返信用封筒 返信 横書き。 返信用封筒について

返信用封筒について

返信用封筒 返信 横書き

「御中」ってなに? 御中は「おんちゅう」と読みます。 担当者個人への返信には「様」を用いますが、会社や担当部署宛の場合には「御中」を用います。 「御中」は会社など「団体・組織の中の人」へという意味を持っており、特定の担当者や個人ではなく会社や担当部署に宛てた宛先に用います。 言ってみればその担当部署の誰が開封しても問題がないという意味にも取れるのです。 文字を消す二重線は横?縦?斜め? 基本的には文字の流れに沿って、縦書きの場合は縦に二重線、横額の際には横に二重線を引いて文字を消します。 ただし「行」という文字に縦や横の二重線を引いた場合、消していることが分かりづらくなる場合があります。 特に細字のボールペンを用いた場合に分かりづらくなります。 このため斜めの二重線でも特に問題はありません。 「様」や「御中」を書き加える場所について 「行」や「宛」などの文字を二重線で消した後、「様」や「御中」といった文字を書き加えるわけですが、縦書きの場合は字の流れに沿って二重線で消した文字の下、または二重線で消した文字の左側に書き加えます。 横書きの場合も文字の流れに沿って二重線で消した文字の右側、または二重線で消した文字の下に書き加えます。 担当者の印が押されている場合 返信用の封筒の宛先に会社や役所などの団体や所属名の下に「行」の文字とともに、担当者を表す印が押されているケースも多いですね。 この場合ですが印は担当者名を表すわけですから、印の後に「様」と入れるようにします。 くれぐれも印を消して担当者名を書き直したりはしないでください。 また「行」の文字は二重線を引いて消しておきます。 そして「御中」の文字は書き加えてはいけません。 先ほども説明した通り「御中」は会社・役所や担当部署の誰が開封しても良い場合を意味しています。 この場合には印の方が担当者だと分かりますので「御中」の文字は必要ありません。 ここからは例を示しています 横書きの返信封筒で担当者名や印がない場合 「行」を横の二重線または斜めの二重線で消し、「御中」は「行」の横または下に書き加えます。 横書きの返信封筒で担当者名の印が押してある場合 「行」を横の二重線または斜めの二重線で消し、「様」は印の横に書き加える。 くれぐれも「御中」を書き加えないように。 縦書きの返信封筒で担当者名や印がない場合 「行」を縦の二重線または斜めの二重線で消し、「御中」は「行」の横または下に書き加えます。 縦書きの返信封筒で担当者名の印が押してある場合 「行」を縦の二重線または斜めの二重線で消し、「様」は印の下に書き加える。 くれぐれも「御中」を書き加えないように。 返信封筒に担当者名が書かれている場合、「宛」や「行」の文字を横書きの場合は横または斜めの二重線で消し、縦書きの場合は縦または斜めの二重線で消す。 「様」を消した文字の下などに書き加える。 この場合「御中」は必要ないので書き加えないように。

