スピッツ 横浜 サン セット 2013。 スピッツ、野外「横浜サンセット」で夏の終わり演出

【スピッツ】横浜サンセット2013が公開された件

スピッツ 横浜 サン セット 2013

スピッツが約16年ぶりの単独野外ライヴ<スピッツ 横浜サンセット2013>を9月14日、横浜・赤レンガパーク野外特設会場で行なった。 しかも、9月11日に通算14枚目となるアルバム『小さな生き物』をリリースしたばかりの絶妙のタイミングであり、空の下、海を望む絶好のロケーション。 カラフルなスパンコールでスワンや船のイカリ、赤い靴などがあしらわれたステージのバックドロップは、まるで船上パーティのよう。 横浜のシチュエーションにピッタリだ。 最初に演奏したのはスピッツのターニングポイントとなったと言われている初期のナンバー「恋のうた」だった。 ハットをかぶり、ボーダーのシャツのボタンをいちばん上まで留めた草野は、永遠に夏にサヨナラを告げられない少年のような風情を残している。 その心地いい歌と演奏に身をまかせながら思わず、空を見上げてしまう開放感。 熱さをはらみつつ、どこか涼しげなスピッツの曲には本当に野外が似合う。 「こんばんは。 スピッツです。 後ろのほう見えますか? 草野です。 今日は暑かったですね。 海風が吹く中、「夏が終わる」も心ニクいほどのタイミングで披露された。 渇きを癒してくれる草野のヴォーカル、呼吸するように音を鳴らす境地に達している演奏。 タイトルからしてスピッツらしい「小さな生き物」はライヴ初披露。 彼らならではの視点で力強く生きることをメッセージした。 「だいぶ暗くなったな。 こんなロマンティックな横浜、スピッツに似合ってますか?」と三輪が言うと、草野が「久々に「夏が終わる」っていう曲を演奏したんですけど、20年前の曲です。 あの頃は寒い夏で、お米が足りなくなって……」と当時の出来事を振り返り、会場のあちこちから「あ~!」と思い出した声が。 その後、話題は最近、出演したテレビ番組のことに移り、どうやらハードスケジュールの中だったらしく、草野も三輪も「顔色、悪かったでしょ?」と笑いを誘っていた。 三輪のアルペジオで始まった最新シングル「さらさら」、草野がアコースティックギターに持ち替えた「ルキンフォー」。 月が浮かぶ夜空の下で鳴らされたキレのいいロックチューン「りありてぃ」(これもライヴ初披露)には大歓声が巻き起こった。 「結成して今年で26年。 こんなに続けてこられて、こんなに大勢の人の前で演奏できるなんて幸せです。 昨日、音出しに来たんですけど、遊覧船が俺らのことを見てて……」と草野。 三輪も「タイタニックの曲、ガンガン流しながらね」と沸かせる。 そんなMCのあとに演奏された新曲「らんぷ」では、切ない世界に場内が静まりかえり、やがて力強い拍手が響きわたった。 草野がハーモニカを吹きながら歌ったなつかしい曲「アパート」、スクリーンに月が映し出され、スペーシーなギターが空を駆け巡っていった「月に帰る」、大ヒット曲「チェリー」、「渚」とめくるめくセットリスト。 これまでに彼らがリリースした14枚のオリジナルアルバムすべてから曲が選ばれたというから久々の野外ワンマンというのみならず、構成もスペシャル。 「8823」では田村がハイジャンプをキメ、客席エリアにも照明が当たり、本編ラストは「海を見に行こう」。 草野は「今日は忘れられない夜になりました。 アンコールにこたえて披露されたのはファーストシングル「ヒバリのこころ」。 崎山は、赤レンガ倉庫でライヴを行なうことが決まったときに下見に来たことを話し、「ここで風が吹いたら気持ちいいだろうなって。 赤レンガの中でフルーツポンチ食べたりしながら、ライヴが楽しみだなぁって」と、みんなをほっこりさせた。 サポートキーボーディストとしておなじみのクジヒロコは会場のみんなの写真を撮り、草野は「この日を目標にがんばってきたから、明日からどうやって暮らしていこうかという感じです」と終演を惜しんだ。 幸せな空気が会場に満ちた「ベビーフェイス」と、名曲「夢追い虫」が最後に演奏され、過ぎ去る夏を惜しむ気持ちとともに素晴らしいライヴはジ エンド。 メンバーが去ったあと、華やかな花火が何発もあがり、夜空を彩った。 アルバムの曲たちをたっぷり聴かせてくれるはずだ。 <「スピッツ 横浜サンセット2013」>セットリスト 1. 恋のうた 2. みそか 4. ハチミツ 5. 僕はきっと旅に出る 6. 夏が終わる 7. 小さな生き物 8. さらさら 9. ルキンフォー 10. 運命の人 11. りありてぃ 12. ランプ 13. アパート 14. 月に帰る 15. チェリー 16. 渚 17. 恋する凡人 18. 8823 19. メモリーズ・カスタム 20. 海を見に行こう EN1. ヒバリのこころ EN2. ベビーフェイス EN3.

