赤 ニキビ オロナイン。 オロナインでニキビは改善されるのか?実際に試してみたレポート

薬局で買えるニキビの市販薬おすすめ7選!正しい選び方も紹介♪

赤 ニキビ オロナイン

自宅の薬箱には、必ず一個はあるであろう、オロナインH軟膏。 大塚製薬から発売されているこの製品は、発売してから50年以上も愛されている、皮膚用抗菌軟膏剤薬です。 ・オロナインの効能 ニキビ ・吹出物 ・はたけ ・やけど かるいもの ・ひび ・しもやけ ・あかぎれ ・きず ・水虫 じゅくじゅくしていないもの ・たむし ・いんきん ・しらくも 有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液は、殺菌・消毒効果のある成分であることから、様々な傷や炎症症状に効果的な、軽い傷口や、やけどなどの炎症を抑えてくれる優れものです。 今回は実際にニキビに悩んでる10代、20代の方に、気になるニキビがオロナインで治るか、実際に使って試して頂きました。 いつものようにきれいに洗顔をして、化粧水などでスキンケアをする• ニキビの気になる部分にオロナインを塗る• 絆創膏などを張り、そのまま就寝。 試してもらった人 Kさん(19歳)• ニキビの状態:最近になってニキビが出来始めました。 とくに、額やあごなどを中心に、小さいニキビがポツポツとある状態です。 生理前は特に出来やすい。 市販の薬などを試してみたが、あまり効果を得られていません。 1日目: おでこ全体に小さいニキビがプツプツあります。 オロナインの使い心地は、ちょっと固くて伸びがあまりない印象!これからどう変化していくのか楽しみです。 2日目: 大きなニキビが出てしまいました。 でも小さいニキビが少し減ってきた気がします。 オロナインの効果かはまだわかりません。 3日目: 変化は特になしです。 新しいニキビが出来てしまいました。 4日目: 昨日まで出ていたニキビの赤みが消えました。 しかし、また新しいものが一つ出ていました。 5日目: 赤く目立っていた大きいニキビが減りました!小さいニキビがまだ気になります…。 6日目: 小さいニキビがなかなか消えません。 赤い大きなニキビには効いているようです。 7日目: あまり変化が見られません。 しかし、小さいニキビもだんだん消えてきているような気がします。 一週間経過してみて、赤くなっている大きなニキビには効果があるようですが、小さなニキビにはあまり大きな効果が見られませんでした。 また赤みが引いたと思ってもすぐに出来てしまいました。 さらに使い続けて一週間後: 2週間前よりも、ずいぶんニキビが目立たなくなりました。 2週間オロナインを試したKさんの感想 はじめは、オロナインはニキビに効果があるのか不安でしたが、使い始めた当初より、ニキビの数が減ったように感じます。 特に、大きな赤みのあるニキビにはすぐに効きました。 しかし、一日でも忘れてしまうとまたすぐに出来てしまいます。 塗ったあと、ベタベタしてしまう使用感がちょっと気になります。 それでも全体的に、使う前よりはニキビが減ったのを実感できたので、継続して使ってみたいと思いました。 結果 Kさんの経過をみて、赤く大きなニキビができても、使った翌日、翌々日には炎症が抑えられているのが印象的でした。 ただ、治ってもまたすぐに再発してしまうこともありました。 小さな白ニキビに関しては、赤いニキビほど、大きな目立った効果があまりなかったように見受けられます。 しかしそれ以上大きくなってしまったり、広がってしまうというトラブルもないようでした。 オロナインは赤ニキビには、即効性があるのがわかりますね。

