吉永 小百合 と 天海 祐希 の 映画。 吉永小百合×天海祐希共演、映画『最高の人生の見つけ方』主題歌は竹内まりや書き下ろし新曲「旅のつづき」

吉永小百合&天海祐希、18年ぶり共演! 米映画「最高の人生の見つけ方」リメイク : 映画ニュース

吉永 小百合 と 天海 祐希 の 映画

あらすじ<STORY> 家庭を第一に生きてきた主婦の幸枝と、会社に尽くしてきた女社長のマ子。 正反対の人生を歩んできた2人は互いに余命宣告を受け、ひょんなことから同じ病院の2人部屋に入院することに。 ある日、幸枝は病院で出会った12歳の少女が落としていった<死ぬまでにやりたいことリスト>を手にする。 一時退院した2人は、自分の残りの人生のためにリストを実行に移していく。 時代が…って言われればそれまで。 娘だからあとをお願いって言われた満島ひかりちゃんが「やだよ!」って言ったのよかった。 もちろんももクロと汐那ちゃん目当て。 涙止まらん。 役柄も衣装・メイクも。 時々弱さを見せるとこもいい。 笑える場面が多いけど、 死ぬ前に家族間のわだかまりが解けるシーンとか、 やっぱり涙。 メリハリ効いてて、後味良し。 J・ニコルソンとM・フリーマン共演作の日本版リメイク。 とても気が合うとは思えない2人が友情を結んでいく様は、リ アル感はなくとも素敵。 涙涙の展開ではなく、コメディタッチが楽しいロードムービー。 しかし、天海祐希のファッションばかり追ってしまった…。 とても面白かった。 天海さんも、もしかしたら初鑑賞かもな吉永小百合大先生も、気持ち溢れてた。 ムロツヨシが抑えた演技でなかなか。 でもやっぱり天海さんの素敵さに尽きるわー。 やー……泣いた泣いた。 頭が痛い。 私はムロツヨシに弱いんだ。 色んな立場の人から様々な感想が聞こえてきそうな映画。 心の隙間が何かを教えて貰った気持ちになった。 吉永小百合と天海祐希の 「最高の人生の見つけ方」 同じ感動を期待して 女性の方達にぜひ観て貰いたい作品。 今を、今の時間を大切に楽しく過ごそうと、思わせてくれました。 時代物では緩和されていた吉永小百合の演技スタイルの古さが際立つ。 特に満島ひかりと並ぶと無残。 新しい女性像も提示されず、工夫もない。 この作品で最高に人生を楽しんでいたのはムロツヨシでした。 天海祐希さんの天海節最高だし、 満島ひかりさんはナチュラルの天才だし、 吉永小百合さんの役名北原でびっくりだし、 どろろで声優してた鈴木梨央ちゃんなんで出てるだしで最高だった。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の

最高の人生の見つけ方(日本)のキャストは吉永小百合や天海祐希!ロケ地は長崎!

吉永 小百合 と 天海 祐希 の 映画

あらすじ<STORY> 家庭を第一に生きてきた主婦の幸枝と、会社に尽くしてきた女社長のマ子。 正反対の人生を歩んできた2人は互いに余命宣告を受け、ひょんなことから同じ病院の2人部屋に入院することに。 ある日、幸枝は病院で出会った12歳の少女が落としていった<死ぬまでにやりたいことリスト>を手にする。 一時退院した2人は、自分の残りの人生のためにリストを実行に移していく。 時代が…って言われればそれまで。 娘だからあとをお願いって言われた満島ひかりちゃんが「やだよ!」って言ったのよかった。 もちろんももクロと汐那ちゃん目当て。 涙止まらん。 役柄も衣装・メイクも。 時々弱さを見せるとこもいい。 笑える場面が多いけど、 死ぬ前に家族間のわだかまりが解けるシーンとか、 やっぱり涙。 メリハリ効いてて、後味良し。 J・ニコルソンとM・フリーマン共演作の日本版リメイク。 とても気が合うとは思えない2人が友情を結んでいく様は、リ アル感はなくとも素敵。 涙涙の展開ではなく、コメディタッチが楽しいロードムービー。 しかし、天海祐希のファッションばかり追ってしまった…。 とても面白かった。 天海さんも、もしかしたら初鑑賞かもな吉永小百合大先生も、気持ち溢れてた。 ムロツヨシが抑えた演技でなかなか。 でもやっぱり天海さんの素敵さに尽きるわー。 やー……泣いた泣いた。 頭が痛い。 私はムロツヨシに弱いんだ。 色んな立場の人から様々な感想が聞こえてきそうな映画。 心の隙間が何かを教えて貰った気持ちになった。 吉永小百合と天海祐希の 「最高の人生の見つけ方」 同じ感動を期待して 女性の方達にぜひ観て貰いたい作品。 今を、今の時間を大切に楽しく過ごそうと、思わせてくれました。 時代物では緩和されていた吉永小百合の演技スタイルの古さが際立つ。 特に満島ひかりと並ぶと無残。 新しい女性像も提示されず、工夫もない。 この作品で最高に人生を楽しんでいたのはムロツヨシでした。 天海祐希さんの天海節最高だし、 満島ひかりさんはナチュラルの天才だし、 吉永小百合さんの役名北原でびっくりだし、 どろろで声優してた鈴木梨央ちゃんなんで出てるだしで最高だった。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の

