声優になりたいけど自信がない。 声優になりたいけど人見知り。そんなあなたに人見知り4つの改善法!

【声が…才能が…】声優になりたいけど自信がない人はこれで解決!

声優になりたいけど自信がない

声優になりたいけど自信がない… 声優に必要な要素が欠けているからなのか、声優の厳しい世界を知ってしまったからなのか、理由は人それぞれだと思いますが、「自信がない」という状態に陥っているのが今のあなたですね。 ここでは、最初は自信がないのは当たり前だから大丈夫だよ! なんて無責任なことを言うつもりはありません。 逆に、「自信がないのであれば、声優の道は諦める方が賢明ですよ!」と声を大にして言いたいくらいです。 それだけ「声優の世界」は厳しく、生半可な覚悟で臨むと後の人生で後悔します。 だから、「声優になりたいけど自信がない!」という人が取るべき道は2つ!• 声優の道を諦める• 保険をかけた活動で声優を目指す あなたが今後どんな人生を歩みたいかによりますが、「自信がないのであればスパッと諦める!」というのも一つの選択肢です。 逆に、自信がなくても挑戦したいのであれば、万一を考えて保険をかけた活動をするのも手です。 1.声優の道を諦めるのも一つの立派な決断! 正直な話、声優の世界は「自信のない人」が成功できるような甘い世界ではありません。 演技力、声質、発声技術、ビジュアル、経験値、全てに自信あり!という人ですら全く食べていけないのが現実です。 専門学校や養成所に通っても、 最終的に声優になれるのは100人に1人、声優の仕事で生活できるのは3000人に1人という狭き門です。 需要と供給のバランスが全く釣り合っておらず、供給過多、だから「超競争社会」が生まれ、声優同士の役の奪い合いが続いています。 声優になりたい人は、最終的に「声優の収入だけで生活していきたい」と考えているはずです。 でも、それを実現できるのは3000人に1人です。 これ、お笑い芸人になって「M-1グランプリに出場して2位以内になる!」くらいの確率です。 この極めて低い確率を乗り越えてやっと、声優の収入だけで食べていけるのです。 仕事として考えた時、あり得なくないですか? 一般社会で考えると、こんなブラックな業界や会社には誰も飛び込みません。 でも不思議なことに、声優になりたい人はこの世界に簡単に飛び込んでしまうのです。 実際、お笑い芸人はM-1で2位以内に入らなくても、活躍次第で十分に生活していけるのでまだ易しいですし、「YouTuberになって生活していく!」なんて言っている人の方がまだ現実味があります。 それだけ声優の世界は厳しく、正常とは言い難い面を持っているのです。 あなたはこの超絶ブラックの世界に飛び込む覚悟を持っていますか?• 自信のない人がこの超競争社会を勝ち残っていけると思いますか?• アルバイトを掛け持ちしてまで声優として生きていきたいですか?• アルバイト9、声優1の生活があなたの望む未来ですか?• 声優という仕事にこれほど大きなリスクを掛ける価値がありますか? これを自分自身に問うて欲しいと思います。 私は、どちらかと言うとこの世界に飛び込むこと自体に否定的な見方をしています。 何故なら、これ程に「ハイリスク・ローリターン」の世界に価値を見出せないからです。 まして、自信がない人ともなれば、「やめておいた方がいいのでは?」と言いたくなります。 でも、人生はあなたのもの…どう考え、どう行動するかはあなた次第です! ただ、知っておいて欲しいのは、人間というのは年齢や状況、出会った人の影響で「やりたいこと」「なりたいもの」がどんどん変わっていく生き物です。 だから、ここで声優を諦めるという選択をしても、新たな目指すべきものが見えてくるものです。 声優になることだけが人生ではありません。 そして、現実をしっかりと見つめ上での「諦め」は、人生においてマイナスにもなりません。 このことを念頭に、後悔しない選択をして欲しいと思います。 2.徹底的なリスク排除で声優を目指すのも手! 声優世界の厳しさを認識しつつ、それでも挑戦したいというのであれば、徹底的にリスクを排除した活動をするのも一つの手です。 専門学校ではなく大学進学• 大学では学業の傍ら声優活動を行い、自身の可能性を見極める(実績や評価が芳しくなければ、ここで諦めるのも一つ)• 卒業後は一般企業に正社員として就職• 一般企業で働きながら養成所に通い、プロダクション入所を目指す• 期間を定めて活動する【仮所属(ジュニア)の2年間で結果が出なければ諦める】 要は、保険をかけた活動を行い、失敗時のリスクを最小限に留める方法です。 一般企業で働きながらというのが一番のミソで、声優として目が出なくても、何のリスクもありません。 そのまま会社で働き続け、新たな人生を創出していけるからです。 声優を目指す上で一番のリスクは、「失敗した時に、一般社会から受け入れられにくい!」という点です。 その理由は、「声優活動とアルバイト」「正社員経験なし」「ある程度の年齢を重ねている」「専門卒」といった人の市場価値はとてつもなく低いからです。 だから、いざ就職の必要が生じた時、とてつもなく苦労する可能性があるのです。 一般企業で働きながらだと声優活動に時間を割けないので不利では? こんな風に思われるかもしれませんが、アルバイトを掛け持ちして声優を目指している人も一緒です。 結局、声優もどきの人も声優活動にあまり時間を割けないのです。 だったら、正社員として勤務している方があらゆる面でプラスとなります。 仮にプロダクションの入所に伴って一度社会を離れたとしても、正社員として働いた職歴があれば、失敗しても転職で戻ることができます。 (プロダクションに所属できても仕事を勝ち取れなければ収入はゼロなので、可能なら会社は辞めない。 会社を辞めて活動する場合は、期間を定めて活動する。 ) 声優の世界は保険を掛け過ぎくらいが丁度いいです! 逆に、3000分の1という極めて低い確率を追わなければならないのに、保険を掛けないのは間違っています。

