ぬきたし 岬。 WIP: ぬきたし1+2 感想【ネタバレあり】

【ネタバレ】ぬきたし終わりました【感想】

ぬきたし 岬

タイトルのまま、遅ればせながら「 ぬきたし」の感想を書きます。 一部2体験版のネタバレもあります。 初めてのブログになるので読みづらいところもあるかもですがご容赦ください。 ネタバレなし感想 2が出るということで、前々から興味はあったがフルプライスでなかなか手が出なかったこのゲームを初任給で買いました。 エロゲ買う前に親に何か贈れって感じなんですが、今度実家に帰るときに外食でも連れて行こうと思ってるので許してください。 とADVは割くリソースが違いすぎるので比べるのはどうなのって感じだけど、それぐらいやめられなかった。 まずはOPを見てください。 ついでに2のOP。 タイトルに反してかっこよすぎない? 個人的には2のが好き。 詳しい世界観が気になる方はを見ていただくとして 簡単に説明すると、 性産的行為(性行為)が条例で推奨されている島・青藍島。 推奨というよりはもはや強制。 しないものは犯罪者。 そんな島で愛した人と以外行為をしたくないで童貞の主人公は条例をぶっ潰すために奔走する。 といった感じ。 やり終えたとき、最初に タイトルで完全に損してるなと思ってしまった。 いや、このタイトルにするあたりが最大のこのゲームらしさで、仮にかっこいいタイトルがついていたらそれはそれで嫌なんですが。 それぐらいタイトルと設定からは想像のつかない激アツ展開と、「男の子(中学生)ってこういうの好きやろ?」が目白押しのシナリオだった。 えっちなシーンいらんやろって思うぐらいなんだけど、設定が設定なだけにエロゲじゃないと出せないよなっていう。 アニメ化は絶対無理。 制作もそのあたり汲んでくれたのか、シーンはあるもののかなり短めですぐ終わったので話に集中できた。 作品の序盤の主な流れは、 超スタイリッシュ。 SS(生徒会とか風紀委員会とかまとめた組織) 島の治安維持部隊で条例を順守させるために動く。 SSに入ると返済義務のない多額のをもらえる。 こいつらからいかに逃げおおせるかというところでまず引き込まれる。 中学生とかの頃こういう妄想したよねってことを大真面目に超ふざけながらやってる。 そんなんおもろいやん。 序盤はそんな感じでラストに近づくにつれ、主人公たちは巨悪を相手に条例をぶっ潰すための戦いに身を投じていく。 これも授業中に「いまテロリストが来たらこうしてこうして…」みたいな妄想の延長線上にあたると思う。 けど中学生の妄想なんかより何万倍も面白い。 強烈なに立ち向かうンスっていいよね。 武器はバイブとかダッチワイフとかローターなんだけど。 以下ネタバレあり各ルート感想。 奈々瀬ルート THE エロゲの王道ストーリー。 良く言えば硬派。 学園一のギャルビッチで有名な奈々瀬さんは実は処女で、昔主人公を支えてくれた幼馴染でした。 ギャル+処女ビッチ+料理上手+家事得意+幼馴染+相棒。 NLNS内での役割は兼作戦立案。 オタクってこういうキャラ大好きだ。 見た目が派手なせいで、学園どころか大好きな主人公含む島民全員から勝手に非処女でヤリまくりだと思われてた。 今思うと主人公ひどいこといっぱい言ったな。 