フレッツ光 安く。 フレッツ光は携帯・スマホ割引はない?ソフトバンクもauも安くならない!

「フレッツ光が安くなる」という電話勧誘で契約させられた際の4つの対処法

フレッツ光 安く

フレッツ光をご利用中の皆様。 月々のフレッツ光の利用料金はいくら支払っていますか? 恐らく、安く済んでいる方でも最低6,000円以上。 料金プランや無数のプロバイダの関係でより複雑で、トータル10,000円を超えている方もいるとか。 しかし携帯代もそうですが「通信費が高い」と内心思いながらも、「こんなものなんだよね」と自分を納得させている方も多いかと思います。 しかし、実は・・・高いですよ!! インターネットの世界もどんどん新しいものも始まったり、もっとお得に使えるようになっています。 でも「ネットってよくわからない」「また再設定とかも面倒」そんな理由でネットの見直しをしないのも勿体ない話です。 フレッツ光のプランをチェック まずは、フレッツ光自体のプランを見直しましょう! でも「見直す」と言っても何をしたらいいのかもわかりませんよね。 何が必要で、何が必要ないのか、プランもいっぱいあるから結局どれにすればいいのかもわかりません。 家電量販店で契約すると 「キャンペーン適用するのでオプションつけさせて下さいね~」 「要らないようなら後で外せますから~」 そんなセリフを言われて契約をして、そのまま外しそびれている方もいるでしょう。 オプションが6コもついて、無料通話もついてくる一見お得な電話サービスですが、最近は固定電話そのものをあまり使っていない家庭も多いのでは? それでも、固定電話は必要。 設定がわからなかった時などに便利!と言われてそのままの方も多いでしょう。 トラブル時に遠隔操作で対応して貰えるものですが、実際に使っていますか? リモートサポートも見直しの対象にしてよさそうです。 !注意! NTTでは何もオプションを付けていなくても、プロバイダーで加入している場合もあるんです。 オプションの見直しをする場合は、必ずNTTとプロバイダーの両方に電話をして確認しましょう。 また、キャッシュバックなどのキャンペーンを適用するためにオプションを加入した方々は、「オプションの最低利用期間」を指定されている場合もあると思います。 多くの代理店は数カ月の設定だと思いますが、申込先によってまちまちなので、最近契約したばかりの方は特に契約をした場所でも確認をすると安心です。 プロバイダーを変える! フレッツ光は、NTTとプロバイダーの2つの契約をしなければなりません。 それゆえに、どちらからも料金の請求がされます。 プロバイダー料金を合わせた料金が月額のトータルのネット代になります。 つまり、今契約しているプロバイダーよりも安いプロバイダーに乗り換えるだけでも、月額料金を節約することもできます。 しかし、安いプロバイダーにはそれなりの理由もあるようで、サービス内容が乏しい、速度が安定しないなどの問題も少なからずあるようです。 問題なく使えている人もいたりするので、一概には言えませんが、リスクがあっても少しでも安く済ませたい方にとっては有効な方法と言えそうです。 しかし、もっと安く使えるプラン「ライトプラス」というものがあります。 3GBって実際どのくらい使える? 一番安く済ませるためには、1カ月3GBで通信料を抑えなくてはいけないのですが、実際どのくらい使えるのでしょうか。 公式のQ&Aを読んでみると「動画なら月に約16時間(1日30分)・ホームページなら月に約2,000ページ」とのことです。 オンラインゲームをする場合や動画を観るとすぐに超えてしまうので、本当にライトユーザーにしか向かないプランかもしれません。 トラブルも ホームページの中にはいくつも画像が張られて、CMのように動画が勝手に流れてしまうものも多いですよね。 自分では使っていないつもりでも、気が付かないうちに大きな通信をしてしまっている場合もあるので注意が必要です。 せっかく節約しようと思ったつもりが逆に高くなってしまっては、ガッカリですよね。 通信料も目には見えないもの。 少しリスクがあると思っておきましょう。 光コラボに転用する! 「フレッツ光と品質は同じ!だけど安くなる!」 そんな光コラボレーションの営業を受けたことはありませんか? 光コラボレーションという新しいサービスが2015年よりスタート。 フレッツ光の回線をそのまま使って、卸受けた事業者の光回線に乗り換えることが出来るようになりました。 ,,` 光コラボはどんなところがある? 光コラボレーションはプロバイダー込みの料金になります。 しかし、安さだけで決めてはいけません。 皆さんBBexite光だけはやめましょう。 レビューなどを見て決める人もいると思いますがオンラインゲームをやる人はあの回線の悪さは異常です。 しかも2時ごろまで続きます。 ドコモ光は評判もスマホ割もイマイチ? しかし、ドコモ光の評判が悪すぎるので(光コラボ全体でも全体的にトラブルが多いのですが)ドコモユーザーであってもドコモ光はあまりおすすめできません。 クレーム入れて解約したい — たった ひでき mokkemoke こんなTwitterの投稿が溢れている上に、スマホの割引金額もソフトバンク光やauひかりに遠く及ばず、キャンペーンもポイントでのキャッシュバック。 現金で高額キャッシュバックを行なっている2社には、残念ながら「負け」ているといわざるを得ません。 ソフトバンク光は? ソフトバンク光に限らず、光コラボ全体で言えることですが、やはり速度に不満を持っている方が多いようでした。 ただ、問題なく使えている人もいるのがソフトバンク光。 改善傾向にあるようです。 BIGLOBE simとのセット割りもありますが、auスマホとのセット割もあり、auユーザーが家族で一人でもいれば、ネットの月額料金が毎月1,200円引きになります。 光回線? ファミリータイプ? マンションタイプ? キャッシュバックは少な目です。 NTTにこだわりがある方にはいいかもしれませんが、もっと月額料金も安く、キャッシュバックもお得な光回線は沢山あるので、他の光回線を検討してもいいかもしれません。 OCN光への申し込みはコチラから 思い切って回線まるごと乗り換える! 光コラボの長所は、工事が要らずに簡単に乗り換えが出来ることでした。 しかも、フレッツ光の違約金も免除になります。 しかし、実際に光コラボ全体で口コミはイマイチ。 「遅い」「繋がらない」そんなTwitterの投稿が目立ちます。 いくら安くなっても、そんなんじゃストレスが溜まりますし、トラブルも御免ですよね。 しかし、加入者数の多いNTTに比べて回線も混雑しませんし、その分速度も安定するというメリットも。 そして、現金キャッシュバックも高額。

次の

フレッツ光が安くなる詐欺に注意!光回線の電話勧誘は全部断るべき|やさしくねっと.

