ジャンガリアン。 ジャンガリアンハムスターの種類、毛色、値段、飼い方

【内緒話】珍しいカラーのジャンガリアン

ジャンガリアン

ジャンガリアンハムスターの飼い方(選び方・性格・習性)• 選び方 初心者は、ジャンガリアンハムスターを、飼うべきではありません。 運動量が多いので、体が小さいといっても、小さいケージで飼えません。 ペットショップで買う場合は、ハムスターに飼い慣れた人と行って選びましょう。 買いに行く時間 ハムスターを選ぶ場合は、夕方以降にペットショップに行くのが鉄則ですが、ジャンガリアンの場合は、昼間でも起きている個体がいます。 単に人間が好きなジャンガリアンもいますが、周りの音が気になってイライラしているだけのジャンガリアンもいます。 手を近づけて、臭いにくる仕草などで、何を考えているのかを判断できることもありますが、噛まれる可能性もあるので、ペットショップでは手を近づけないでください。 また、昼間に起きているということは、人間の生活に影響されやすいということなので、不規則な生活をしている人が飼うと、病気になりやすいハムスターだといえます。 しかも、昼間に誰もいなくなる家で飼っている場合は、ハムスターが退屈して悪さをする可能性もあります。 ペットショップのジャンガリアン全員が、昼間に起きていることはないので、私も2回に1回くらいしかイイ性格のハムスターを見みつけることができないので、何度もペットショップに通うことをおすすめします。 性格の差 ジャンガリアンの性格は目に見えて多彩で、何をしても噛まない個体もいます。 ハムスターに限らず子供は接し方で性格が変わることも多いですが、ジャンガリアンは他のハムスターより、顔に表情があるので、ある程度飼い慣れた人なら、顔つきや動作で性格を見抜けることがあります。 しかし、初心者が1人で判断できることでもないので、ハムスターに飼いなれた人に、選んでもらった方がいいです。 ペットショップでも、人間に寄ってくるジャンガリアンがいます。 人間を怖がっていない証拠ですが、それゆえに人間を噛む可能性も高いので、初心者はその個体を避けるべきです。 逆に、なつきそうもない個体を買ってきて、期間をかけてならした方が噛む可能性は低いです。 カラー 人気のあるハムスターなので、野生色以外のカラーが今後も増えると思います。 それゆえに、無理な掛け合わせで繁殖させて、病気になる確率も高くなります。 また、ノーマルと書かれて売られていることもありますが、ノーマルは野生色ではなく、カラーハムスターが生んだ野生色のハムスターも多く、ノーマル同士を掛け合わせても、必ず野生色が生まれるわけではありません。 性格 個体差が激しいのですが、おっとりした性格の子が多く、飼ったその日に手乗りになってしまうジャンガリアンもいます。 また、飼育書を見ると、よくなれるハムスターだと書いてありますが、よく人を噛むハムスターなのです。 なぜ、人を噛むハムスターが、飼いやすいのでしょうか? それは、 人間をあまり怖がらないという特徴があるからです。 怖がらないことが、イイことだと思うのは大間違いで、生き物は怖いと思うから、それを克服するために考えるのです。 だから、人間を怖がらないということは、人間の怖さも分からないということですから、ビックリさせたり怖い思いをさせると、後先考えずに人間を噛みます。 しかも、学習をうまくしてくれないので、また同じような状況に合うと噛みます。 他のハムスターなら人間を怖がるので、怖がると逃げて噛みついたりしないのですが、ジャンガリアンハムスターは人間を怖がらないので、噛みついてその後どうなるかということが分からないのです。 飼いなれている人は、ハムスターの扱い方をよく知っているので、ジャンガリアンが相手でも、ビックリさせたりすることはありません。 だから、ジャンガリアンでも飼いやすいのです。 