条例から隠れやすいって理由以外に人の間違いを指摘できない、優しくも臆病な奈々瀬は主人公と結ばれた後も周りの誤解を解こうとはしなかった。 主人公だけが知ってくれていればいいからと。 理解者っていいものだな、いるだけでかなり自信持って生きていけるだろうな。 話の展開は文乃渡してハイ終わりだったのであんまり好きじゃない。 他と比べても結構アッサリ終わった。 生徒会長兼SSリーダーの冷泉院桐香さん。 各ヒロインのルートにはサブヒロイン的な立ち位置でSSの面々が割り振られている。 奈々瀬ルートは会長こと桐香。 奈々瀬ルートなので当然といえば当然なのだが、会長の掘り下げが薄すぎてあんまりどんなキャラかわからなかった。 羅漢銭と糸で戦う強キャラで貧乏で感情が希薄で人生ではじめて欲しいと思ったものが主人公。 ついでにフェチ。 敵組織のリーダーということであんま感情移入させてもしゃあないし軽く触れとくか…程度。 がしかし。 2体験版ではかなり堀り下げられて(というか2はSSがヒロイン)超かわいい。 死ぬほど。 最推し。 機会があったら2体験版の感想も書こうと思う。 ヒナミルート 超ー。 一番好き。 鬱展開からの約束されたいいよね。 わたちゃんも礼ちゃんも特別好きというわけではないがめちゃくちゃ良いルートだった。 というか礼ルートなのでは? どう見てもロリな渡会先輩と、その親友の糺川風紀委員長と、ときどき主人公。 ロリなのにが売り。 オタクってこういうキャラ以下略。 癒しと可愛さでマスコットかと思えば純粋がゆえに誰よりも確信を突いたことを言う。 背が低いことを気にしており、高いところにあるものを取るためにいつもパイプ椅子を持ち歩いている。 プロレスラーかなにか? NLNS内での役割は圧倒的DPS。 なんでもずっと椅子を大事にしてるから八百万の椅子の神が加護をつけてるとか。 パイプ椅子を持ったヒナミを銃で撃つと椅子が勝手に弾いてくれる。 振り回せば椅子が勝手に相手の急所めがけて暴れまわり敵を殲滅する。 あくまで偶然らしい。 オートガードとクリティカル確定のチートキャラ。 めちゃくちゃ幸せになって欲しい糺川礼風紀委員長。 三人の一番上のお姉ちゃん。 学園の風紀を守るため、誰よりも真面目に性産的行為を取り締まる。 でもヒナミには行為を強制しない。 それが条例違反であっても。 なぜでしょう。 以下ヒナミルートのストーリー。 そこまで知りたくないよ。 とか、プレイ済みの方は目次から美岬ルートの部分へ飛んでもらえると幸いです。 反交尾勢力NLNS(ンス)のリーダーである主人公は条例をぶっ潰す鍵である文乃(後述)の情報を手に入れるため、SSにスパイとして潜入する。 同じくNLNSのヒナミは幼馴染の礼に自身がンスであることを当然隠していた。 礼は絵に描いたような鬼教官で、SSに入隊しようとする主人公に軍隊さながらの訓練を強いる。 ハンンの訓練では慣れない主人公は誤ってが礼に向く危ない持ち方をしてしまい、大目玉を食らう。 「仲間にを向けるな。 」と至極まっとうな教えを受ける。 そんなこんなでなんとか食らいつき、訓練生としてSSに潜りこんだ主人公。 少しして、この島に憎き条例を敷いた県知事・仁浦が攫われる。 SS内での信頼を得るため奪還作戦に挑む主人公。 礼と協力し仁浦を助け出すことに成功した主人公は晴れてSSの正式メンバーとなった。 