ファイター パス 2。 【スマブラSP】ファイターパス第二弾が発表!新たに参戦する6体のファイターのお得なセット!【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】

スマブラSPのDLC『ファイターパス2』を2018年~2020年に注目して予想してみた

ファイター パス 2

『無双OROCHI3 Ultimate』リュウ・ハヤブサ、ジャンヌ・ダルク、アキレウスのアクション紹介動画を公開 — 電撃オンライン dengekionline キャラクター名 リュウ・ハヤブサ ゲーム名 NINJAGAIDEN 無双OROCHI メーカー名 コーエーテクモ 多くのスマブラファンが予想しているキャラクターですが、 第2弾ファイターパスが6体出るのであれば、大手のゲーム会社でまだ参戦していない、コーエー・テクモからキャラクターが参戦するのは自然でしょう。 コーエーテクモはコラボ企画を積極的に行っているメーカーでもあります! 先日のファイアーエムブレムのベレト/ベレスが参戦しましたが、 ファイアーエムブレム風花雪月はコーエーテクモも制作に参画していました。 そして、アルル参戦は日本を中心に多くの参戦要望が出されています。 第2弾ファイターパスはスマブラ発売後に企画された可能性も考えられます。 その場合、ユーザーの意見を取り入れる(最低でも参考にはするはず)可能性はあると思います。 技も仁ののほうがスマブラ向きな気がします。 ストリートファイター、KOFのキャラが参戦したのですから、スマブラの作成に深くかかわっているバンダイナムコの鉄拳がこの集大成のゲームに出したい気持ちは強いはずです。 プロデューサーの原田氏も鉄拳の任天堂発売も「ファンの要望を検証したい」という趣旨の発言をしていましたので、スマブラのDLCを出して反応を検証する可能性もあります。 また、テリーが配信された際、Miiコスで平八が出なかったのは、風間仁をDLCで出して、その際に平八をMiiコスを出す可能性もあります。 とにかくここまで来たら、スト2vsKOFvs鉄拳というドリームマッチをしてみたいと思うのが普通だと思いますので、参戦の可能性は高いのでは?と思います。 Play Minecraft on Xbox One, Windows 10, Mobile, Gear VR, Oculus or Mixed Reality Devices? Phase One of the Update Aquatic is out on these platforms TODAY! Find out more here: — Minecraft Minecraft ひげがスティーブ キャラクター名 スティーブ ゲーム名 マインクラフト メーカー名 マイクロソフト(MOJANG) マイクロソフト社からは第一弾ファイターパスからバンジョー&カズーイ(レア社)が出ていますが、第二弾のファイターパスが出たことで、もう一体来る可能性は0ではないと思います。 どちらかというとここまでのDLCは20代~40代のターゲットが多いように思います。 10代 小学生~高校生 をターゲットにしたキャラクターが少ないです。 本家が終了しているのにスマブラで唯一遊べるとか問題ありそうですもんね… パッケージ(ソフト)で存在していれば、会社がなくなっても物理的にプレイは可能ですからね。 もし参戦となりましたら、FFのクラウド以上の盛り上がりを見せると思います。 そしておそらく、第二弾ファイターパスの一体目(6体目)の発表になるのではないでしょうか? マイクラのスティーブ参戦となったら、みんなファイターパス購入するはずですからね、ジョーカー同様DLCのセットは最初のインパクトが大事ですからね! アクションとしては、多彩な武器で様々なアクションが考えられますし、特にステージの期待が高まりますね! [任天堂HP]『ゼノブレイド2』のページを更新しました。 「紹介映像」を掲載しています。 — 任天堂株式会社 Nintendo キャラクター名 レックス ゲーム名 ゼノブレイド2 メーカー 任天堂(モノリスソフト) ゼノブレイド2のレックスは第一弾ファイターパス購入特典で曲付きMiiファイター(剣術)で配信されました。 その際、桜井氏が スマブラSPの参戦キャラが決まってからゼノブレイド2が発売されたため、レックスの参戦が間に合わなっかったため、Miiコスでレックス気分を味わってください。 という趣旨の発言がありました そして曲付きのMiiコスはサンズやカップヘッドと同じなので、キャラクターとしての参戦が絶望視されていますが、あまがみはまだ希望があると思っています。 理由としては レックス参戦の主な理由• ゼノブレイドのリメイクが出る• レックスの対戦者タグがない。 スマブラSP発売後のゲーム、FE風花雪月からDLCが出た• 依然として参戦要望が高い• 任天堂版権なので、参戦の敷居が高いわけではない。 以上の理由として今回は特別枠として 無料DLCでキャラ単体で参戦! ステージ、楽曲なしでキャラのみ無料でアップデートで参戦するという超ビックサプライズがあるのでは?と予想します。 まあ、あるとしたら、ゼノブレイドリメイク発売日や売上〇〇〇〇万本達成記念とか、発売2周年記念とか、なにか区切りがあるタイミングだと思います。 任天堂なので収益をあまり気にしないこんなサプライズも期待してしまうほど、任天堂がユーザーファーストのメーカーだとあまがみは思っています。

