明智 光秀 の 家紋。 明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由

明智光秀の家紋~桔梗紋の由来と水色桔梗~

明智 光秀 の 家紋

明智光秀が起こした本能寺の変の謎。 明智光秀の最期は本能寺の変後たった11日後です。 本能寺の変は明智光秀を操った秀吉の黒幕説もあります。 明智光秀と徳川家康が組んで本能寺の変を行った説もあります。 本能寺の変を起こした明智光秀はどのような状況にいたのでしょうか。 明智光秀の最後と死因と家紋や子孫・そして本能寺の変の謎と家康の存在について紹介します。 明智光秀の家紋は桔梗 明智光秀は最有力説では美濃 岐阜 の土岐源氏の出身です。 その一族で『明智』地域に住み着いた子孫が明智光秀のようです。 土岐氏は敵の大軍との戦いで団結して桔梗を兜にさして戦って大勝します。 そこから土岐氏は桔梗の家紋になります。 明智光秀の家紋も土岐一族なので桔梗です。 明智光秀の能力 明智光秀は浪人から身を興し40万石近い領地を織田信長から任されます。 また、明智光秀の領地だった地域では今でも明智光秀が大事にされています。 明智光秀はこの当時、最も能力の高い武将の1人だったでしょう。 織田信長は当初、明智光秀の宮廷外交能力を認めたといわれています。 その後、軍事や行政にも明智光秀は能力を発揮します。 明智光秀の能力は織田信長という主人を得て、いかんなく発揮されました。 織田信長がもっとも信用していた明智光秀 明智光秀は本能寺の変で織田信長を自害に追い込みます。 しかし織田信長は明智光秀を非常に信用していたといわれています。 織田信長の居城は近江安土。 その近江が所属する近畿地区の管轄を明智光秀に任せていました。 細川藤孝や高山右近・筒井順慶など近畿地区の武将も明智光秀の与力でした。 人は最も近くに信頼する人物を配置します。 また、明智光秀も織田信長を非常に尊敬していました。 本能寺の変の1年前に明智光秀は家来たちに織田信長の恩義を忘れないように説明しています。 織田信長が負傷してまでも明智光秀を助けた逸話 そんな織田信長は明智光秀を危機から救い出して負傷したことがありました。 大阪石山本願寺は突然織田信長に反旗を翻します。 その石山本願寺を包囲・監視するために明智光秀は四天王寺に砦を作ります。 その砦に本願寺が総力を挙げて襲ってきます。 それを聞いた織田信長は京から手勢を引き連れて救出に向かいます。 その際に太ももを鉄砲で撃たれて負傷します。 しかし、織田信長の救出で明智光秀は救われました。 明智光秀と本能寺の変の謎・・・明智光秀の重臣斎藤利三の能力と本能寺 明智光秀の重臣斎藤利三。 斎藤利三は美濃の頑固おやじ稲葉一鉄の家来でしたが退転し 明智光秀に仕えます。 稲葉一鉄は斎藤利三を返すように何度も信長に訴えますが光秀は手放しません。 斎藤利三は軍事能力が非常に高く、明智の槍神と呼ばれていました。 本能寺の変の前に織田信長から斎藤利三切腹命令が出た説があります。 この斎藤利三の娘福は後に春日局となります。 明智光秀の本能寺の変・・・明智光秀と徳川家康の性格 明智光秀の性格は冷静沈着で穏やかだったといわれています。 また非常に部下想いで、本能寺の変の後も明智光秀は家臣の裏切りに遭いませんでした。 そして、本能寺の変の新説は明智光秀と徳川家康の合作です。 徳川家康の性格も明智光秀に似ているように思います。 この二人、織田信長最大のピンチだった金ヶ崎の退口でも助け合います。 明智光秀、徳川家康・豊臣秀吉は助け合いながらこの危機を脱出しました。 明智光秀と徳川家康には性格的なものなどで何か通じるものがあったのではないでしょうか。 