次の

返信用封筒の正しい書き方マナー。切手料金や注意すべき点

返信用封筒 返信 横書き

返信用封筒を使ったことはあるでしょうか。 返信用封筒は、相手からお返事をもらうために、こちら側から同封する封筒のことを言います。 普段はあまり使いませんが、就職活動中やビジネスシーンではよく使われるものですので、その書き方について覚えておきましょう。 この記事では、返信用封筒を同封する際のマナーについてと書き方について紹介します。 返信用封筒とは 返信用封筒を知らないという方もいらっしゃるでしょう。 また、返信用封筒の書き方がわからないという方も少なくありません。 返信用封筒とは、返信用はがきとは違い、何か特別な形で販売されているものではありません。 一般的な封筒を使って、相手側に送る封筒の中に入れる封筒のことを言います。 返信用封筒は、あらかじめ受け取る方の住所や氏名が書かれており、切手もすでに貼られていますので受け取った方が切手代を支払う必要はありません。 返信用封筒を使う目的とは なぜ返信用封筒を使うのかというと、「お返事をいただくにあたり相手の方の手間を省くということ」、「間違った住所に送られることを防ぐため」、「相手の方から確実にお返事をもらえるようにするため」といったことのためです。 個人宛のお手紙で、友人や知り合いに郵送するものであれば、それほど書き方に気を使う必要はありませんが、就職活動中に使うものや企業宛てに使うものの場合は基本的な書き方をしっかりと身につけておく必要があります。 いつ返信用封筒が使われるのか 就職活動中やビジネスシーン以外でも返信用封筒は使われることがあります。 例えば何かの申込書類やクレジットカードの申請書、銀行口座の申込書、保険の申込書を取り寄せた場合に、返信用封筒が同封されてくることがあります。 そのほかにも、結婚式などの出欠を確認する場合も返信用封筒や返信用はがきが同封されてくる場合があります。 就活 就職活動中は、さまざまな書類を企業側に提出する必要があります。 そのため、書類を提出する際に返信用封筒を使わなければならない場合があります。 ご自分で封筒を提出する場合もマナーが必要になりますが、企業側が用意してくれた返信用封筒を使う場合にもマナーがありますので、正しい書き方になるよう注意しましょう。 返信用封筒を使用する場合にも、きちんとしたマナーが守られていないとにかかわる場合がありますので、正しい書き方を覚えておきましょう。 封筒の大きさ 就職活動中に返信用封筒を使う場合は、大きさに合わせた封筒を選ぶ必要があります。 返信用封筒を受け取る場合は、自分で封筒の大きさを選ぶことはできませんので送られてきた封筒をそのまま使用することになります。 ご自分で返信用封筒を選んで相手側に郵送する場合は、履歴書の大きさに合わせてA4サイズのものを選びましょう。 履歴書の大きさに合わせた封筒の大きさは角形2号サイズになります。 また、企業側に資料を請求するために返信用封筒が必要になった場合は、サイズの指定がありますのでその指示に従って封筒の大きさを選びましょう。 教員採用 教員採用試験でも、返信用封筒を使ってやりとりする場合があります。 教員採用試験では、企業に返信用封筒を送るわけではありませんので、その書き方がどうなるのか分からないという方も少なくありません。 教員採用試験では、事務員が文書の処理を行うことになりますが、その手間を省くためにも正しい書き方をしましょう。 教員採用試験での返信用封筒の書き方も、そのほかの企業に就職試験を受ける場合と同じく、返信用封筒の書き方から社会的なマナーが守られているかどうかをチェックされていますので、間違った書き方をしないよう注意しましょう。 敬称の使い方に注意 「敬称」と聞いてまず思い浮かぶのは、「殿」や「様」ですが、「殿」や「様」は個人宛てに使われる敬称になります。 また、「殿」とは、目上の方に使ってはいけない敬称になりますので、教員採用試験など、就職活動中に企業宛てに使っていい敬称ではありません。 各位とは 敬称の中には「各位」と付ける場合もあります。 「各位」とは、複数の相手に対して用いる敬称になります。 例えば、案内状やビジネス文書などに多く使われる言葉で、封筒やはがきに用いるものとしてはふさわしくありません。 「各位」には「皆様」という意味があり、「各位」と書く場合も「様」や「御中」と同時に使うことはできませんので注意してください。 教員採用試験のために返信用封筒を使う場合は、一般企業の採用試験に用いるものと同じく「御中」を使います。 「御中」とは、相手の方が団体である場合に用いる敬称になりますので、教員採用試験の場合も宛名には「御中」と付け加えるのが正しい方法です。 返信用封筒は横書きにする書き方もあります。 返信用封筒が横向きになっている場合の書き方は、左から右側へ向かって読むようにして、上から下の行に向かって書いていきましょう。 また、「御中」や「様」を書き方についてですが、「絶対にこうしなければいけない」という決まりはありません。 左から右へ読めるように書ければ問題ありませんが、横書きにする場合は、訂正した後で名前の右側か下に書くのが一般的です。 横書きにする場合の差し出し人の書き方 返信用封筒は宛先が間違った書き方をしていなければそれでいいというわけではありません。 返信用封筒の裏面には受け取った方の住所や氏名を書きませんので、ご自分で書く必要があります。 そのため、郵便トラブルがあった際にも、きちんと手元に戻って来るよう、正しく書く必要があります。 同封されている書類が重要なものであればあるほど、正しい書き方である必要がありますので、郵送する前にしっかりと確認しましょう。 差し出し人の名前の名前の書き方は、横書きにする場合は封筒の裏面の右下に書きます。 宛名を書くときと同じように、左から右に向かって読めるように書きましょう。 返信用封筒の書き方 次に、一般的な返信用封筒の書き方についてご紹介しましょう。 返信用封筒は受け取った方の手間を省くために書くものですので、間違った書き方をしてしまわないよう注意して下さい。 