マンモス が 絶滅 した の は 約 何 年 前。 【特集】絶滅した「マンモス」は復活するのか!?近畿大学でクローン技術やiPS細胞を駆使した研究進む(MBSニュース)

【特集】絶滅した「マンモス」は復活するのか!?近畿大学でクローン技術やiPS細胞を駆使した研究進む(MBSニュース)

マンモス が 絶滅 した の は 約 何 年 前

米国ミシガン州の大豆畑でケナガマンモスの骨が発見され、ミシガン大学のチームが発掘を行った。 ( Video footage courtesy University of Michigan) 米国ミシガン州で、ほぼ完全なケナガマンモスの骨格がこのほど発掘された。 このマンモスについていくつかの疑問が浮上している。 マンモスはなぜ、この場所で死んだのだろうか? また、氷河期の終わりとともにマンモスが絶滅したのは、人間のせいなのだろうか? ミシガン大学の古生物学者ダン・フィッシャーは、この発見に関するニュースのなかで、先史時代の人類がこのマンモスを殺して解体し、すぐには食べない分を冷たい湖に沈めて冷蔵したのではないかという説を披露した。 ほかの科学者たちは、骨の切断痕などを調べないかぎり、死因はわからないという。 北米では、氷河期の末に絶滅した哺乳類が、ケナガマンモス以外に36種知られている。 こうした動物が人間のせいで絶滅したのかどうかについては、いまだに激しい論争が続いている。 人間以外の有力な絶滅の原因として考えられているのは、気候変動だ。 めったに見つからない 9月28日、ミシガン州チェルシー近郊で、大豆畑の水はけをよくするために深い穴を掘っていた男性たちが、約1万2000年前にこの地をのし歩いていたケナガマンモスの骨を掘り当てた。 連絡を受けて現場に駆けつけたフィッシャー氏のチームが発掘した骨には、牙のついた完全な頭蓋骨も含まれていた。 ケナガマンモスはヨーロッパからアジアを経て北米までの広い範囲で見つかっているが、ミシガン州では10体ほどしか出土していない。 近縁の、より原始的なアメリカマストドンが約300体発見されているのに比べると、非常に少ない。 (参考記事: ) イリノイ州立博物館の古生物学者クリス・ウィドガは、ミシガン州では氷河の消長があったため、マンモスはあまりいなかっただろうと考えている。 「ミシガン州が氷の下にあった時代には、この地域のゾウの仲間はマンモスしかいませんでした」とウィドガ氏は言う。 マンモスは、氷床の南の寒冷な草原地帯で草をはんでいたのだろう。 「氷が解ける頃には、マストドンがマンモスを駆逐していました」 だから、1体とはいえマンモスの骨が新たに出土したことは大いに喜ぶべきなのだ。 ウィドガ氏は、マンモスの牙に残った痕跡を詳細に調べてその生涯を推測したフィッシャーの研究を引き合いに出して、「たった1カ所の発掘調査からでも、非常に多くの情報を得ることができるのです」と言う。 絶滅の理由は何か? ほかの専門家たちは、今回見つかったマンモスが氷河期に人間によって殺されたという結論に飛びついてはならないと言う。 「この時代に湖や沼地だった場所でマストドンが発見されるのは珍しくありませんし、マンモスが発見されたこともあるからです」とウィドガは言う。 骨に残った切断痕などの証拠がないかぎり、米国中西部の古代の湖や沼地の跡からばらばらになったゾウの骨格が見つかる理由は、ほかにも考えられるからだ。 例えば、水中に沈んでいた死体がいちど浮き上がってきてから分解したと考えることもできる。 「適切な方法で調査され、その結果が論文として発表されるまでは、正しく評価することはできません」と彼は言う。 (参考記事: ) [画像のクリックで拡大表示] ワシントン大学の動物考古学者ドナルド・グレイソンによると、人間がマンモス狩りをしたりマンモスの死体を食べたりしていたことを示す決定的な証拠は非常にまれだという。 彼は今年、南メソジスト大学のデヴィッド・メルツァーとともに発表した論文で、北米には氷河期に人間が哺乳類を殺していたとされる遺跡が76カ所あるが、人間がマンモス狩りをしていた証拠があるのはそのうちの12カ所だったとして、人間は氷河期に北米の動物を絶滅させた主要な原因ではないと主張している。 この時代の絶滅の鍵となるのは気候である。 人間が北米大陸に移動してきたのと同じ時期に、寒冷で乾燥していた地球の気候は急激に変化して、温暖で湿潤になったからだ。 この変化により、ケナガマンモスが好む寒冷な草原地帯は急激に失われた。 ユーラシア大陸からバイソンがやって来たり、かつて「マンモス・ステップ」と呼ばれる草原が広がっていた場所が森林になったりするなどの生態系の変化もあって、マンモスは従来の生息域に住めなくなっていった。 最後にシベリア北部のウランゲリ島に隔離集団が残ったが、これも約4000年前に絶滅した。 (参考記事: ) とはいえ、絶滅の理由が一つだけであることはめったにない。 最後に残ったマンモスが死んだ理由は、最初にこの種が絶滅に向かうことになった理由と必ずしも同じではないだろう。 (参考記事: ) チェルシーのマンモスが秘密を打ち明けてくれるようになれば、氷河期の終わりの生と死をめぐる論争を少しだけ決着に近づける事実も明らかになるだろう。 文=Brian Switek/動画編集=Jason Kurtis/訳=三枝小夜子.