吉永小百合&天海祐希&満島ひかりが被災地に思い馳せ…『最高の人生の見つけ方』舞台挨拶開催

吉永 小百合 と 天海 祐希 の 映画

竹内まりや 主演・、共演・による映画『最高の人生の見つけ方』(10月11日公開)の主題歌を、が書き下ろし提供したことが発表となった。 映画『最高の人生の見つけ方』は、ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマン主演で、余命6ヶ月の二人の男が棺おけに入る前にやっておきたいことを記した《棺おけリスト》を携えて、生涯最後の冒険旅行に出るハートフル・ストーリー『最高の人生の見つけ方』原案にしたもの。 とという大女優二人により、新たな感動の物語として生まれ変わる。 その主題歌となるのは、が書き下ろした「旅のつづき」。 エグゼクティブプロデューサーの小岩井宏悦は、今回の起用について「今回の主題歌は、アップテンポでとにかくポップな女性賛歌がイメージでした。 本編は号泣で終わることはわかっていたので、劇場を出る時は気分を上げて欲しかったからです」とし、「ターゲットとなる女性層に支持されていてポップでおしゃれな楽曲と言ったら、やはりさんです」とオファー理由を明かした。 もオファーを即快諾し、「憧れの吉永さんと天海さんの映画に歌で参加できて最高に幸せです!」と喜びを表現。 本作を鑑賞してから書き下ろされた楽曲に関しては、「残された時間をいかに生きるか?という問いかけへの私なりの小さな答えがこの歌になりました。 人生という旅が、誰にとっても素敵なものになるよう願いを込めて…。 」と主題歌に込めた思いを明かしている。 『最高の人生の見つけ方』 この楽曲を聞いた主演の吉永は、「マコさんと私(サチエ)の思いを見事にとらえて、最高です。 初めて知るまりやさんの楽曲の魅力。 鮮やかなエンディングになりました。 まりやさん、ありがとう!」と、感謝の気持ちを表現し、共演の天海は 「まりやさんの優しくて、力強く前向きな歌詞と包み込むような歌声で最高のエンディングになりました。 『旅のつづき』が、映画『最高の人生の見つけ方』の世界をさらに素敵にしてくださっています」と、太鼓判を押した。 また、主題歌にあわせて本予告映像も解禁。 そのリストの項目をひとつひとつこなしていく中で、ぶつかり合いながらも絆を深めていく二人。 京都や長崎など、様々なロケ地で撮影された美しい風景が二人の旅に彩りを与え、さらにの主題歌「旅のつづき」が、二人の旅をより豊かなものにしていく。 人生という旅が、誰にとっても素敵なものになるよう願いを込めて…。 初めて知る まりやさんの楽曲の魅力。 鮮やかなエンディングになりました。 まりやさんの優しくて、力強く前向きな歌詞と包み込むような歌声で最高のエンディングになりました。 完成した映画をまりやさんと一緒に拝見したのですが何とも幸せな時間でした。 自分の事は横に置いて 笑 さん、ムロツヨシさん、前川清さん、満島ひかりさんなどなど、素晴らしい方々が織り成す、立場、環境の違う二人の女性の友情と、それぞれの人生への決着の付け方。 その二人を囲む人間模様、生きてきた日々への後悔と愛しさ、人に対しての、優しさ思いやりに溢れた物語にまりやさんと二人で、泣いてしまって。 そこに、まりやさんの素敵な曲が流れ.... これまた大泣き 笑 「旅のつづき」が、映画「最高の人生の見つけ方」の世界をさらに素敵にしてくださっています。 早く沢山の方々に観て頂きたいなぁと思います。 ぜひ、楽しみにしていてください。 成功や、富や、つまらないプライドではない、言葉にはし難い何か。 竹内さんから届いた「旅のつづき」を聞いた時、爽やかな風のようにその答えが聞こえてきました。 ぜひ、映画の終わりに吹き抜ける風を劇場で感じてください。 竹内さんありがとうございました。 名曲です。 本編は号泣で終わることはわかっていたので、劇場を出る時は気分を上げて欲しかったからです。 ターゲットとなる女性層に支持されていてポップでおしゃれな楽曲と言ったら、やはりさんです。 ビヨンセの「single ladies」みたいな曲をお願いします!とお願いしたらさすがに驚いていらっしゃいましたが(笑) ちなみに、スタジオで初めてこの楽曲を竹内さんに聞かせてもらった時、 私の第一声は「やばい、曲が良すぎて余計に泣ける」でした。

次の