出雲市 神社。 島根県出雲市の神社一覧

出雲神社 (亀岡市)

出雲市 神社

佐香神社 さかじんじゃ 島根県出雲市小境町108 佐香川の清き流れを汲む人は 世にもまれなる酒醸すらん 出雲國楯縫郡 佐香神社 旧郷社 御祭神 百八十神等 島根県出雲市(旧平田市)にある。 宍道湖の北岸、小堺町。 一畑口駅の北1Kmの場所にある。 宍道湖から北上する道から、西へ長い参道が続き、 途中には、大きな一ノ鳥居。 扁額には「松尾神社」。 丘の麓の鳥居をくぐると、木々の茂った参道の階段。 その階段を登ると境内があり、正面に社殿。 鳥居の扁額には「佐香神社」と刻まれている。 以上のように、当社は佐香神社とも松尾神社とも称されている。 創祀年代は不詳。 出雲国風土記記載の「佐加社」。 「佐香郷、郡家正東四里一百六十歩。 佐香河内 百八十神等集坐。 御厨立給而、令 レ醸 レ酒給之。 即百八十日喜讌解散坐。 故云 二佐香 一。 」 主祭神の久斯之神は、のこと。 薬の神だが、酒の神でもある。 配祀のも同様に、酒の神。 出雲国風土記にあるように、当社は酒の神を祀った神社なのだ。 そのため、古代には、佐香(さか)神社といい、 鎮座地名も、小酒井から、現在の小堺へと変化した。 後、京都松尾大社から大山咋命を勧請し、 現在は、一般には松尾神社という。 当社は酒造の許可があるようで、濁酒祭という特殊神事では、 酒造関係者が祈願の濁酒奉納式が行われる。 境内社には、稲荷神社がある。 他にも、小祠が幾つか並んでいる。 種痘神社・寶殿神社・武内神社・疫神社。 参道の大鳥居 境内入口 参道の鳥居 鳥居扁額 参道階段 社殿 社殿 本殿 境内から参道 稲荷社 疫社、武内社、寶殿社、種痘社 松尾神社(佐香神社)御由緒略記 一、 鎮座地 島根県平田市小堺町一〇八番地清水 一、 神社名 延長五年(九二七)撰進された延喜式には、佐香神社とあり。 くだりて、寛文八年(一六六八)に建立された棟札には松尾大明神とある。 ともに、現在の松尾神社(佐香神社)のことである。 一、 祭神 百八十神等 一、 御由緒 出雲国風土記(天平五年二月)に、「佐香郷。 都家の正東四里一百六十歩なり。 佐香の河 内に百八十神等集い坐して、御厨立て給いて、酒を醸させ給いき。 即ち百八十日喜讌して解 散坐しき。 故、佐香という。 」とある。 現在、当神社が鎮座されている小境は、出雲国風土記の「佐香」が転訛して、「古佐香井・ 古酒井・古酒恵・濃酒井」となったものといわれている。 主祭神の「久斯之神」は、いわゆる、「薬師の神」であり、さらに、出雲国風土記の古事 にあるように、「酒造の神」でもある。 また、「醸す」とは、ただに、酒を醸造することの みでなく、醤油・米酢・味噌等を醸造することでもある。 一方、大山咋命は、世に言う「山を護る神様」で、森林業、鉱山業の守護神である。 そして、配祀神である天津彦彦火瓊瓊杵尊は、「海を護る神様」で、漁撈豊漁の神である とともに、海上運航安全の神として広くあがめまつられている。 木花咲耶姫之命は、縁結びの神であり、安産の神である。 社殿の造営には、古来より、国造・国主の命によってなされており、国造・国主はもちろ んのこと、藩主松平公ならびに、巡見使等、ことのほか崇敬されていた。 これは、現在、社 宝とされている鎧一領および文箱一式が、松平家より奉納されていることでもうかがわれる。 十月十三日は秋季大祭である。 この日を前後して、翌年二月ごろまで、酒造りの「杜氏」 ならびに、各種醸造の関係者の参拝はあとを絶たない。 しかも中国五県は言うに及ばず、遠 く四国・九州・神戸の灘地域からも参詣され、御霊験はますますあらたかである。 明治二十九年十一月十九日付、勅令第二百八十七号酒造税法施行規則第四十五条に依り、 「濁酒年一石以下無税」の許可を得て今日にいたり、大祭当日は、一般参拝者一同、この御 神酒を戴いて、家内安全、五穀豊穣を祈るのである。