フレッツ光 安く

スマホやインターネット、固定電話など通信料金がけっこうバカにならないと言った声は多く聞かれます。 通信料金は毎月かかるものでありできればなるべく下げたいと思っている人も多いことでしょう。 しかしスマホやインターネットがある生活が当たり前の環境になってしまうとなかなか「辞める」という決断はできなく今の時代では必要経費の1つとなっています。 家族で共有している場合、家族割などもあるでしょうがそれでも毎月1万円や3万円など結構な額になっていることも少なくありません。 そうした人にとって通信料金が安くなるといった情報は非常に興味深いと思います。 インターネットの情報を見てわかるとおり最近ではさまざまな割引情報が掲載されています。 インターネット接続についても申し込みにあたりPS4など豪華な特典や高額キャッシュバックが当たり前のようにされている時代です。 これらのPRは代理店と呼ばれるところで行われています。 代理店では電話勧誘も盛んに行っており、日中自宅に勧誘電話がかかってくるといった経験をお持ちの方も多いことでしょう。 固定電話を引いている家庭ではこうしたケースも多々あります。 電話勧誘は自宅にいながらお得な情報を聞くことができ一見便利なように見えるかもしれませんが、トラブル事例が後をたたず十分な注意が必要となっています。 なぜトラブルが後を絶たないのか?も気になるポイントです。 インターネット接続はさまざまな会社が提供しています。 NTTやソフトバンク、AU、ドコモ、ソニーなどここでは紹介しきれないほど多くの会社が手掛けておりサービス内容もさまざまです。 そんな中で王道と言えばNTTです。 NTTのフレッツ光を以前から契約しているといった家庭も多いかと思います。 代理店からの勧誘についても「フレッツ光が安くなりますよ」といったものが多くみられます。 現在フレッツ光を使っているユーザーはこの情報はちょっと気になるところですね。 ところで本当にフレッツ光が安くなるのでしょうか?電話勧誘は詐欺も多いと聞くし・・・と不安に思っているユーザーもいることでしょう。 ここではフレッツ光が安くなるといった電話は本当に正しいのか?など電話勧誘について紹介していきたいと思います。 フレッツ光を利用している方は電話勧誘に要注意! 現在フレッツ光を利用している方もいることでしょう。 光回線の利用ですがフレッツ光のユーザーは今も多数います。 最近は光コラボレーション商品なども出回っておりインターネット接続についても多様化している状態です。 多様化するインターネット接続業者ですが代理店経由だとさらにキャッシュバックや特典が盛りだくさんでお得になっています。 ところで最近フレッツ光を利用している人を対象に 「安くなりますよ」といった内容の電話勧誘が増えているといった報告があります。 フレッツ光を利用しているユーザーにとっては興味深い話ですがこれは本当なのでしょうか?電話勧誘は詐欺も多いと聞くし、不安を持っている人もいるかと思います。 「フレッツ光が安くなる」の電話勧誘ですが早口にとにかくお得!といったことをPRしているところが多いようです。 お得という言葉ばかり聞くとついそちらに目がいきがちですが、 実際にはお得でなかったり詐欺であったり、トラブル事例も多いので十分な注意が必要です。 トラブルに巻き込まれる人は巻き込まれる側に原因があると思いがちですが、ごく普通の人がそれこそ巻き込まれているのが現状です。 理由はセールス側が正しい説明をしていなかったり、まったく違う契約をしているケースが後を絶たないからです。 つまり正しい販売がなされていないのでだまされる方が悪いと言われればそれまでですが、だます方は悪意を持って行っていることも少なくありません。 フレッツ光が安くなるとの件ですが手口としてはフレッツ光から他社へ転用させるケースが多くみられます。 転用されることで転用先からバックマージンをいただくのが相手の目的なわけですがこの転用が 正しく行われていなかったり、聞いていないオプションがついている可能性があります。 そうなると当然月額費用もあがりますし、余計な費用を支払う必要性が出てくるわけです。 契約したつもりがないのにそうした費用負担をしなければならないのはなんとも理不尽な話ですが実際にそうしたトラブルが後を絶たない状況です。 あまりにもひどい状況なので総務省が注意を促しています。 これも異常事態です。 消費者が騙され痛い目を見るのはなんとも理不尽な話ですが実際に問題そうしたことが横行しているのです。 だまされる理由の1つにNTTの代理店からの電話をNTTだと思い込んでいる人が多いことが要因でもあります。 これは業者側がさも NTTであるかのような装いをして電話をかけているケースが多数あります。 NTTの代理店ですが多数の店舗があり、それぞれに名称があります。 名称は代理店任せで自分の名前でもいいわけですしスナック花子なんて名前でもいいわけです。 インターネット接続業者とわかりやすいよう、〇〇ネットワークなんて名前にしているケースもあります。 フレッツ光が安くなるという詐欺では転用詐欺とも呼ばれています。 フレッツ光もいい商品ですし、転用先の商品もいい商品である可能性もあるのに悪質な手口にひっかかり詐欺と名づけられてしまうのがなんとも残念なところです。 くれぐれも誤解してほしくないのが転用自体は悪いことではないですし、転用先のネット接続もいい業者である可能性が高いのです。 それにも関わらずトラブルが後を絶たないのは正しいセールスを行っていないことや消費者に不利益が被るような無茶な契約がなされているからです。 フレッツ光からの転用にかかる費用について フレッツ光の転用ですが工事費や契約手数料もかかります。 これらの費用についてもフレッツ光からの転用の誘いの際、正しく告げていないケースが多くみられます。 