明智光秀と本能寺の変の謎・・・織田信忠の能力と謎 織田信長の嫡男織田信忠。 織田信忠は信長から当主を継承し、武田討伐に臨み見事に討伐します。 この際、明智光秀は織田信忠を補佐しています。 この際に二人には何かがあったのではないかといわれています。 宿敵武田を直接指揮して破った信忠は意気軒高だったでしょう。 織田信忠という人は信長の子供の中では一番能力が高かったでしょう。 織田信忠は本能寺の変後に二条城に立て籠もって討ち死にします。 織田信忠と明智光秀は後に愛宕山で謎の密会をしていたそうです。 そして、織田信長にもある晩年の逸話があります。 明智光秀と本能寺の変の謎・・織田信長は糖尿病だった 織田信長はその晩年、糖尿病だったという話があります。 織田信長の死後、書かれた肖像画が残っています。 織田信長は糖尿病だったようで、晩年は病気がちで周囲が迷惑していた可能性があります。 息子の信忠に武田征伐を任せたのもそのあたりが理由かもしれません。 スポンサードリンク 明智光秀の子孫の新説・・明智光秀と愛宕山で密会した織田信忠 明智光秀は本能寺の変の前に軍神を祀る愛宕山に登ります。 その愛宕山には実は織田信忠も登っていたという説があります。 これは明智光秀の子孫である某作家の方が発表した説ですね。 ここから考えると、本能寺の変は織田信忠によるクーデターという説が出てきます。 本能寺の変の謎・・明智光秀と徳川家康のその後 本能寺の変の際、徳川家康は50人の配下と堺を見学中でした。 この徳川家康には信長から殺害命令があったという説があります。 そして、徳川家康は実は理想的な逃避路で三河まで帰ります。 この俗にいう神君伊賀越えにも新説が最近ありました。 伊賀には明智光秀の娘が嫁いだ家があったそうです。 その家の主人が徳川家康の伊賀越えに協力したとか。 そのお礼の書状が見つかったそうです。 徳川家康は帰国後、旗幟不鮮明のまま三河から尾張へ出陣します。 京に向かっていたのでしょうか。 これは明智方への参加だったのか謎の行動です。 本能寺の変の謎・・明智光秀の死因の謎 明智光秀は本能寺の変の後、山崎の合戦に敗れます。 そして、京都山科小栗栖の藪で農民兵に槍でわき腹を突かれたそうです。 これが明智光秀の死因となったケガのようですね。 明智光秀の死因はわき腹の負傷による出血でした。 スポンサードリンク 本能寺の変の後の謎・・徳川氏の内部にいる明智縁の人物たち 本能寺の変から20年以上後の話です。 徳川家康の側近に南光坊天海という人物がいます。 彼は明智光秀の一族だったという説があります。 天海が日光を作るにあたって作った地名は明智平。 この人物は明智と何か関係があったでしょう。 明智光秀重臣斎藤利三の娘福は春日局 明智光秀の重臣斎藤利三の娘は春日局になります。 徳川家光が後継者認定されたのは春日局による徳川家康への説得のお陰です。 天海と春日局。 この二人は江戸城で会見した際に、「お久しぶりだな」というような会話があった逸話があります。 ここはちょっと伝聞の域を出ないですね。 明智光秀の本能寺の変における謎はまだまだ簡単には真相に辿り着きそうにないですね。 しかし、いくらでも話が出てきますね。 いつか解明されるのではないかと思います。 明智光秀の子孫のお寺が岸和田にある 明智光秀の子孫とは明確に間違いなしと言える子孫はいるのでしょうか。 しかし、明智光秀の家臣の子孫という人は意外に多くいます。 坂本龍馬も伝承ではそういわれていますね。 明智の本拠の名前は阪本ですね。 大阪府岸和田には明智光秀の子孫のお寺が残っています。 明智光秀の最後と死因と家紋や子孫・本能寺の変の謎と家康について紹介しました。 徳川家康が天下を取ることができた6つの理由 徳川家康が考えた地域の分割統治政策.