そのお祝いに仁浦を助けた報奨金でSS式ハンン(ライオット弾)を主人公にプレゼントする礼。 主人公は複雑ながらも充実したSSでの生活に満足感を覚えていた。 しかし条例を潰すため主人公はSSの立場を利用して文乃に関する情報を盗む。 その情報を元にNLNSは文乃を奪う作戦を決行。 SSもまた文乃を奪取するために動く。 最悪の形で礼と主人公は相対することになる。 まさに逆賊が文乃を攫うところに追いついた礼。 逆賊が主人公と幼馴染のヒナミであったことを知り衝撃を受ける礼。 文乃を奪うためにSS風紀委員長である礼に、本人から貰ったハンンを向ける主人公。 礼は主人公にを向けようとしなかった。 礼はヒナミに危害が及ぶことを危惧して、逆賊の正体をSSに明かさなかった。 なぜそこまでするのか。 礼は元々本島の生まれで、性に対する考え方も一般的なものだった。 しかし礼の家は貧乏で日常的に父親から暴力を振るわれていた。 そんな父親が死に、借金があることが発覚した。 残った母親は借金を返すため、幼い妹と弟とともに青藍島に売られてしまう。 条例を受け入れられないまま島に送られ、SSに入るためしたくもない性産的行為を強いられる。 弟と妹のために受け入れるしかなかった。 さらに本島から来た礼はクラスでも孤立しており、いじめにあっていた。 ある日登校すると自分の席の椅子がなくなっていた。 礼が立ち尽くしていると一人の少女がパイプ椅子を貸してくれた。 それがヒナミだった。 それからもヒナミは礼に優しくしてくれた。 二人は親友になった。 場面は変わりNLNS。 主人公たちは条例を敷いた仁浦を直接叩く作戦を立てる。 仁浦の屋敷に仲間たちと協力して押し入るNLNS。 ドをなぎ倒し仁浦の部屋は目前。 そこを守っていたのは他でもない礼だった。 条例と密接な関係にあるSSは仁浦の指揮下で、礼も例外ではない。 再び礼と対峙する主人公。 自分にはこの方法しかなかった。 嫌でも条例に従うしかなかった。 お前たちのようにはなれなかった。 私の居場所はどこにもない。 そう叫ぶ礼にヒナミは。 「……あるよ 礼ちゃんの居場所だったら……ずっと、ここにあるよ」 かくして仁浦と直接対決に持ち込んだ主人公。 さんざん自分のことを悪人とのたまう仁浦に、善人とは何かを問われる主人公。 主人公曰く善人とは、自分のエゴを押し付けるものだ。 「貴様を倒せば、すべてが丸く収まってご都合主義的なハッピーエンドだ。 自ら悪人を称するのならーーそれくらいの存在でなくては困る。 」 なんとか仁浦を打ち倒し条例を撤廃させる。 礼たちSSが困らないようにSSは存続させることも約束させた。 善人とは、エゴを押し付けるものだから。 というのがヒナミルートの顛末。 かなり長くなってしまった。 うろ覚えで書いたのでどっか間違ってたらごめんなさい。 もうめちゃくちゃ感動した。 こんなふざけた世界観のゲームでこんなに作りこんで泣かせるかと。 正直真エンディングより好きかもしれない。 このルートだと文乃が完全には救われないのでそういうわけにもいかないのだけど。 ヒナミが椅子用意して立ってるCGずるいよな、こんなん泣く。 礼先輩絶対幸せになってほしい。 美岬ルート ライターさんが酒あおりながら深夜二時に書いたであろうルート。 全体的に頭おかしい。 いや頭おかしいのは美岬ルートに始まったことではないが。 