お気 に 召し て いただけ たら 幸い です。 幸いですの意味・敬語表現・ビジネスシーンでの使い方

「幸いです」は敬語?より丁寧な表現とは

お気 に 召し て いただけ たら 幸い です

でははじめてください。 私って実はとてもいやらしいんじゃないかと思うんです。 なんか普通じゃないんです。 エッチなビデオでも昔は充分興奮できたのですが、最近はそんなのなってないと思うんです。 おっぱいが見えるだけで興奮できますか?わざとらしい腰の動きとあからさまな喘ぎ声の演技で満足できますか?私は到底できません。 だから小説や同人に走ったのです。 私が望むべき世界を見つけるために。 そこで私は味わったのです。 縛られている女の人を見るとゾクゾクするのです。 メチャメチャに汚されているとたまらないのです。 だから..... 深く、もっと深く.... だからもっと妄想したいのです。 妄想できる世界に行きたいのです。 抵抗出来ないようにしてから、いいように責めなぶり、与えられる快楽と苦悶に顔をゆがませながら最後は陥落する。 まさにその瞬間が見たいのです。 卑劣な罠にかけてでも普段は手も届かない高嶺の花を落下無残に踏みにじりたいのです。 ああっ私は..... わかりました。 あなたは世界を屈伏させるしかないでしょう。 あなたの進むべき道は用意してあります。 あなたは何を望みますか? とにかく小説が読みたい!! (マンサクの実験小説) (投稿された玉稿) (少し変わったショートストーリがあります) 官能世界のウンチクを... (作者の独り言) (博士とおねーさんの屈伏講座) 愛なんていらない (美女を絶体絶命的状況に追い詰めて楽しむ) おしっこ我慢大好き! (美女が尿意を必死に我慢する小説など) いろんなジャンルの作品を味わいたい! (おすすめ作品紹介) たまにはCGもいいな! (投稿CG作品) 他のすばらしい世界も巡回したい! (リンク集) 楽しい語らいでつかの間の休息を (屈伏BBS) お仲間に入れて! (屈伏は世界を救う!) (新人太郎ファンクラブ) 募集要項や、マンサクの秘密 (一度は見てみてね) 当サイトは趣旨を理解くださる人々の輪を広げるためにリンクフリーです。 商用目的のサイト以外は、お気に召したらどんどんリンクしていってください。 メールでご一報いただけたら幸いです。 世界中の気丈な女たちを屈伏させたいというかたからの投稿やメールも随時募集中です。 共に戦わん。 世界を屈伏させるために。