表 返信用封筒の表側には郵便番号と住所、会社名、またはお名前を書いて切手を貼ります。 返信用封筒は確実に相手側からお返事がもらえるよう同封するものですので、切手の料金を間違えないよう注意して下さい。 切手の料金が不足している場合には、郵便物が戻ってきてしまったり、相手の方が切手代を支払わなければならなくなる場合があります。 一度封をしてしまうと、もう一度封筒を開けて切手を貼り直さなければならなくなったり、相手の方のご迷惑になってしまいますので、郵便物の重さを調べ、料金がどの程度かかるのか調べておきましょう。 宛名にはさまざまな敬称が用いられますが、敬称は文章を受け取る相手によって書き方が異なりますので、それぞれの書き方についても覚えておきましょう。 まずはそれぞれの敬称についてご説明しますので、返信用封筒にはどういった書き方がふさわしいのか覚えておいてください。 「様」と「御中」の使い方 「御中」とは、団体や企業、学校名、組織に対して使う敬称です。 そのため、文書を郵送する場合に、会社名の下に「様」と書かないよう注意して下さい。 また、個人に手紙を郵送する場合には、「御中」とは書きません。 「御中」とは組織名や団体名の後に付け加える言葉になりますので、この場合は「御中」ではなく「様」と書きましょう。 また、書き方を間違えて「御中」と「様」を同時に使う方がいらっしゃいますが、これは間違いです。 「御中」と「様」を同時に使うことはできませんので覚えておきましょう。 「殿」とは、目上の方が目下の者に対して使う言葉になりますので、目下の者が目上の方に宛てて「殿」と使うことはできません。 「殿」は使い方が難しく、企業内での文書には「様」と使うことが多いので、「様」と「殿」のどちらを使ったらいいのか迷った時は「様」と書いておきましょう。 また、「部長」や「課長」など、役職名で郵送する場合には、「殿」といった書き方はしません。 役職名には、それだけで敬称の意味が含まれていますので、役職名のみを書いて文書を送る場合には、「様」や「殿」などの敬称をつける必要はありません。 また、役職名の後に個人名を書く場合には「様」を書いておきましょう。 行 「御中」の書き方について覚えていただけたでしょうか。 返信用封筒には「御中」のほかにも「係」、「宛」と書かれている場合があります。 「行」は敬称ではありませんが、「様」や「御中」と同じように宛名の後ろに付け加える言葉です。 「行」は返信用封筒を使って郵便物を送った方が、自分宛にお返事を返してもらう時にだけ使われます。 そのため、返信用封筒を受け取る側の立場であった場合には、この「行」を二重線で消す必要があります。 「行」と書いてある文字に二重線を引き、その横、または下に「御中」または「様」と書き入れましょう。 これは、一般的によく知られている書き方についてのマナーになりますので、間違えてそのまま返信してしまわないよう注意して下さい。 「行」と書くときのポイント 「行」は、個人に宛てた郵便物にも企業に宛てた郵便物にも使うことができます。 ご自分が返信用封筒を送る立場にあった場合には、宛先がご自分の名前になっていますので敬称を書くのではなく、「行」と書くのが一般的な書き方です。 ご自分のお名前に「様」や「御中」などの敬称を使うのはマナー違反になりますので覚えておきましょう。 行の消し方 行の消し方については二つの方法があります。 返信用封筒の場合は二重の斜線を引いて消すのが一般的な方法です。 縦書きの封筒の場合には、縦にまっすぐ二重線を引くか、右上から左下に向けて斜めに二重線を引くかどちらかの方法を選びます。 また、「行」を消そうとして、修正液や修正テープを使ってはいけません。 修正液や修正テープを使うということは、相手のミスを指摘する行動になり、マナー違反にとなります。 「行」の文字を消すときは定規で線を引く必要はありませんが、あまり線が曲がってしまわないよう注意しましょう。 横書きの場合 横書きの封筒の場合は、横に二重線を引きます。 ただし、横書きの封筒の場合は、二重線を引いても消しているのかどうかが分からない場合があります。 この場合は、斜めに線を引いて、消したことがしっかりとわかるようにしましょう。 その後で「様」や「御中」と書き直す場合は、右側かその下に書き直して下さい。 封筒の入れ方 返信用封筒を入れるときはどうしたらよいかわからないという方も多いでしょう。 返信用封筒を入れるには、小さい封筒を選び、折らずに入れるか、二つ折り、または三つ折りにして封筒の中にいれます。 封筒の入れ方についても厳密な決まりはありませんので、どの方法を選んでもかまいません。 とはいえ、形が崩れていたり折れ曲がった状態で封筒に入れないよう注意して下さい。 返信用封筒は、受け取った方が不快感を覚えないようきれいに折り畳み、封筒の中に入れてましょう。 返信用封筒が入らなかった時は 返信用封筒を三つ折りにしてもなかなか封筒に入らないという場合には、さらに上下を折り畳み、形を整えてから封筒の中に入れましょう。 しかし、返信用封筒はきれいな状態で入れる必要がありますので、あまりにもシワシワにならないよう注意する必要があります。 折り方についての決まりはありませんが、相手を気遣い、手間を省くために同封される返信用封筒ですので、相手の方が取り出しやすい方法で折り畳むようにましょう。 返信用封筒を速達にする場合の書き方 急いでお返事を受け取りたい場合は、返信用封筒を速達にして郵送する場合があります。 返信用封筒を速達にして郵送する場合は、封筒の一番上に「速達」と赤いインクのサインペンなどを使い、書き加えておくと良いでしょう。 縦書きの封筒を用いる場合の書き方も横向きの封筒を用いる場合の書き方も、右側に「速達」と書き加えます。 速達は通常の料金とは異なりますので、料金が不足しないよう注意しておきましょう。 簡易書留の場合の書き方 返信用封筒を「簡易書留」で受け取りたいという場合もあります。 この場合は、封筒の左側に赤い文字で「簡易書留」と書いておけば大丈夫です。 「簡易書留」と書く位置は左側の中央か、それよりも少し下に書き入れます。 返信用封筒を使いこなしてマナーをアピール.