契約手数料や工事費も「お金がかからず安くなる」なんて話をするセールスマンもいるほどです。 実際にそうした手口にひっかかってしまう人もいます。 電話勧誘のセールスマンをすべて疑うのは良い話ではないかもしれませんが、実際にそうした行為をしているセールスマンが多いので 「電話勧誘のセールス内容はすべて怪しい」と思うくらい警戒していた方が良いでしょう。 セールストークではお得になる部分を強調して費用負担についてはきちんと説明しないパターンも少なくなりません。 これは理不尽ではありますが実際にそうしたことが行われています。 転用をすると 契約手数料が当然にかかります。 手数料は3000円です。 このことを知らないで契約してしまっても実際には3000円は支払わなくてはならないわけです。 このように泣きを見るのは消費者です。 消費者はその点を覚えておく必要があります。 またこんな事例も報告されています。 マンションの契約の場合、フレッツ光が各部屋まで行き届いていない可能性もあります。 その場合、 引き込み工事が必要となります。 こちらも別途費用がかかります。 「そんな話聞いていない・・・」では収まらないわけでこちらも費用負担をしなければなりません。 インターネット接続は費用内訳も複雑になっています。 そのことを知らないユーザーも多いことでしょう。 それこそ隅々まで「どういった費用がかかるのか?」といったことを知るためにはリサーチは欠かせないものとなっています。 電話勧誘でも通常の転用でも同じことが言えますが転用する際は 「工事費から解約費用まですべて含めた金額」を把握した上で検討することが大事です。 そうなんです。 転用については要注意なんです。 工事費はもちろん契約についても費用を知る必要がありますし、解約の場合にかかる金額についても知っておくのが1番です。 フレッツ光から光コラボの移行について 現在フレッツ光の回線を利用している方もいることでしょう。 フレッツ光は光回線の利用者にとって王道ともいえる回線で現在は違う回線を利用している方も以前はフレッツ光を利用していたというユーザーも多いことでしょう。 光回線ですが現在はさまざまな会社で提供しておりソフトバンク光なども人気です。 ソフトバンクの携帯とあわせて利用している人も多いのではないでしょうか。 インターネット接続は盛んにキャッシュバックも行われています。 回線の契約の際はぜひとも代理店を利用してお得な特典を受けたいところです。 ところで代理店による「勧誘電話」については社会問題となっています。 ドコモ光や今の時代ぷらら光をはじめ光コラボレーションも多数あります。 auひかりやnet光、TSUTAYA光、marubeni光、エキサイト光、OCN光など多くの会社があり迷う方もいることでしょう。 電話についてもソフトバンクを利用しているユーザーならソフトバンク光を利用するとさらにお得になるといったサービスもあります。 NTTと勘違いしている人も多いのですが電話勧誘をしているのは NTT代理店であってNTTではないのでこの点は注意が必要です。 サービスに関する営業を行っておりお得な料金も魅力の1つです。 光コラボレーションモデルについては工事をはじめ光サービスとして今後さらに普及することでしょう。 インターネット回線とてもNTT東日本とNTT西日本の回線を利用しておりその点も大きな魅力です。 評判については会社によってまちまちです。 試しに使ってみるのも良いでしょう。 ドコモを使っている人であればドコモ光を利用すると料金が安くなります。 電話営業なども行われています。 優良代理店であれば説明もしっかりしていることが多いのですが中には悪徳代理店も存在します。 特にインターネットの電話勧誘を行っているところがそうしたところが多いようです。 スマホと合わせて利用すると確かに料金は安くなります。 エディオン光やNEXT光、ho光、IIJmio光、BIGLOBE光などお好みで契約して 携帯との利用でさらに安くなるか?も調べておくといいでしょう。 会社の状況はインターネットの口コミ記事を参考するといいでしょう。 工事費などについても安くなっているケースもあります。 相手への勧誘ですが電話勧誘についても盛んに行われています。 インターネットの回線では自分でプロバイダを選ぶことが多いのですが、光コラボレーションについてはすでにセットになっており 指定されたプロバイダを利用することになります。 転用については営業マンから説明があることでしょう。 営業では転用方法なども説明してくれるでしょうが ユーザー側も十分注意しなくてはなりません。 名前なども正しいものか知っておく必要もありますしインターネットの契約内容については少なくとも知っておくことが大事です。 料金については最大で安くなるような方法がベストです。 しかしうまい話には裏があったり、代理店のセールストークが問題にもなっています。 聞いていないオプションがついていたり、まったく違う契約がされていることもあるのです。 ユーザーとしては「なんでこんなことになったのか?」と疑問を持つことでしょう。 代理店側の説明ミスや詐欺であるケースも多々あります。 そうした点についても十分気を付けたいところです。 電話勧誘はトラブル事例があまりにも多いのでおすすめできません。 しかし代理店の利用はおすすめなのでインターネットから申し込みが可能な代理店を利用するといいでしょう。 そうすることでトラブルも減少できると思います。 電話営業ではほとんどのケースでキャッシュバックがもらえない フレッツ光でのキャッシュバックがもらえません。 昔は、PS3やPS4など任天堂のゲーム機やテレビなどの豪華のプレゼントをして40000円を超えるキャッシュバック提供をしてくれていました。 