次の

スマブラSPのファイターパス2がコンビニやゲオで売ってない!?ファイターパス2を今すぐ手に入れる方法とは?

ファイター パス 2

年代を絞れば『ファイターパス2』が予想できるかも? スマブラSPの参戦ファイターに関する予想は様々なところでされていますが、今や任天堂のみならず多くのメーカーがスマブラに関わっている以上、予想を的中させるのは至難の業になっています。 私もファイターパスの発表当初は『オクトリング』や『ゼラオラ』などを予想していましたが…、第1弾の『ジョーカー』からすでに想定外で、まったく的外れな予想になってしまいました。 しかし、後々『ファイターパス』のファイターを調べてみると、 ここ数年の活躍にヒントが隠されているのかもしれません。 その為、2016年以降に発売された『ARMS』や『ゼノブレイド2』などはタイミングも悪く、残念ながら参戦は叶いませんでした。 対して、『ファイターパス Vol. 1』も2018年11月にすべて内訳は決まっていたそうですが、改めて参戦ファイターを見てみると、こちらはその 2016年~2017年の間に何かしら出来事のあったキャラクターになっている…気もします。 『スマブラSP』ではDLCを作りますが、その内訳はすでに確定しています。 今回は任天堂が全てラインナップを決めてきており、私はそれを作れるかどうかを判断し、企画しています。 ジョーカー …2016年9月『ペルソナ5』発売• 勇者 …2017年7月『ドラゴンクエスト11』発売、シリーズ30周年• テリー …2016年8月にシリーズ新編となる『ザ・キング・オブ・ファイターズ14』発売• 『ファイターパス Vol. 2』もすでに6人の内訳は決まっていると発表されていますが、こちらも『今だからこその参戦』に焦点を当てて、 2018年~2020年のタイトルに注目して予想をしてみようと思います!• 『ファイターパス Vol. しかし一方で肝心のファイターは予想が難しく…、順当に考えれば『エースバーン』『ゴリランダー』『インテレオン』の御三家が有力候補ですが、炎タイプは『ガオガエン』が新しく追加されたばかりですし、インテレオンも『ゲッコウガ』と何となく個性が似ているような気がします。 そうなると 草タイプの『ゴリランダー』が一歩リードしていますが、このポケモンは大きな切り株のドラムを叩いて戦う特徴があり、スマブラの世界に落とし込むにはこのドラムをどう再現するのか…難しいところです。 とはいえDLCでは少し風変わりなスタイルで戦うファイターも多いので、いっそどっしりとドラムを構えて要塞のように戦うファイター…なんて個性も面白いかもしれません。 懸念材料だった任天堂ハードへの参入を果たした『デビルメイクライ』 すでにCAPCOMからは『ロックマン』と『ストリートファイター』が参戦しており、アシストフィギュアにも『モンスターハンター』の要素が含まれていますが、他にも『魔界村』『ヴァンパイア』『バイオハザード』など…、参戦を望まれているタイトルがいくつもあります。 中でも『デビルメイクライ』は2019年3月に最新作『デビルメイクライ5』が発売されたばかりであり、 主人公『ダンテ』の参戦を希望する声は近頃特に増えていました。 実際に海外のゲームメディア『VG274』は、『デビルメイクライ5』のプロデューサーである伊津野氏に『スマブラへの参戦の可能性』を尋ねましたが、その時は 『参戦するなら、まずは任天堂のプラットフォームにデビルメイクライを出す事が先だろう』と答えています。 実際に『ファイターパス Vol. 1』にダンテは選ばれませんでしたが、しかしこのインタビューの後に初代『デビルメイクライ』と『デビルメイクライ2』がニンテンドースイッチに移植され、『デビルメイクライ3』の配信も2020年2月20日に予定されています。 