次の

明智光秀の妻子まとめ 妻と子供の一覧リスト

明智 光秀 の 家紋

明智光秀の家紋にまつわるウワサとは!? 謎には噂がつきものですが、明智光秀の人生そのものが解明されていないことが多く、噂や憶測が飛び交っているのが事実。 2020年のNHK大河「麒麟がくる」ではどのような方向から明智光秀を描くのかは楽しみなところです。 でも、そのドラマでもたぶん描かれないだろう明智光秀の家紋に纏わる噂が2つあります。 〇桔梗紋は悲劇の家紋といわれている。 〇日光の東照宮には「桔梗紋」があることを証拠の一つとして、光秀=天海説が噂されてる。 実際はどうなのか、残された資料や現在の研究の内容から検証してみたいと思います。 明智光秀の家紋「桔梗紋」は悲劇の家紋なのか!? 桔梗紋が悲劇の家紋と言われる理由を幾つか紹介します。 〇明智光秀の非業の最後 〇加藤清正の不可解な死 〇暗殺された坂本龍馬 〇太田道灌の暗殺 〇土岐氏の滅亡 明智光秀の非業の死や本流である土岐氏の滅亡については、当ブログでも紹介してきました。 そこで今回は加藤清正・坂本龍馬・太田道灌らについての史実をみてみたいと思います。 加藤清正の不可解な死 加藤清正の家紋といえば「蛇の目」が有名ですが、実は桔梗紋も使っていました。 清正が美濃の出身だからという人もいますが、実は秀吉の合理主義がそうさせたのです。 清正の桔梗紋は秀吉の家臣である尾藤知宣が使っていたものでした。 尾藤知宣は九州征伐で大失態を犯し、所領を没収されています。 家具調度や武具も含めて城を渡されたのが加藤清正でした。 蛇の目の紋をいれた新しい武具や家具を作る費用がなかった清正に対し、秀吉はそのまま使えといったそうです。 また一説には、加藤清正は明智光秀と同じ清和源氏の土岐氏の支流に端を発するともいわれています。 加藤清正の死因は不明ですが、根強くあるのが徳川家康の「毒殺説」です。 死因はどうあれ清正の死後改易され、52万石だった加藤家は大名の座から転落しています。 暗殺された坂本龍馬 坂本家の桔梗紋は「組合い角に桔梗」という桔梗紋の庶流です。 坂本家は、明智光秀の娘婿であった明智光春の子、明智太郎五郎を先祖としていることから用いているといわれています。 家系図が無いのと坂本龍馬の本家筋の家紋が「丸に田の字紋」ですから、真偽のほどは不明です。 桔梗紋がカッコいいと思って使ったのだとしたら、それ故に暗殺されたのでしょうか・・・ 太田道灌の暗殺 太田道灌・・・名前を聞いたことはあるけど誰?という人も少なくないでしょう。 太田道灌は江戸城の基礎を築いた人物で、江戸城の内桜田門は別名桔梗門ともいわれています。 それは江戸城最初の城主が太田道灌だったことで、桔梗紋が入った瓦が残されていたからです。 太田道灌が使っていた家紋は「丸に桔梗紋」と言われる線の細い紋で、女紋ともいわれます。 彼は優秀過ぎたがゆえに主に暗殺されました。 それも主の館で風呂上がりの無防備なところを狙われたとのことです。 桔梗紋は悲劇の家紋か!? 桔梗紋の種類は多く、200種類以上の桔梗紋が現存するといわれています。 土岐氏の流れを汲む武士たちが多用したこと、桔梗という文字が「木編」を除くと更に吉(さらによし)と読めることから、縁起の良い家紋として人気があったことで、目だった歴史上の人物が使っていたのは事実でしょう。 そうした人物たちには悲運が訪れる機会も多かったはずです。 そして「悲劇の家紋」伝説が作られていったものと考えます。 人の不幸は蜜の味。 良いことよりも悪い事の方が尾ひれがついて拡散されやすのは、今も昔も同じといことではないでしょうか。 