けど、現在では、 フレッツ光に申し込みをしても多くても5000円程度のキャッシュバックをもらえることしかありません。 フレッツ光のキャッシュバックが激減したのは、KDDIのau光の登場になります。 KDDIが展開しているauひかりとauスマホとのセット割に原因があります。 フレッツ光を提供しているNTT東西とNTTdocomoは同じNTTグループですが、セット割を提供できない理由があります。 NTTはもともと国営会社で1985年に民営化されている会社になります。 そしてNTTにはNTT方があります。 NTTが何もできない間に、KDDIはau光とauスマホのセット割でどんどんシェアを伸ばしてNTTの顧客を奪い取っていました。 そこで総務省が新たに許可を出した方法が、光コラボになります。 これにより、docomoが自社ブランドとしてドコモ光を提供できるようになり、2015年の初頭からいろいろ光サービスが登場したわけになります。 最近で有名になったのは、ソフトバンク光になります。 ソフトバンク光の提供を始めたため、同時にソフトバンクスマホとのセット割も開始しています。 プロバイダのキャンペーンも期待できません。 フレッツ光の対応しているプロバイダ数は300以上あり、それぞれの独自のキャンペーンなどを実施しています。 かろうじで残っていた西日本でも終了しました。 新規顧客の獲得を力入れなくなっている中、NTT西日本ではある程度高額なキャッシュバックを提供しています。 NTT西日本に住んでいる人たちはフレッツ光でもある程度お得に申し込むことができましたが、 現在高額なキャッシュバック提供を終了してしまっています。 高額なキャッシュバックは法人のみになっています。 フレッツ光に申し込みでも唯一高額なキャッシュバックをもらえる人たちもいます。 法人や個人事業主などを行っている人になります。 NTTは個人向けの新規獲得に力を入れなくなったものの事業者向けに対してはかなり前向きにサービスを宣伝しています。 法人または個人事業主であれば、30000円~40000円の高額なキャッシュバックがもらえます。 大手家電量販店のフレッツ光への申し込みはかなり控えめになっています。 前は、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった家電の購入と同時にフレッツ光に申し込みをすれば40000円から80000円近くの割引が適用されていました。 またパソコンが1円や10円でインターネット回線と同時にお申し込みでタダ同然にもらえていました。 家電量販店でもフレッツ光に関するキャンペーンはほとんど終わってしまっていますが、現在光コラボやau光などの回線に力を入れています。 それは、過去に詐欺まがいの事をする人が増えて顧客が増えないからです。 NTT代理店 代理店とは販売元はNTT,au、ソフトバンク、docomo等の代理店契約を行い、販売元の代わりに販売を行って成果に対して報酬をもらう会社になります。 断っても勧誘電話が何度もかかってきます。 代理店では、リストがあります。 代理店でよく言う安くなるということは本当? 現在の金額から1円でも安くなれば嘘をついたことにはなりません。 法人の勧誘方法と注意点 2017年に多いのはギガ楽wifi,オフィス商材になります。 営業(電話勧誘・訪問販売)の止め方 販売元の会社へ電話して電話や訪問販売はしないで欲しいと伝えるだけで、登録が行われて勧誘が来なくなります。 2016年5月21日に電気通信事業法が改正されたことにより代理店の強引な勧誘は法的に規制されました。 各社連絡先 ドコモ光 個別対応 0120-800-800 9~20時で年中無休です。 ソフトバンク光回線 電話勧誘の禁止 080-0111-2009 10~19時で不明です。 被害・トラブルにあった場合 安くなるといっても高くなったといって解約をやろうとしても解約金が10万円を超える場合もあります。 けどNTT本体に報告しても解約金を払わなくてもよいということもなくきっちり請求されます。 トラブルを起こさないためにも安くなるというメリットだけではなく契約内容やデメリットをしっかり理解してから申し込みを行うことが重要になります。 インターネット回線の種類とプラン 固定(有線)タイプと無線(モバイル)の2種類のインターネットに分かれています。 有線タイプの場合は、光回線とADSLをあげることになります。 無線の場合は、いくつか種類はありますが、現在はwimaxが主流になっています。 有線 宅内(光回線) ・光回線のケーブルを引く工事が必要になります。 ・一般的に最も通信速度の速いのが光回線 ・契約件数の最も多いインターネット回線 宅内(ADSL) ・既存の電話回線の線を使用するため新たにケーブルを引く必要がない。 ・月額料金が光回線より安く設定されています。 ・契約件数は減少傾向になっています。 ・工事不要ですぐに使用できます。 ・宅内のみのインターネットが可能になります。 宅内と外出先(モバイル回線)(wimax) ・専用のWiMAXルーターを購入します。 ・家ではもちろん、ルーターを持って行けばどこでもネット接続が可能になります。 光回線 NTT東と西はフレッツ光 ・いわずと知れた大手の光回線事業者になります。 ・別途プロバイダ契約が必要になります。 KDDIは、auひかり ・携帯3大キャリアの一つとしてもおなじみです。 ソネットは、NURO光 ・提供エリアが関東エリア限定のサービスになります。 ケイ・オプティコムは、eo光 ・提供エリアが関西限定のサービスになります。 ADSL回線 ソフトバンクは、Yahoo! BBADSL ・ADSLは電話回線を使ったインターネット・サービスになります。 モバイル回線 UQコミュニケーションズは、WiMAX ・KDDIグループが提供しています。 ・WiMAXというのは無線の規格名になります。 回線事業者とプロバイダの関係 インターネット接続に関しては回線事業者とプロバイダが必要になります。 2015年以降は、プロバイダ契約すれば回線事業者と直接契約しなくてもよくなりました。 現在光回線を契約する場合は、光コラボを選ぶのが一般的だと思います。 光コラボを提供している事業者 OCN光 ・NTT系列の大手プロバイダです。 ・業界シェアが一番で安心感があります。 So-net光 ・ソニー系列の大手プロバイダにあります。 Softbank光 ・携帯3大キャリアの一つです。 ADSL 光回線に押されてすっかりマイナーになった感じもあるADSL回線になります。 NTTのフレッツADSLは申し込み停止されています。 現在では、ソフトバンクではお申し込み可能になっています。 ADSLの契約はYahoo! BBをはじめ、ソネット、ニフティなどいわゆるプロバイダといわれる会社がサービスから現在も契約可能になります。 無線回線基礎知識 WiMAX 光回線のように工事が不要なため無線回線インターネットの最大の特徴になります。 中でも外でもインターネットが可能なモバイル回線のWiMAXが無線回線の中でも人気になります。 WiMAXが登場してから光回線と変わらない金額でADSLより高速なインターネット環境が実現されました。 WiMAXという無線通信の一つの規格です。 UQコミュニケーションズになります。 工事不要なSoftbankAir SoftbankAirは、工事不要・無線で接続できるインターネット回線になります。 ターミナルと呼ばれる専用機器を置いてコンセントを差すだけですぐにインターネットが開始できます。 高速のインターネット回線上、データ容量を気にせず使い放題になります。 wifi設定も工事も不要になります。 パソコンやスマホやゲーム機などタブレット、wifiに対応している機器であればなんでもソフトバンクAirのwifiで無制限にインターネットへの接続が可能になります。 ソフトバンクAirは宅内専用になっています。 NTTからの乗り換えとほかからNTTへの乗り換え フレッツ光からauひかりに乗り換え フレッツ光からau光への乗り換えの際に必要なことは、まずプロバイダを選択する必要があります。 au光で選べるプロバイダは7つになります。 au光のプロバイダへの直接申し込みのほかに代理店経由で申し込むこともできます。 プロバイダのキャンペーンも間違えてしまうと損をしてしまう場合もあります。 au光回線引き込み工事 au光では、地域や状況によってNTTの光ファイバーを利用する場合もあります。 光電話の番号を移行する場合 フレッツ光で光電話を利用していた場合、auの光電話に電話番号を移行することも可能になります。 フレッツ光から電話番号を移行する場合、au光の回線工事(インターネット開通)と同時にau光の電話を利用することは出来ません。 au光の電話が利用できるまでには工事完了後、数日から2週間ほどかかります。 NTT東日本エリア ・2年割の解約金 二年間継続して使用する代わりに月額料金の割引を行うサービスです。 2年後との自動更新になり更新月以外に解約をすると戸建タイプは、9500円、マンションタイプ1500円の解約料金がかかります。 Au光の代理店によっては、乗換えキャンペーンとして解約金を負担してくれる場合もあります。 ・工事費の未払い 2012年6月1日以降の申し込みからNTT東日本のフレッツ光の工事費の値上げがありました。 それまで2000円だったが24000円になりました。 そして分割と一括の選択ができるようになりました。 2015年4月1日以降の申し込みの人は、工事費は引き下がられて18000円になりました。 そして分割を選択した場合、未払いが残っている場合、残りの残金が請求されます。 NTT西日本エリア ・光もっと2割またドーンと割適用の場合 年数に応じて解約金が違います。 5000~30000円の解約金になります。 Au光の代理店によって解約金を負担してくれる場合もあります。 ・工事費分割分 2015年4月以前に申し込みした場合、工事費が大幅に割引されていたため、4000~5000円の工事費を最初に一括払いするだけで開通工事が出来ていました。 けどそのキャンペーンは終了しており、2015年5月以降にフレッツ光に申し込んだ場合18000円の工事費がかかります。 フレッツ光からau光へ転用できる? 2015年にNTT光コラボ事業を始めてソフトバンクやドコモなど、多くの事業者が新しいサービスを開始しました。 光コラボの特徴は、現在フレッツ光を使っている人であれば、工事費なしで簡単に転用できる点です。 ソフトバンク光やドコモ光の場合は、フレッツ光の回線を丸ごと利用した光コラボ事業者なので、現在フレッツ光を利用していれば、工事費なしで乗り換えることができます。 au光の場合は、光コラボ事業者ではないためフレッツ光とは完全に違う回線が使用されています。 ですのでフレッツ光からau光に乗り換える際には再度工事が必要になります。 なので、フレッツ光からauひかりへの転用は出来ません。 おすすめの代理店 1. NNコミュニケーションズ キャンペーンは ネットのみで43000円のキャッシュバック ネット+電話で50000円のキャッシュバック キャンペーン期間は2018年4月1日~ 戸建タイプの月額料金4900~5200円 マンションタイプ月額料金 3800円 一般的なau光の代理店の場合、7~8万円で場合によっては12万円以上のキャッシュバックをもらえる場所もありますが、これだけを見てしまうと安く見えます。 けど代理店で申し込みをすると高くなる場合もあります。 