次の

出雲神社|あきる野市渕上の神社

出雲市 神社

出雲市内にある妙見山に鎮座するスポーツにご利益のある神社です。 スポーツといわず勝負事全般に良いとされています。 由緒 豊臣秀吉の唐入り(朝鮮出兵)の折 「加藤清正・片桐且元」 と名のある武将の参拝があり、その折の 「弓掛(ゆみかけ)の松」が境内にある。 緒戦の連戦連勝に太閤いたく喜び、 桐の神紋をはじめ恩賞を授かっている。 この頃から 「武道・スポーツ上達の守り神」のみならず 「勝負に勝つ神」として 広く信仰を集めるようになった… より引用 【参道】 【参道2・長い階段】 【参道3・やっと鳥居が見えてきた!! 】 【正門】 【拝殿】 縄にちなむだけあり、大しめ縄も立派です。 御朱印 初穂料:¥300 向かって左側の社務所にて。 季節ものです。 5月限定。 台紙の色は様々でした。 イラストも神主さん直筆とのことで1枚1枚微妙に違います。 6月は紫陽花のイラストにするよ~との事。 どんな神社? ご利益は? どういう事かというと、出雲がまだ小さかった頃、それぞれの土地に綱をかけて自らの力で引き寄せ土地を拡大 そんなバカな。 逸話が綱引きの祖とされ、特にスポーツの神、不動産の神として崇敬されています。 また、お金や幸せ・願いなどの引き寄せにもご利益があるとされています。 淤美豆奴命 八束水臣津野命と同一人物とされていたり、子とされていたり、『出雲国風土記』や『古事記』などで記載が違います。 長浜神社ではそれぞれ国引きの神、妙見の神として別々に祀られています。 布帝耳命 淤美豆奴命の奥さん。 夫婦で祀られているなんて、女性は是非あやかりたいところ。 弓掛の松 歴史に名高い 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に行われた百日祈願では名だたる武将の参拝があり、恩賞を持ってきた 片桐且元が弓を立て掛けたとされる松の木。 このエピソードからも『勝負に勝つ!! 』というご利益がうかがえます。 夫婦石 境内の奥の方に位置しております。 男石&女石をなでて祈ると夫婦円満や子授け、安産に良いらしいです。 見てこなかったー!! 子供どころか結婚すらしてないけど撫でてくればよかった・・・!! 次回は是非・・・!! 思い出 参道が長くて年齢を感じずにはいられないorz 写真でわかるとおり、兎に角、参道が長い。 傾斜は大きくないもの山の中に位置しているのでやっぱり疲れます。 ワシら30代だし普段から運動していないし、息も上がります。 夏は虫も多そうですね。 当日は小雨の為涼しかったので救いです。 神主さんと巫女さんの1日を勝手に想像してワラタ ばちあたり 最初に朱印帳を預けてから参拝。 その後お守りなどを見ながら神職の方とお話しましたがにこにこと話されて優しい雰囲気の方でした。 一方巫女さんはちょっとぶっきらぼう。 私たちが歳不相応に騒ぎすぎてドン引きしてただけかもしれませんが・・・。 そこで思ったの。 長浜神社は国引きの神を祀る神社です• 山の中にあるので参拝は体力が要りますが、山頂まで車でいけます• 御祭神の由緒により、スポーツや勝負事にご利益があります• 境内には沢山の見どころがあり、夫婦円満や安産などにもご利益があります• 御朱印はオーソドックスなものの他、季節限定品があるので要チェック 綱引きの祖として崇敬されている八束水臣津野命にちなんで毎年10月にはジャンボ綱引き大会が行われます。 その後、空くじなしのジャンボ福引大会も。 歴史ある神社ですがお茶目な行事で親近感もアップしますね。 境内は閑静で涼し気でした。 トイレも完備で嬉しいです。 神主さんが良い人だったので、大社さんの作法なども教えてもらったよ~。 勝負、金運、恋愛運。 引き寄せたいものだらけですが、御祭神はとっても力持ちなので色々あってもきっと引き寄せてくれるはず。 様々な神様をググってみると、祀られている神社は数多く出てくるけれど、国引きの神は長浜神社しかヒットしないだけあってご利益もすごそうです。 ぜひ参拝してみてね。

