バイセクシャル診断。 アセクシュアル(無性愛)とは?ノンセクシュアル(非性愛)との違いも解説!

バイセクシャルとは?バイセクシャルの意味や特徴、診断方法も紹介!

バイセクシャル診断

診断の前に…バイセクシャルとは? 地球上に存在する人間は、「男」と「女」のどちらかの性別に分けられますが、男性は女性を愛するもの、女性は男性を愛するものというように、これまで異性に対して恋愛感情を抱く事が一般的とされていました。 セクシュアリティに関する話題についての関心度が上がってきていることからも、バイセクシャルについてなんとなく理解している方も多いはず。 バイセクシャル診断の前に、ここで今一度 バイセクシャルの定義についてみていきましょう。 バイセクシャルの定義 バイセクシャルとは、 性別の垣根を超えて男女どちらにも恋愛感情を抱く人のこと。 男性が男性に恋愛感情を抱く「ゲイ」や、女性が女性に恋愛感情を抱く「レズビアン」というように、性対象が男女のどちらか一方であるケースとは異なり、バイセクシャルは 男女両方に恋愛感情を抱いたり、性対象として認識するのです。 バイセクシャルの場合、自分の性別や相手の性別に捉われず、 「ひとりの人間として」相手の魅力的な部分に本能が感じたままに恋愛感情を抱きます。 またバイセクシャルであることに物心がついた時から自覚している人もいれば、性に対して関心が強くなる思春期に自覚する人もいますし、大人になってからバイセクシャルであることを認識したなど、自覚が芽生えるのは人によって様々でもあるのです。 バイセクシャルの類義語 そしてバイセクシャルという言葉以外にも、 「パンセクシュアル」や「バイキュリアス」というように似たような類義語も存在します。 「パンセクシュアル」とは、自分の生まれ持った肉体や相手の性別に関わらず、全ての人を愛することができる人のこと。 バイセクシャルは、相手が男性なのかあるいは女性であるのか 性別を識別したうえで、恋愛感情を抱くのに対して、パンセクシャルは人に恋愛感情を抱く時に、 相手の性別を念頭に置かないといった両者の違いがあります。 バイセクシャルのもう一つの類義語である「バイキュリアス」とは、今までの恋愛対象や性対象が一般的である一方で、 自覚症状なしに同性に魅力を感じる人に対して使われる言葉です。 バイセクシャル診断 では、バイセクシャル診断15項目を紹介します。 女性同士でも肌が触れるとドキッとしてしまう• キャリアウーマンなどのカッコイイ女性に憧れる• 中性的な男性に恋愛感情を抱きやすい• 女の子らしくふわふわした女性が好き• 泣いていたり元気がない女性を見かけると抱きしめたくなる• 女性とお風呂に一緒に入った時にドキドキする• 男性用の服を持っている• 結婚願望がない• 「男の子っぽい」と言われたことがある• ボーイッシュなファッションが好き• 人によく相談されたり頼られる「姉御肌」である• 女性を大事に扱う• 男性から女性扱いされたい• 女性らしさと男らしさの両方を兼ね備えている• 性別関係なしにすべての人に恋愛感情を抱いたことがある 続いて、上記の診断項目についてそれぞれ詳しくみていきましょう。 このように意図的だったりふざけて手を繋いできた時や、ふとした瞬間に手や肩が触れ合った時にドキドキしたら、バイセクシャルであると診断できる傾向にあります。 バイセクシャルだと男性に対しても同様に、肌が触れた瞬間にドキドキしたり意識してしまうのです。 次から次へとテンポ良く仕事をこなすデキル女性の立ち振舞いや言動に、人として憧れる女性は多いでしょう。 しかしバイセクシャルと診断できる場合、カッコイイ女性に対して「自分もそうなりたい!」と尊敬や憧れというような感情よりも、 「その女性の傍にいたい」と尊敬や憧れとは違うドキドキ感やトキメキを抱いてしまっているのが特徴です。 憧れのカッコイイ女性のことを無意識のうちに目で追ってしまっていたり、頭の中から離れなかったりするのであれば、恋愛感情を抱いていると診断できるでしょう。 憧れだけの存在ではなく、特別な存在に変わっているのであればバイセクシャルの可能性があります。 バイセクシャルな女性は、男性らしい一面を持ちつつも女性ならではの細かな気遣いのできる中性的な人を恋愛対象として見る傾向があります。 特にがさつで男性的な性格をしている女性にとっては、女の子らしい女性に憧れたり、羨ましいと思ったりすることがあるのではないでしょうか? しかし、バイセクシャルな女性は女の子らしくてふわふわした女性を目にすると、 「守ってあげたい」「自分が傍にいてあげなくちゃ!」というように、男性的な思考が働きやすい診断傾向にあるのです。 日常生活を送る中で、このように男性の視点で物事を見る傾向が強い場合は、バイセクシャルの可能性があります。 