次の

「いただけます」と「いただきます」の違いは?敬語としての使い方

お気 に 召し て いただけ たら 幸い です

気に入っていただけて|正しい敬語表現は? 気に入っていただけての敬語表現:意味を理解して正しく使う まずは、「気に入っていただけて」という言葉の一般的なイメージを考えてみましょう。 「気に入る」に「いただける」という謙譲語をプラスした丁寧語で、上司や先輩など、日常的にも敬語を使う相手である目上の方に向けた表現方法です。 特に、「いただける」をつけるだけで敬語表現として認知されることもありますね。 ただ、「気に入っていただけて」の使い方を意識する方は少ないです。 むしろこれで敬語として成り立つと自信を持って使う方もいますが、実際のところ、意味合いを理解してない方の方が多いです。 友達や家族に話す言葉表現ではないため、使い慣れしていない方ほど、曖昧な気持ちのまま上司や先輩に使いがちなのです。 また、「気に入っていただけて」は実際に話す時だけでなく、メールでの連絡や取引相手などの挨拶で使う際にも使われます。 文字は形に残りやすいので、敬語や丁寧語を駆使することで、印象を良くすることができるので便利です。 顔と顔を合わせてない分、文章からの印象が全てになるので有効的に使いたいですよね。 気に入っていただけての敬語表現:TPOに合わせて嬉しい気持ちを表す 「気に入っていただけて」はビジネスシーンで活用することも多いので、ビジネス用語としての印象が強いです。 正しく使うことができれば、仕事上でのあなたの印象をグン!と上げてくれるので、正しい敬語表現を身に付けることが大切です。 「気に入っていただけて」は謙譲語なので、取引先への敬意も示すこともできますよ! 「気に入っていただけて」を口頭で表現する場合、友達や家族に話すと「気に入ってもらえる」と表現することが多いです。 「いただける」というのは、こちらの目線が下がることになり、敬意を自然と相手に伝えることが可能です。 ビジネスシーンでは「嬉しい!」「良かった!」と気軽に使うことは望ましくないのです。 ただ、同じ会社の先輩や上司に「気に入っていただけて」と表現すると、逆に距離を感じてしまう方も少なくないです。 こちらとしては敬意を示しているつもりが、もっと身近に感じてほしい丁寧語を嫌う上司もいます。 職場での関係性や話し方のニュアンスを変えることも、特にはプラスに働くので覚えておきましょう。 気に入っていただけて|ビジネスシーンでの使い方・類語は? 気に入っていただけて|ビジネスシーンでの使い方 「気に入っていただけて」をビジネスシーンで使う機会ですが、主に口頭とメールの2種類の場面で多用することが多いです。 まず、口頭に関しては、取引先に贈り物をして、それに対するお礼の返事として使うことが多いです。 「贈り物を喜んでくれた!」「この贈り物を選んで良かった!」という気持ちを表す最適な方法です。 「気に入っていただけて光栄です」「気に入っていただけて幸いです」など、嬉しい気持ちをさらにプラスすることで、贈った側の私達も嬉しい気持ちでいっぱいだということを表現することができます。 自分の敬意を示すことによって、贈られた側も「こちらのことを考えて選んでくれたんだ!」と喜んでもらえるはずです! 次に、メールで「気に入っていただけて」を使う際には、なるべくわかりやすく一文にまとめることで相手の読む手間を省けますし、嬉しい気持ちをダイレクトに伝えられます。 メールは文面でのやりとりになるので、長文で伝えると論点が見えづらくなります。 嬉しい気持ちを表す言葉は簡潔に伝える方が効果的です。 