日光東照宮の桔梗紋 日光中禅寺湖の下には明智平と呼ばれる紅葉の名所があります。 また日光東照宮には桔梗紋があるということで、光秀は生き残って天海として家康に仕えたのではないかという噂があります。 果たして真実は? 明智平の名前の由来は、実は分かっていません。 一方、東照宮の桔梗紋として話題に上るのが、陽明門の門衛の袴の紋と鐘楼の壁やひさしにある紋です。 陽明門の門衛の袴の紋は織田家の木瓜紋であり、鐘楼の壁やひさしにある紋はそもそも家紋ではなく装飾用の唐花紋という説が有力です。 従って、明智光秀は実は南光坊天海だったという噂は否定されました。 桔梗紋は秋の七草の一つで多年草のキキョウの花を模った紋です。 この桔梗の名の由来は、この花を用いて吉凶を占ったとされたことにあると伝わっています。 桔梗紋と陰桔梗紋の違いを画像で確認してみましょう。 桔梗紋 陰桔梗紋 明智光秀の家紋は、当時では珍しい水色で染め抜いた桔梗紋だったので、水色桔梗紋ともいわれています。 また水色の生地に白い桔梗を抜いたものと、白い記事に水色の桔梗を染め付けたものの2種類がありました。 当時の水色の染料が何だったのかは不明で、どのような発色だったのかは分かっていません。 ただ源氏の嫡流が使用していた幕が白だったため、それに被らないよう気を使って幕を水色に染めたため、家紋も水色にしたという説が有力です。 織田信長も明智光秀の桔梗紋を「カッコいい!」と羨んだという話が伝わっているほど、珍しい色紋でした。 桔梗紋の由来と意味 桔梗紋は土岐氏の祖である土岐光衡(ときみつひら)に始まっています。 土岐氏は、平安時代に絶大な権力を持っていたい菅原道真の側近であり清和源氏の血流です。 土岐光衡は武勇に優れ天皇の守護ともいわれた人物でした。 土岐光衡が、戦の時に野に咲いていた水色の桔梗の花を兜にさして戦ったところ、大勝利を得たとのこと。 このことから桔梗は縁起が良いということで、桔梗の図案を家紋としたのが始めとされています。 その後桔梗紋は脈々と続く清和源氏を象徴するものになりました。 また桔梗の木編をはずすと「更に吉(さらによし)」という語呂になり、縁起をかついだという説もあるそうです。 彼らの中で地方に移り住んだ氏族が、他の同じ氏族とは違うことを表すための目印として使われ始めたのが家紋の起こりです。 主に苗字(当時は屋号)を表すものが多く、土岐氏も同様です。 土岐氏の桔梗紋はキキョウを「岡に咲く神草」という意味で「岡止々支」(オカトトキ)ともいい、土岐氏が本拠とした土岐の地名はこのトトキの咲くところから生まれ、やがて氏性になったということです。 こうした紋が次第に公家や武家にも広がりました。 家紋は本家の家紋にバリエーションを加える形で発展し、一族のグループを表すものとなっていきました。 清和源氏を表す桔梗紋は、土岐氏や明智氏の他に肥田氏、山城氏、沼田氏なども使っています。 また江戸時代に入ると土岐桔梗といわれる紋が派生しています。 紋には特に決まり事や規制は、現代にいたるまでありません。 実際には自分が良いなと思う紋を勝手に使っても罪にはならないのです。 しかし朝廷関係の紋や、有力な武家の紋は勝手に使わないといった暗黙の了解はあったようです。 明智光秀の桔梗紋 これは筆者の想像ですが・・・ 水色の桔梗紋は清和源氏の正当な血統を表した紋です。 光秀はこの紋に誇りをもっていたのではないでしょうか。 水色の桔梗紋という旗印を掲げ戦場を駆け回った光秀は、きっと輝いていたことでしょう。 そんな事を思いながら、2020年NHK大河ドラマ「麒麟が来る」を楽しみたいと思います。

