ボロス。 ボロスとは (ボロスとは) [単語記事]

【ワンパンマン】最強クラスの怪人・ボロスのプロフィールまとめ!最強と名高いその実力は?匹敵しそうなキャラクターは誰?

ボロス

・作品『』の登場人物。 版のは。 概要 暗団の首領で、大きな一つが特徴的な。 師の予言を受けてに来襲し、巨大でAを消滅させた。 の解説によるとは。 なお関連の話は族の後の撃から始まるが、本人は36撃で初登場する。 瞳は、肌は、はという手な外見をしている。 としい戦いを繰り広げたかに見えたが、の強な攻めも一切通用せず、最後はが作中初めて繰り出した必殺『殴り』によって再生を上回るを受けする。 その圧倒的な強さと格、それでもには及ばなかったという最期からは高い。 第1期では放送範囲の関係からを務め、最後にふさわしい手なを展開した。 戦闘能力 過酷なので競争を勝ち抜いてきたの種族はでも随一の治癒を持ち、中でもは身体機、潜在、治癒全てが優れているという。 そのあまりの強さゆえ相手になる敵が一人いなくなり退屈していたところ、20年前ある師から「遠く離れたに対等に戦える者がいる」との予言を受け、長い時間をかけてへとやってきた。 普段は「強大すぎるのを封印する役を持つ」を装備し、腕がてもを集中させれば元通りに再生するほどの再生を持つ。 と再生でこれまで全ての敵を一撃で倒してきたの攻撃に何度か耐え、にも「強いよ、は」と言われるが、決着後もの表情はさえず、も死に際「だな。 まるでが立たなかった、戦いにすらなっていなかった」と返す。 実際は傷一つ与えられなかった。 それでもはに「結構強かったよ、一番の強さかも」と伝えている。 はだが、ゲリュガンシュプによると「なんてもんじゃないよ。 10日もあれば全土を更地に出来るだろう」とのこと。 後に登場するウとはどちらが強いかでよくになるが、者く「ウとはどっちだろうな?前までは絶対の方が強かったけど、 今のウはもうほぼパーフェクトみたいなところがあるんで。 わかんないですね。 いい勝負・・・いい勝負するところで 接近戦だったらウの方が強いんじゃないかなとは思いますね。 接近戦ていうかとかとか、そういうのはだいたい避けられるっていう。 」 とのこと。 作中描写を見てもは圧倒的なや優れた再生、遠からの攻撃などで戦うのに 対しウは優れた格闘をもって戦うため(手加減していたとはいえの攻撃を何度もいなしたりかわして見せた)一概にどちらが強いとも言い切れない。 必殺技 体内にある莫大なエネルギーの放出 「が触れればすら残らない」波動だが、のすら燃やせなかった。 メテオリックバースト 体内のを推進として、体のをえたとを引き出すの切り札。 その代償として呼吸のように身体への負担が大きいため、決着をめたい時のみ使うという。 だがにはしい乱打もほとんど防がれ、当たってもにはならなかった。 版ではをまで蹴り飛ばす展開が新たに挟まれるものの、やはりには至らず。 崩星咆哮砲 全を放つことでの表面を消し飛ばす程の威を持つ、のもう一つの切り札。 のの手と思われるが、の必殺「殴り」のにより散し、余波を受けたは再生なほど損傷。 「は強すぎた」の言葉を残しする。 版ではこの技の代わりに、殴りの余波が表面のを吹き飛ばす様子を見せた。 部下 の位3(+)。 しかし3人の内2人はに一で葬られている。 メルザルガルド(声:内山昂輝) 船外の見り役。 余年連れ添う別人格の頭が5つあり、分裂・再生する。 船、守る。 いいと思うよ。 王と手下を一で細切れにし、A級イの左腕を吹き飛ばし、S級のアトミック・・・ぷりぷりプナーと同時に戦うが、にの玉を見破られた結果。 お グロリバース(声:浜添伸也) 船内に侵入したにブを放とうとするが、登場2で頭部を吹き飛ばされる。 ゲリュガンシュプ(声:後藤ヒロキ) 一の念動使いを自称するい(?)。 に念動流石波で瓦礫を放つも、「小石飛ばすくらいでもできる」と言われ石投げで頭を貫かれる。 おうち帰りたい(仮名) 玉模様の撃手(?)。 船への猛攻に怯え「おうち帰りたい」と繰り返すも、敗捕まりイに… 余談 元々は者「」が10代の頃に開していた『 マン』にとして登場していたである。 は非開のため詳細不明だが、が「 を強くし過ぎて倒せないままを畳んだ」といていることから、当時から相当なを持つだった模様。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の