次の

【ライブレポート】スピッツ、“横浜サンセット2013”過ぎ行く夏に至福の時間「今日は忘れられない夜になりました」

スピッツ 横浜 サン セット 2013

スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 を観た人の感想、評価、口コミ スピッツ横浜サンセット劇場版に行ってきた。 今までの映像作品の中で一番いいなと思ったのは、画面が大きいからだけじゃなく、臨場感半端ないからだけじゃないと思う!ごくシンプルにスピッツのライブの魅力を、ちゃんと切り取っていたからじゃないかなぁ〜。 何回でも見たい スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 初回上映終了!自分にとっての初スピッツかつ地元開催で思い出深いライブだったから、感慨もひとしおです。 横浜サンセット劇場版に行ってきました。 劇場の大きなスクリーンと音響ってやっぱり家で観るのとはケタ違い!!スピッツファンはもちろん、興味あるけどライブ未体験の方、ぜひ足を運んでほしいです スピッツ横浜サンセット行って来ました。 新宿も横浜も行けなかったから本当嬉しかったよ。 DVD化して欲しい気持ちはまだあるけれど劇場版、最高でした… 私も横浜サンセット当日は後ろだったので画面見てました。 あの日の赤レンガの想い出が一気にあふれて序盤と花火観て泣いてしまった。 素敵な一日だった事を再確認。 個人的に横サンはスピッツだから成しえたライブで スピッツにしか出来ないライブで 本当にこれ以上ないくらいバンドの理想が詰まっているように思えた。 プロ・アマ問わず今バンド組んでる人は 観て損はないし観て欲しいと思ってしまった。 寝不足の絶不調のままフラフラと「スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版」生LIVEの迫力には敵わないかも知れないけれどスクリーンいっぱいに広がるメンバーの笑顔。 季節外れの花火にこれから良い季節が来るなぁと幸せな気持ちにしてくれて、いつもありがとうスピッツ 横浜サンセット劇場版観てきて幸せいっぱいです。 曲が終わるたびに拍手したいし、じっとしてるの辛かったけど大画面で音響もよかった。 セットリスト素晴らしすぎる。 プレイリスト作らなきゃ。 横浜サンセット劇場版。 先行上映会ではエンドロールの後に拍手が自然発生してたよね。 映画館では難しいかな 横浜サンセット劇場版観てきた。 やっぱり、生じゃないからと軽くみてると甘い。 画面いっぱいのメンバーに素敵な時間に呑まれた、吸いこまれた。 願わくはもっと多くの映画館で。 行こうか迷ってる方は一度はおすすめします。 MCの気張らなさもスピッツらしさ。 前にリダ言ってたけど これが楽曲の間を繋ぐよい緩急になってるなぁとしみじみ。 みんな楽しそう、こぼれる笑顔が本当に素敵でこちらも笑顔になる。 テツヤさんやリーダーちょいちょいペコちゃん顔になってた。 当たり前ながら巨大スクリーンに映されるメンバーの姿は圧巻。 特に1曲目をやる直前のメンバー同士でのタイミングの取り方。 演奏中の所作、表情が観たい所がちゃんと収まっていて スタートから楽しげなスピッツに既に涙目。 スピッツの月に帰るって曲、野外ライブ版マジ最高だから、スピッツ知らない沢山の人達に見て聞いて欲しい!「横浜サンセット劇場版」 横浜サンセット劇場版、映画館上映はメンバーの前振り音声なし。 ちょっとさみしい。 涙と鼻水の訳は、 スピッツと出逢えた事とか好きになれた事とか そういった全てが本当に幸福に思えて 嬉しかったし、楽しかったし、とにかく幸せでありがたくて、 今も思い返すと止まらない。 出会うキッカケをくれたお母さんにも感謝しきれない。 スピッツ横浜サンセットを観てきました。 実際に観ると「劇場版」って意味が分かった気が。 音のバランスが劇場で観る用に作られてると思う。 予想以上に重低音がゴリゴリしてるしはっきり分かる。 もしDVD化するんだったら、多分全体のバランスをいじる必要が出てくるんじゃないかな。 当初抱いていた、DVD化への望みは やっぱり捨てることは出来ないけど・・・ でも劇場上映でしか味わえない感覚でライブを思い返せた。 あの音圧はDVDを爆音で聴いたとしても味わえない。 そして巨大スクリーンでスピッツを見れる感動はすごい。 スピッツと出逢えた事は 自分の生涯で一番のご褒美のように思える。 これは劇場版の感想というよりは スピッツに対しての個人的な感情だけど、 とんでもないバンドを勝手ながら好きになってしまったと思う。 「小さな音楽祭」以来の感覚。 なんでこんなに凄い事を まるで普通の事の様にやってのけてしまうのだろう。 ペペロンチーノ : 役所広司のムダ使い。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の