次の

声優になりたい人は絶対購入しよう!効果的なアクセント辞典の使い方

声優になりたいけど自信がない

声優界、実は人見知りの宝庫! 声優になる為の人見知りを変える4つの方法。 「人見知り」は「声優」には向かないのだろうか。 「人見知り」だと「声優」になれないのだろうか。 そんな心配をされている人も多いと思います。 その答えは「NO」です。 「人見知り」でも「声優」になれます。 実はこの声優界は「人見知りの宝庫」だったりします。 他の業界に比べても圧倒的に多い方だと思います。 それこそ 「人見知り」よりも深刻な「ひきこもりだった人」や、 「人間の友達がいなくてアニメが友達だった人」なども多く存在しています。 でも「人見知りの」ままでは「声優」にはなれません。 ですがそんな「人たち」も今やコミュニケーションの達人です。 なぜならば「人見知り」を克服しなければ「声優」になれなかったからです。 「声優」になるために「人見知り」を克服したのです。 ではどうやって克服したのでしょうか? 今回はそんな「人見知り」を改善する方法を紹介します。 相手が言ってくるのを待つのではなく、自分から挨拶をする。 自分のタイミングで動くことができるので自分から行くことをオススメします。 せっかく挨拶するのだから自分をよく見せるように明るく元気に挨拶しましょう。 好印象をもってもらえるような笑顔を心がけましょう。 なにより皆様が「こんな挨拶されたら嬉しいな」と思う挨拶をすればそれでOKです。 本当に嘘でもいいので「自ら明るく笑顔で挨拶」を実践してみてください。 実践していればいつか普通にできるようになっているはずです。 【その2】人に興味を持ってみる 皆さんが好きな作品(漫画でもアニメでも映画でもなんでもいいです)ありますよね? その作品をどのように好きになりましたか? 「どんな作品かわからないけど読んでみよう」と思って読んだら面白かった。 だからその作品が好きになった。 自らその作品に興味を持ったからこそ、その作品のよさに気づいたわけですよね。 実はこれと同じ要領で「人見知りも改善」できます。 「どのような人間なのか、よくわからないけど話してみよう」と思って話すだけです。 シン先生 【その3】ワークショップに参加してみる 色々な「ワークショップ」に参加するというのも「人見知り」を改善する一つの手だと思います。 「ワークショップ」と言うのは、「芝居のいろは」、「声優の技術」などを皆で学びましょうという体験型の学習場みたいなモノです。 演劇に携わっている方や声優業界に携わっている方などが期間限定でたまに開催します。 「ワークショップ」には多種多様な場所から多種多様な人達が参加してきます。 そして参加する全員がほぼ初対面の可能性も大いにあります。 なので自分から進んで会話する場面が必然的に増えます。 しかも 「ワークショップ」は座って話を聞くといった「受け身の場」ではなく、「自分達が自ら体験する場」です。 例えば「声優系のワークショップ」などでは実際の作品に声をあてます。 実際の収録さながらの体験ができるわけです。 台本のめくり方からマイク前の動き、そして画に対しての声のアテ方など、ここで得られるものは相当大きいと思います。 たぶん楽しくて「人見知り」なんかしている場合ではなくなると思います。 また参加者全員が共通の目的を持っているので、自然とコミュニケーションもとれるはずです。 多くの「ワークショップ」に参加するだけで、きっと「人見知り」が改善されていくと思います。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ではないですが、自分から進むしかない場所に身を置くことが「人見知り改善」の近道であることは間違いありません。 「ワークショップ」には必ず新しい発見があります。 「必ず成長できる」と断言します。 著名人の方が開催するワークショップなども多くあるので、興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか? 【その4】演技をしてみる 「挨拶」や「人に興味」、「ワークショップ」と色々言いましたが、一番の改善方法はもしかしたらコレかもしれません。 その方法は「演技をしてみる」ことです。 文字通り「人見知り」ではない人間を「演じてみる」ことで改善を促します。 改善を促すというか、コレが出来れば「改善」したようなものです。 もちろんずっと演技をしていると精神的に疲れてしまいます。 なので初対面の方にご挨拶するときだけ「演技をする」すればいいと思います。 うまく打ち解けてきたら徐々に素の自分を出していく。 こうすれば精神的にも負担がかからないでしょう。 「演じるのが難しい」と言う方は「声優になるための演技の勉強」と考えてみてはいかがでしょうか。 「声優」たるもの「色々なキャラクター」を演じられなければいけません。 この先、皆様が声優になったとします。 そのときに皆様が演じるキャラは「ほぼ人見知りではないキャラクター」だと思います(まれにそういうキャラの場合もありますが)。 そんな 「人見知りではないキャラクター」の練習と思えばいいのです。 例えうまくいかなかったとしても気にする必要はありません。 だって練習ですから、何度もトライしてうまくなっていけばいいのです。 無理をする必要だってありません。 楽にできるようになるための練習ですから、気楽にいけばいいのです。 どう思われても気にする必要はありません。 「人見知りではないキャラ」の練習に集中していればそれだけでいいです。