しかし、飼いなれていない人は、ハムスターのことをよく知らないので、怒らせてしまったりして、ジャンガリアンに噛まれてしまうのです。 だから、初めて飼う人は、ジャンガリアンに噛まれる可能性が高いです。 しかし、噛むということは、ハムスターからの不満を表すメッセージでもあります。 噛まれることが怖くないのなら、他のハムスターより要求がわかりやすいので、飼いやすいと思うことはあります。 人間を怖がらない習性をうまく利用できなければ、噛むハムスターになってしまいますが、うまく飼えば、ものすごくなれてしまいます。 また、噛んだり暴れたりと、要求がわかりやすいだけに、うまく対応できる飼い主は、比較的簡単にならすことができますが、初心者には難しいと思います。 相性 オス同士、メス同士でも相性がいいのなら、一緒に飼うことができます。 しかし自己主張の強い個体がいたり、相性の悪い個体もいるので、同性同士で飼うことはおすすめしません。 ゴールデンハムスターより社会性があり、仲の良いペアで飼うと長生きします。 その時には、メスの方がオスよりも若い方がいいようです。 多夫多妻制で生活し、相性がいいのなら、オスメスの集団でなかよく暮らすそうです。 オスとメスの絆が強いので、一度ペアになった場合、無理に引き離してしまうと、オスの性格や体質が変わることがあって、人間でいう、うつ病のようになります。 キャンベルハムスターのように、妊娠期間から付き合うことはないようですが、子育てはジャンガリアンの父親も手伝います。 父ハムから愛情を学んでいる可能性があるので、仔ハムの性格の形成に影響していることも考えられます。 よく噛むジャンガリアンは、もしかして父親の愛情を受け取ってないのかもしれません。 だから、仔ハムが大きくなるまでは、ペアから仔ハムを離さないようにしましょう。 オス同士より、メス同士の方がケンカになりやすく、メスがオスを攻撃することが多いです。 野生 生息地は、短い草の多く生え、放牧ができる草原がある、ステップ気候に住んでいます。 乾期になると、バッタなどの昆虫を食べて水分を摂り、ゴールデンより雑食性が強いです。 冬になっても冬眠せずに、体毛が白くなります。 野生では、9月半ばから11月半ばにかけて、白く換毛するようです。 野生のジャンガリアンハムスターは、日内休眠(ひないきゅうみん)をしますが、飼育環境ではさせるべきではありません。 生活パターン 夜行性ですが、毎日同じ時間に起きて行動するハムスターではありません。 飼い主の生活パターンに合わせる、ジャンガリアンもいるので、 飼い主が不規則な生活をすると、ジャンガリアンが体調を崩す場合もあります。 なれてくると、飼い主の生活にあわせて昼間でも、うろうろするようになります。 餌がもらえるポジションで待っていたり、眠っていたり、猛ダッシュで駆け寄ってくるようにもなります。 また、飼い主の掃除方法を覚えると、トイレの上で待機すればケージから出られることが理解できる、知能も持っています。 散歩 運動量の多いハムスターですが、 ケージが広く回し車があるのなら、散歩はさせなくても大丈夫です。 ケージの外に出すクセを付けなければ、自分から出て行くことはありません。 しかし脱走されやすいケージだと、ケージを壊したり開けたりして、好奇心で出て行ったりします。 一度出ることに楽しさを覚えてしまうと、ケージの外に出たがります。 一般に、ハムスター用として売られているケージでは、ジャンガリアンでも小さすぎるので、ケージが小さいのなら定期的な散歩が必要になります。 回し車を全く走らない子や、寝てばかりの子など性格も体質も様々です。 必要な運動量も個体によって違うようで、全く運動をしないのに全く太らない子などさまざまなので、飼い方が間違っていないのなら、あまり神経質になる必要もありません。