『任天堂のプラットフォームでの発売』というハードルもこれでクリアし、最新作の注目を集める今のタイミングはスマブラへの参戦もピッタリかもしれません。 スイッチへの移植が実現した『テイルズシリーズ』 バンダイナムコを代表するRPGと言えば『テイルズ』シリーズで、こちらもかねてよりスマブラに参戦するのではないか…?と予想されていました。 1』でもテイルズシリーズは選ばれておらず、現在も参戦は叶っていません。 テイルズシリーズは今でも定期的に新作が開発されていますが、2011年の『テイルズ オブ エクシリア』からは主にプレイステーションで展開していて、 任天堂のプラットフォームに出ていなかったのも理由の1つだったのかもしれません。 しかし2019年1月に『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』がニンテンドースイッチ向けに発売され、 任天堂ハードでのリリースは3DSの『テイルズ オブ ジ アビス』から実に8年ぶりで、これに合わせて『ファイターパス Vol. 2』に選ばれる可能性は考えられそうです。 また、スマブラに参戦したファイターはマリオならスーパーキノコ、リンクならトライフォースのように、それぞれの作品に合わせたシンボルマークが用意されていました。 テイルズシリーズは作品によってそれぞれ主人公もタイトルロゴも違うので、『お馴染み』のシンボルマークはなかなかイメージがしにくいのですが…、 2020年にテイルズシリーズの25周年を記念して『シリーズロゴ』が新しく発表されています。 これがスマブラへの参戦に必ずしもプラスに働く…という訳ではありませんが、それも併せて参戦のタイミングにはなかなか良さそうに思えます。 25周年を機にシリーズを蘇らせている『聖剣伝説』 スクウェア・エニックスといえば『キングダムハーツ』の『ソラ』を希望している方は多いですが、 ここ数年で話題を集めているシリーズに『聖剣伝説』もあります。 『聖剣伝説』はもともと『ファイナルファンタジー』の外伝として開発されましたが、その人気の高さから独立したシリーズになり、スーパーファミコンの『聖剣伝説2』は国内でも150万本以上を売り上げたヒット作になっています。 しかし、2006年の『聖剣伝説4』を最後にナンバリングタイトルは開発されなくなり、DSやスマートフォンに向けた外伝作品がいくつかリリースされているだけでした。 ところが、 シリーズ25周年を記念する2017年に過去の3タイトルをまとめた『聖剣伝説コレクション』が発売(海外では2019年発売)され、その後も2018年に『聖剣伝説2』のフルリメイク版を発売、2020年4月にも『聖剣伝説3』のフルリメイク版がリリース予定になっていて、ここ数年で加速的にシリーズの復刻が進んでいます。 中でも『聖剣伝説3』はスーパーファミコン版が海外で未発売だったため、『聖剣伝説コレクション』で初めて英語にローカライズされていて、これで初めて『聖剣伝説3』が遊べたというファンも少なくないようです。 タイトルが『聖剣伝説』な以上は剣がメインになってしまうと思いますが、リンクのように弓を引き絞ったり、シモンのように鞭を振るったり…、かなり万能で器用なファイターになりそうです。 20周年を迎えてなお進化を続ける『ギルティギア』 スマブラSPにも『ストリートファイター』や『餓狼伝説』といった格闘ゲームからファイターが参戦していますが、『アークシステムワークス』の『ギルティギア』も可能性は捨てきれないと思います。 『ギルティギア』は1998年に1作目が発売され、それまではお互いの動きを読み合って動く緊迫した格闘ゲームが主流でしたが、本作は荒削りでありながらもとにかく攻めれば攻めるほど有利になるバランスで調整されていて、独特な世界観も相まって徐々に口コミで広まった経緯があります。 