ワンパンマンのボロスの修正変更点!ガロウとどちらが強いのか考察

ボロス

地球の危機にヒーロー協会本部に招集されたS級ヒーローとサイタマ。 100%の確率で出来事を予言する予言師によれば、半年以内に地球にかつてないほどの危機が訪れるという。 ヒーローに緊張が走ったその時、ヒーロー協会の建物全体が大きく揺れる。 次の瞬間、ヒーロー協会本部のあるA市は巨大宇宙船によって壊滅させられてしまったのだ。 宇宙人の一団・「暗黒盗賊団ダークマター」の襲来である。 ダークマターの頭目の名前はボロス。 圧倒的な強さを持ち、闘争とは無縁の日々に飽き飽きしていた。 ボロスは、地球に自分と対等に戦える相手がいると聞き一団を率いてやってきたのであった。 災害レベル「竜」以上 A市を壊滅させたダークマターの頭目が、ボロス。 その災害レベルは「竜以上」。 「ワンパンマン」の作中では、怪人の強さや脅威度を災害レベルという基準で判定しています。 吐息でビルを倒壊させる阿修羅カブト、エネルギー弾で街を破壊するワクチンマン、全長1000mを超える巨体を持つムカデ長老などは災害レベル竜です。 ボロスは、これらの怪人を凌駕する災害レベル「竜」に分類されています。 ほとんどのS級ヒーローが対処不可能な存在と言えます。 ボロスの強さが別格だということが伝わると思います。 側近の戦士も竜レベル ボロスは、宇宙人の一団「ダークマター」の頭目です。 多くの部下を抱えています。 その部下の中には、災害レベル竜の強さを持つ存在が複数います。 A級2位のイアイアンの腕を軽く吹き飛ばしたメルザルガルド。 グロリバース、ゲリュガンシュプなどは災害レベル竜クラスの強さを持っています。 それらの怪人の頂点に立つ存在がボロスなんです。。 連続普通のパンチを食らってもすぐ再生【再生能力が強い】 ボロス戦では、サイタマは普通のパンチを繰り出しています。 災害レベル竜程度であれば、この一撃で風穴が空きます。 ただ、ボロスはサイタマのパンチを喰らっても「強大すぎる俺のパワーを封印する役目を持つ鎧がいま砕かれた」と言って平然としています。 さらに、ボロス戦では連続普通のパンチも繰り出しています。 ボロスの体はバラバラにちぎれますが、 治癒能力によって元に戻っています。 ボロスの強さ・厄介さは、この再生能力にあります。 サイタマの普通のパンチ、連続普通のパンチをまともに喰らって生存できる怪人はそういません。 マジ殴りでも意識を保つ 何度バラバラにしても元に戻るボロス。 サイタマは、最終的にマジシリーズ「マジ殴り」を繰り出します。 サイタマが本気で殴るというシンプルな技ですが、普通のパンチとは比べ物にならないほどの威力を持っています。 パンチの威力だけで、雲を吹き飛ばし、天候を変えてしまうほどの威力です。 『ワンパンマン』サイタマがすごい。 宇宙人ボロスの崩星咆哮砲をパンチで迎撃すると、ビームは分断。 閃光に包まれた直後、雲が米国あたりまで吹き払われた。 マンガの印象から10秒で米国に達した場合、爆風はマッハ2400。 — 空想科学研究所 KUSOLAB そんなマジ殴りの衝撃波を正面で喰らってもなお、意識を保ち続けるボロス。 そんなボロスにサイタマも「強い」と認めています。 マジ殴りを食らって生きていた怪人はボロスの他にいません(2018年10月時点)。 このことを根拠に、「ボロス戦が最大」「怪人の中で最強はボロス」と挙げる人が多く存在します。 スポンサーリンク サイタマも認める強さ「やっぱ強ぇーよ お前」 マジ殴りを喰らっても意識を失わないボロス。 そんなボロスに対して、サイタマは「まだ意識あんのか やっぱ強ぇーよ お前」と、ボロスの強さを認める発言をしています。 さらに、ボロス戦の後ジェノスに大将は倒したのかと聞かれたサイタマは「 あぁ結構強かったよマジで 過去一番かもな」と語っています。 サイタマにここまで言わせるボロス。 最強説が流れるのも無理はありません。 ボロスの技まとめ ボロス戦では、いくつかの技が登場しました。 技の内容をそれぞれ紹介していこうと思います。 ただ、スケールが大きすぎて何言ってるかよく分からない技が多いです 笑。 ボロス自身の体内にあるエネルギーを撃ちだす攻撃です。 この一撃で数kmにも及ぶ大爆発が起こりました。 この攻撃で、ボロスの乗ってきた宇宙船が半壊してしまいました。 体にかかる負荷が大きいため、決着を早めたい戦闘の切り札として持っていました。 