おして紹介者を用意しないとキャッシュバックをもらうことができないとかの厳しい条件がつく場合もあります。 条件にあてはまらないと5000~10000円のキャッシュバックしか受け取れない場合もあります。 NNコミュニケーションズのキャンペーンキャッシュバックは安い気がしますが、au光を申し込むだけで無条件貰えるお金なのでデメリットなしでもらえます。 アウンカンパニー キャンペーン ネットのみは、38000円のキャッシュバック ネット+電話は、45000円のキャッシュバック+wifiルーターになります。 戸建タイプの月額料金4900~5200円 マンションタイプ月額料金 3800円 乗り換えサポートとして他社インターネットサービスの解約金を最大30000円まで負担してくれるので還元率は最大75000円になります。 高速通信に対応したBUFFALO製のwifiルーターがプレゼントされます。 定価は8300円でac規格に対応しており、au光のギガ高速にも対応しています。 Auから貸し出しのwifiはn規格になりますので速度に関してはどうしても劣ってしまいます。 So-net公式 キャンペーン 月額大幅割引 戸建タイプの月額料金3950円 マンションタイプ月額料金 2950円 キャッシュバックが欲しくないから月額料金を安くしてほしいという人のために月額料金を大幅に減らすようになっております。

次の

元販売員が教えるフレッツ光の料金が高い理由と安くする方法|やさしくねっと.

フレッツ光 安く

フレッツ光とは、NTTの提供する光回線のサービス名(商品名)です。 「フレッツ光」とは、NTTが提供する光回線インターネットの商品名つまりNTTの提供する光回線でなければ、フレッツ光という名称にはなりません。 NTTが長いこと光回線事業を独占していたので、光回線=フレッツ光と誤解されることもありますが、NTTフレッツ光以外にも光回線は複数存在します。 例えば、、、、BBIQ光などがあります。 、NTTの光ファイバーケーブルは日本全国に行き渡っており、対応地域が広範囲なのも特徴です。 ですので、 他の光回線に比べてフレッツ光は全国のほとんどの人が申し込める光回線といえます。 ADSLの新規申し込みは終了現在、ADSLは新規の申し込みをすることができません。 また、サービスそのものも2024年3月末で終了してしまいます。 これからインターネットを申し込む場合は光回線やモバイル回線を申し込む必要があります。 光回線とADSL回線の違い フレッツ光はNTTの光回線の商品名ということが分かりましたが、という疑問をお持ちの人もいることでしょう。 そこで、光回線の特徴について触れておきます。 光回線がメジャーになる前に主流だったのがです。 この2つの回線には次のような違いがあります。 光回線とADSL回線の違い 光回線 ADSL回線 通信方法:光ファイバーケーブルにてレーザー光通信 通信速度:100Mbps~1Gbps(1024Mbps) 通信方法:電話回線にて電気通信 通信速度:1~50Mbps 光回線はレーザー光の通信方式で、電気に比べて安定しており、基地局からの距離や外部からの干渉による損失が少ないという特徴があります。 最大通信速度の違いに注目してみてください。 光回線のほうがADSLより20倍も速いですね。 もちろんこれはあくまで最大で、回線が設置されている環境や状況によって上下します。 実際には、光回線の一般的な通信速度は100Mbps程度とされています。 これは、ネットで動画を視聴したりダウンロードしたりするなど比較的にが多い場合でも、何のストレスもなく快適なインターネットを楽しめるです。 ADSL回線は基地局から離れれば離れるほど通信速度が落ち、動画視聴時に画面がカクついたりすることもありますから、光回線のほうがおすすめです。 まとめですが、光回線とADSLでは「回線の種類」そして「通信速度」が大きく異なるということです。 ひかり電話が申し込める フレッツ光のひかり電話は通話料が安いのも魅力。 フレッツ光を契約すると、「」というオプションプランもつけられます。 を新たに契約するのに電話加入権など結構お金がかかります。 光回線を引けば、簡単な工事で、ひかり電話が"いえでん"の役割をしてくれます。 ひかり電話は、通話料も、一般の固定電話より安く、固定電話同士なら日本全国どこでもだいたい3分8円前後です。 距離に関係なく料金が一定のため、特に長距離になればなるほどお得です。 ただし、月額使用料が毎月500円かかります。 フレッツ光のひかり電話、いままでの固定電話の番号は使える? 良さそうだけど、電話を買い替えないといけないの?電話番号が変わってしまうの?という疑問がわいてくる人もいるでしょう。 心配要りません。 ひかり電話ですが、現在の電話番号がそのまま使えます!110番や119番などの緊急電話も、普通の電話と同じように使えます。 天気予報や時報も使えます。 光回線のメリット・デメリット 光回線のメリット 光回線(フレッツ光)のメリット・デメリットは? 光回線インターネットのメリットとデメリットをまとめてみました。 通信速度が圧倒的に速い• 通信が安定している• 基地局から遠くても通信速度がほとんど落ちない 光回線のデメリット• ADSLに比べて月額料金が高め• 光回線工事が必須• 提供エリアがADSLより狭い ただし、光回線が主流になってくるにつれて、上記のデメリットは少なくなってきました。 月額料金は、記事の後半で取り上げるではかなり割安になります。 また、 NTTのフレッツ光なら提供エリアもかなり広いので、ほとんどの人は光インターネットを申し込めるようになっています。 ADSLの新規申し込みは終了現在、ADSLは新規の申し込みをすることができません。 また、サービスそのものも2024年3月末で終了してしまいます。 