初盆 香典 親。 初盆(新盆)には何を贈るべき?お供え物の選び方とマナー

初盆の香典の金額 親の相場は?お供え物の金額やのしの表書きは?

初盆 香典 親

私たちにとってお盆は毎年夏に迎える、ご先祖様を供養したり感謝の気持ちを捧げたりするための時期です。 特に、身内の方の四十九日が終わってから間もないうちに迎えるお盆のことを初盆といいます。 初盆というだけでも普通のお盆とは違った意味を持ちますが、先日四十九日を迎えた故人が親である場合、なおさら特別な意味があるでしょう。 初めて私たちの世界に戻って来る親の霊を供養するためにも、法要の準備をきちんとすることは非常に大切です。 そして、同時に親の初盆法要に持参する香典の準備もまた重要なものである一方、香典にいくら包めば良いのかという問題は多くの方が感じるものといえるでしょう。 そこで今回「終活ねっと」では、 親の初盆法要の際に用意する香典の金額相場について見ていきます。 初盆とはどのようなお盆なのか? お盆の中でも特別な意味を持つ初盆について、簡単にご説明します。 親の初盆での香典の金額相場はいくらなのか? 親の初盆法要の際に持参する香典の一般的な金額相場についてご紹介します。 あわせて、そのほかのご家族が故人の場合の相場についても見ていきます。 初盆の香典を準備するやり方とは? 初盆の香典の準備のやり方として、香典袋の選び方や表書きの書き方から見ていきます。 初盆の迎え方とはどのようなものなのか? 初盆を迎える方法について、簡単に解説していきます。 今度迎えるお盆が親の初盆にあたるという方は、ぜひとも最後まで読んでいただいたうえで初盆法要の準備に役立てていただければ幸いです。 また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 親の初盆の際にはいくらくらいの金額を包んだ香典を持参すれば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか? ここでは、親の初盆の場合に 包むべき香典の金額相場についてご紹介します。 相場は1万円〜3万円 最初に結論から先に書けば、親の初盆で持参すべき香典の額は 1万円から3万円というのが一般的です。 後で触れるように、親の初盆の場合の香典の金額は他の身内の方が故人の場合よりも高い傾向にあります。 加えて、香典を包む方の年齢によっても若干香典の額は変化してくることが一般的です。 例えば、包む方の年齢が20代や30代の場合は、40代や50代の方の場合に比べるとやや少なめに包むとされる傾向にあります。 なお、初盆の香典の金額は親の場合も含め、地域や宗派で決まっている場合もありますので、事前にご近所の方や菩提寺の僧侶の方などに相談すると良いでしょう。 このほか、故人が親である場合は香典とは別に、兄弟姉妹で白提灯代として 1人当たり3千円程度包む場合も多いです。 白提灯代を包む際には香典袋に表書きとして「御提灯代」と記すようにします。 親以外の場合は? 故人が親以外の場合は、兄弟姉妹の場合を除いて香典の額は少なくなる傾向にあります。 ここでは、故人が親以外の場合の金額相場を見ていきましょう。 兄弟姉妹 兄弟姉妹が故人である場合は、実の親と同じくらいの金額で 1万円から3万円を包むのが一般的です。 これは、兄弟姉妹が実の親と同じように直接血でつながった親族であることが理由とされています。 祖父母 故人が祖父母である場合、香典の金額は 1万円が相場で、故人が親や兄弟姉妹の場合に比べるとずっと少なくなります。 親や兄弟姉妹に比べると血縁の上で距離があることから、その影響で香典の金額も少なくなるといえるでしょう。 伯母や叔父などの親族 伯母や叔父といった血縁上である程度の距離が見られる場合も、香典の金額は少ない傾向にあります。 おおよそ 5千円から1万円が一般的とされていますが、生前の親族との親交の深さも考えたうえで、包む金額を決めると良いでしょう。 友人・会社の同僚 ご友人や会社の同僚の方といった血縁関係のない方が故人である場合は、 5千円から1万円が相場です。 