次の

声優になりたい女子高生です。

声優になりたいけど自信がない

声優になりたい女子高生です。 と言っても、親に反対されていて…。 AMGの説明会に2. 3回程参加させて頂き、 とても心を打たれ、入学したいと思いました。 しかし、自分で思う私の性格は、 熱しやすく冷めやすい、 飽き性、 弱い みたいな感じです。 自分で全力でなりたい!やりたい! と思ったことでも、 今まですぐ諦めたり、習い事を辞めてきました。 なので今回の声優になりたいという夢も、 どうせやり遂げられないんじゃ。 どこかで飽きるかも… と自信がありません。 やりたい気持ち、進学したい気持ちはあるのですが、 どうしても負の気持ちが付きまとっています。 両親に、簡単になれる物じゃない、狭い道だよ。 あんたの性格じゃ無理じゃない? と言われ、「あっ…」と言い返せません。 納得してしまいます。 やっぱりこういうのって、覚悟がないから やめた方がいいのでしょうか。 すごく迷っています。 初めまして。 声優科ではありませんがAMGに入学したものです。 AMGは特に声優学科に気合を入れているので「やってみようかな〜」くらいじゃついていけないと思います。 専門学校なので学費諸々高額です。 ですが、学校に入学しなかった事を大人になったときに後悔するくらいなら入学して「合わなかったら辞める」ぐらいでいいと思います。 もちろん金銭面では親の協力が必要ですし、辞める前提で学校に行くのはおかしな話だと思いますが、やらずに後悔するよりやって後悔した方が絶対にいいです。 私は就職してから、学校に行けばよかったと後悔し、自分で学費や生活費を貯めて学校に通いました。 学ぶなら早いほうがいいとは思いますが、一度就職して自分で資金を貯めてから入学するのも一つの手だと思います。 あなたの夢を心から応援しています。 誰だったか忘れたけど、親も説得できないような覚悟でできることじゃないって言っていたベテラン声優さんがいました。 声優さんはどれだけ演技できるかが大事で、しっかりと演技できるようになるかは自分との戦いです。 なので飽き性、弱い、という性格では正直厳しいかと。 辛いことをいうようですが、覚悟がないならやめたほうがいいと思います。 それでもやっぱりやりたい!と思うのでしたら、いきなり養成所等に通うのではなく、自分でボイトレや滑舌をよくするトレーニングをしてみてはいかがでしょうか?それが長続きすれば自信になるでしょうし、長続きしないならプロの声優は絶対無理かとおもいますよ。 大学の看護学部に行く必要はありますが、保健師お勧めです………看護師より仕事は楽ですが給料いいらしいです 知り合いが後悔してたので 看護師はキツいだろうけど、保健師だったら何か好きなことと両立も出来るかもね。 あくまでかもしれないってだけだけど。

次の