これからインターネットを申し込む場合は光回線やモバイル回線を申し込む必要があります。 フレッツ光のプランは主に2つある とはどちらも、2種類のフレッツ光を提供しています。 「フレッツ光ネクスト」と「フレッツ光ライト」です。 どちらも定額制ではあるのですが、インターネットの使用量によってお得度が変わります。 フレッツ光ネクスト・・・どれだけ使っても料金は一定の使い放題プラン• フレッツ光ライト・・・料金二段階制で、使用量が少ないと安くなる使い放題プラン インターネットの使用頻度や使用量が多い家庭は「ネクスト」一択です。 逆にインターネットはあまり使わない、使用目的はメールやニュース閲覧がほとんどという家庭は「ライト」を選ぶとお得になります。 ワンポイントですが、スマホを利用している人なら、スマホにもデータ通信が付いています。 インターネットはスマホがメインで、家の固定回線はあまり利用しないのなら「フレッツ光ライト」を選ぶとお得です。 他にも、NTT東日本だけが提供している「フレッツ光ライトプラス」というプランもあります。 プロバイダー契約とフレッツ光がセットになった光コラボプランが便利。 プロバイダー経由でフレッツ光を申し込めば、手続が簡単です。 フレッツ光を契約して、またプロバイダーも選ぶなんて面倒くさい、そんな場合は、「」がおすすめです。 NTT東日本のフレッツ光プラン(税抜) 建物タイプ プラン 通信速度(最大) 受信(下り) 送信(上り) フレッツ光ネクスト 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ 1Gbps 1Gbps ファミリー・ギガラインタイプ 1Gbps 1Gbps ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps 100Mbps ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps 集合住宅 ギガマンション・スマートタイプ 1Gbps 1Gbps マンション・ギガラインタイプ 1Gbps 1Gbps マンション・ハイスピードタイプ 200Mbps 100Mbps マンションタイプ 100Mbps 100Mbps フレッツ光ライト 戸建て ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps 集合住宅 マンションタイプ 100Mbps 100Mbps フレッツ光ライトプラス 戸建て フレッツ光ライトプラス 100Mbps 100Mbps NTT西日本のフレッツ光プラン(税抜) 建物タイプ プラン 通信速度(最大) 受信(下り) 送信(上り) フレッツ光ネクスト 戸建て ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps 1Gbps ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps 200Mbps ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps 集合住宅 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps 1Gbps マンション・ハイスピードタイプ 200Mbps 200Mbps マンションタイプ 100Mbps 100Mbps フレッツ光ライト 戸建て ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps 集合住宅 マンションタイプ 100Mbps 100Mbps フレッツ光と別にプロバイダー契約も必要 光回線のインターネットを契約する際には、フレッツ光とは別にプロバイダーの契約も必要になります。 フレッツ光の契約をNTT(NTT東日本/NTT西日本)とするだけでは、インターネットを始めることはできないのです。 繰り返しになりますが、インターネットができるようにするには、NTTとのフレッツ光の契約ととの契約の2つがかかせません。 プロバイダーとは? 難しいことは省き、ごく分かりやすく言うならば、インターネット接続を可能にしてくれる会社=プロバイダーです。 フレッツ光は、物理的な光ファイバーケーブルという回線の使用を可能にしてくれます。 実際にネットにつないでくれる(インターネット接続サービスを提供してくれる)のがプロバイダーということです。 他の表現で解説してみましょう。 インターネットをガソリンに例えると、プロバイダーはちょうどガソリンスタンドです。 この場合、NTTは石油元売り会社になります。 車にガソリンを補給したいなら、ガソリンスタンドに行きますよね。 石油元売り会社から直接ガソリンを買うことはできません。 つまりNTTはインターネットの元売り会社であって、小売りはしていないわけです。 プロバイダーは複数の中から好きなところを自分で選ぶことができます。 月額料金は500~1,200円の範囲で、毎月のフレッツ光の料金に加えてこれらプロバイダー料がかかります。 プロバイダー契約とフレッツ光がセットになったプランフレッツ光を契約して、またプロバイダーも選ぶなんて面倒くさい、そんな場合は、両者がセットになっている「」がおすすめ。 ワンストップで光回線インターネットが申し込めます。 金額はすべて税抜価格を表示しています。 フレッツ光の導入するには、が必要です。 月額料金とは別に見積もっておく必要があります。 