ただし、故人がご友人や会社の同僚の方の場合も、生前の親交の深さによって実際に包む金額を決めるということで問題はありません。 会食に参加する場合 会食に参加する場合、さきほど説明した金額に加えて、会食代を準備する必要があります。 会食代は、一般的には 5千円~1万円ほどが相場で、香典の金額に加えておきます。 初盆 新盆 の香典はどう準備する? 表書き 香典袋を選んだら、次は表書きを書きましょう。 初盆の香典袋では 御仏前(ご仏前、御佛前)と書くのが一般的です。 これは、初盆はすでに四十九日を過ぎた段階で迎えるもので、故人の霊もすでに生まれ変わり先が決まり成仏したものとみなされていることによります。 非常によく似た表書きに「御霊前(ご霊前)」がありますが、こちらは先ほどの理由から初盆では決して使われませんので、間違えて書かないようにしましょう。 なお、表書きの下には実際に 香典を包んだ方の名前をフルネームで書きます。 初盆で持参する香典袋に記す表書きについては、以下の記事にさらに詳しいことが説明されていますので、初盆の準備の際にぜひともご活用いただければ幸いです。 お盆の時期は初日にご先祖様の霊を迎えることで始まりますが、初盆の場合は迎え方が普通のお盆と少し異なります。 最後にここでは、初盆の場合のお盆の迎え方についてご紹介しておきましょう。 初盆の場合でも普通のお盆の場合と同じように、初日(迎え盆)の日に迎え火を焚いて死後の世界から戻ってきた故人の霊をお迎えすることで、初めてお盆の時期が始まります。 方法についても、玄関先などで焙烙に入れたおがらを燃やすという点では同じです。 しかし、唯一異なる点として 白提灯を軒先などに飾るという点が挙げられます。 これは、初めて戻ってくる故人の霊は他のご先祖様の霊と違って途中で迷いやすいため、 比較的真っ白な提灯の方がわかりやすいためです。 迎え火の焚き方も含めて、そのほかに初盆に向けて準備すべき項目(法要の準備など)については、以下の記事においてより詳細に解説されていますので、ぜひとも初盆の準備にお役立てください。 初盆とは、お盆の中でも前年のお盆以後に亡くなった身内の方の四十九日が過ぎた後に迎えるものを指す。 普通のお盆と異なりその故人の方を供養する意味合いが強いことから、故人の初盆法要の準備や白提灯の用意をする。 親の初盆の場合、香典の金額は1万円から3万円が一般的な相場である。 ほかにも、兄弟姉妹で白提灯代を1人当たり3千円出しあう。 故人が親以外の場合は、故人が兄弟姉妹の場合を除くと比較的少ない金額相場となる。 ただし、会食に参加する場合は5千円から1万円ほど多めに包んでおくと良い。 初盆の香典を準備するうえで重要となるのが、香典袋の選び方と表書きの書き方である。 香典袋は弔事用の不祝儀袋を使い、水引は色が黒白または黄白、結び方が結び切りやあわじ結びのようなほどきにくいものを選ぶ。 表書きについては「御仏前(ご仏前、御佛前)」と書き、さらに下の段には実際に香典を包んだ方の氏名をフルネームで記す。 初盆の迎え方としては、迎え火の際に白提灯を軒先などに飾るという点が普通のお盆の場合と異なる。 これは、四十九日後に初めて戻ってくる故人の霊は他のご先祖様の霊に比べて途中で迷いやすいため、比較的目立ちやすい目印を用意する必要があるためである。 親の初盆の際に用意する香典の金額は1万円から3万円が相場とされており、加えて白提灯代として兄弟姉妹1人当たり3千円ほどが必要といえます。 親はご自身から見るとご家族の中で最も親しい存在であるというのが、他のご家族の方に比べて金額相場が高めである理由といえるでしょう。 なお初盆の法要については、香典の金額以外にもさまざまなマナーがありますが、さらに詳しいことは以下のリンクの記事をお読みください。 人生の中で最もお世話になった親御さんを、初盆の際にきちんと供養するうえでこの記事が役立てていただければ幸いです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

