らくらくスマートフォン4。 らくらくスマートフォン

らくらくスマートフォン

らくらくスマートフォン4

ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jのカラーバリエーションとスペック 「らくらくスマートフォン4 F-04J」のカラーバリエーションは3色で、 ・ピンク ・ホワイト ・ブラック となっています。 ピンク ホワイト ブラック らくらくスマートフォン4 F-04Jのスペック 詳細 らくらくスマートフォン4 F-04Jのスペック詳細 CPU Snapdragon 625 外側カメラ画素数 約1,310万画素 内側カメラ画素数 約500万画素 ディスプレイ 約4. 9 mm 重量 約138g CPUはクアルコムの「Snapdragon 625」でRAMが2GBという事で、処理能力は2016冬~2017年春モデルの中では中間レベル。 ディスプレイの綺麗さやカメラ性能は落とされていて、全体的に低スペックスマホと言って良いでしょう。 まあ、「らくらくスマートフォン」なので、スペックを求める人はほとんどいないと思いますが・・・。 「らくらくスマートフォン」にこだわらないのであれば、富士通は同じ2016冬~2017年春モデルとして「arrows NX F-01J」を発売しているので、カメラ性能やディスプレイでワンランク上のスマホがいいのであれば、そちらを検討してもいいかもしれません。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jの価格 「らくらくスマートフォン4 F-04J」の本体価格は58,968円 税込 です。 この58,968円を一括で支払う人はあまりいないので、24回払いの分割にする人がほとんどですが、実際に支払う金額はここから「月々サポート」という割引きを引いた金額となります。 時期によって「月々サポート」の割引金額と本体価格は変動するので注意して下さい。 「らくらくスマートフォン4 F-04J」は2017年2月時点では、契約種別やデータ容量の違いによる「月々サポート」の変動はありません。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jのカメラ性能 今ではスマホの重要な機能となった「カメラ」。 あまり使わないから処理性能はそこまで求めていないけど、カメラ性能はできるだけ良いほうがいいって人もけっこういますよね。 ここでは、そんなカメラの性能や特徴などをまとめたいと思います。 スマイルムービー 写真と動画を同時に撮影できる「スマイルムービー」を搭載。 シャッター直前の3秒間も自動で動画保存されます。 タッチシャッター 被写体にタッチするだけでかんたんにピントが合い、シャッターを切ることができる「タッチシャッター」機能。 直感的に操作ができるので、撮りたい瞬間を逃しません。 また、カメラボタンでの撮影も可能です。 暖色フラッシュ 暖色LEDを搭載しているので、より自然で温かみのあるシーンの撮影が可能です。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jの特徴 スマホにはスペックだけでなく各メーカーの特徴もあり、そのメーカーにしかない機能やこだわりなどもあったりします。 スペックや性能面にそこまでこだわりがない人は、こういった特徴で機種を選ぶのも良いかもしれませんね。 Google Play グーグルが提供するアプリ・映画・音楽などの配信サービスが楽しめる「Google Play」が「らくらくスマートフォン」でも利用ができるようになりました。 らくらくコミュニティ 趣味や生活に役立つクチコミや面白い情報が楽しめるアプリ「らくらくコミュニティ」に対応。 利用料が無料なうえ、誤って個人情報などを投稿しないように専門スタッフが24時間確認しているため、安心して使用することができます。 らくらくタッチパネル 確実に操作ができるように「触れる」と「押す」の違いをしっかりと区別するタッチパネルを採用。 触れている箇所を画面がお知らせし、パネルを軽く押すとボタンのような押し心地の振動が指に伝わります。 充実した通話機能 「らくらくスマートフォン4 F-04J」では、聞き取りやすさと伝えやすさを追求し、 ・大音量スピーカー ・スーパーはっきりボイス ・ゆっくりボイス ・ダブルマイク などの機能を搭載。 環境に合わせて相手の声が聞きやすく、自分の声が伝わりやすいように自動的に調整されます。 あんしんサポート わからないことを通話料無料の「らくらくホンセンター」に電話で聞く事が可能。 専用ボタンを押すだけでワンタッチでつながり、専門のアドバイザーが操作方法など教えてくれます。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jの評価と感想 「らくらくスマートフォン4 F-04J」は、2016冬~2017年春モデルのスマホとしてはややスペックが抑えめなものの、「らくらくスマートフォン」としての役割はしっかりと果たしてくれる良い機種だと思います。 「Google Play」に対応したことで、「LINE」やアプリなどは普通のスマホのように使え、 ・大音量スピーカー ・スーパーはっきりボイス ・ゆっくりボイス ・ダブルマイク など、通話機能は高齢者向けに充実。 また、「らくらくホンセンター」は、初めてスマホを使う人にとってはかなり強い味方となってくれるでしょう。 「らくらくスマートフォン4 F-04J」は、これから初めてスマホを使う人や、スマホを使用してみたいけれど不安という人にピッタリの機種だと思います。