次の

マンモスが絶滅したのは約何年前?【ニュース検定】答えと解説池上彰

マンモス が 絶滅 した の は 約 何 年 前

こんにちは!マルタンです。 マンモスのアピール 絶滅した動物を生き返らせる可能性は何年も人々を魅了してきました。 なんで例えば「ジュラシック・パーク」が文化的現象であった理由の1つ。 僕は子供の頃からそういうプロジェクトにワクワクしています。 現在科学の進歩により、多くの種の復活プロジェクトは マンモスを中心に集中しています。 マンモスは哺乳綱長鼻目ゾウ科マンモス属に属する種の総称である。 現在は全種が絶滅している。 現生のゾウの類縁だが、直接の祖先ではない。 約400万年前から1万年前頃(絶滅時期は諸説ある)までの期間に生息していた。 巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5. 2メートルに達することもある。 なぜならマンモスを中心に集中している理由のは 保存状態の良い冷凍マンモスがシベリアで発見されていた。 そして、 マンモスDNAはエレファントDNAと 99. 4%同一です。 理由を理解するには、クローニングの仕組みを理解する必要があります。 マンモスのクローン 科学者は動物をクローンするために DNA以上のものを必要とします。 現在、科学者は動物を クローンするために無傷の核を必要としています。 そして理想的には、 無傷の細胞の中に無傷の核です。 核とは、DNAが細胞内に保持される場所です。 今のところ、母なる自然だけがDNAパッケージ方法を保存することができる。 科学者はまだ2メートルのDNAを取り、それを核の小さな空間に適切に配置するスキルを持っていません。 だから科学者が少なくともクローンする無傷の核を持つ必要がある。 ここでは、 クローン作成が通常どのように行われるかを説明します。 1)クローンを作成する動物から細胞を取り出します 2)卵から核を除去します(これは除核卵と呼ばれます) 3)2つの細胞を融合し、融合した細胞をペトリ皿で数回分裂させる 4)成長している胚を代理母に移植する 5)すべてがうまくいけば、クローンが生まれる 凍結した動物細胞の問題は、細胞が死んでいて、氷の結晶がそれを引き裂いたことです. しかしながら、最後の研究は、16年以来凍結したマウスをクローンする可能性をもたらしました。 方法が異常に難しいので興味を持っている方調べてください。 シベリアで2007年に発見されたケナガマンモス「リューバ」。 Wikipedia マンモスのクローンはマウスよりトリッキーです すべての動物は、クローニングのために異なる手順が必要です。 科学者たちは、マンモスはもちろん象のクローンを作成する方法もまだ解明していません。 科学者たちはまた、使用するマンモスの卵を持っていません。 したがって、象を使用する必要があります。 適切なクローニング条件を見つけるには試行錯誤が多いため、クローニング実験には大量の卵が必要です。 マウス研究の実験では、数千個の卵を使用しました。 象の卵を1000個入手することは、マウスの卵1000個よりもはるかに困難です。 しかし、科学者はこれらの問題に懸命に取り組んでいて、私たちは将来に新しく作成されたマンモスを見ることができるかもしれません。 自分のマンモス 僕はフランスに住んでいた時、中学校で ウォーハンマーというの ミニチュアボードゲームを始めました。 メインアイディアは 自分のミニチュアを組み立てペイントを塗装する。 とてもファンでした。 その中で一つのミニチュアが大好きでした: カオスワーマンモス(Chaos War Mammoth) だが、あの時インターネットでしか買えないし、とても高すぎて良い夢でした。 そして、大学に入ってウォーハンマーを止めて卒業して日本に来ました。 しかし3年ぐらい前友達ともう一度その興味を始めてみた! じゃ今度こそマンモスを買いましょうと思っていましたが数年前から売り切れになっちゃって寂しかった。 Ebayとかにまだありましたが値段はやばかったので 「自分で作りましょう!」を決めました。 イントロダクションはちょっと長かったがこれからのブログ記事はどうやって「自分のマンモスを作りました」の旅の話になります。 次回はパート2(彫刻)とパート3(ペイント)でお待ちしております。 今日はありがとうございました! morika-martin.