一時期シリーズの開発はストップしていましたが、2014年に発売された 『ギルティギア イグザード』はまるでアニメーションがそのまま動いているようなグラフィックが話題になり、近年では世界的な格闘ゲームの大会『EVO』『EVO Japan』でも種目の1つに選出されています。 『ギルティギア』もプレイステーションでの展開が主で、任天堂ハードでは2007年のWii版『ギルティギア アクセントコア』が最後でしたが、 20周年を記念する2019年5月に『ギルティギア 20th アニバーサリーパック』がニンテンドースイッチで発売されました。 また、2019年8月には最新作『ギルティギア ストライヴ』の開発も発表されたので、話題性としても今が適した時期ではないかと思います。 しかし、難しいのはキャラクターやゲームの知名度よりも、むしろ原作を再現したファイターにできるかどうか…かもしれません。 スマブラSPにおける『リュウ』や『テリー』はできる限り原作の動きを再現して作られていますが、『ギルティギア』はダストアタックによる派手な空中コンボや、空中での高速ダッシュなど独自のシステムも用意されていて、 その要素をスマブラの世界に組み込んでもバランスが取れるかは難しいところです。 過去にスマブラのシステムでは再現が難しいという理由でバンダイナムコの『鉄拳』が見送られた事もあるので、まずは『スマブラの世界でも違和感がないか?』が前提にはなるかと思います。 かつてソニーのIPとして活躍した『クラッシュ・バンディクー』 現在『アクティビジョン・ブリザード』が権利を持っている『クラッシュ・バンディクー』も、『ファイターパス Vol. 1』の時から参戦を予想されていたキャラクターの1人です。 クラッシュはもともとソニーのキャラクターでしたが、その後権利は譲渡され、2001年からはゲームキューブやDSなどの任天堂ハードでも度々リリースされていました。 とはいえ、プレイステーションのゲームと言うイメージは今でも強く根付いていますし、2008年の『Crash: Mind over Mutant(日本未発売)』以降は任天堂のハードでもリリースされていなかったので、 キャラクターの人気は高くても参戦は難しそう…と予想する意見も少なくありません。 しかし一転して参戦予想の声が増えたのは、初期の3作品をリメイクしてまとめた『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』が2017年にPS4で発売されてからであり、更に 2018年10月にはニンテンドースイッチ版もリリースされた事で、以前よりも参戦に現実味を帯びてきた…と言えるかもしれません。 他社からのコラボキャラクターは基本的に主人公が選ばれるため、どうしても人間のキャラクターが参戦するケースが多いですが…、『バンディクート』というマイナーな動物をモチーフにしたクラッシュはスマブラでも貴重な存在になり得そうです。 実際に権利的な問題がすべて解消されているのかは分かりませんが、ソニーから発売された『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』にもクラッシュは登場していなかったので、実は任天堂にとってもソニーにとっても複雑なポジションにいる…のかもしれません。 (サクラ大戦などはPS4でしか発売されていないので、今回は除外しています) 『ファイターパス Vol. 2』は2021年内までにすべて配信予定とはなっていますが、つまりこれから1年以上をかけてまた少しずつ発表されていくので、まだまだその全貌が明らかになるのは先になりそうです。 