次の

明智光秀の家紋~桔梗紋の由来と水色桔梗~

明智 光秀 の 家紋

皆さんはご自分の家の「家紋」ってご存知ですか?? そもそも家紋って何?と思っている方、自分のパスポートよく見てください。 表紙に描かれた菊の紋。 この菊紋は天皇家の家紋「 菊の御紋」です。 時代劇「水戸黄門」のオープニング、思い出せますか??クライマックスになると「この紋書が目に入らぬか!?」と格さんが印籠を出しますよね? 印籠に描かれたのは徳川家の家紋「 三つ葉葵」 ちなみに私の家の家紋は「丸に揚羽蝶」。 平清盛の家紋と同じです。 蝶紋は平氏を称する系統で多く使われました。 私の(父方の)ご先祖様は源平合戦の時に平家側につき、壇ノ浦の戦いで敗れて九州へ逃れた…と聞いています。 このように家紋は、自分のルーツを知る手がかりになったりしてとても面白いのです。 そして、例えば蝶紋の中にも「丸に揚羽蝶」や、「変わり揚羽蝶」など色々種類があって奥がとても深いです…! ただこの家紋の中でも、「呪われている」と言われ使用が避けられた家紋がありました。 明智光秀の家紋、「桔梗紋」です。 今回はその意味や由来、関連するエピソードをご紹介していきます。 スポンサーリンク 明智光秀の「桔梗紋」。 その由来や意味は?? 織田信長が突如本能寺で襲撃された時、兵士が担いでいる旗に「桔梗紋」が描かれていたため明智光秀による襲撃と認識したというエピソードは有名な話ですよね。 明智光秀は水色の旗に桔梗を描いていたので、彼の旗は特に「水色桔梗」と呼ばれていました。 「桔梗」の字は、木偏を取り除くと「吉」と「更」が残ります。 これを前後入れ替えると、「更」に「吉(よし)」と読むことができるようになり、縁起が良いと言われる家紋でした。 桔梗紋は清和源氏系で、美濃国を中心に栄えた土岐氏が多く使用していた家紋です。 平安時代から鎌倉時代にかけての武将・土岐光衡が、戦争で桔梗の花を兜に挟んで戦ったのを記念して、家紋としたのが始まりと言われています。 美濃国(現在の岐阜県)内では土岐氏から庶流が生まれ、その中には「明智氏」もいました。 ここから明智光秀が輩出されました。 現在も岐阜県の地名には土岐市土岐町などゆかりの地名があり、旧土岐郡地域の土岐氏、瑞浪市、多治見市の市の花は「桔梗」です。 戦国時代が好きな人は、戦国時代の美濃国といえば、美濃のマムシ・斎藤道三を思い浮かべるかと思います。 (美濃土岐氏は1552年の跡目争いで敗れ没落してしまいます) 斎藤道三の娘、濃姫は政略結婚により織田信長に嫁ぎます。 斎藤道三の家紋は「二頭波(立波)紋」という、これまたかっこいい家紋です。 確かに織田信長と豊臣秀吉には、深い(とっても深い)因縁がありますが、徳川家康には何かゆかりがあるのでしょうか?? その謎を解き明かすためには、徳川家三代(家康、秀忠、家光)にわたって仕えた、 南光坊天海という謎めいた僧侶についてお話しなければなりません。 南光坊天海は1536〜1543年の間に生存していた人物で、徳川政権のかなり深い所にまで関わっていたそうです。 特に彼は風水や陰陽道に通じており、城郭を建てる際は風水によって最もエネルギーの高い所に建てたとされています。 江戸全体を風水で強力なパワーを持った場にする為、あらゆる手段を使い都市計画を考えていました。 実は明智光秀には生存説があり、 南光坊天海=明智光秀だったのではないかというのです。 この地名、何と南光坊天海がつけた名前なのです。 わざわざ他人の、しかも「織田信長を討った裏切り者」の名前をつけるでしょうか?? 南光坊天海(明智光秀)が、自分の名前を後世に残すために名付けたと言われています。 南光坊天海は日光東照宮造営の総責任者としても、後世に名前を残しています。 冒頭に記述した通り、日光東照宮には桔梗紋とみられる絵柄が多数彫られています。 総責任者が桔梗紋を意図して彫るように指示をしていたと考えられそうですね。 彼女は明智光秀と同じ美濃国の出身です。 春日局の父親は、明智光秀の家老格の斎藤利三という人物でした。 