次の

ジャンガリアンハムスターの飼い方(選び方・性格・習性)

ジャンガリアン

この記事でまとめたこと• ジャンガリアンハムスターの歴史は? ジャンガリアンハムスターは、もともと実験動物として日本に紹介されたハムスターです。 ペットとしての飼育が始まったのは1993年頃からで、ドワーフハムスターの仲間として紹介されるやいなや一躍人気のハムスターになりました。 ジャンガリアンという名前は、中国のジュンガル盆地に生息していたことが由来になっていますよ。 ジャンガリアンハムスターの性格は? おとなしくおっとりした性格をしているので、初心者の方でも飼育しやすい種類です。 多頭飼育も可能ですが、個体差が激しい種類でもあるためケンカすることもありますよ。 ジャンガリアンハムスター、噛み癖は? 個体差があるため一概には言えませんが、噛み癖のある子も無い子もいます。 噛む理由はストレスや環境の変化、飼い主さんに慣れていないためなど様々ですが、噛み癖を直すことは容易ではありません。 生涯を通して治らないこともありますよ。 ジャンガリアンハムスターの特徴は? ジャンガリアンハムスターの毛色• ノーマル• プディング• パールホワイト• ブルーサファイア ジャンガリアンハムスターの主な毛色は、「ノーマル」「プディング」「パールホワイト」「ブルーサファイア」の4種類です。 ノーマル 濃い茶色の毛が特徴で、背中に頭からお尻にかけて黒い線が入っています。 アグーチカラーとも呼ばれ、ペットショップでもよく見かけるカラーですよ。 プディング 全体的に黄色っぽい毛色でイエロージャンガリアンやアグーチイエローとも呼ばれています。 他の色に比べて個体数が少なく、太りやすい遺伝子を持っていることが特徴ですよ。 パールホワイト 全体的に白い毛色ですが、背中にグレーや黒の線が入っているのが特徴です。 ノーマルの突然変異で白くなったといわれています。 ブルーサファイア 青みがかったグレーの毛色が特徴で、ジャンガリアンハムスターの中でも人気色です。 ブルーサファイアの突然変異でパールホワイトよりも完全に真っ白になるスノーホワイトも稀にいますよ。 ジャンガリアンハムスターの毛柄は? ジャンガリアンハムスターの主な毛柄• パール• インペリアル• パイド ジャンガリアンハムスターの主な毛柄は、「パール」「インペリアル」「パイド」の3種類です。 パール 優勢の突然変異遺伝子によって、毛の根本から体毛が白く変化した毛柄です。 ノーマルが変異した個体は毛先に黒い毛が残るので、背中の黒い線も見られますよ。 サファイアが変異した個体は毛先の色が全体的に薄く白くなり、プディングは毛先にイエローが残ります。 インペリアル 優勢の突然変異遺伝子により体毛が薄いことが特徴です。 ノーマルとはお腹の白い部分の面積で区別されますが、見分けがつきにくいことからペットショップではノーマルとして販売されていることも多いです。 パイド 突然変異遺伝子によって、白い斑点模様が現れる毛柄です。 パイドの出方には個体差があるため、同じ毛柄になるとは限りません。 ジャンガリアンハムスターの選び方は? ハムスターは昼間は寝ている事が多いので、活発に動き始める夕方以降にペットショップに行くことをおすすめします。 目ヤニがついてないか、涙ぐんでいないか、お尻周りがよごれていないかなどを見て、元気で健康なハムスターを選んでくださいね。 ジャンガリアンハムスターを飼う!必要なものは? 飼育に必要なもの• ケージ• トイレ• 回し車• 齧り木• エサ入れ• 給水ボトル• ニオイ対策グッズ• 寒さ対策グッズ ジャンガリアンハムスターの飼育に必要なものは、上記のとおりです。 ケージ 金網タイプや水槽タイプなどがあります。 幅が40cm程度あるとハムスターがストレスなく動き回れますよ。 床材 紙素材や木くずでできたものがあります。 ハムスターが潜れるように、5cm程度は敷き詰めるようにしてくださいね。 巣箱 陶器や木製のものがあります。 トイレ 砂を敷いて使うハムスター専用のトイレが販売されています。 囲いがあるタイプは砂の飛び散りを防げるのでおすすめですよ。 