初盆の香典の金額親の場合いくらかとお供えや服装について

初盆 香典 親

初盆・新盆の香典について4つのポイント 1)四十九日(忌明け)を過ぎて 初めて迎えるお盆を初盆または新盆と言います。 その年のお盆の時期までにまだ四十九日を迎えていない場合には初盆・新盆法要は翌年に執り行います。 2)毎年、お盆の時期には亡くなった人やご先祖をお迎えしますが、 初盆・新盆だけは僧侶を招いて法要を行います。 この初盆・新盆法要には遺族・身内や親族だけでなく、故人とお付き合いがあった人や会社職場関係・友人・知人も参列することがあります。 (初盆・新盆を過ぎると、これ以降の主な法要は一回忌、三回忌、七回忌などのように、故人の命日に行われるものとなります) 3)初盆・新盆には僧侶を招いて法要が営まれるため、 遺族や親族だけでなく故人とゆかりが深かった人は法要に招かれることがあります。 法要に招かれた人は香典を持参します。 4)初盆・新盆の法要のあとで食事会(お斎=おとき、と読みます)が催されることがあります。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 初盆の香典の相場は(中心となる金額は)5,000円〜10,000円のようです。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 夫婦でお斎に出席する場合や、子供もお斎に出席する場合にはその分も見越して香典の金額を包みます。 また義理の父母、義理の兄弟姉妹は実父母、実兄弟姉妹と金額は変わってきます。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 法要に出席する場合には引出物の金額を想定した金額を包むようにします。 香典とは別に、あるいは香典の代わりにお供物やお供えを贈ることもあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 会社や職場では、何人かで香典を出し合ってキリの良い金額にまとめることがあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 会社や職場では、何人かで香典を出し合ってキリの良い金額にまとめることがあります。 その場合の香典袋の書き方、表書きなどについては次のページで解説します 1,000〜5,000 1,000〜5,000 3,000〜5,000 3,000〜10,000 会社名で香典を包む場合 ケースとしては少数ですが、以下のような場合に初盆の香典を包むことがあります。 ・故人の会社への貢献度が高かった場合 ・故人が会社の元経営者や元役員だった場合 ・故人が職務遂行中の事故などで死亡した場合 ・故人や遺族と会社や社長が家族ぐるみでお付き合いがあった場合など 香典の金額は10,000〜100,000円くらいです。 お斎に出席する場合には食事の分も香典の金額を決める際に考慮します。 会食(お斎)に出席する場合には、一般的には一人あたり@3,000〜@10,000円程度を香典金額にプラスし、数千円、数万円といったキリの良い金額にします。 法要に出席する場合には引出物の金額を想定した金額を包むようにします。 香典とは別に、あるいは香典の代わりにお供物やお供えを贈ることもあります。 下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。 アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。 友人 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000 5,000〜10,000 知人 2,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 隣近所 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 3,000〜 仲人 2,000〜5,000 2,000〜5,000 2,000〜10,000 3,000〜.

次の

初盆(新盆)は家族だけで簡単にしても大丈夫?準備は何をすればいい?