次の

返信用封筒の二重線は縦横斜め?書き方で横書きは?封の仕方〆は?

返信用封筒 返信 横書き

・氏名よりも少し小さい字で書く。 ・氏名を書く行ではなく、少しずらす。 (横書きの場合は氏名の少し下の行に。 そのために、あらかじめ行をずらして書きます。 よくみかける「行」と「宛」以外の書き方• 氏名だけで、行も宛も書かない• 「様」をつける• 「殿」をつける まず3番の「殿」は間違いです。 そして1番と2番はマナー的には正しいとはいえません。 ですが、「時代の変化」と「相手の気遣い」からこういう方法が、出てくるようになりました。 どういうことかというと、「行」を書くと相手がそれを消して「様」「御中」と書きなおさなければいけないのです。 つまり、「相手が書きなおす手間を初めからなくしておこう」という優しい気持ちの現れなのです。 その結果、初めから「様」をつけたり、「行も宛も書かない」という方法を取る人が増えました。 ですが、 ビジネスシーンで考えた時にはマナーとして「行」を書くのが最も適切です。 返信用封筒 「行」のまとめ• 返信用封筒には宛名のしたには「行」が適切。 「宛」は返信用封筒には使わない。 縦書きのときには、宛名の左の行に「行」を書く。 横書きのときには、宛名の下の行に「行」を書く。 その他の書き方はマナーとして正しくないので、ビジネスシーンでは使わない。 Sponsord Link 返信用封筒の差出人欄の書き方 「差出人には誰の名前を書くのが正しいのか」が、皆さんが1番悩むところだと思います。 そのほかの書き方などについてもご説明します。 差出人欄は相手の名前 差出人欄は、相手が氏名を記入するところです。 (自分は記入しません) 住所も相手が記入するところです。 (自分は記入しません) 親切な気持で書いてあげたくなるところですが、 差し出がましく失礼な行為とされています。 つい、うっかり書いてしまわないようにしたいですね。 返信用封筒と往信用封筒のオモテやウラの書きかた・まとめ 返信用封筒と往信用封筒では、書き方が違います。 書き方と違いを記してあるので見ていきましょう。 ) 相手の氏名が不明で部署に送る場合は「様」ではなく「御中」か「ご担当者様」となります。 ) 返信用封筒に貼る切手 返信用封筒を出すときには切手が必要です。 日本国内に送るときの切手料金は「重さ」と「大きさ」で決まっています。 定形外郵便の切手料金 一辺が最長60センチ以内 縦横厚みの合計90センチ以内 A4サイズが入るような封筒は、定形外郵便になります。 では、間違いを未然にふせぐためには、どのような方法が良いでしょうか。 確認する方法を見ていきましょう。 封筒の大きさが定形郵便か、定形外郵便かを判断する。 返信時に封筒の中に、何をいれるか想定して重さをはかる。 (封筒 + 内容物 + 送付状等)• 想定される重さが、料金設定のギリギリの重さだったら、一つ上の料金の切手を貼る。 3番は特に大事だと思います。 失礼の無いように余裕をもった行動をするのは、社会人としてのマナーです。 返信用封筒の関連記事 他にも返信用封筒の知識をまとめた記事があります。 Sponsord Link.

次の