なん じ かんいん する こと なかれ 意味。 「深謀遠慮」の意味とは?使い方から類語や英語を例文つきで解説

汝、ゆめ晴天の友となるなかれ

なん じ かんいん する こと なかれ 意味

昨今のニュースを見ていると、低俗な人々ばかり目にする。 店員を怒鳴りつける人、店頭に貼られている日本語を理解できない人、病院関係者に嫌がらせをする人、「お金にコロナが付いてるかも」と言って銀行員を困らせる人、etc… また、ニュースを見ずともツイッターでは毎日低俗な人々を目にすることができる。 思想に脳を支配されて意味のわからないことを言い出す知識人、それに賛同する信者、平気で他人に悪口雑言を送りつけるキッズ、芸能人や一般人の悪口を言って盛り上がる性格の悪い界隈、etc… 嗚呼、社会はなんてカオスなのだろう。 このカオス国家・日本が称賛されるとは、世界はひょっとして地獄なのではないか。 そんなふうに思うこともある。 だが、疑心暗鬼に駆られた時に思い出したいことがある。 それは、「 大半の人はまとも」「 まともでない人ほど目立つ」ということだ。 僕の体感ではあるが、日本に暮らす人の7〜8割は良識あるまともな人々だと思う。 彼らのような思考力・常識・人格を備えた良識ある人々は、何事もなく穏やかな毎日を過ごしているので、あまりニュースにならない。 ニュースバリューもない。 当然、SNSで野蛮なことをして悪目立ちしたり炎上したりもしない。 ゆえに、目にする機会が少なくなる。 日本社会の"当たり前"として、普段は美しい背景と化している。 一方で、思考力・常識・人格のいずれかが欠けた"良識なき人々"はよく目立つ。 なぜなら、彼らは世間の常識から 悪い意味で 外れているからである。 我々は、脳に違和感を感じさせる存在につい注目してしまう。 また、「99人の称賛よりも1人の悪口の方が印象に残る」ことに代表される「不快感ほどインパクトが強くなる」現象も、彼らを目立たせる要因だろう。 真っ当な人々よりも、彼ら"良識なき人々"を報じた方が注目が集まる。 なのでマスコミは彼らばかり報道する。 結果、彼らの人数はバブルのように膨れ上がり、世の中は"良識なき人々"ばかりが蠢く地獄に見えてしまう。 しかし、 繰り返しになるが 日本人の大半はまともな良識人なのである。 目立たないから少なく見えるだけで。 すなわち、どこかのチームのサポーターがマナー違反を犯したりSNSで低俗な言動を見せたとしても、其奴はごく一部の例外であり、そのチームのサポーター全員が野蛮人というわけではない。 むしろ、大半は至極まともな優しい人々だ。 本当に。 要約する。 日本社会に生きる大半の人は、"良識あるまともな人"である。 だが、残念ながら"良識のない、まともでない人"の方が遥かに目立つ。 ツイッターを見ていればわかるだろう。 マスコミもマスコミで、注目欲しさに彼らばかり報じる。 その結果我々は、身の回りも日本全体も"良識のない、まともでない人"ばかりに錯覚してしまう。 だが、社会はそんなに悪くない。 景気やくだらないマナーはさておき、少なくとも"人"に関しては、世界的にも最高峰の良さを誇ると思う。 だから僕は、一部のまともでない人ばかり見て怒ったり落ち込んだりするのではなく、社会の良いところや素敵な人を積極的に見つけていきたいと思う。 僕でさえそう思えるのだ。 皆さんもいかがだろうか。

次の

汝、老後を恐れるなかれ。未来のあなたが笑っているか、それは神ですらも分からない。なら今だけでも笑いなさい!

なん じ かんいん する こと なかれ 意味

姦淫(かんいん)は「男女が道義に反する肉体関係を結ぶこと。 不倫な情事。 」 姦通(かんつう)は「男女が道徳や法に反して情を通じること。 また、特に夫のある女が他の男と情を通じること。 」 姦淫は色好み、道義に反する肉体関係を指し、姦通は婚姻制度への挑戦であり、より反社会性を帯びると理解された。 今日では、姦通罪は廃止され(昭和22年)、姦淫罪のみが残っている。 なお、姦淫罪と姦通罪について述べる。 姦淫罪(かんいんざい)・・・姦淫をする罪。 強姦罪、準強姦罪および淫行勧誘罪の総称。 旧法では姦通罪を含めていた。 *民法(明治29年)813条「夫婦の一方は左の場合に限り離婚の訴を提起することを得。 姦通罪(かんつうざい)・・・夫のある女性が夫以外の男性と性交することによって、その女性と相手の男性について成立する犯罪。 昭和22年の刑法改正で廃止された。 以上の記事は主に小学館『日本国語大辞典』(第二版)に基づいて書きました。

次の

姦淫聖書

なん じ かんいん する こと なかれ 意味

「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。 しかし、わたしは言っておく、みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。 」(27-28節) 第四一聖日 問108-109 問108 第七戒は、何を、求めていますか。 答 それは、すべての不貞は、神に呪われる、ということであります。 心から不貞を憎み、聖なる結婚生活、その他の場合にも、清く正しく、生きなければなりません。 問109 神は、この戒めにおいて、姦淫とこれに類すること以外は、禁じておられないのですか。 答 からだも魂も、二つながら、聖霊の宮でありますから、この二つを、清く聖(きよ)く守ることを、望んでおられます。 一切の不潔なる行為、動作、言葉、思念、欲望、にいざなうことを、禁じているのです。 第七戒は「汝、姦淫するなかれ」です。 清く、正しく、生きなければなりません。 「聖なる結婚においても、その他の場合にも」です。 神を中心にした人と人との関係について語ります。 旧約のレビ記には性関係を様々な角度から取り上げて語っています。 18章には神の民として、信仰共同体が損なわれないように、エジプトの風習やカナンの風習に惑わされないようにとの規定が示されています。 結婚の関係でも、結婚外の関係でも、男と女という存在においても、結婚をしていてもしていなくても、どの場合でも、神の栄光へと召された召しにふさわしく生きるのです。 主なる神に仕え、それ以外の神のようなものに仕えることは神の民としてふさわしくありません。 主イエスも、神と富に仕えることはできないと言われました。 そしてその後に近親相姦を禁じています。 第七戒は人を裁くための命令ではなく、神の民を神の民とするための大切な御言葉であるのです。 私たちは与えられた自らの体で神の栄光を現すべく生かされるのです。 2015年7月26日礼拝説教より.

次の