じっくり聞いタロウ av女優。 ミスキャンパスがセクシー女優に! 名門私立大出身の清楚なお嬢様ナゼ!?:じっくり聞いタロウ|テレ東プラス

結城るみなのwiki風プロフィール!本名や大学とカップや出演作は?【じっくり聞いたろう20200702】

じっくり聞いタロウ av女優

元AV女優で作家・川奈まり子(50)が、12日深夜放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演。 三十路を越えてセクシー女優に転身したいきさつや、AV界の鬼才・溜池ゴロー監督(54)との結婚生活などについて赤裸々に語った。 川奈は1999年、31歳でAVデビュー。 それまでフリーライターとして活躍していた知的で妖艶(ようえん)なイメージも手伝い、美熟女女優として瞬く間にブレーク。 引退するまでの3年半ほどで、約400本の作品に出演した。 なぜ、30歳を超えてからAVの世界に足を踏み入れたのか。 大きな要因の1つとなったのが、前夫とのセックスレスだった。 「飢えていた」30歳のころに前夫と離婚すると、その反動で性欲が爆発し、セックスフレンドを次々と作る生活が始まったという。 恋愛関係には至らない、純粋にセックスを楽しむ仲間を、アダルト向けの掲示板で募集。 厳選したセックスフレンドを常時4人ほど抱えていたという。 相手は見た目ではなく、「面白いことをしてくれそうな人」を選び、「3、4回すると飽きてくるので、1人脱落させて、1人補充」といった性生活を続けた。 すると、その中の1人からAV出演を勧められ、それが転機となった。 初めて出向いたオーディションで、主演に抜擢(ばってき)されたのだ。 デビュー作の監督を務めたのが、溜池氏だった。 運命の出会いだったが、監督が自身を主演に選んだ理由については「おそらく勃起したからじゃないですか」。 オーディションをしたとき、同氏は伝説の格闘家ヒクソン・グレーシーが試合の2週間前から禁欲生活をしているというエピソードにならいオナニーもセックスもしておらず、「そんなビビットな感じになっている僕を、グッとこさせる女性を撮りたい」と語っていたという。

次の

じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~(テレビ東京)の番組情報ページ

じっくり聞いタロウ av女優

4月4日深夜放送のトークバラエティ『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京)は、さまざまなジャンルのギャラ事情を大公開。 AV業界からは、昨年AVを卒業した澁谷果歩と、現役AV女優・小島みなみが暴露トークを繰り広げた。 澁谷は2014年のデビュー後、100作品以上のAVに出演。 実は「幼稚園から高校まではエスカレーターの女子校」の出身で、「大学は受験して、英語の強い大学に(行った)」という華やかな経歴の持ち主だ。 「英語が好きだったので。 今は副業で通訳とか、英語の先生の仕事もたまにやってます」と聞き、番組MCのネプチューン・名倉潤は「こんな先生おったら英語(が頭に)入ってこうへんやん」と、コメント。 同じく番組MCの次長課長・河本準一が「学生時代から、自分の中では経験豊富なの?」と質問したところ、澁谷は「大学生まで処女」だったと告白。 しかし、大学を卒業してスポーツ新聞の記者になった途端、経験人数が激増したそう。 「野球の担当をした時が一番(人数が)増えました」「30人いきました」と振り返ると、すぐさま名倉が「その中にプロ野球選手はいたの?」と、確認。 「半分以上はいます」(澁谷)と明かされ、スタジオが騒然となった。 私の場合は。 先輩とか上司に『おまえ、なんかキレイなトレンチコートとか着てるけど、女子アナ(ウンサー)と勘違いしてるんじゃねーのか』とか、結構嫌味なことをスゴい言われて、傷ついたりもした」と、吐露。 こうした経緯から「エロさがこんなに批判されないような仕事が……。

次の

セクシー女優・桃乃木かな、本気の“あえぎ声”に名倉潤が興奮「リアルやな!」

じっくり聞いタロウ av女優

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況 秘 報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。 7月2日(木)の放送では、ミスコングランプリの肩書を持つ新人セクシー女優の結城るみなが、ある衝撃の性癖で人生が180度変わってしまった過去を大暴露! 今年の3月にデビューしたが、新型コロナウィルスの影響で「デビューイベントもできていない状態」だという結城るみな。 実は彼女、東京の超名門私立大学の学生だった時にミスキャンパスグランプリを獲得。 しかも法学部出身という、まさに才色兼備の女性だ。 元アイドルや元芸能人という肩書きのセクシー女優は多いが、ミスキャンパスグランプリは超希少だということもあってか、通常6000ダウンロードを超えれば大ヒットと言われる中、彼女のデビュー作は1万5000以上のメガヒットを記録した。 ミスコンといえば、いい会社に就職したり局アナなどになったりする人もいる中、彼女はなぜセクシー女優になったのか? 「もともと女優やモデルの活動をしていて、"自分を見られることが好きだ"と感じることが多くなりました」と理由を語る彼女だが、それはあくまで建前で、本音は...... 「純粋にエッチが好き」と告白。 ちなみに、経験人数は50人くらいだそう。 そして彼女には衝撃の性癖が! なんと"寝取られ癖"! 「当時付き合っていた彼氏と、自分の女友達と3人でホテルとかに行って、彼氏と友人にエッチしてもらって。 ムシャクシャするじゃないですか。 それを見て、1人で致す。 自分の中では"ムライラ"と呼んでいるんですけど」と、素人時代からAVさながらの性生活を送っていたらしい。 なお、結城の月収は「大学生の時のバイト料の10倍くらい」だそう。 結城はメーカーと専属契約をしているので、撮影本数が少ない分、1本の単価が高いのだという。 この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中です! 外部サイト.

次の