならない。 当時は携帯電話がやっと普及し始めたばかりだった。 樹海の中は電波の状態が悪く、携帯で電話をかけるのが難しかった。 仕方がないので、わたしは公衆電話を探しに、友達を車に残したまま夜道を歩き始めた。 友達は、エンジンが完全に止まらないよう、定期的にアクセルをふかす役目だ。 樹海の道は幾度も通っているので、確かこの近くに、観光施設があるのをわたしは知っていた。 観光施設の駐車場には、電話ボックスがあったはずだった。 10分ほど歩くと、電話ボックスの明かりが見えた。 こんな時間だから、勿論、観光施設には誰もいないし、電気も消えている。 樹海の暗闇の中で、電話ボックスの電気だけが白々と灯されていた。 その明かりを頼りに足早に歩き、電話ボックスに着いた時だ。 わたしは一瞬、足が止まった。 電話ボックスの中に、小学生ぐらいの女の子が、下を向いてうずくまっているのだ。 深夜2時過ぎの暗闇の樹海に、女の子がいる・・・どう考えても不気味だった。 だが、その女の子は妙に現実味があって、幽霊や亡霊のようには見えなかった。 それに、その電話ボックスで車の故障を知らせなくてはならない。 わたしは、少し警戒しながら女の子に声をかけた。 すると女の子は、うずくまったままわたしを見上げた。 デニムのミニスカートに、黄色いサンダルを履いている女の子の顔には、大きなアザがあった。 右目の下あたりに、殴られたような青アザがあったのだ。 何かの事件に巻き込まれたんじゃないか?・・・幽霊だの亡霊だの思う前に、リアルにそう考えた。 一体何があったのかと訊ねると、少女はこう答えた。 お母さんが帰ってこない 少女の母親は、娘を駐車場に残したまま、樹海の中に入ったきり戻ってこない、と言うのだ。 わたしはゾッとした。 自殺、という二文字が頭に浮かんだ。 少女は両膝を抱え、また下を向いてしまった。 その姿があまりにも哀れで、そのまま放っておけなくなった。 わたしはとりあえず、少女の座り込んでいる電話ボックスに入って、同級生がやっている自動車整備工場に電話をかけた。 真夜中だったから中々出てくれなかったが、しつこく何十回も鳴らすうちに、奥さんらしい女の人が眠そうな声で電話に出てくれた。 わたしは車の故障を告げ、ついでに、警察に電話をしてくれるよう頼んだ。 奥さんは、そこで待っててください、と言って電話を切った。 わたしが受話器を置いた瞬間だ。 ふと視線を移すと、少女が電話ボックスの中にいない。 いつの間に外に出たのか、少女は電話ボックスの前をフラフラと横切って、真っ暗な樹海の方へ歩いていく。 わたしは慌てた。 母親とはぐれ、真夜中の樹海に取り残された恐怖で、頭がおかしくなってしまったんじゃないかと心配になった。 急いで少女を追いかけたが、意外とその足は速く、どんどん樹海の暗がりの方へ向って行く。 いくら呼び止めても、少女は立ち止まろうとしない。 それどころか、何かに引き寄せられるように樹海の木立の中へ入って行くのだ。 暗闇に目が慣れてきたこともあり、わたしは駆け足で少女を追った。 樹海は溶岩大地にできた森だ。 未整備の場所には大小様々な穴がぽっかり口をあけている。 こんな真夜中にそこに落ちたら、怪我どころでは済まない。 樹海に入りかけた少女の腕を、わたしがやっと掴もうとした時だ。 わたしの二の腕を、後ろから強く引っ張る者がいた。 わたしはギョッとして振り返った。 私の腕を引っ張ったのは、車に残っているはずの友達だった。 暗がりでも、その友達の顔つきが異常なのが判った。 何やってんだ!! 友達は声を荒げた。 わたしは驚いたが、それより、樹海に入ってしまった少女の方が気になった。 友達の手を振り払い、わたしが樹海の中に目を凝らすと、少女の姿はどこにも無かった。 女の子が樹海に入って行った。 母親を探しに行ったのかもしれない。 わたしの言葉に、友達は不可解な顔つきをしたが、とりあえず、わたしを電話ボックスの明かりの近くまで引っ張って行った。 その時のわたしは、とにかく狼狽していた。 目の前で、小さな女の子が真夜中の樹海に入って行ったのだ。 これが落ち着いていられようか。 