サイタマとの戦いの中で、ボロスは負荷を気にせず全力で挑む必要があったということですね。 この状態でサイタマを蹴り上げ、地上から月まで吹き飛ばしました。 人間を月まで運ぶほどの威力を持つ蹴り…。 たしかに、生物の限界を超えています。 おそらくボロスの持つ最強の技です。 全エネルギーを放出。 惑星を更地にするほどの高出力のビームです。 アニメでは、 地球を破壊するつもりで放っていました。 サイタマは、ボロス最強の技を前にして初めてマジシリーズ「マジ殴り」を繰り出しました。 衝撃波だけでボロスの崩星咆哮砲をかき消し、地球規模で気候を変化させます。 直撃させた時の威力は計り知れません。 ボロスの強さを考察していると、サイタマの異常な強さが際立ってきますね…。 ボロスによると「 宇宙でも随一の自然治癒力」。 この治癒力によって普通のパンチを喰らっても元に戻り、連続普通のパンチを食らってバラバラになっても再生することができていました。 サイタマは、マジ殴りを使ってボロスを圧倒。 再生不能にまで追い込みました。 並みのヒーローでは、ここまでボロスを追い詰めることはできないと思われます。 過酷な環境の星で生存競争を勝ち抜いてきた俺の種族は宇宙でも随一の自然治癒力をもつ 中でもオレは自然治癒力も身体機能も潜在エネルギーもズバ抜けて優れていた 貴様らでは死につながる深手も数秒あればふさがる もげた腕もエネルギーを集中させ治癒力を爆発的に高めれば元通りだ 引用:「ワンパンマン」46話より スポンサーリンク ボロスは最強の敵なのか?ガロウ・オロチ・ブラスト ここまで、ボロスの強さについて考察してきました。 災害レベル竜以上というのも納得の強さですよね。 そんなボロスを最強だとする説が濃厚になっています。 (筆者の作ったでは7位) ですが、ボロスは本当に最強の敵なのか。 ボロスに敵うS級ヒーローはいないのか…。 気になったので、ワンパンマンに登場する強キャラとの戦いを想定してみました。 VSガロウ• VSオロチ• VSタツマキ• VSブラスト VSガロウ ボロスVSガロウ。 どちらも災害レベル竜以上の存在です。 ガロウは、タンクトップマスター、金属バットなどのS級ヒーロー相手に戦闘を優位に進めるほどの実力者。 ガロウの強さは、その成長スピードにあります。 戦闘の中で学習し、強さを増していくという性質を持ちます。 最終的にはほとんどのS級ヒーローが手出しできない強さにまで到達します。 その災害レベル竜以上。 サイタマにマジシリーズを使わせた数少ない怪人です。 間違いなく最強クラスの存在ですが、ボロスと戦ったとしたらどちらが強いのでしょうか。 ボロスVSガロウについては、ネット上で議論が白熱。 ニコニコ生放送で作者のONE氏がコメントを出すほどになっています。 ONE氏の見解は以下の通り。 ガロウとボロスはどっちだろうな?前までは絶対ボロスの方が強かったけど、 今のガロウはもうほぼパーフェクト怪人みたいなところがあるんで。 わかんないですね。 いい勝負…いい勝負するところで、接近戦だったらガロウの方が強いんじゃないかなとは思いますね。 接近戦ていうかパンチとかキックとか、そういうのはだいたい避けられるっていう… 引用:ニコニコ生放送のONE氏のコメントより 「いい勝負する」としながら、「 接近戦だったらガロウの方が強い」とガロウの方が強い発言をしています。 発言の内容をまとめると、状況によってはどちらに軍配が上がるか分からないということですね。 まさに互角。 個人的には、長期戦になったらガロウが勝つ。 短期決戦だったら、ボロスが勝つと予想。 ネットの声では、ボロスの方が優勢ですね。 個人的にはオロチの方が強くあってほしいな。 ボロスは宇宙産の怪物であって、オロチは地球産だし…。 とか意味不明な主張を展開してみる。 VSタツマキ S級ヒーロー2位のタツマキ。 超能力を使って、敵を攻撃します。 災害レベル竜でも瞬殺できるほどの力を持っています。 ボロス戦でも、宇宙船から放たれた無数の砲弾を全て撃ち返していました。 作中では、サイタマと同じくほぼ無傷。 敵なしの状態になっています(サイタマ戦以外)。 タツマキも相当に強いですが、ボロスほどではない気がします。 惑星破壊レベルで攻撃力を持つボロスに比べると、タツマキの攻撃はかすんでしまいます。 ただし、タツマキもまだ全力を出していない様子。 今後の展開によっては、ボロスを上回る強さを発揮するかもしれません。 ネットの感想では、ほぼ半々の反応でした。