「気に入っていただけて」の類語 「気に入っていただけて」は敬語表現としては申し分ないですが、中には「ちょっと硬すぎるかも?」と使うことを躊躇する方もいます。 そんな方におすすめの類似表現があります!「喜んでいただけて」と「お気に召して」の類語を使えば、「気に入っていただけて」と同じ意味合いで相手に気持ちを伝えることができます。 「お気に召して」は「気に入っていただけて」を尊敬語に表した表現で、言葉のニュアンスとして丁寧さがアップした印象になります。 上司や取引先相手の場合、社長や会長などの重役ポジションに俗している方に対しては、「お気に召して」を使うことをおすすめします。 より丁寧語に近い表現になるので覚えておきましょう。 「喜んでいただけて」は「喜ぶ」に「いただける」という謙譲語を添えた表現になるので、比較的に身近に感じていたり、親しみを込めて使える丁寧語です。 特に、硬い敬語表現が苦手な先輩や、部下との距離を縮めたい上司に対して、こちらも同じ気持ちではありつつも、敬意はしっかり伝えたい時に有効的です。 『気に入っていただけて嬉しいです。 』は、シンプルな言葉で文末を締めるのが効果的です。 長文ではなく簡潔に伝えることを意識しましょう。 「嬉しい」とそのまま伝えるのは敬語として使えているのか不安になる方もいると思います。 ただ、「気に入っていただけて」を冒頭に使うことで敬語表現として相手に伝わっていますので、日常的に使う「嬉しい」という言葉を使っても大丈夫です。 どちらかというと、硬い表現を使われるのが苦手な先輩に使うと良いですね。 』です。 上司や取引先の上層部など、目上の方にも使いやすいのでおすすめです。 「光栄」という言葉を使うだけで、文章全体を引き締めてくれるのでビジネスに最適です。 先程紹介した「嬉しいです」をフランクな表現と思う方には、「光栄です」という表現は重宝されますし、相手に対して敬う気持ちを表すことができるのでおすすめです。 ビジネスシーンでは丁寧語や謙譲語を使う機会も多いので、日常的に使わない表現にも徐々に慣れていくようにしましょう。 』は、少し硬い表現になってしまうかもしれませんが、相手に対して敬う気持ちを示すだけでなく、比較的使いやすい表現なのでおすすめです。 特に、メールの文面では「幸」という言葉はダイレクトに目に入りますし、相手のしてくれた行為に幸せを感じているのを伝えることができます。 今ご紹介した3つの例文は、「気に入っていただけて」に添えても違和感を覚えにくいですし、メール文にもしやすいのでおすすめです。 敬語は普段使わない表現なので、日常でも使いやすいような言葉を使うことで、馴染みも良くなりますし、ぎこちなさも軽減することができます。 伝えやすい表現を駆使するのも大切なのです。 』と謙譲語を駆使することで、社長や会長などの立場が上の方へも失礼のない表現です。 」と表現する場合は、「存じます」と締めくくった方が好印象です。 「存じます」は日常的に使われない言葉ではありますが、相手に敬意を示す表現としては特におすすめなので、ビジネスシーンで大事な取引相手に接する際には活用できるので覚えておくと良いでしょう。 『気に入っていただけて嬉しく思います。 』と表現すると、「嬉しい」という気持ちを引き立てる丁寧語になるので、より誠意を持った敬語表現として使うことができます。 「思います」は日常的にも使いやすいですし、口頭やメールでも表現しやすいので、敬語が苦手な方にも重宝されています。 しかも、「嬉しく思います」は「嬉しいです」とまとめるよりも響きが綺麗ですし、ビジネスシーンで使える丁寧語として有効的です。 