春日局と南光坊天海が顔を合わせた際、初めてあったはずなのに春日局は天海に向かって、「お久しぶりです」と言ったのだとか… そして、徳川家光という名前… 昔の人は「偏諱(へんき)」といって、偉大な先人から一字をもらって成人後の名前にするという風習がありました。 例えば家光の父親の秀忠は、豊臣秀吉の「秀」の字と、家康の父親の松平広忠の「忠」の字を取り「秀忠」と名乗りました。 家光も「家」の字は祖父の徳川家康から、では「光」の字はどこから来たのでしょうか?この「光」は、明智光秀の「光」なのではないかと噂されています。 徳川家光は、天海に特に帰依していたので、もしかしたら自分の成人後の名前を決める際も何か助言を得ていたのかもしれません。 これは飽くまで私の想像ですが… スポンサーリンク 使ってはいけない?悲劇の家紋・桔梗紋 織田信長を討った裏切り者・明智光秀が使用していた「桔梗紋」。 裏切りの象徴として、信長の子孫達は長きにわたって桔梗を忌み嫌っていました。 フィギュアスケートの織田信成選手の家では桔梗の花を飾るのがタブーだったとのこと。 また織田信長の弟・織田有楽斎の子孫で茶道の家元の織田宗裕さんも、自宅では「敵の華」として桔梗の花を飾らないしきたりがあったそうです。 また、本能寺の変が起きた直後、同じ桔梗紋を使っていた武将・水野勝成は「裏切り者の家紋」と見なされた為、家紋を変えたそうです。 歴史上で桔梗紋を使用した人物は多数いますが、その中の何人かの超有名人が悲劇的な最後を遂げた為、桔梗紋は「 悲劇の家紋」と言われています。 そして同じ戦国時代の 加藤清正。 家紋は「桔梗紋(裏紋)」です。 彼は豊臣家の家臣であり、秀吉を心から慕っていました。 しかし秀吉が亡くなった後、豊臣家は石田三成派とその他の武将達が対立します。 その他の武将の中に、加藤清正は属していました。 三成を排除したい清正は、同じ豊臣家家臣の福島正則とともに徳川家康に接近します。 その後この対立は、天下分け目の合戦・関ヶ原の戦いへ繋がっていきます。 当時の感覚ではこの戦いは「豊臣家内の派閥争い」でしかなかったのかもしれませんが、結局この戦いの勝者の徳川家康がその後の「覇者」となりました。 その後、徳川家康は大坂の陣で豊臣家を滅亡に追いやりました。 加藤清正自身は、自分が心から仕えた豊臣家の滅亡を見ることはありませんでしたが、突然亡くなっており「暗殺ではないか」と噂されています。 そしてもう一人、幕末に薩長同盟締結に尽力した 土佐の坂本龍馬です。 家紋は「組合角に桔梗紋」でした。 天保6年(1836年)に土佐で生まれた坂本龍馬は、裕福な商家の息子に生まれたにも関わらず脱藩し、志士として日本中を飛び回り、幕末という激動の時代に大活躍しました。 貿易会社と政治組織を兼ね備えた亀山社中(後の海援隊)を結成し、薩長同盟の斡旋、大政奉還への尽力など、倒幕及び明治維新に大きな影響を与えました。 しかし慶応3年(1867年)11月15日、志半ばにして京都の近江屋で何者かに暗殺されます。 首謀者は京都の見廻組とも、新選組とも言われていますが、今なお明らかになっていません。 まとめ さて、今回は明智光秀の家紋・桔梗紋をめぐるミステリーや逸話を調べてきました。 桔梗紋は美濃国の土岐氏が使用しており、明智家は土岐氏の庶流• 日光東照宮には桔梗紋が彫られている。 その東照宮建設の総責任者は、明智光秀と同一人物ではないかとされる南光坊天海だった。 桔梗紋は本能寺の変後、使用を避けられていた。 桔梗紋を使用した歴史上の人物が、悲劇的な最期を遂げている。 私が一番最初に家紋に興味を持ったのは、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の112巻に掲載された「家紋ベイビー!」という話を読んだ時でした。 (笑) 両さんの実家、ずっと適当に家紋を使ってきていたんです。 (笑) 家紋て色々種類があるんだってことを理解するための導入には、この話最適だと思います… 歴史ミステリーから、自分のルーツまで。 家紋って本当に奥が深いし、すごく面白いですよ!!.

次の