次の

ドコモ「らくらくスマートフォン4 F

らくらくスマートフォン4

ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jのカラーバリエーションとスペック 「らくらくスマートフォン4 F-04J」のカラーバリエーションは3色で、 ・ピンク ・ホワイト ・ブラック となっています。 ピンク ホワイト ブラック らくらくスマートフォン4 F-04Jのスペック 詳細 らくらくスマートフォン4 F-04Jのスペック詳細 CPU Snapdragon 625 外側カメラ画素数 約1,310万画素 内側カメラ画素数 約500万画素 ディスプレイ 約4. 9 mm 重量 約138g CPUはクアルコムの「Snapdragon 625」でRAMが2GBという事で、処理能力は2016冬~2017年春モデルの中では中間レベル。 ディスプレイの綺麗さやカメラ性能は落とされていて、全体的に低スペックスマホと言って良いでしょう。 まあ、「らくらくスマートフォン」なので、スペックを求める人はほとんどいないと思いますが・・・。 「らくらくスマートフォン」にこだわらないのであれば、富士通は同じ2016冬~2017年春モデルとして「arrows NX F-01J」を発売しているので、カメラ性能やディスプレイでワンランク上のスマホがいいのであれば、そちらを検討してもいいかもしれません。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jの価格 「らくらくスマートフォン4 F-04J」の本体価格は58,968円 税込 です。 この58,968円を一括で支払う人はあまりいないので、24回払いの分割にする人がほとんどですが、実際に支払う金額はここから「月々サポート」という割引きを引いた金額となります。 時期によって「月々サポート」の割引金額と本体価格は変動するので注意して下さい。 「らくらくスマートフォン4 F-04J」は2017年2月時点では、契約種別やデータ容量の違いによる「月々サポート」の変動はありません。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jのカメラ性能 今ではスマホの重要な機能となった「カメラ」。 あまり使わないから処理性能はそこまで求めていないけど、カメラ性能はできるだけ良いほうがいいって人もけっこういますよね。 ここでは、そんなカメラの性能や特徴などをまとめたいと思います。 スマイルムービー 写真と動画を同時に撮影できる「スマイルムービー」を搭載。 シャッター直前の3秒間も自動で動画保存されます。 タッチシャッター 被写体にタッチするだけでかんたんにピントが合い、シャッターを切ることができる「タッチシャッター」機能。 直感的に操作ができるので、撮りたい瞬間を逃しません。 また、カメラボタンでの撮影も可能です。 暖色フラッシュ 暖色LEDを搭載しているので、より自然で温かみのあるシーンの撮影が可能です。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jの特徴 スマホにはスペックだけでなく各メーカーの特徴もあり、そのメーカーにしかない機能やこだわりなどもあったりします。 スペックや性能面にそこまでこだわりがない人は、こういった特徴で機種を選ぶのも良いかもしれませんね。 Google Play グーグルが提供するアプリ・映画・音楽などの配信サービスが楽しめる「Google Play」が「らくらくスマートフォン」でも利用ができるようになりました。 らくらくコミュニティ 趣味や生活に役立つクチコミや面白い情報が楽しめるアプリ「らくらくコミュニティ」に対応。 利用料が無料なうえ、誤って個人情報などを投稿しないように専門スタッフが24時間確認しているため、安心して使用することができます。 らくらくタッチパネル 確実に操作ができるように「触れる」と「押す」の違いをしっかりと区別するタッチパネルを採用。 触れている箇所を画面がお知らせし、パネルを軽く押すとボタンのような押し心地の振動が指に伝わります。 充実した通話機能 「らくらくスマートフォン4 F-04J」では、聞き取りやすさと伝えやすさを追求し、 ・大音量スピーカー ・スーパーはっきりボイス ・ゆっくりボイス ・ダブルマイク などの機能を搭載。 環境に合わせて相手の声が聞きやすく、自分の声が伝わりやすいように自動的に調整されます。 あんしんサポート わからないことを通話料無料の「らくらくホンセンター」に電話で聞く事が可能。 専用ボタンを押すだけでワンタッチでつながり、専門のアドバイザーが操作方法など教えてくれます。 ドコモ らくらくスマートフォン4 F-04Jの評価と感想 「らくらくスマートフォン4 F-04J」は、2016冬~2017年春モデルのスマホとしてはややスペックが抑えめなものの、「らくらくスマートフォン」としての役割はしっかりと果たしてくれる良い機種だと思います。 「Google Play」に対応したことで、「LINE」やアプリなどは普通のスマホのように使え、 ・大音量スピーカー ・スーパーはっきりボイス ・ゆっくりボイス ・ダブルマイク など、通話機能は高齢者向けに充実。 また、「らくらくホンセンター」は、初めてスマホを使う人にとってはかなり強い味方となってくれるでしょう。 「らくらくスマートフォン4 F-04J」は、これから初めてスマホを使う人や、スマホを使用してみたいけれど不安という人にピッタリの機種だと思います。