スピッツ、野外ワンマン・ライヴ〈スピッツ 横浜サンセット2013〉を開催

スピッツ 横浜 サン セット 2013

どうも、普段はのことばっかり記事にしている実況者です。 今日は特別編で、タイトル通り私の1番好きなバンド、のお話です。 なんとノーカットのライブ映像がで無料公開されています。 是非ともご覧ください。 超良いライブですよ!• 横浜サンセット2013とは 2013年の9月にで行われたライブです。 が単独野外ライブをやったのはこれが16年ぶりだったということで、かなり特別なライブだったことが分かります。 9月とはいえ当日は正にで、私も汗だくになりながら参加しました。 かなり縦長な客席配置だったのですが、超幸運なことに前から4列目くらいの位置で見れました。 猛暑・スタンディング・超密ということで5,6人くらい、体調悪くしたのか後ろに下がって行く人を見ました。 そしてこのライブは14作目のオリジナルアルバム、「小さな生き物」発売直後でした。 なのでまだ新作を聴けていなかった私は物販で即買いして駐車場に行き、車の中で聴いて予習していました 笑 このライブでは何故かとがコラボした「シウマイまん」なるものが売られました。 そして即刻売り切れて食べられなかった記憶が蘇る・・・。 2015年劇場公開 なんと横浜サンセットは後に劇場版が公開されました。 見れる劇場がそんなに多く無かったのですが、私は幸い近くの映画館で公開していた為見に行くことが出来ました。 内容は完全ノーカットで横浜サンセット2013をアンコール含めて丸々流すというものでした。 ライブの内容が最高であったことや、見れば分かるちょっとしたハプニングを再び見れるということで現地に参加していた人にとっては勿論嬉しいものでした。 そしてこのライブ、日程が1日しかない上に収容人数が少なかったこともあり倍率がとんでも無いことになっていたので、惜しくも参加できなかった人にとっては更に嬉しいニュースだったのではないでしょうか。 ただし、この劇場版には1つ問題があったのです。 このライブはなんと、後にDVD化 されないことが確定していたのです。 それ故に目に焼き付けようとリピートする人も沢山いたようです。 これは恐らく、先に述べたハプニング含む"完全ノーカット"でありのままのを映したものだったからなのだと思います。 DVD化されないというのは悲しかったものの、ファンとしての意を汲もうと思い受け入れました。 それに、もう一度見ることができるなんて思っていなかったくらいなので、劇場放映されただけでも十分嬉しかったのです。 セットリスト セトリは調べれば出てくるので、ここではネタバレしないことにします。 観ることをお勧めする記事でネタバレは良くないと思うので。 ただ1つだけ書くならば、なんとこのライブのセトリは、のオリジナルアルバム14枚 当時 の全てから選曲されるというファンにとってめちゃくちゃ嬉しいものになっています。 私はその中でも3rdアルバムから選曲された曲が特に好きです。 2020年で公開 本当に予想もしていなかった展開でした。 DVD化しないと言っていたのにまさかので公開になるなんて思ってもいませんでした。 」 とのことです。 私は昨年の12月に観に行った、新作「見っけ」のツアーの3月以降の日程が、の影響で延期になっていたのです。 意地でも中止でなく延期にしてくれるの在り方、いいですよね。 ツアーを楽しみにしていた方の為に、そして外出自粛やイベント自粛で辛い思いをしている人のために、今回の無料公開をしてくれたのです。 最近外出自粛本当に辛かったので、ありがたい限りです。 まとめ めっちゃ良いライブなので、気になった方は是非とも観てください。 リンクは下に貼っておきます。 それではまた次回の記事でお会いしましょう。 ばいばーい! KoshianFOB.

次の