そのため、男女関係なくいつもより元気がない人や泣いている女友達の姿を目にすると、傍について慰めてあげたりすることに違和感を感じることはないでしょう。 女の子らしくふわふわした女性を見ると、守ってあげたいというような男性視点に立って考えてしまう時と同様に、落ち込んでいる女性や泣いている女性を見て 思わず抱きしめて守ってあげたくなるような感情になる場合にも、バイセクシャルな診断の可能性があります。 ただ単に女友達の一人として、心配してあげたり元気づけてあげたいと思うだけでなく、男性に抱くような特別な感情を抱いているようであれば、それは恋愛感情かもしれません。 バイセクシャルでなければただの興味本位で見ているだけに、特にドキドキしたりというような感情は芽生えることがありません。 しかし、その興味本位という考えを超えて、 性的な魅力を感じてしまう場合にはバイセクシャルである診断の可能性が高いと言えるでしょう。 女性らしいファッションもするけれど、 男性用の服だけを着こなす場合もバイセクシャルな女性に見られる傾向です。 結婚適齢期を迎えて、周りの友達や同僚が既婚者になっていくと取り残された気持ちに陥ってしまったりと、どうしても結婚に対して焦りを感じてしまう女性は多いもの。 しかし、バイセクシャルな女性は 結婚に対して、こだわりを持たない人が多い傾向にあります。 結婚制度にこだわりを持っていないものの、子供が欲しくて男性と結婚し子供を授かるというようなバイセクシャルな女性も存在するのです。 しかし、中には意識的にカッコイイと言われたくて、男性っぽく振る舞ったりする女性もおり、バイセクシャルな女性は見た目が男性っぽい傾向にあるのも特徴です。 ただ、バイセクシャルでない女性の中にも、女の子らしくてフェミニンなファッションを好まないパンツスタイルが好きな女性もいますので、いつもボーイッシュなファッションをしているからという見た目だけでは判断は付きにくいです。 見た目からしてボーイッシュなバイセクシャルな女性もいますが、中には女性らしいフェミニンなファッションをしていても、 男性性を強く兼ね備えた性格をしている姉御肌な女性もバイセクシャルと診断できます。 自分の思ったことをズバッと言えるようなサバサバとした性格をしている女性は、同性からも好かれることが多く、バイセクシャルな女性から好意を持たれることも多いのです。 レディーファースト精神が根付いている外国人は多く、恋人以外に対してもレディーファーストを行います。 バイセクシャルな女性も同様に、恋愛感情を抱いている同性に対して女性を大切に扱ったり、恋愛感情がない女友達であってもレディーファーストするのが自然と身についている傾向にあるのです。 男性的な視点や考えを持つバイセクシャルな女性は、 同性を大切に扱おうとする気持ちや、女性ならではの細かな気遣いができるといった特徴があります。 また、そうしてもらいたいと望んでいるはずです。 男性に大切に扱われたいという気持ちは、バイセクシャルな女性も同様にあります。 男らしく頼もしい男性を前にすると、本能的に女性らしさが出てしまうことから、普段頼りにされることの多いバイセクシャルな女性は、 好きになった男性には大切に扱われたいという願望を持っているのです。 恋愛対象が男性の場合は、男性から大切に扱われたいという気持ちが強くなりますが、恋愛対象が女性である場合は、相手の女性のことを大切に扱いたいという気持ちが強くなります。 このことからバイセクシャルな女性は、 恋愛対象によって接し方が変わってくると同時に、こちらの診断項目からもバイセクシャルであるかどうか診断することができるのです。 このように、女性らしい一面と男性らしい一面があると自覚がある場合にはバイセクシャルな女性と診断することができるでしょう。 恋愛対象が男性だと 相手の男性好みの可愛らしい女性になることもできますし、逆に恋愛対象が女性であれば、 ヘアスタイルやファッションも女性好みに変わるといった特徴があります。 恋愛感情を抱く相手がいつも決まって異性である人もいれば、いつも仲良くしている女友達がいつの間にか特別な存在に変わっていて、恋愛対象として見ていたことを自覚した時、自分に戸惑いを感じてしまう人もいるはず。 バイセクシャルなすべての女性に共通することは、異性愛者と同様に意識的に人を好きになろうと思って好意を抱くのではなく、 無意識的だったり、直感で恋愛感情を抱いているということ。 実際に、人を好きになるのに特別な理由なんていりませんよね。 自分の心の中にあるセンサーが反応し、そのセンサーに触れた相手がたまたま女性であったり男性だっただけで、人を好きになるという行為自体は他の人と何ら変わりないのです。