次の

オロナインでニキビは改善されるのか?実際に試してみたレポート

赤 ニキビ オロナイン

赤ニキビへのオロナインの効果は?悪化することはないの? 一家に一つはある家庭の常備薬「オロナイン」は大正製薬のロングセラー商品で、なんと1953年からある塗り薬だそうです。 そして、小さい頃から切り傷や擦り傷などに塗ってもらった記憶がある方も多いはずですね。 でも実は、このオロナインは擦り傷や切り傷だけでなく、ニキビにも効果があると言われており、特に効果があるのは炎症のある赤ニキビなんだそうです。 オロナインは、主成分であるクロルへキシジングルコン酸塩液が殺菌作用や消炎作用を持ち、アクネ菌や雑菌を撃退し、炎症を抑えてくれるので、赤く腫れがあった痛みのある「赤ニキビ」の炎症の抑制にも効果があるのですね。 でも、この赤ニキビになる手前である「白ニキビ」や「黒ニキビ」は皮脂が毛穴に詰まった状態なので、この段階でオロナインを使ってしまうと、オロナインに含まれているオリーブ油やワセリンといった油成分がアクネ菌や雑菌のエサとなってしまい、悪化することもあります。 なので、オロナインを使うなら赤ニキビが炎症を起こしている段階で使うようにすることがポイントで、炎症を通り越して跡になってしまったところにも使うのはオススメできないのです。 テラコートリル軟膏との違いは? 市販で購入できるニキビ専用の治療薬として「テラ・コートリル軟膏」がありますよね。 そして、テラ・コートリル軟膏は、炎症を抑えてくれるヒドロコルチゾンという副腎皮質ステロイドと抗生物質が配合されている軟膏薬で、症状が悪くなるのを抑えながら炎症を治す効果が期待できるようです。 なので、化膿した皮膚炎や湿疹に効果的と言われているので、赤ニキビの中でも炎症が進んで悪化した状態のものへも効果があるのではないでしょうか。 というわけで、もしも次の通りオロナインを使ってみても効果が実感できなかったら、テラ・コートリル軟膏を使ってみることをオススメします。 (関連記事:) スポンサーリンク 赤ニキビへのオロナインの使い方は?絆創膏やパック方法も それでは、赤ニキビをより効果的にオロナインで治すために、次の通り効果的な使い方をチェックしていきましょう。 1、 オロナイン+絆創膏パック できるだけ早く、小さく目立たなくしたい!という方にオススメなのがオロナイン+絆創膏のナイトパックです。 ・ メイクを落とし、洗顔を優しく丁寧に行う ・ 化粧水(アクネケア用のものだとより良い)をコットンに含ませ、顔全体になじませ、その後新しいコットンに化粧水をひたひたに含ませ、ニキビの上に置き、5~10分ほど置く。 ・ コットンパック後、ニキビにオロナインを塗り、ニキビが隠れるくらいたっぷりと塗る。 ・ オロナインの上から絆創膏をふわっと、少し浮かせるように貼る。 この状態で睡眠をたっぷり取れば、早ければ3日ほどで治ることもあるそうです。 そして、絆創膏を貼っておけばオロナインで枕やシーツが汚れることもないですし、手で患部を触ってしまうことも防ぐことができるので、安心ですね。 このとき、ポイントとしては絆創膏をあまりぴったりと貼りすぎないことが大切で、肌に密着させすぎるとニキビが潰れてしまい、さらに炎症をひどくしてしまうこともあるので気をつけましょう。 2、 オロナイン+ニベア オロナインと同じく、昔からあるロングセラーでプチプラなのに、美肌効果がすごいと人気なのがオロナインとニベアのセットです。 そして、オロナインの殺菌・消炎成分と、ニベアの保湿成分で赤ニキビを完全撃退できると話題なので、次のステップを確認してやってみましょう。 ・ メイクを落とし、洗顔を優しく丁寧に行う ・ 顔全体にオロナインをたっぷりと塗る ・ 顔全体に蒸しタオルをかぶせ、2分程度置く ・ タオルでオロナインを拭き取る ・ 化粧水(アクネケア用のものだとなお良い)を顔全体になじませる ・ ニベアを顔全体になじませ、手のひらで押し込むようにする ・ 最後にオロナインをニキビに軽くすり込む ちなみに、洗顔前に湯船につかり、毛穴を開いておくとさらに効果があるそうなので、ニキビ跡を残すことなく、キレイに治したい!という人に特にオススメしたい裏ワザです。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、赤ニキビへのオロナインの塗り方と効果、また、絆創膏やパックの使用法などについても詳しくお伝えしました。 炎症が起こって赤く腫れて痛い赤ニキビには、意外にもオロナインが有効で、主成分のクロルへキシジングルコン酸塩液が原因菌を殺菌し、症状を改善してくれるとのことで、絆創膏を組み合わせたナイトパックや、ニベアと組み合わせた保湿ケアがオススメなのでしたね。 でも、オロナインは白ニキビや黒ニキビに使うとかえって悪化してしまう可能性がありますし、赤ニキビ跡にも良くないので使用は控えた方が良く、赤ニキビの炎症が進んで化膿してしまっているようならオロナインでは改善が難しいかも知れないので、その場合はテラ・コートリル軟膏を使ってみてくださいね! 【Amazon. jp アソシエイト】 カテゴリー•