やる気!元気!美岬! 自転車に乗れる。 バイクにも乗れる。 車はタイヤが増えただけだから操縦可能。 もバスも小型船舶も果ては戦闘機まで操縦可能。 ハワイで親父に教わったわけではない。 で地味で巨乳といえば聞こえはいいが、読んでる本はアクメだし地味さを活かして人ん家のリビングでオナニーするしれてる。 オタクってこういうキャラ好き……でもないな。 腹抱えて笑ったし一番このゲームらしいルートだったと思う。 ミミナシ作戦とかメルとか正気じゃない。 でもめちゃくちゃ青春してて清々しい気分になる。 他じゃネタ要員なのにこのルートの美岬かわいすぎる。 盛り上がるシーンのBGMが2ndじゃなくて1stなのがいいよね。 ネタルートかと思えば、島の人間を恨んでいた主人公が成長して島の人たちに頼るというなんとも良いルート。 崖をたかが90度の下り坂とか、なろう運転とか、しゅき帯運転とかだいしゅき帯運転とか名言が多すぎる。 でもこのセンスは無いわ…。 SS隊長 女部田郁子(おなぶた いくこ)さん。 かわいい。 名前ヤバすぎだろ…と思ったけど実際にある苗字らしい。 SSの中でも単独行動が目立つしぶっちぎりで観念が終わってる。 実家の闇がかなり深そうでその辺は2で詳しくやってくれそうで楽しみだ。 2体験版じゃ会長も礼ちゃんもはっちゃけてるのでツッコミに回ってたり相対的に常識人の立ち位置になってた。 大変だ。 美岬ルートだと郁子がNLNSに入ってくれるんだけど頼もしいことこの上ない。 主人公のことが好きで彼に「みだりにセックスするな。 」と言われれば大好きなセックス我慢するぐらいには一途。 ビッチとは。 なんだかんだ1じゃ一番好きなキャラ。 文乃ルート 約束された真エンディング。 物語とはこうでなくっちゃ。 仁浦の隠し子で主人公の心の支えとなってくれた女性の娘。 銀髪赤目ロリ正妻凄腕スナイパーとか嫌いなやつおる? オタクはこういうの大好き。 むべむべ。 話の展開は少々予定調和なとこはあったけど真エンドですから。 各ルートの伏線が回収されたり、美岬ルートのラスボスである手嶋が師匠になったり、最終決戦でSSがNLNSを助けに来たりまあアツいのなんの。 家事とか得意でなんでも完璧にこなしちゃうし従順でわんこみたいなヒロイン。 個人的には世話されるよりしたい派なのでやっぱ会長のが好きだな。 麻沙音 ヒロインでもなければ攻略対象でもないがウルトラかわいい妹のアサちゃん。 レズでオタクでナビゲーションキャラで主人公より童貞くさい。 レズなのに異性と性交渉を強制されるってあまりに酷すぎる。 主人公がいてよかった。 2体験版やった人ならわかるだろうけど絶対次のラスボスだよな。 総括 フルプライスで買ったけど全く後悔しなかったし本当に面白かった。 今まで一番好きなエロゲはだったんだけど見事に塗り替えられた。 こんなに長時間ゲームやり続けたのも久しぶりだし最高だった。 えっちなシーン目当てで買うのはおすすめしない、完全なシナリオゲー。 2も絶対買うけどどこで予約しようかまだ迷ってる。 拙い文章でしたがここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます。 よかったら次回の記事も読んでもらえると喜びます。 それでは。 rrrirga.

