木更津 停電。 自主防災組織と、その必要性|千葉県木更津市公式ホームページ

おしらせ

木更津 停電

東京電力パワーグリットは9月11日午前8時から記者会見し、台風15号の影響で続く停電状況について説明した。 千葉県内では現在もおよそ46万戸で停電が続いているが、「今日(11日)中の復旧の見通しは立っていない」と発表した。 会見では金子禎則社長が冒頭、「広域かつ長時間の停電で大変ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません」と謝罪。 その上で静岡、神奈川、茨城では神奈川県内の一部を除き、夜半にほぼ停電が復旧したことを発表した。 一方、千葉県内では雷雨に伴う作業の一時中断、作業が進む中で判明した作業量増加、夜間作業による効率低下もあり、現在もおよそ46万戸で停電が続いていると説明。 今後、作業量を精査した上で工事力を千葉に最大限集中するとしたが、「現時点では本日中、全数の解消に至るかの見通しは立っていない」とした。 作業状況はTwitterなどで随時報告するという。 木更津エリアの修理は3割にとどまる 緊急対応として医療機関や避難所には電源車を配備。 スポット的な停電解消を計画し、配備箇所についてTwitterなどで知らせるとしている。 東電パワーグリットによると、千葉エリアで約8割、成田エリアで約9割の修理が完了しているが、木更津エリアでは山間部もあることから3割程度にとどまっているという。 東電は、早急に給電できるよう木更津エリアへの作業力をさらに投入するとしている。 停電の影響は の発表によると、台風15号が通過した千葉市では最大風速35. 9メートル、最大瞬間風速57. 5メートルを観測。 市原市では9日午前10時までに約300ミリの降雨を記録。 記録的な暴風雨となった。 千葉県危機管理課は10日、BuzzFeed Newsの取材に対し、停電の影響について以下のように。 「停電の被害とその影響が非常に大きい。 水道のポンプ機能が止まっているところもあり、断水も生じている。 病院など、医療機関にも影響が出ている。 早急に復旧してもらいたい」 「台風一過の猛暑の中、エアコンが使えない状況が続いている地域もある。 二次被害として熱中症の危険性も高まっているので、警戒を呼びかけている。 具体的な数は把握できていないが、一部のコンビニやスーパーでは冷蔵庫・冷凍庫が機能していない店舗があり、食糧事情が悪化している地域もあるようだ」.

次の

木更津支社│電気工事店様向け│東京電力パワーグリッド

木更津 停電

ページ番号1001164 更新日 令和2年6月9日 大きな災害が発生すると、停電・電話の不通、道路や橋の損壊、断水、多数の火災等が発生するなどの悪条件が重なり、防災関係機関の活動力は著しく低下することが予想されます。 自主防災組織とは 地域の住民が自分達の地域は自分たちで守ろうという連帯感に基づき、自主的に結成する組織で、災害時には、災害による被害を防止し軽減するため、初期消火、避難誘導などの活動を行う組織です。 自主防災の必要性 ひとたび大規模な災害が発生したときには、行政による対応のみでは、被害者の救助や消火活動には限界があります。 普段より地域において自主防災組織を組織し、災害時にお互いに協力し合うことにより、被害の軽減を図ることができます。 地域にお住まいの皆さんも一緒に、防災訓練等の自主防災組織の活動に参加していただき、防災意識を高め技術を習得して、お互いに助け合う協力体制を構築し「災害に強い街づくり」に取り組みましょう! 自主防災組織の結成に必要なもの• 自主防災組織規約• 自主防災組織防災計画• 自主防災組織設置届出書• 自主防災資器材交付事業について 設立された自主防災組織に対し、ヘルメット・担架・投光器などの防災資器材を交付します。 なお、防災資器材の交付については予算の範囲内での対応となります。 活動内容• 防災知識の普及、習得• 地区防災訓練、防災講習会の実施• 地区の災害危険箇所の把握、点検(地区住民への周知)• 高齢者・幼児等、災害弱者への配慮 地区防災訓練のすすめ 災害はいつか襲ってきます。 その時に困らないためにも日ごろからの備え・訓練が大切です。 以下に訓練の例を示しますので実際に行なってみましょう。 初期消火訓練(消火器やバケツリレーでの消火訓練)• 救急法講習(心肺蘇生法、応急手当)• 救助救出訓練(応急担架作成、簡易救出法講習)• 防災啓発ビデオ視聴• 避難訓練(地区避難所の把握、災害危険箇所の把握)• 炊き出し訓練• 自主防災組織一覧(平成30年11月16日現在) No.

次の

おしらせ

木更津 停電

2019年9月9日 東京電力ホールディングス株式会社 台風15号の影響による東京電力グループの設備被害状況および東京電力パワーグリッド株式会社(以下、東電PG)のサービスエリア内の停電状況を以下のとおりお知らせいたします。 (午前11時30分現在) 現在、台風の影響により、東京電力パワーグリッドサービスエリア内において約86万軒が停電しております。 停電中の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまには大変なご不便とご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫び申しあげます。 東京電力グループといたしましては、引き続き、鋭意復旧作業に努めてまいります。 千葉県南部、神奈川県南部、茨城県沿岸部、静岡県東伊豆エリアについては、鋭意復旧に向けて作業を継続中ですが、本日中の復旧見通しは立っておりません。 見通しが判明し次第、お知らせいたします。 なお、特に停電軒数の多い千葉県南部等では、全力で復旧にあたっており、当社社員を集中的に派遣しております。 本日中に復旧範囲を少しでも拡大できるよう、対応を進めてまいります。 お詫びして訂正いたします(2019年9月9日午後1時30分訂正)。 以 上 大変危険ですので、切れた電線や電線が接触している物には絶対に近づかないでください。 また、切れた電線等を発見した場合は、すぐに東京電力までご連絡ください。 ご連絡先:0120-995-007または03-6375-9803.

次の