フレッツ光の初期費用 フレッツ光の月額使用料(税抜) 建物タイプ エリア プラン 月額料金 戸建て 東日本 ギガファミリー・スマートタイプ 4,600円 ファミリー・ギガラインタイプ 5,400円 ファミリー・ハイスピードタイプ ファミリータイプ 2,700~5,700円 フレッツ光ライトプラス 3,700~5,400円 西日本 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 ファミリー・ハイスピードタイプ ファミリータイプ 4,300円 フレッツ光ライト・ファミリータイプ 2,800~5,600円 集合住宅 東日本 ギガマンション・スマートタイプ 2,950~3,950円 マンション・ギガラインタイプ 3,050~4,050円 マンション・ハイスピードタイプ マンションタイプ 2,650~3,650円 フレッツ光ライト・マンションタイプ 1,900~4,200円 西日本 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 マンション・ハイスピードタイプ マンションタイプ 2,850~3,950円 フレッツ光ライト・マンションタイプ 2,200~4,400円 フレッツ光の申し込み方法 フレッツ光に申し込むにはいくつかの方法があります。 それぞれご紹介します。 NTT東日本・NTT西日本のエリア NTT東日本 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、宮城県、福島県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、北海道 NTT東日本 福井県、石川県、富山県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県、愛媛県、香川県、高知県、徳島県、福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県 NTT東日本またはNTT西日本のホームページより申し込みます。 工事について連絡があるので、日程を調整します。 (すでに光回線が来ている場合は工事不要) 工事完了後、必要な設定をしてインターネット開始です。 プロバイダーのホームページから申し込む 上記でも挙げた、各インターネットプロバイダーのホームページ上でこともできます。 申し込みからインターネット開通までの流れは、NTTホームページから申し込む場合と基本的に同じです。 しかしながら、 フレッツ光にもっと分かりやすく簡単に申し込む方法があります。 それが光コラボです。 フレッツ光を「光コラボ」で申し込む 一番おすすめなフレッツ光に申し込む方法、それが「光コラボ」です。 光コラボとは、NTTとプロバイダーがコラボレーション(協同とか合作という意味)したサービスです。 光コラボで申し込むメリット それは、 光コラボは契約内容や仕組みが分かりやすいということと、料金が安くなるということです。 上記でも説明した通り、通常は光インターネットを契約する場合にNTTとプロバイダーの二者とそれぞれ契約する必要があり、料金もそれぞれに発生します。 そのため契約内容がややこしくなりがちで、手続きも面倒になります。 でも光コラボの場合は、NTTがプロバイダーにフレッツ光を卸売りしており、プロバイダーが一括して光回線インターネットを提供します。 そのため、 契約は一つだけになるので契約内容もシンプルで分かりやすくなるのです。 そして契約が一つにまとまった分、総合した料金も割安になっています。 通信スピードが非常に速い光インターネットを割安で使えるというのは大きなメリットといえます。 光コラボ提供プロバイダーの一例 光コラボを提供するプロバイダーは日本全国にありますが、その中でもメジャーな幾つかをご紹介します。 各プロバイダーのリンク先から光コラボに申し込むことができます。 光コラボの一例(IPv4 over IPv6対応) サービス名 特徴 月額料金 戸建て 集合住宅 en ひかり• 月額料金は業界最安値。 契約の縛りや解約金がない。 4,300円 3,300円• 老舗のプロバイダー。 契約の縛りや解約金がない。 4,500円 3,500円• 大手キャリアのソフトバンク• ドコモのスマホ料金が毎月割引• IPv6接続対応ルーターのレンタルずっと無料 5,200円 (自動更新) 4,000円 (自動更新)• 契約の縛りがなく解約金もない• IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料 4,800円 3,600円• セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料• IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料 3,780円 (自動更新) 2,780円 (自動更新) フレッツ光以外の光回線もある NTT提供の光回線フレッツ光とプロバイダーがセットになったものが光コラボ 「フレッツ光は、NTTの提供する光回線のサービス名(商品名)」というのは、この記事の冒頭で解説した通りです。 フレッツ光ではない、つまり、 NTT以外の会社が提供する光回線も存在します。 例えば、有名なものとして、ソニーネットワークコミュニケーションズのNURO光、またKDDIの提供するauひかりなどがあげれます。 フレッツ光のように使用者が多くないため、混雑による回線速度の低下がないため人気です。 今までフレッツ光を使ってきたが、どうも速度に満足できない、インターネットを利用する家族が増えた、ストリーミングで映画やオンラインゲームをする機会が増えた、そんな方に選ばれています。 自社で光回線(光ファイバーケーブル)を敷設しているため、まだ申し込みができない地域もありますが、該当地域にお住まいの方は契約先の選択肢の1つとして検討してみても良いでしょう。

次の