丁寧ながらも嬉しさをちゃんと伝えることができますし、メール文でも凛とした印象を与えて、実直な姿勢も示せるのでおすすめです。 例えば、『お気に召していただき光栄です。 』と表現すれば、丁寧な印象ながらも、相手に敬意を示している証拠になりますし、「光栄」という言葉で締めるのも好印象です。 敬語としては硬い表現ですが、契約間近の取引先や、社運をかけて挑む際など、誠意と共に嬉しさを表現できる万能な類語です。 普段使い慣れない言葉だからこそ、特別感が増す表現になりますし、ここぞ!という時に「光栄」という言葉を使うことによって、取引先相手や上司に対して敬意だけでなく、この瞬間をとても大切に思っているという気持ちも一緒に伝えることができますよ。 』にすると、嬉しい気持ちに敬意を重ねて、相手の心に届くような表現ができます。 時には、ビジネスシーンでも友達のようなフランクな表現で話すこともあります。 ただ、仕事としてこれから付き合っていく相手なので、敬語表現で関係を深め合うのも大切です。 特に、嬉しい気持ちを表す場合は、ビジネスシーンだとしてもお世辞のように聞こえてしまうと、かえって印象が悪くなります。 日常的に使う言葉を丁寧語に変えることで、相手に対して敬意を表すことができますし、それでいて使いやすい表現になるのでおすすめです。 謙譲語の「いただける」をプラスしているので、仕事上でも硬い表現を話すのが苦手な方に重宝されています。 「喜ぶ」と素直に表現するのも効果的なのです。 『先程のメールから、喜んでいただけているのを実感して嬉しく思います。 』と、「喜ぶ」と伝えてからさらに丁寧な表現で伝えることで、フランクな表現としてではなく、敬語として認識されやすい文脈になります。 使いやすさはもちろん、メールの文面にも馴染みやすいのでおすすめです。 これは、「最高」「最上」という意味なので、これ以上に嬉しい気持ちはないと表現することができます。 取引先相手に「喜んでいただけてなによりです。 」と伝えることで、丁寧さを持って嬉しい気持ちを表すことができるので重宝されます。 「何よりです」はメールの文面でも上品な印象を与えますし、言葉使いの綺麗さは好印象になるきっかけにもなります。 ビジネスシーンでは言葉の使い方が会社のイメージを決定づけることもありますので、メールだからといって気を抜かずに丁寧語を使うようにしましょう。 』をおすすめします。 「存じます」は文末がとても丁寧な表現で、目上の方にも使いやすいです。 また、メール文では「いただける」という平仮名が目立つので、自然と敬意を示すことができます。 「存じます」は、普段あまり使わない表現ではありますが、ビジネスシーンでは目上の方に使う謙譲語として重宝されていますし、契約など大切なお話を進める上で、話を円滑に進めるためにも覚えてくと良いですね。 以上、「気に入っていただけて」の類語の5つ例文を紹介しました。 使いやすい表現なので覚えておきましょう。 気に入っていただけて|嬉しい気持ちを表す言葉をビジネスに役立てよう! いかがでしたか?「気に入っていただけて」は、嬉しい気持ちを丁寧かつ敬意を込めて伝えることができるので、ビジネスで使う敬語表現として最適な方法です。 また、「お気に召して」「喜んでいただけて」のような類語を駆使することで、コミュニケーションの幅も広がりますし、比較的使いやすい敬語表現なので、メールの文面でも相手への敬意をさりげなく表現できておすすめです。 さらに、「お気に召して」「喜んでいただけて」のような類語を駆使することで、コミュニケーションの幅も広がりますので、ビジネスシーンで活用してみましょう!.