次の

バイセクシャルかどうか診断する14項目!その他の性的指向との違いも

バイセクシャル診断

見出し• バイセクシュアルとは、男性女性に関わらず恋愛感情を抱くこと バイセクシュアルの人とはレズビアンやゲイとは異なり、性別にとらわれず、恋愛感情を持つ人のことを指します。 「両性愛者」とも呼ばれるバイセクシュアルですが、その恋愛対象が同性、異性どちらにもなることから、人知れず悩んでいる人も少なくありません。 中学生頃になると、自分の性というものを意識し、同性の友達や先輩に憧れを抱くことも出てきます。 またこの時期は、同性に嫉妬したり、妬んだりしてさまざまな感情を持ち始める時期でもあるのです。 その中で、女同士なのに特定の同性の友達や先輩のことが気になる、その人のことばかり考えてしまうということに気が付くということもあるでしょう。 もちろんバイセクシュアルの人が全員思春期に自分の性嗜好に気が付くというわけではありません。 大学生や社会人になって、たくさんの人と出会う機会があり、気が付くというケースも少なくありません。 もちろん、もしかしたら「女性の友達に独占欲を抱いている」だけなのかもしれない場合もあります。 バイセクシャルの要素は誰にでも持っていて、カッコいい女性や先輩に惹かれるという経験は誰しも経験したことがあるでしょう。 ちょっとしたしぐさや細やかな心遣いに同性ながらもドキッとすることもありますよね。 バイセクシャルかどうかはまず自分が「バイセクシャルであるという自覚があること」が前提です。 まだ自分の気持ちがはっきりしないで、もやもやしてしまうこともあるでしょう。 もしかしたら、その特定の女性に抱く感情が恋愛感情なのかどうか、チェックしてみましょう。 仕事ができる、カッコいい女性に憧れる 先輩や友達の中でも中性的なタイプの女性に惹かれたり、アスリートのボーイッシュな女性に憧れたりすることもあるでしょう。 カッコいい女性の佇まいや振る舞いにドキドキしたり、目で追ってしまったりすることはありませんか? そしてその人のことを気にしすぎたり、ふと考えてしまっている自分に気が付いたりすることもあるかもしれません。 その人みたいになりたいという気持ちよりも、その人の側にいたいと思う気持ちが強い場合には恋愛感情を抱いている可能性があります。 また、カッコいい女性が好きは同性ならよくあることなので、その人への執着がないようなら「カッコいい人に憧れている」というだけなのかもしれません。 好きな男性は、スリムで中性なタイプに惹かれる 好きな男性のタイプもより中性的な雰囲気の人や線の細いスリムな男性を好きになる傾向はありませんか? バイセクシュアルの人が好きになるのは、細身の人が多いという傾向があります。 また男性らしさよりも、柔らかなフェミニンな雰囲気を好む傾向にあります。 だからバイセクシャルの女性にとって、男性的なかっこよさと合わせて女性らしい細やかな心遣いを持ち合わせていると、恋愛感情を抱きやすいのかもしれません。 女同士なのに、肌に触れるとドキドキする 同性なのに、着替えやお風呂などでドキドキしてしまうことはありませんか? または、同性の友達の手が触れたり、肩が触れたりすると、意識してしまったりすることはありませんか? PR:ティファレト 肌が触れてドキドキすることは、少なくとも性的な意識を持っている証拠です。 バイセクシャルの場合、男性にも女性にも好きな人や気になる人に対して、同じように肌に触れるとドキドキする傾向があります。 女性らしい雰囲気のふんわりした感じの女の子が好き 同じ女性なのに、つい守ってあげたくなる女性がいるということはよくあることです。 バイセクシャルの場合、一時の感情だけでなく、ふんわりした感じの女の子が困っていると助けたり、側にいてナイトのように振舞ったりすることがあります。 その女性が頼りないからということではなく、同性なのに自分が守ってあげたいという気持ちになってしまうことで、男性的な感情になってしまうのかもしれません。 その男性的な目線や感情、行動はバイセクシャルの可能性が高いかも! 泣いていたり、落ち込んでいたりする子を抱きしめたい 親しい同性の友達が、落ち込んでいる時には慰めてあげたいと思うのは、よくある感情です。 親しければハグして慰めることも女性同士の友達ならよくあることでしょう。 ハグのような軽い感覚ではなく、ぎゅっと抱きしめて自分のことのように慰めたいと思う気持ちや、泣いている姿も愛おしい、かわいいという感情が表れてくると、恋愛感情に近いかもしれません。 同性に恋をしているような感情もやはりバイセクシャルの可能性が高いかもしれません。 カッコいい女性への憧れ?それとも恋愛感情? バイセクシャルかどうかを判断するためには、自分が同性に抱いている感情を整理することです。 ・カッコいい女性や先輩に憧れているだけなのか ・かわいいふわふわした女性が好きという感情は、男性的な視点を持っているのか ・女性同士なのに、裸を見るとドキドキするのか ・女性同士で肌が触れると緊張したり、ドキドキしたりするか ・男性にも恋愛感情を抱くことはあるか ・泣いている女性を抱きしめたいという衝動に駆られるのか など、さまざまな視点から自分の行動や感情を整理してみることが必要です。 本来女性は「カッコいい女性に憧れる」ということは誰しも経験しているものです。 カッコいい女性に憧れることは何ら問題ないことですし、普通のことです。 また女性には母性本能もあるので、かわいいものに惹かれたり、泣いている人を抱きしめたりすることもあるでしょう。 今までは、男性が好きであったけれど、魅力的な女性が現れたら、「人として好き」「その人の中身に惚れる」ということは性別に関係なくよくあることです。 事実、女性の8割がバイセクシャルであるという報告もあるほどです。 自分の感情が恋愛感情なのか、憧れなのかの整理をすることでバイセクシャルであるかどうかはっきりしてくるのではないでしょうか。 また、女性は一人で行動するよりも、気の合う友達と一緒に行動することを好む傾向が高いです。 親友同士で一緒に行動したり、買い物に行ったりして共感したり、近くにいることで、独占欲や依存心が生まれやすいということもあります。 バイセクシャルになると、異性同性関係なく恋愛感情が芽生えやすくなります。 その中でも「中性的な男性が好き」「男性らしい女性が好き」「自分より女性らしい女の人に惹かれる」など、自分のタイプがはっきりしてくると、より一層バイセクシャルかどうか明確になってくると思います。 「バイセクシャル」と聞くと性的に奔放なイメージを抱く人も少なくありません。 実は、バイセクシャルとは不特定多数の人と性的な関係を持つことではなく、性別を超えて人を好きになるということです。 さまざまな恋愛のカタチがあることを認めて、知っておくことが大切ですね。