少女がどうなるかは歴然としている。 だが、友達はもっと狼狽していた。 わたしが電話をかけに行ったきり、二時間以上も戻ってこないので心配していた、というのだ。 わたしは ハッ、と我に帰った。 わたしが車を離れてから、せいぜい30分程度しか経っていないはずだ。 二時間以上経っているとは、どういうことだろう? 電話ボックスにいた少女のことも気になるが、とにかく、外部に連絡した方がいい、友達が冷静に意見した。 わたしが同級生の整備工場にすでに電話したこと、そこの奥さんが、その場所で待っているように指示したことを伝えると、友達は眉をひそめた。 整備工場の奥さんは出産の為に実家に帰っていて、その家に女の人は誰も居ないはずだ、というのだ。 わたしたちは気味が悪くなって、もう一度、整備工場に電話した。 電話に出たのは同級生だった。 彼は、すぐにこちらに来てくれると答えた。 電話を切る前に、わたしたちは、さっき電話した時に対応してくれた女の人について訊ねてみた。 同級生はわたしたちの言葉が理解できない様子だった。 今夜、電話が鳴ったのは一度きりだし、自分以外の人間は家に居ない、というのだ。 私たちは電話ボックスを出ると、わき目もふらず車を目指して走った。 とてもじゃないが、そんな場所にいられなかったからだ。 最初の電話に出たのが誰だったのか、あの少女が何者でどうなったのか、未だに謎のままだ。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

ミステリースポット10 青木が原樹海・夜の国道139号線

青木 ケ 原 樹海 怖い

昔、 富士の樹海(青木ヶ原)へ行ったときの話です。 地元民ですから、 樹海を特別視するようなことはありませんでした。 その日は、 心霊スポット巡りというよりは、 樹海自体に興味があり探検気分で入り込みました(ちなみに一人です)。 樹海では電波が無い…なんていうのは都市伝説で、 携帯電話のアンテナはバリバリです。 しばらく探検しておりますと、携帯電話に着信がありました。 友人からでした。 私「もしもし?今、 富士の樹海きていてさ」 友人「もしもし?もしもし?」 私「もしもし?聞こえる?」 ここで電話は切れてしまいまいました。 急ぎであればかけ直してくるであろうと思い、自分からはかけ直しませんでした。 そして、 樹海の行ける所まで進み、日が沈む前に引き返し岐路につきました。 翌日、改めてその友人に連絡をしてみましたところ 友人「お前どこにいたんだよー。 雑音がひど過ぎて電話切っちゃったわ」 とのこと。 樹海にいたとき、強い風が吹いていた記憶はありませんでしたが、 きっと電話の向こうでは大きな音で雑音になっていたのだろうと思い 「ごめんごめん」と言ってから 樹海へ探検しに行ったいきさつを話しました。 それから、友人が昨日話そうとしていた用件を聞き、電話を切りました。 しばらく携帯をいじっていると、録音データが残っていることに気がつきました。 はて、何か録音したかな?と思い詳細を見てみると昨日の、 友人と電話していたときのものでした。 間違えて録音ボタンを押してしまったのか、試しに一度聞いてから消そうと思い再生。 「もしもし?」と噛み合っていない会話をする私と友人の声。 それを掻き消すようにずっと聞こえる お経。 夏の深夜、大学生だった私は友人とドライブがてら 富士五湖の一つの湖まで遊びに行きました。 廃ホテルが多いのですが、釣り人で賑わっており 全く怖い雰囲気ではありませんでした。 帰り、樹海の横の道路を走行中電話ボックスがみえました。 「こんなところでこんな時間に電話してたら怖いよね~」 と話していると電話ボックスに近づいた時、 ちょうど中年の男性(上はグレーの作業着・下は黄土色のズボン)が 電話ボックスに入いるところでした。 「こんな時間にこんな場所で?!」と驚いて通り過ぎ、 友人と同時に振り返るともうそこには誰もいませんでした。 確かに電話ボックスに入るところだったし、 中年の男性で着ているものまではっきり見えたのに、 1秒も経たずに跡形もなく消えてしまいました・・・。 