次の

WIP: ぬきたし1+2 感想【ネタバレあり】

ぬきたし 岬

2の動画を見るようになって余計に欲しくなり、 1と2のセットの発売まで待てなかったので1作目を買ってプレイしました(唐突) そんなわけでそれぞれのルートについて自分の中で振り返るのも兼ねてちょろっと感想をば。 ここまでの話は ぶっちゃけ前に動画で見ていたりしたので特別新しい発見があるわけではない、 とか思ってたんですけどやっぱり自分でプレイすると色々違うんだなあと。 嘘です、飛ばしました。 まあ分岐するまではそこまで大事な話もなかったはずなので問題ない.... 実はこっちやる前に先輩のルートやってたりするので 各所で、ん?となることがありました。 こればっかりは作った側の想定と違う ことをしただけっぽいので仕方ないことですが。 このルートをやった後に他のルートをやると必ず思うんですが、奈々瀬だけなんとも 報われてないのでは...? となってしまいました。 まあ、一番は文乃が結局救われないままなことでしょうね。 散々母性が母性がといろんなところで 目にしていたのでその辺りは特別新しいことはありませんでした。 正直ぬきたしのキャラは 大体好きなのですが、ヒナミはなんというかセリフがいいなって感じがしました。 例えば「ロリじゃないですけど」とか語尾の「~な」とかとか。 礼先輩には幸せになってほしい(真顔) 主人公がSSに入隊することで礼先輩とも親密になっていくわけですが、教わったことをよりにもよって礼先輩に実践することになっていたのが本当にプレイしてて辛かったです。 エンディング後に追加されるシナリオでもHシーンのちょい前までは頭に?が浮かんでましたが 礼先輩がとても幸せそうだったので無問題。 そして忘れてはいけないのが(確か)ここから初登場の県知事と手嶋ですね。 この二人も例外に漏れず好き。 県知事みたいな感じのおっさんキャラ大好き人間なので最後の最後まで悪役として立ちふさがっていたのが最高によかったです。 ?って感じでした。 美岬自体も想像以上にやべーやつだったことやそれに影響を受けてなのか主人公までおかしくなり始めたりとか、アサちゃん同様「もうなんでもありか... 」と思うことの連発でした。 メルはおかしいよ、あれ。 とはいえ基本的、そうあくまで基本的には一番ラしててなんだかんだ好きな感じのシナリオでした。 そして今までただの頭おかしいやつみたいにしか描かれてなかった郁子にスポットが当てられ、SS(特に)は闇が深いなと思い知りました。 2は必ず買う。 それはさておき、今まで敵でしかなかったキャラが味方になるというのはなかなか燃える展開なわけで。 おまけに今までとは違い、SSだけでなく島民ですら主人公たちと行動を共にするというのだから熱くならないわけがなく、 終盤の疾走感的なものは今までにない新しい感じがしました。 そして今回のラスボスは手嶋だったというのが更に意外でした。 最後の最後まで改心とかそういうのをしなかったのは意外ではあったものの、 それはそれで悪役として最後まで 居続けたわけで良かったのかなと思いました。 なんせ今までは尻壁オブジェから誰を最初に開放するかで分岐してましたからね。 なんていう分岐の仕方なのか。 おまけに老人が色々としたことで島が本物のになってしまうことになります。 ぶっちゃけ老人のこと信用してええんか?って思ってたけど、 ここまでとんでもないことになるとは思わなかったです。 おまけに今までとても頼もしかったがいなかったり、県知事も登場しなくなったりと不安要素だらけでしたね。 しかし、そこから這い上がるのが主人公達、NLNSなわけで。 覚悟を決めた主人公はまさかの手嶋に師事して全身を勃起させるとかいう 今まで以上に意味の分からん技を身につけたり、 美岬はついに戦闘機を操ったり、 が最後の最後で助太刀に来てくれたり、まさかの県知事参戦だったりと王道ではあるものの最後までやってよかったと思えました。 まとめ タイトルや導入こそ変な話なのかなと思わせるようなものではあったものの、2ndOPや 熱い展開など全体を通してとても満足のいく作品だったなとプレイし終わった今感じています。 ここに書いたことは作品のほんの一部分でしかないので、少しでも興味のある人はプレイしてほしいと心から思います。 これをプレイしてたせいで私生活に影響が出てたことは内緒 konryotada.