次の

【発覚】彼氏がバイセクシャルだった!別れるべき?今すぐとる行動とは?

バイセクシャル診断

セクシュアリティ診断をご利用いただき、誠にありがとうございます。 診断結果はいかがでしたか? 自分が考えていた結果と違うものや、 初めて聞く言葉が出てきた方、「納得いかない!」という方もいるかもしれません。 まだまだこちらの診断は開発中のものになりますので、結果に対するご意見などはぜひ公式ツイッター() 宛に頂けますと幸いです。 また、こちらのツールを開発するJobRainbow(ジョブレインボー)は日本初のLGBT(セクシュアルマイノリティ)向けの転職・就活サイトです。 ここで、少しだけ私たちの想いを伝えさせて下さい。 なぜならセクシュアリティというのはグラデーションであり、人それぞれ違うものだからです。 自分が当事者とは思っていなくても、「男らしさ」「女らしさ」の押し付けなどに疲弊している人も現代社会には少なくないでしょう。 故にLGBTにフレンドリーな社会は全ての人にとっての生きやすさに通じる部分があります。 それは「就職」においても同じで、LGBTにフレンドリーな会社はみんなが働きやすい会社です。 JobRainbowはこれからも「すべてのLGBTが自分らしく働ける社会の創造」を目指すことで、最終的には「すべての人たちが自分らしく生きられる社会」を目指し続けます。 LGBTの方も、そうでない方も、わからない方も、もし私たちの活動にご賛同頂けましたら、ぜひに登録してみてください。 就職関係以外にもイベントや交流会なども開いています。 ぜひそちらでもお会いできることを楽しみにしております。 この度はセクシュアリティ診断をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

次の