スマブラは64の時代から『ゲームの垣根を超えたオールスターらしさ』を重視してファイターが選出されているので、これからも本来は実現し得なかった『夢の競演』に期待をしています。 ジョーカーは意外性抜群でしたが、たしか海外でペルソナQ2の発売前での配信決定だったと記憶していますね、国内でも2018年11月末に発売だったので双方にまだ身近な話題だったと言えるかも? その販促の意味合いもあって実現したのでは?と思ってます まぁペルソナ5Rの方がアトラスとしての割合は大きかったかもしれませんけど 勇者はタイミングとしてもDQ11Sの発売を控えてたからでしょうかね バンカズはタイミング調整用で順番不問で動かせるキャラとして選出されたとか? ソフト販促用のキャラはソフトの延期などが起こるとプロモーションに弊害がでますし、MSは新作を作ってるわけでもないのによく貸してくれたなという気もしますが liveアーケードで売れてくれれば次につながるとも言えますしね ベレス/ベレトは単純にFE30周年や#FEアンコールのタイミング、DLCなども被っており、任天堂IPというのも大きかったのかなと テリーが正直一番の謎ですね、アタリの格ゲーともすでにコラボ済みなのでインパクトとしては大きくはないんですよね SNKとしても任天堂向けに本格的にゲームを出したことがない SFCのタカラ製とかは多数 未だにKOFすら出してないし、過去作はハムスターのアーケードアーカイブスだけ 他機種にはSNKは自社でリマスター版タイトルをリリースしてるんですよね CEROの問題でアテナが無理だったとかで採用はしないだろうしな~ ということで、20-21年内に販売予定のソフトやアニバーサリーなタイトルから1-3体くらい選出されるのかな~と思ってます、30周年だと1991年でSFCの発売と重なるために多種多様なゲームが産まれた年の一つでもあります20周年、40周年でもヒット作があり、四半世紀の25年などの5年刻みでもヒット作を見つけることが出来そうです 可能性というのはいつの時代でも妄想してるうちが楽しい、宝くじの当選前と同じ 今回のDLCは『任天堂がリストアップした』と言われているので、つまり『任天堂がバンカズを指定した』と考えると結構すごい事…なのかもしれません。 例えば桜井さんがバンカズを参戦させたいと思っていても、ライバル関係である以上は桜井さんが勝手に入れる訳にもいかないのですが、ここで『任天堂から』指定された事で交渉も実現したのかな…なんて思います。 テリーは昔から候補だったのか、ここで突然候補に挙がったのか、どっちか1番分かりにくいですよね。 一応2016年のKOF14でグラフィックが3Dポリゴンになったので、それでスマブラでもイメージを崩さず再現しやすくなったのかも? 私もDLCでの参戦であれば、アニバーサリーなど特別なタイミングのゲームの方が参戦の可能性も高そう…?な気がしています。 とはいえあくまで予想ですし、誰が参戦しても絶対面白いので、次の発表を首を長くして待とうと思います!.

次の

【スマブラSP】DLC「ファイターパス Vol.2」でさらに6体の追加ファイターが登場、2021年内までに順次配信

ファイター パス 2

出典: スマブラSPの発売と同時に販売が開始されたDLCであるファイターパスも、予定していた5体のファイターが予定通り追加され役目を終えました。 追加予定のファイターは全6体、発売から2021年にかけて登場していきます。 前回のファイターパスより価格が上がり、 3,300円 税込 となります。 また、既に追加される6体は決まっているとのことですが発表はギリギリまでされないようです。 ニンテンドーダイレクト カテゴリー• 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。 , LTD. , INC. , LTD.

次の