回し車 運動不足解消のためにも回し車は必要です。 ジャンガリアンハムスターに適したドワーフサイズがおすすめです。 齧り木 齧り木は、ケージや巣箱をかじられないようにするために用意しておくことをおすすめします。 前歯の伸びすぎ防止にもつながりますよ。 エサ入れ 様々なタイプが販売されていますが、重さがありひっくり返りにくい陶器がおすすめです。 給水ボトル 吊り下げるタイプや置型などがあるので、ケージに合わせて選ぶことができます。 ひっくり返りにくい吊り下げタイプがおすすめですよ。 ニオイ対策グッズ 臭いを軽減してくれるトイレ砂や床材が販売されています。 寒さ対策グッズ 暖房をつけた部屋にケージを設置することでも寒さはしのげますが、小動物専用ヒーターも販売されています。 ジャンガリアンハムスターの寿命は? 寿命を左右するポイント• 飼育環境• 飼育数• 病気 寿命を左右する主なポイントは、飼育環境・飼育数・病気の3つです。 飼育環境 ケージ内を清潔に保つことで様々な病気を回避できます。 トイレを小まめに変えることやエサを数日入れたままにすることがないよう気をつけて飼育してくださいね。 飼育数 縄張り意識が強いため、多頭飼いにはあまり向きません。 ケンカや怪我防止という観点からも、単独で飼育することをおすすめします。 病気 ハムスターには病気や怪我を隠そうとする傾向があります。 また、病気を診察してもらえる病院も少ないです。 いざという時に困らないように、ハムスターを診察してもらえる病院探しを飼育前にしておくことをおすすめします。 ジャンガリアンハムスターの寿命を短くする、3つのポイント 寿命を短くする3つのポイント• ストレス ハムスターの寿命を縮めるポイントは、「食事」「病気」「ストレス」の3つです。 食事 偏った食事ばかり与えていると栄養バランスが崩れるので、体調を崩しやすくなります。 主食をペレットにすることでバランスが取れますよ。 病気 ひまわりの種やナッツ類は肥満の原因となるので、与えすぎは禁物です。 回し車などの運動できる環境を整えてあげることも大切ですよ。 ストレス 触り過ぎなどの過剰なコミュニケーションはハムスターにとってストレスになります。 ひどい場合はハゲができてしまうので、スキンシップはほどほどにしてくださいね。 ジャンガリアンハムスターの寿命を延ばすポイントは? 長生きしてもらうためには、与える餌や分量に気をつけてあげることが大切です。 栄養バランスが取れているハムスター専用のペレットを主軸に与えることをおすすめします。 ジャンガリアンハムスターを長生きさせたい、何に気をつけるべき? 長生きさせるために気をつけたいこと• ストレスを与えない• 清潔を保つ• 夜は暗くする• 爪と被毛の手入れ• 健康診断 ジャンガリアンハムスターを長生きさせるために気をつけたいことは、上記のとおりです。 ストレスを与えない ストレスなく過ごさせてあげることが、長生きの秘訣です。 触りすぎや大きな音はストレスの原因となるので、気をつけてあげてくださいね。 清潔を保つ 飲み水が床にこぼれた状態を放置しているとハムスターの体が濡れて低体温になる恐れがあります。 トイレを覚えてない場合も床が濡れるので、日々の掃除を心がけるようにしてくださいね。 夜は暗くする 夜行性なので、昼と夜のリズムが崩れないよう夜は暗くすることが大切です。 電気を消せない場合は、タオルなどをケージに被せるようにしてください。 爪と被毛の手入れ 砂遊びなどで穴掘りできる環境があると爪の伸びすぎを防げます。 爪が伸びていると毛づくろいで体を傷つけたり、用具に引っかけたりして危険なので、動物病院で切ってもらうことをおすすめします。 ブラッシングで被毛の手入れをしてあげること血行がよくなるので、健康にも繋がりますよ。 健康診断 体重の急激な変化は、重大な病気の発見に繋がります。 小さいケースに入れてケースごとスケールで測り、普段の体重を知っておくようにしてくださいね。 ジャンガリアンハムスターの飼育におすすめの商品は? おすすめ1:SANKO HS3 ケージ.