付近には車もバイクも何もなかったし、 徒歩であそこまで行くとは考えにくい・・・ 「え?何だったの?見間違え?」急にとても怖くなったので、 見間違えということにして家に帰りました。 数日後、TVを見ていると樹海で発見された 遺体の遺留品などが放送されていました。 白骨化した遺体が着ていたグレーの作業着、 下は黄土色のズボン・・・でも私が見たのはつい最近、 同一人物なら白骨化するわけがないのです。 私が見たのは何だったの? 深夜二時ごろ、何もないところにぽつんとある 電話ボックスを利用していたあの男性はこの白骨化した遺体の人なの? 誰に電話しようとしていたのか、 なぜあの時間だったのか、未だに忘れられない光景です。 自分は、現在28歳の男性会社員をしております。 現在は訳があり、会社を休職をしております。 それは会社の人間関係でありました。 自分は与えられていた仕事をもくもくとやっておりました。 最初は人間関係もわきあいあいと円滑でよかったのですが、それが3年ほど経過をして、25歳のときに、同期入社の人などにどんどんとおいていかれるようになったのです。 それで同期にもバカにされてしまい、それが影響してか、後輩などにもバカにされてしまい、仕事がほとんどできない状態となってしまいました。 それで一年前から休職をおこなうようになりました。 しかし、半年ほどまえに精神が安定をしてよくなりましたが、どうせ復職をしても、また同じ環境が自分を待っているのであろうと思い、死のうと思いました。 最初は首でもつろうかと思いましたが、それを実際に行う勇気はとても行うことができませんでした。 そこ富士の樹海にいこうと決意をしました。 日本で一番の自殺スポットであると思いますが、当時は3月の頭だったので、まだ気温なども低く睡眠薬を大量に飲めば凍死ができると思いました。 できなくても迷い込んでしまえば餓死ができると思いました。 そこで現地に向かいました、山道などを歩いていると、自分の薬の影響かわかりませんが、本当に声が聞こえたのです。 少女の声でした。 そこで、自分は本当に怖くなり、引き返しました。 まだ、序盤の方だったので引き返すことができました。 富士の樹海はさすがに自殺の名所だけあるので、もし幽霊が存在をするのであれば、地縛霊として富士に残っているのでしょう。 自分の自殺願望を一瞬で消し去ってしまうほどの殺気を感じました。 多分ここで死んだ人たちは私よりも苦しいどうしようもできない状況でここで死んだんだとおもいます。 それだけ怨念が強いのですね。 友人と旅行に行った時の話です。 一緒にいった友人は霊感は無いものの、 街を歩いていると見知らぬ人に お祓いに行ったほうがいいと言われたり、 拝ませてくださいと言われたりするような事が 本当によくある人でした。 一緒に歩いている時も何度か声を掛けられていました。 そんな友人と山梨に旅行に行き、色々な観光名所を周りました。 樹海の観光スポットにも行きました。 色々と観光して疲れていたのでホテルで就寝していたら、 隣で寝ていた友人がうめき声のような苦しそうな声を出していたので、 怖い夢でも見てるのかと思い起こしてあげたら、 髪の長い女の人の夢を見ていたそうです。 旅行が終わり家に帰っても、旅行の時に夢に出てきた髪の長い女の人が 毎日のように夢に出てくるようになったそうです。 その話を聞いて心配した母親が、 お祓いの有名な所を調べ、遠い所までお祓いに連れていったら、 髪の長い女の夢を一切見なくなったそうです。 そんな事があってから1年ほどたったある日、 私が部屋で怖い番組特集を観ていました。 その番組を観ていると、若者4人組がビデオを回しながら 樹海の遊歩道になっていない場所に入っている映像が流れていました。 しばらくすると女性の自殺した人の遺体と 遭遇したという怖い内容だったんですが、 そのビデオの日付を見たら友人と旅行に行って 樹海を観光した日付と一緒でした。 なので友人はその自殺した女の人の霊に憑りつかれたのではと思い ゾッとするような感覚でした。 都道府県別心霊スポット検索• 203• 209• 178• 176• 115•

次の