次の

痛いニキビの原因を医師が解説!対処法は?オロナインは効果ある?気になる疑問を解決

赤 ニキビ オロナイン

そうそう。 だけど、アクネ菌はウイルスから肌を守って「弱酸性」の状態をキープしてくれる菌でもあるんだ。 しかし、エサになる皮脂が増えすぎたり、白ニキビに刺激や汚れが加わることによってアクネ菌が繁殖し、周りの細胞にも攻撃しちゃうんですね。 2~3個程度の軽症ならニキビ薬を使って治せばいいですが、5個以上も赤ニキビがある場合はニキビ薬だけでなく、炎症を抑えるスキンケアや長引かせないための生活習慣の改善が必要になります。 赤ニキビの治し方は炎症を抑えることを優先 炎症を抑えることを優先する理由は、 長引くとニキビ跡の赤みやクレーターになるからです。 ニキビの治し方でよく見る「食事や睡眠などの見直し、ストレスケア」は確かに重要なんですが、体の内側からのケアは時間がかかり過ぎるんですよ。 あなたもニキビはないのに肌が赤い状態になった経験はありませんか? これは赤ニキビや黄ニキビを治すのに時間がかかってしまい、炎症によって肌の細胞や毛細血管が傷ついたせいで、赤みだけ肌に残っている状態なんです。 そうならないためにも 抗炎症成分配合の化粧品で赤ニキビの炎症を抑えつつ、生活習慣を改善して、ニキビを治りやすく、できにくくしていきましょう。 まずは抗炎症成分で炎症を抑える 化粧品に配合されている、ニキビの炎症を抑えてくれる抗炎症成分は 「グリチルリチン酸」(orグリチルレチン酸)と ビタミンC誘導体の2つ。 また、抗炎症成分+保湿成分が含まれている化粧水を使うことで、炎症を抑えながら、ニキビの発生を抑えることもできるのでおすすめです。 肌に赤みが残っている場合はビタミンC誘導体 赤ニキビの数が多かったり、肌に赤みが残っているような重症ニキビの場合は、グリチルレチン酸ではなく、 ビタミンC誘導体を使うのが理想です。 ビタミンC誘導体には 「炎症を抑える」「美白効果(シミを防ぐ)」「皮脂を抑える」「エイジング効果(シワ・たるみ)」などがあり、ニキビ跡を治すのに欠かせない成分。 一般的なニキビケア化粧品と比べて高価というデメリットもありますが、重症ニキビやニキビ跡に効果的なので、予算に余裕があるならビタミンC配合の化粧品を選ぶことをおすすめします。 赤ニキビにはテラ・コートリル軟膏やペアアクネクリームWがおすすめです。 ただし、ニキビ薬は長期間使用すると副作用が起こることもあるので、1週間以上の使用は避けるようにして、時間があるなら皮膚科に行きましょう。 ニキビができやすいことや、治りにくいことをしていなかチェックしてください。 1.食生活を見直し、ニキビによい栄養素を摂る ニキビの治し方の基本として食事が大切だということは知っていると思います。 特に、お菓子や脂っぽいものなど 脂質と糖分を取り過ぎるとニキビができやすく、治りにくくなるので、赤ニキビを治していくなら食べ物には注意しましょう。 積極的に食べて欲しい栄養素はこちらになります。 ・寝る前にPCやスマホを見ない ・寝る3時間以内に食事をしない ・夜にお酒やコーヒーを飲まない ・寝る前は部屋を暗くして寝る ・最低でも6時間以上の睡眠時間を確保する ・リラックス状態になってから寝る 睡眠の質が悪い&短いと肌の再生も正常に働きません。 思い当たるものがある場合は食生活と睡眠だけでも、まずは見直してくださいね。 サリチル酸はニキビ用洗顔の中でも白ニキビや黒ニキビなどの初期段階向けです。 そのため、赤ニキビを治すときは肌への負担が少ない固形石鹸や泥(クレイ)洗顔のように汚れを吸着して落とすタイプの洗顔料を使うのがいいですね。 おでこやこめかみ、背中ニキビはシャンプーのすすぎ忘れ、頬にできる赤ニキビは枕カバーの汚れが原因になっていることもあるので、見落としていた場合は注意してください。 普段は意識しないかもしれませんが、汚れは毛穴の詰まりや菌の繁殖の原因になってしまいますよ。 5.化粧やマスクでニキビを隠さない ニキビを気にしすぎてマスクや髪の毛で隠したり、ファンデーションやコンシーラーを厚く塗って隠したくなりますが、これらも赤ニキビを増やす原因です。 さすがに仕事のときにノーメイクで行くのは気が引けると思うので、ニキビへの負担が少ないファンデーション、清潔なパフを使ってメイクしましょう。 ミネラルファンデーションのような、肌に優しいものを使うのがいいですね。 6.紫外線対策を行うこと ニキビ肌で紫外線対策をすると「ニキビが悪化しちゃうんじゃ?」って思いますよね。 たしかにSPF値が高いものや耐水性のものを使うとニキビが逆に増えることもあります。 しかし、赤ニキビのように炎症を起こしているときに日焼けをすると色素沈着(シミ)が起きて、 「ニキビは治ったのに茶色のシミが残ってしまった…」いう最悪な結果になります。 凸凹なクレーター型のニキビ跡と同様、色素沈着(シミ)型のニキビ跡で悩む方も多くいらっしゃいます。 パウダーファンデーションを日焼け止め代わりに使ったり、オイルフリーでニキビへの影響が少ないSPFとPAの数値が低い日焼け止めを利用して紫外線対策をしてください。 最近、環境が変わったり、頑張り過ぎていませんか? 気持ちに余裕がなかったり、仕事と会社の往復になっていたのなら、たまには仕事のことを忘れて好きなことだけをやる時間を作ったり、どこかに出かけたりしてみましょう。 最初の方で炎症が長期間続くと肌の細胞や毛細血管を傷つけるという理由で炎症を抑えることをお伝えしましたが、普段の生活で 一番やってはいけないのが「潰す・触る」こと。 炎症しているとヒリヒリして痛かったり、無性に痒くなります。 そのため、触ったり潰したくなるかもしれませんが後悔したくないなら絶対やらないように。 クレーターのようなブツブツ肌だけでなく、赤みが肌に残ることも。。 活性酵素を増やし、炎症を強くする原因にもなるので、できれば禁煙するようにしてください。 皮膚科で行われるのは基本的に薬による治療です。 「ディフェリンゲル」や「ベピオゲル」「ダラシンTゲル」といった塗り薬を出されたり、内服抗菌薬である「ミノマイシン」が処方されます。

次の