初盆 香典 親

3.初盆・新盆の香典(香典袋・のし袋)書き方・表書き 仏教の場合は、四十九日を過ぎるとのし袋の表書きが変わります。 初盆(はつぼん)・新盆(にいぼん)は、四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆ですので、不祝儀を送る場合には、のし袋の表書きは「御霊前」を使わなくなり「御仏前」「御佛前」になります。 地方の初盆の場合には、親族などの近親者が提灯を贈る場合もあります。 住宅事情などを考慮し、現金を包むケースが増えて来ているようですが、もし提灯を贈る場合は関東では初盆のみ白い提灯を贈るしきたりもあります。 また、喪家の家紋を入れたり、絵入りのものを贈ることもあります。 飾る日程を考慮し、1〜2週間前には届くように手配をしましょう。 喪家に飾る場所の都合を確認した上で、喪家の地域の仏具店や葬儀社などに依頼するとその地域の風習にそったものを用意してくれます。 お線香のあげかた、ご焼香のマナーについては別ページにて御紹介しています 初盆の法要に出席する人が持参する香典の表書きは以下のとおりです。 初盆・新盆 香典の表書き 書き方とマナー 1. お香典袋の表書き(不祝儀ののし袋の表書き) お盆は仏教行事です。 薄墨は使わず、濃い墨で書きます。 下段にはフルネームを書きます。 お供物料はお香典の「御仏前」の代わりに持参しても、あるいは「御仏前」とは別に包んで持参しても構いません。 もちろん現物の品物を持参または送っても良いものです。 連名の場合ののし袋の書き方 ご夫婦の場合は、夫の名前だけでも良いのですが、故人とのご縁が深かった場合には連名にします。 夫の氏名を中央に書き、妻の名前だけをその左側に書きます。 職場などでまとめる場合ののし袋の書き方 【職場で香典をまとめる】 職場などで少しずつ出し合って香典をまとめる場合には表書きは見本画像のようになります。 香典を出した人のリストはのし袋の中に入れます。 遺族がお礼状を出しやすいように住所と氏名を明記したリストとなります 【お返しを辞退する場合】 各自が出し合った金額が少額であれば個別のお返しを辞退することもあります。 お返しを辞退する場合にはその旨を香典袋の中に入れる紙に一筆書き添えます。 [例文] 「故人にこれまでお世話になったご恩に比べれば本当に心ばかりでございます。 恐縮ながらお返し等のお心遣いはご辞退申し上げます」 「些少ですが故人の墓前にお供え下さい。 恐縮ながらお返し等のお気遣いは謹んでご辞退申し上げます」など。 こうした場合には文末に職場の住所や部署名もしくは代表者名だけを記載しておくと、お礼状は職場あてに届きます。 初盆・新盆 香典の表書き 書き方とマナー (つづき) 4. 水引き 黒白あるいは双銀、藍銀、黄白(主に関西地区)の結び切りの水引きのものを用います。 (人によって考え方が異なるので、事務局ではこのように考えています) 以下のようにすれば、失礼にあたることはありません。 「二枚以上になるときは、お札の向きが同じになるように揃えて入れる」 「新札は不祝儀には向かないという考え方が根強いので、もし新札を使う場合は2つに折って折り目をつけてから袋に入れる。 」 「あまりにも汚いお札やヨレヨレのお札は、むしろ失礼にあたるので使わない」 お札の枚数は4枚、9枚といった枚数が「死、苦」を連想させるとして嫌われます。 香典の札の入れ方にはいろんな考え方がありますので、「故人を敬う気持ちを表し、相手に不快な思いをさせなければ良い」と事務局は考えます。 ただし、のし袋を選ぶ際には、中に入れる金額にふさわしい熨斗袋を選ぶようにします。 お供えものを手配する場合 香典の代わりにまたは香典とは別にお供え物を持参または送ります。 お供え物ののし紙の表書きは「御供」など。 水引きは、双銀、藍銀、黄銀、黄白の結び切りです。 盆提灯について「御提灯代」とは 【親族のみが包む「御提灯代」】 盆提灯は、お盆に霊が迷わず戻って来られるように、目印として飾ると言われています。 盆提灯には、初盆・新盆用の「白提灯」と、それ以降に用いる「絵柄の入った提灯」の二種類があります。 盆提灯は親族が購入するのがならわしでしたが、住宅事情や飾るスペースなどを考慮し、不祝儀袋に「御提灯代」として現金を遺族に渡し、遺族が必要な個数を購入するようになってきています。 初盆・新盆の香典のお返し 引出物の手配 ・当日お渡しする引出物はお盆の法要の参列者へのお返しの一部と考えられます。 法要のあとで会食を行なう場合には、その会食もお返しの一部となります。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引き出物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 予算は@2,000〜5,000円程度が一般的です。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。 初盆・新盆の香典のお返し (つづき) 返礼品の手配 ・初盆・新盆の法要に香典だけを送って頂いた方に送るお礼の品(お返し・返礼品・香典返し)です。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や日持ちのする調味料、缶詰、お菓子、コーヒーや紅茶、お茶、乾麺などの食品等が良く用いられます。 最近はカタログギフトも増えました。 高額の返礼品ほどカタログギフトが多いようです。 ・お返しの品ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 他には、実用品としてタオルやハンカチなども良く用いられます。 最近では高額なお香典へのお返しにカタログギフトが良く用いられます。 初盆・新盆の香典のお返しに添えるお礼状・お礼の手紙 ・初盆・新盆の法要に香典だけを送って頂いた方に送るお礼の品(お返し・返礼品・香典返し)です。 お礼の手紙を添えて送ります。 ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や日持ちのする調味料、缶詰、お菓子、コーヒーや紅茶、お茶、乾麺などの食品等が良く用いられます。 最近はカタログギフトも増えました。 高額の返礼品ほどカタログギフトが多いようです。 ・お返しの品ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・お礼の言葉…忙しい中を温かいお心づかいを贈って頂いたことへのお礼の言葉を入れます。 ・お礼状はあくまでも略儀…です。 本来なら直接お礼を申し上げるところ、書状でのご挨拶となった旨を伝えます。 (文中の言葉「拝眉(はいび)」…お会いするという意味をへりくだって言うときに使う言葉。 お目にかかる。 ) ・差出人…施主の名前を書きます。 横に「親族一同」と書き添えます。 ・その他…季節の挨拶文は不要。 頭語 「拝啓」+結語「敬具」については、両方入れるか、もしくは両方無しのどちらでも良い.

次の