次の

企画展『マンモス展—その「生命」は蘇るのか』開幕—マンモスと一緒に生命とは何かを考える

マンモス が 絶滅 した の は 約 何 年 前

異様なまでに長い象牙、そして堂々とした体つき。 マンモスは、多くの人にとって非常になじみの深い太古の大型脊椎動物だ。 ティラノサウルスやステゴサウルスなどいくつかの恐竜などと同様に、絶滅した太古の生物の中では代表的存在といえるだろう。 そのマンモスだが、最後の個体が今から「わずか約4000年前」まで生存していたという事実をご存知だろうか? 約4000年前といえば、古代中国やエジプト、メソポタミアなどの初期文明がすでに誕生していた。 日本史をひもとけば、各地の村落に竪穴式住居や貝塚などがみられ、土偶などがたくさんみられる縄文時代にあたる。 私が普段取り上げる古生物や化石記録のエピソードは、何千万年や何億年前という地質年代のタイムスケールだが、マンモスが生存していた時代はそのような年代とは比べものにならないほど、「非常に最近」の時代といえるだろう。 我々の直接の祖先達が、マンモスと直に遭遇していたのは間違いない。 このように人類と直接関わりの深い存在であるマンモスだが、その「絶滅の原因」に関して、まだまだいくつか謎が残されている(筆者注:2017年3月に書いた「残されたゲノム・データから迫る なぜ滅びた?氷河期の盛者マンモス」の記事参照)。 最後のマンモス達は、どこで、どのような原因で、姿を消したのか。 その謎に迫る最新の研究について紹介したい。 マンモス最後の楽園ウランゲリ島 氷河時代にその繁栄を極めたマンモス達。 その勢いは長い間続いた寒冷期のピークが去り温暖化がはじまった「最終氷期」(約11万5000年~1万1700年前)の終末を境に、下り坂をたどりはじめた。 分厚い氷河は温暖化とともにとけはじめ、海水面の上昇を世界規模で引き起こした。 とけた氷河の下に、むき出しになった大地が現れ出した。 マンモスは氷河地帯に留まることを好むため、その生息地域は縮小の一途をたどる。 化石記録でも、マンモスの群れが北米やユーラシア大陸の北へ北へと追いやられていく様がみてとれる。 そして最近のいくつかの発見によると、マンモス最後の生き残りはシベリア北東部沖の北極海に位置する「ウランゲリ島」にいたようだ。 ウランゲリ島は、現在、ユーラシア大陸から150キロほど離れた場所に位置している。 宮城県(約7282平方キロ)より少し大きいくらいの面積(7600平方キロ)だ。 ホッキョクグマの繁殖地として有名で、世界遺産にも指定されている自然豊かな場所だ。 最終氷期の後、マンモス達はここウランゲリ島にたどり着き、4000年前頃まで着実に生き延び続けた。 つまり、ウランゲリ島はマンモス「最後の楽園」だったのだ。

次の