次の

らくらくスマートフォンを買う前に検討すべきこと

らくらくスマートフォン4

2020年以降ドコモでは3G回線のサービスが終了するため、ガラケー利用者はスマホへ移行が必須ですが、 「ガラケーからスマホにして操作を覚えるのが面倒そう」 という不安があると思います。 この「らくらくスマートフォン」はらくらくホンシリーズだけあって「 最も操作が簡単なスマホ」と言っても過言ではないかもしれません。 過去のバージョンの「らくらくスマホ F-03K 」は現在ドコモで販売終了 ちなみに「らくらくスマートフォン me F-01L 」は2019年2月に発売していますが、2018年2月28日に発売した「らくらくスマートフォンme F-03K 」というバージョンも存在します 現在はドコモでは販売終了しており購入できません 参考: 「らくらくスマートフォン」はドコモ販売のみ 意外と勘違いがあるので補足ですが、「らくらくスマートフォン」はドコモの「らくらくシリーズ」なので、auやソフトバンクでは購入する事が出来ません。 1 Android 6. 電話帳未登録の番号から電話がかかってきたとき、発信者側にけん制メッセージを自動で伝える迷惑電話対策機能がさらに進化。 電話帳未登録の番号に電話をかけると、音声認識技術により会話の中から還付金詐欺に関する特定のキーワードを抽出し、危ないシーンを端末が自動で察知。 還付金詐欺の可能性のある振込リスクを抑制します。 還付金詐欺対策機能は、警視庁犯罪抑止対策本部からの助言を参考に富士通コネクテッドテクノロジーズが開発しました。 引用元: また緊急時に端末側面のブザーボタンを押すことで、大音量のブザーが鳴ると共に事前に登録してある相手に自動で電話がかかる設定にする事も可能です。 ワンセグ機能で放送が受信できるので災害時にも役に立ちますし、気象庁の緊急速報「エリアメール」にも対応しているので万が一の場合の備えとしても使えます。 らくらくスマートフォンの端末価格と最終的なスマホ代はいくら? ここまででドコモの「らくらくスマートフォン me F-01L 」の機能面がお分かりいただけたと思いますが、問題は料金面ではないでしょうか。 というのもガラケーに比べてスマホは月額料金が高くなりやすいからです。 2年目以降は月額5,000円くらいを目安に考えておくとよいと思います。 ただし上記はプラン料金を従量制の「ギガライト」の1~3GB利用時で計算しているので、もっと使う場合には更に高くなる可能性もある点には留意を。

次の