次の

ご不明な点がございましたらの例文9選!英語とビジネスメールの返信も

お気 に 召し て いただけ たら 幸い です

「幸甚に存じます」の意味と読み方 読み方 「幸甚に存じます」は <こうじんにぞんじます>と読みます。 「幸甚」について 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 「幸甚」の意味は、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う となります。 「存じます」について 「存じます」は 「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「幸甚に存じます」の使い方と例文 「幸甚に存じます」は目上の相手に対して使うことのできる表現です。 「幸甚に存じます」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 ビジネスシーンでの「幸甚に存じます」は、依頼する際に使うことが多いです。 「幸甚に存じます」は少々堅い表現のため、基本的に目上の人に使います。 親しい間柄の相手に使ってしまうと、仰々しい印象を与えてしまいます。 この場合は「〜してくれて大変ありがたく思います」という意味を表します。 例文 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚に存じます。 ・おかげさまで当店も開店10年を迎えることができました。 これまで当社を支えてくださったお客様、関係者の方々に御礼を申し上げたいと思います。 また、今後とも変わらぬご愛顧賜れば幸甚に存じます。 ・本日はこのような素晴らしい会にお招きいただき、幸甚に存じます。 ・遠いところからご足労いただき、またご教示いただけたことは幸甚に存じます。 この場合は相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになります。 ・次回のセミナーのゲストとしてご出席いただければ幸甚に存じます。 ・ささやかではございますが、祝賀会を催すこととなりました。 ご来臨くだされば幸甚に存じます。 ・何かお心当たりの方がいらっしゃいましたら、当方までご一報いただければ幸甚に存じます。 ここでの「幸甚に存じます」は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足に思います」といった意味になります。 単純に自分が嬉しいという意味ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して「幸甚に存じます」を用います。 例文 ・先日は誠にありがとうございました。 心ばかりの御礼といたしまして当地の名産品をお送りしました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・お菓子の詰め合わせをクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・いつも大変お世話になり、ありがとうございます。 以前、お好きだとお聞きしたスイートピーのお花をお送りしました。 気に入っていただけましたら、幸甚に存じます ・お祝いのしるしまでに別送の品をお届けしますので、ご笑納いただければ幸甚に存じます。 ・日頃、お世話になっているお礼としてギフト券を同封いたしました。 受け取ってくださると幸甚に存じます。 「幸甚に存じます」の類語・言い換え 「幸甚に存じます」はとても堅い表現なので、使う相手やシチェーションによって使い分けが必要です。 幸福、幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 「幸いです」は 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」を意味します。 「幸いです」の使用場面としては、「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合」になり、ビジネスメールで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 また「幸いに存じます」という言い方もできます。 「幸いに存じます」は「幸いです」と同じ意味ですが、「存じます」は「思う」の謙譲語のため「幸いです」よりも丁寧な表現になります。 他に「幸いと存じます」という言い方もありますが、「幸いに存じます」の方が一般的によく使われます。 「幸い」と「幸甚」では、「幸甚」の方がワングレード上の表現になります。 例文 ・ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いです。 ・心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いです。 ・お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです。 ですので、「ありがたい」は、相手からの好意に感謝する際に使います。 「ありがたい」は形容詞のため、「ありがたい+お言葉」「ありがたい+お気持ち」「ありがたい+お気遣い」といったように「ありがたい」の後に名詞を付けます。 さらにこの後に「感謝いたします」といった言葉を加えると気持ちをより強く伝えることができます。 ただ、「ありがたい」は少々相手を敬う気持ちが足りないので、相手によっては不快な・失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 「ありがたい」を使うときは必ず「感謝しています」などと感謝を表す表現を一言添えましょう。 また「ありがたく存じます」という言い方もあります。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 「ありがたい」は、「幸甚」と「幸い」よりもやや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・ありがたいお言葉をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・私の案を採用いただき、ありがたい感謝の気持ちで一杯です。 ・お土産ありがたく頂戴いたします。 「光栄」は感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例えば「お会いできて光栄です」という言い方がよく使われますが、これは相手と場合によっては間違った表現になります。 例として「総理にお会いすることができ光栄です」は「総理にお会いできたことは名誉に思う」という意味になるので適切な表現ですが、「君に会えて光栄です」だと少々大袈裟な表現になってしまいます。 このように「お会いできて光栄です」は会ったことを誇りに思うような人物に使い、単に会って嬉しい人物には使用しません。 他にも「光栄でございます」「光栄に存じます」と言うことができます。 「光栄です」は「幸甚です」に比べると、やや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・このような伝統のある舞台に出演できて大変光栄です。 ・このような素晴らしい賞を頂くことができとても光栄です。 ・お褒めに預かり、光栄に存じます。 助かります 「助かります」は 「相手の助力に対してありがたい・嬉しい」という意味になります。 「助かります」は、「何かをしてくれると助かる」という意味で依頼する時と、「何かしてくれて助かった」という意味でお礼する時に使う言葉で、「幸いです」よりもカジュアルな表現になります。 「助かります」を目上の相手に対して使うのは不適切になります。 理由としては「助ける」は「他人を補佐して,事がうまく運ぶようにすること」です。 つまり「相手が自分を助ける」という場合、自分が主で相手が補佐をいうことを表していることになるからです。 「助かります」は同等や目下の相手に対して使うのが適切になります。 例文 ・手伝っていただけると助かります。 ・明日までにお返事をいただけると助かります。 ・急な日程調整を快く引き受けてくださり、助かりました。 幸甚です 「幸甚です」は丁寧な表現で一般的にもよく使われます。 「幸甚です」と言うこともできますが、「幸甚であります」「幸甚でございます」と言うこともできます。 幸甚の至りです 「至り」の意味は 「ある物事が最高の状態に達していること」「極み」です。 「〜の至り」とした場合は「それが最高の状態であること」意味するので、 「幸甚の至り」は「幸せの極み」「幸せが最高の状態であること」を表します。 ビジネスシーンでは感謝の気持ちを表すときに使用することが多いです。 また、「幸甚の至りに存じます」という言い方もできます。 「幸甚です」や「幸甚に存じます」よりも、幸せであることを強調しています。 「幸甚に存じます」の英語 「幸甚に存じます」の英語表現を考えていきます。 していただけると幸甚に存じます」は、 ・It would be grateful if you would... ・I would appreciate it if you could... ・It would be much appreciated if you would... と表現します。 仮定法を使っています。 「もし... できたなら」「もし... していただけるなら」のように「if」の後に「would」「could」を使い現実可能を低く言うことで謙虚の表現になります。 かなり細かいですが、「would」より「could」の方がほんの少しだけ丁寧になります。

次の