次の

【ネタバレ】ぬきたし終わりました【感想】

ぬきたし 岬

きっかけはニコニコ動画でこのゲームの体験版のプレイ動画からだった。 あまりにも話がイカれてるし既プレイの人達はこのゲームがかなり面白いと大きな声で叫んでいた。 そんな魅力のあるゲーム。 正しエロゲというのは高く、そもそもこのゲーム神ゲーすぎて中古が流通してないしぶっちゃけ新品買った方がましぐらいしか値段差がない。 また、その頃は某塾講師としてバイトしていたのもあって、大学生にあるまじき一か月2万とかで生きていた。 発売日まで死ぬほど待った。 というわけでずっと欲しかったゲーム。 エロゲーを初めてまともに楽しんだ僕であった。 シナリオ重視が初めてだったわけでしたが・・・ というわけで感想です。 思ったことや感じたことを垂れ流すだけなのでクソ記事です。 ぬきたし1 まぁまず1stOP見てね もくじ• 奈々瀬アフター 美岬アフター ヒナミアフター 文乃アフター 09-07 全ルート終了後に出現 共通 体験版はここ全部遊べます。 共通の続きでノーマルエンド入ったみたいな感覚。 幼馴染ポジなのに・・・ 硬い終わり方。 一番安定してるとも言える• 奈々瀬の泣きぼくろ舐める淳くんきしょい・・・• アサちゃん大喜び• それはそれとしてめっちゃ強い男根を持つ、心理学に詳しい男がその男根で男女問わず人間を洗脳していき、島を崩壊させようとしていたのでそれを止める話 このルート頭おかしい 洗脳していた男の男根よりも主人公の男根の方が強いので主人公の男根を挿入すれば洗脳は解除されると判明。 しかし彼女 美岬 を愛しすぎるがあまり、美岬じゃないと抜けなくなってしまう。 美岬はいままでモブキャラ過ぎて、学園誰にも話しかけられず空気みたいに過ごしてきた。 すなわち美岬ならばモブキャラ。 これはイコールなので、モブキャラなら美岬といえるのでは? ということで主人公はモブキャラ全員を美岬と認識し男根をいきり勃たせ、バンバン島の洗脳を解いていった。 そんやこんやで男根で仲間を集め、黒幕と戦ったって感じです。 もう声が可愛い• でもいい感じに頭がおかしい このルートは郁子もバリクソ可愛い。 外せない。 その時に淳くんが手を差し伸べるんだけどその時のCGが本当に・・・・最高・・・・ このルートはめっちゃ笑えるので楽しかった。 このルートは本気で泣かせに来ている。 ハッピーエンドすぎて語るところがない。 ただただアツかった。 もう王道展開詰め込みまくり こんなんこちとら集中して次の展開を待つばかり。 最後のバトルも最高だった・・・ただただアツかった・・・ 手嶋さんしゅき・・・・• 割と文乃ちゃんの性癖濃くない?最高ですが・・・• 髪色と声と性格が好きです・・・すなわち全部• 県知事は元気だして ぬきたし2 1の補完かつ全体的に話を振りまいた感じの作品 ぬきたしは1と2で完全といっても過言ではない。 あまりに最高な終わり方すぎてしんどい・・・・ Senzuripoint:Paccoman メインストーリー的な物 今回は物語の騒動の解決が同じでサイドストーリー的に分岐が分かれる 共通• ついに生身でスパイダーマンばりのアクションが出来るようになった淳くんしゅき• スス子、シューベルトどっちも非常に良いキャラだった。 というかこのゲーム不快になるキャラがいない 凛はぶち抜け過ぎて一周回って不快にならない たぶんそういうデザインにしているのだが• オナホールが気持ち良すぎて淳くん世界線を飛ぶ、しかしあのオナホールはどうやっても再現できない - この再現できなかった理由が 膣を模したものではなくアナルだったから っていうの天才過ぎません? - で、とんだ先の世界線で敵のアナルがオナホールの元ネタということが発覚して敵を倒して挿入して元の世界に戻るっていうのも最高では?• ちなみにを見る通り、本当に性的マイノリティの人が復讐する話だった。 従来のドスケベ条例はトランスジェンダーに対応してなかったからね。 しょうがないね• 今回は悪役は 分からせようとしたためにこんなことになってしまった。 分からせようとした瞬間に自分の言動は我儘になってしまう。 これが伝えたかったのだと思う。 全ルート娘出せや!!!ってキレそうになったけどどうやら本当に出そう。 淳くんダメ男なってる・・・• 文乃助けに行って終わり。 唯一文乃が助かってないからねこのルート。 しゃーない• 短い・・・短くない?• 最後のCGの幸せ感何?純愛すぎてしんどい・・・・ ヒナミアフター• ヒナミと礼ちゃんが絡むとす~ぐ泣かせに来る• ヒナミのウェディングドレス姿可愛すぎる・・・ 文乃アフター• 文乃は可愛いなぁ・・・・• 相変わらずのMっ気好き• 可愛すぎる 09-07 全ルート終了後に出現• いわゆる文乃アフターアフター• 淳くん、NLNSで株式会社を立ち上げる。 取引相手はSHOなど• 1 だっけ? でみんなで撮った写真が出てきて泣いてます• その後に今みんなで写真撮っててさらに泣きました• 県知事、文乃との結婚式に呼ばれてよかったね• 手嶋さん!?!?!?!?!?!? 最高・・・・好き・・・• ヒナミの大人っぽい服も好き・・・ これ終えるとタイトル変わります。 すべてが終わった感じがして涙が止まらなかった・・・ 本当にありがとう・・・ 全体の感想 幸せでした。 五回ぐらい泣きました。 本当にありがとうございました。 終わり方がキレイすぎて逆に名残惜しいです・・・・.

次の