次の

生後1ヶ月半までのハムスターの餌について

ジャンガリアン

もくじ• 初心者でも飼いやすい!ジャンガリアンハムスターの特徴 これは実際に著者が飼っていた ジャンガリアンハムスターの写真です。 ケージのフタを開けると、「 ごはん?」と近寄ってきて、きょろきょろ……あまりのかわいさに思わずパチリ! ジャンガリアンハムスターは、ハムスターの中でも小さい品種です。 ちいさな体でありながらもとても活発。 ノーマル ハムスター飼いがなんとしても写真に収めたい一瞬、「 くしくし」の最中をまさに捉えた写真ですね。 かわい〜! ノーマルはグレーの毛色で、背中に一本の筋が通っているように見える模様があるのが特徴です。 価格は ジャンガリアンの中では一番お手頃で、1000〜1800円ほど。 パールホワイト その名の通り、真珠のように真っ白な毛色の パールホワイト。 ノーマルはネズミっぽくてちょっと…という方も、 パールホワイトならきっとかわいく思えるのではないでしょうか? 3. ブルーサファイア 美しい宝石の名前がついた ブルーサファイア。 ノーマルと一見似ているように見えますが、よく見るとグレーと茶色の毛が混じって生えています。 透明感のある毛色ですね。 こちらも価格はパールホワイトと同じ、1600〜2300円ほど。 最近密かなブームを見せています。 価格はジャンガリアンの中では一番ハイクラスの2000〜2800円ほど。 いかがでしたでしょうか? ジャンガリアンの中にも色々な種類があることがわかっていただけたかと思います。 ジャンガリアンの性格が最高な3つの理由 一緒に暮らすのですから、やはり気になるのは 性格や寿命。 それに、 飼いやすさも外せませんよね。 ジャンガリアンはその3つにおいてとてもバランスが良いのです!その3つの理由をご紹介します。 初めてハムスターを飼う、という方はジャンガリアンを選ぶとよいでしょう。 その理由は大きく分けて3つ。 懐きやすい 個体によって性格は多種多様。 おっとりした子、警戒心の強い子…はじめて家にお迎えした直後は どんな子でも不安になっています。 しかし、毎日ちゃんと顔を合わせて「 こわくないよ。 これから一緒に暮らしていこうね」ということを伝えることができれば、かならず心を開いてくれます。 ゴールデンに比べて懐きにくい、という説もありますが、そんなことはありません。 名前を呼べば振り向きますし、信頼を築けていれば手から餌も取って食べるようになります! 手乗りハムスターはとてもかわいいものですが、 強く掴んだり無理強いをすると、人間の手そのものを「こわい!」と感じてしまい、寄りつかなくなってしまいます。 また、手に乗らないからといって嫌われているということでもありません。 お世話が簡単 基本的にどの品種もお世話が簡単なハムスター。 その中でもジャンガリアンは エサの好き嫌いなども少なく、頭も良い子が多いです。 初心者さんにはぴったり! ただし、簡単だからといって適当にしていたりサボったりしてはいけませんよ。 どんなにちいさくても一つの命です。 寿命 ハムスターは、犬や猫、鳥などの他のペットに比べて 寿命が短い生き物です。 ジャンガリアンハムスターの寿命は2〜3年ほど。 ハムスターの中では真ん中ぐらいです。 これも、初心者さんにおすすめできる理由の一つです。 初めから寿命の長い品種を飼うのは、慣れていないうちはおすすめできません。 また、寿命の短い品種はやはり弱いので、上手に飼わないとすぐに死んでしまって ハムちゃんも飼い主さんも悲しい思いをすることに …。 ハムスターの寿命は人間の10分の1にも満たない短いものですが、だからこそその数年を大切に過ごしたいものですね。 【まとめ】ジャンガリアンは懐きやすさ、飼いやすさ、寿命などのバランスが良い どれか一つが突出しているわけではないものの、 バランス面でとても優れています。 著者は現在4代目(こんな風に書くとマフィアのボスのようですね笑)のジャンガリアンハムスターを飼っていますが、もうすっかりジャンガリアンの虜。 ハムスターなしの生活は考えられません。

次の