次の

島根県出雲市・富神社

出雲市 神社

出雲市内にある妙見山に鎮座するスポーツにご利益のある神社です。 スポーツといわず勝負事全般に良いとされています。 由緒 豊臣秀吉の唐入り(朝鮮出兵)の折 「加藤清正・片桐且元」 と名のある武将の参拝があり、その折の 「弓掛(ゆみかけ)の松」が境内にある。 緒戦の連戦連勝に太閤いたく喜び、 桐の神紋をはじめ恩賞を授かっている。 この頃から 「武道・スポーツ上達の守り神」のみならず 「勝負に勝つ神」として 広く信仰を集めるようになった… より引用 【参道】 【参道2・長い階段】 【参道3・やっと鳥居が見えてきた!! 】 【正門】 【拝殿】 縄にちなむだけあり、大しめ縄も立派です。 御朱印 初穂料:¥300 向かって左側の社務所にて。 季節ものです。 5月限定。 台紙の色は様々でした。 イラストも神主さん直筆とのことで1枚1枚微妙に違います。 6月は紫陽花のイラストにするよ~との事。 どんな神社? ご利益は? どういう事かというと、出雲がまだ小さかった頃、それぞれの土地に綱をかけて自らの力で引き寄せ土地を拡大 そんなバカな。 逸話が綱引きの祖とされ、特にスポーツの神、不動産の神として崇敬されています。 また、お金や幸せ・願いなどの引き寄せにもご利益があるとされています。 淤美豆奴命 八束水臣津野命と同一人物とされていたり、子とされていたり、『出雲国風土記』や『古事記』などで記載が違います。 長浜神社ではそれぞれ国引きの神、妙見の神として別々に祀られています。 布帝耳命 淤美豆奴命の奥さん。 夫婦で祀られているなんて、女性は是非あやかりたいところ。 弓掛の松 歴史に名高い 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に行われた百日祈願では名だたる武将の参拝があり、恩賞を持ってきた 片桐且元が弓を立て掛けたとされる松の木。 このエピソードからも『勝負に勝つ!! 』というご利益がうかがえます。 夫婦石 境内の奥の方に位置しております。 男石&女石をなでて祈ると夫婦円満や子授け、安産に良いらしいです。 見てこなかったー!! 子供どころか結婚すらしてないけど撫でてくればよかった・・・!! 次回は是非・・・!! 思い出 参道が長くて年齢を感じずにはいられないorz 写真でわかるとおり、兎に角、参道が長い。 傾斜は大きくないもの山の中に位置しているのでやっぱり疲れます。 ワシら30代だし普段から運動していないし、息も上がります。 夏は虫も多そうですね。 当日は小雨の為涼しかったので救いです。 神主さんと巫女さんの1日を勝手に想像してワラタ ばちあたり 最初に朱印帳を預けてから参拝。 その後お守りなどを見ながら神職の方とお話しましたがにこにこと話されて優しい雰囲気の方でした。 一方巫女さんはちょっとぶっきらぼう。 私たちが歳不相応に騒ぎすぎてドン引きしてただけかもしれませんが・・・。 そこで思ったの。 長浜神社は国引きの神を祀る神社です• 山の中にあるので参拝は体力が要りますが、山頂まで車でいけます• 御祭神の由緒により、スポーツや勝負事にご利益があります• 境内には沢山の見どころがあり、夫婦円満や安産などにもご利益があります• 御朱印はオーソドックスなものの他、季節限定品があるので要チェック 綱引きの祖として崇敬されている八束水臣津野命にちなんで毎年10月にはジャンボ綱引き大会が行われます。 その後、空くじなしのジャンボ福引大会も。 歴史ある神社ですがお茶目な行事で親近感もアップしますね。 境内は閑静で涼し気でした。 トイレも完備で嬉しいです。 神主さんが良い人だったので、大社さんの作法なども教えてもらったよ~。 勝負、金運、恋愛運。 引き寄せたいものだらけですが、御祭神はとっても力持ちなので色々あってもきっと引き寄せてくれるはず。 様々な神様をググってみると、祀られている神社は数多く出てくるけれど、国引きの神は長浜神社しかヒットしないだけあってご利益もすごそうです。 ぜひ参拝してみてね。

次の