次の

ボロス英雄的:フェザーは次の戦場へ(パイオニア)|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

ボロス

今は失われてしまったフォーマットの1つに、「ブロック構築」というものがある。 そういえばそもそもブロック制度がもう過去のものなので、そこから説明しよう。 かつてマジックのセットは3つで1つのブロックを形成していた。 1つ目のセットは大型で収録枚数が多く、基本的なカードを再録しつつ新メカニズムを登場させる。 それに続く2つの小型セットで、そのメカニズムをさらに昇華する。 ブロックの締めくくりとなる第3セットは自然と強力なカードが多くなるので期待できるとか、そういう話で盛り上がったものである。 で、共通ブロックのセットにカードプールを絞ってデッキを構築して行うのがブロック構築なわけである。 セットのリリースタイミングによっては2セットだけで行ったり、変則的なブロックは4つのセットが使えたりしたのだが、なんであれスタンダードよりもさらに狭められたカードプールの中からデッキを作るので、意外なカードやデッキが活躍するのが面白かったものである。 今現在発売されているセットは、すべて過去で言うところの大型セットに準ずるので、やろうと思えばブロック構築を再現することも可能だ。 あるいは、スタンダードに存在する各セットごとにデッキを作って、どのセットが最強かという遊びも楽しめそうだ。 ただ、もしその企画をするのであれば『イコリア:巨獣の棲処』はアイアムナンバーワンと自信満々に名乗りを上げてくるだろう。 何せ、現スタンダードではほぼ『イコリア』のカードで形成された……具体的に言うとメインデッキの56枚がイコリア産のデッキが登場したからである。 それだけ偏った構築を施しているのに、これがなかなか強いのだ。 今日はそんなフル・イコリアなデッキを紹介しよう。 リミテッドではかなり強力なアンコモンとして知られているが、このカードは構築でも火を噴くぞ。 1ターン目からジャキジャキとサイクリングを繰り返せば、墓地が10枚以上貯まるなんてザラだ。 サイクリングを繰り返すことで《》を引き込み、対戦相手本体に向けてぶっ放す! コンボデッキ的な決め技を持っているというわけ。 この閃光は本体だけでなくクリーチャーやプレインズウォーカーに撃ち込んで除去にも使えるので、ゲーム展開に合わせて使い分けていきたい。 最後の一発で20点なんてことも不可能じゃないから、思い切って使っても問題ない。 回復がまた強く、相手のクリーチャー軍団の攻撃1回分くらいは無効化してくれる点が素晴らしい。 これらサイクリングの織り成すシナジーをサイドボードから見つめるのが、相棒《》だ。 2マナ以上のサイクリング持ちを使いたいのであれば、ザーダを相棒にするとデッキの動きがより滑らかになる。 《》で狐や刺突者に絆魂をつけたり、《》でゴジラを突撃させるのも楽しいぞ。 サイクリングは非常に優れたメカニズムであるが、《》を得たことでより攻撃的なアプローチが可能となった。 スタンダード以外のフォーマットでもこのコンセプトを応用したデッキが活躍する可能性は十分にあるね。 あとはリミテッドでも閃光から綺麗なサイクリング赤白を組めると最高に楽しいので、ドラフトに挑戦もしてみてほしい。 『イコリア』という最高のセットを堪能し尽くすべし!.

次の